2021年04月

2021年04月27日

【From America】「ラスベガス」

 アメリカのウインドゲイト緑です。
ラスベガスまだ春の浅いコネチカット州からネバダ州ラスベガスに参りました。コネチカットでは北部で雪が降っていたのに、ラスベガスは初夏の感じで、窓を開けて半袖でいられるとても過ごしやすい快適な気候です。アメリカはとにかく広い!と改めて感じます。

コネチカットからの飛行機で驚いたのは、空港はもう元通りの人出であることです。国内線の飛行機はほぼ満席。空港の通路も人をかき分けて歩くくらいの賑わいでびっくりしました。マスクはしているものの、ソーシャルデイスタンスはどこへ行ったのか? と感じます。 ワクチンが行き渡ってきたこともあってか、人々の気持ちはかなり「緩んでいます」。これを緩んでいると批判する人もいますが、やっと元通りになってきた、と喜ぶ人もいて、意見はそれぞれです。海外からの変異株を恐れる声も聞きますが、今までの自粛生活に辟易してきた人々の気持ちが表れていると思います。

日本では、ワクチンの供給が間に合わない、接種の予定が遅れている、というニュースを耳にしますが、アメリカは、最初のうちはワクチンの数が少なくて接種希望の人が多かったものの、ここに来て、ワクチンは十分に足りているのに、接種したくない、という人が全体の20%を占めていて、何とかこの人たちに接種することを勧めたいということが課題になっています。もちろん 最初から宗教的な理由とかアレルギーで接種できない人は別にして、ヨーロッパでのアストラゼネカの血栓のニュース。更に、米国内のジョンソン&ジョンソンの血栓のニュースを受けて、副反応を警戒して二の足を踏む人が増えてきたことが要因と言えそうです。

世界中から大勢の観光客が集まっていたラスベガスですが、今は50%くらいの人出が戻ってきた、とのニュースで、アメリカは日本より先に元に戻る生活を始めた感じを受けました。
日本では蔓延防止や再び緊急事態宣言などが出るほど生活を制限されているようです。もうあと一息です、と言われても なかなかその後一歩が踏み出せず、イライラしていることでしょう。
日本で一日も早くワクチンが行き渡りますように祈っております。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年04月24日

ビュッケブルグ歳時記 247

Eine, die aus dem Nichts kam ! ( 無から出てきた一女性!)

 接種状況や Lockdown 政策への非常ブレーキ云々に明け暮れる毎日の中で、先週末にこの国の将来を賭した選挙についての二つの重要な決定が発表されました。
 第一は CDU / CSU (キリスト教民主同盟党)の代表者 として A. Laschet (CDU) にするか M. Soeder (CSU) 氏にするかの決定で、結果は現在までNRW州総理大臣であった A. Laschet に決まりました。これで9月の選挙には彼が保守党を率いて未来の首相を目指して選挙戦に挑むわけです。
 第2にはプログ240で触れた、党としての成長を達成したみどりの党が、初めて政治施行に参加の意志を示し、男女二人 (R. Habeck と A. Baerbock 氏)の代表者のどちらを党首とするかを選考していたのですがその結果が発表されたのです。その結果が、今回のブログの標題です。

 40歳の女性です。 

 この決定には考えるべき事柄が多く含まれている様に思えますので少し詳しく内情を書いてみます。

 みどり党は77年に「環境保全」をモットーとしてH.市の地方議会に一席をとったことが発端で、80年に「原子力反対」と「平和宣言」をスローガンにかかげて連邦党と結成し、連邦議会総選挙で1.5%の成績を挙げたということです。
 84年にはS PD ( 社会民主党)と提携を決議し、85年にはヘッセン州議会でFischer 氏が環境大臣となる。90年に党も統合され同盟90/ グリーン党となったというのが党の歴史です。なお、表題はこのFischer 氏の言です。

 この党の党首として今回、大舞台に躍りでたAnnalena Baerbock 氏の履歴と政治に対する考えは次のとうりです。
 1980年にハノーバー市で生まれ、トランポリン跳びで連邦大会に参加した生徒時代の後、政治学と公法学を、ロンドンでは経済学を学んだあと、ジャーナリズムやEUでの知識も習得して、2005年に入党したということです。
 なお彼女は4歳と8歳の子供の母親で、夫の助けがあり、家庭生活と政治活動は両立するということです。

 彼女の政治に対する態度は次の様に言われています。
 戦闘的で、集結的で、意志強固で、目的とすることは決して忘れない。
 彼女の体制、紀律、実行、団結、チームワーク精神などには信用が置けるという評判です。
 そしてみどり党の政治策はまず第一に全日制託児所と学校の改善。第2には介護問題の解決。次は国のデジタル化の促進も忘れてはならないということです。
 そしてこの考えをまとめると彼女の目的は、政治的にMitte (中間)に立つということを意味しているということです。メルケル首相は右から左へ動き、みどりの党はその反対に左から右に動くということです。

 そして「変化に満ちた、豊かな、力のある我々の国に、より良い未来が来ることを信ずる時、それに対する気力に満ちた新しい政治が必要で、それができるのはみどりの党であると確信したことが、今回の私の新進の動機である。 Macht (力、支配権力)とは、それを得るために戦うことではなくて、それとともに働くことを意味し、それができるには”皆と一緒に、話し合って”ということを忘れてはならない」が、彼女の党首決定時挨拶です。

 たった一つの議会席から、44年たった今、未来の首相が生まれるかもしれない党が育ったという政治の動きを知らされると、この国では本当に国民が政治をしているという感じがするのです。”つむじ曲がりのグループ”があっても、これは民主国家の政治と言えるのではないでしょうか。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年04月13日

【From America】「ニューイングランドの遅い春」

アメリカのウインドゲイト緑です。
水仙
日本は桜の時期が終わり、新緑の美しい季節になっていると思います。
私の居るアメリカのニューイングランド地方は、日本よりも春の訪れが遅く、今は水仙が真っ盛りです。春を告げる最初の花はクロッカスです。その次に水仙が出てきて、春を告げてくれます。多くの家に水仙が植えられており、春を感じます。

レンギョウそして、もう一つ、春を感じさせてくれる花にレンギョウがありますこの黄色の花も殆どの家に植えられており、庭がパッと明るくなります。この時期、桜のピンクとレンギョウの黄色のコントラストは日本の菜の花の黄色と桜のピンクに似ています。春ならではのピンクと黄色の組み合わせです。

そして、長い冬の終わりになると皆「待ってました」とばかりに庭に出て、芝生の手入れや庭に花を植える準備をし始めます。ガーデニング用品が飛ぶように売れています。昨年も、コロナの影響でお家生活が長かったので、ガーデニングの人気は更に増えたようですが、今年もまた、大いに人気があるようです。
ガーデニング
しかし、そんな春を待つわくわくした気持ちとは裏腹に、4月の半ばだというのに雪が降るという天気予報です。ニューイングランドの春は、まだまだ手放しで喜べそうもありません。日本の皆さんは、梅雨までの間の新緑の季節をどうぞ楽しんでくださいね。


aokijuku at 02:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年04月10日

ビュッケブルグ歳時記 246

重なる困難

 先回のブログの終わりに、コロナパンデミーの退治はとても大きな難事であると再確認させられていると書きましたが、8日付けの新聞にはまたもう一つ、この地を襲っている難事についての記事がありましたので、ご紹介しておきます。

 折に触れて”つむじ曲がり”と呼ばれる、反対派と呼ばれる団体 ー 例えばマスク着装義務、人とのコンタクト制限などの政府からの国民に対する服従義務事項を無視する人たちがいて、この人たちによるデモが各地で行われているということは既にお知らせしていると思いますが、この趣旨の団体はLockdown が長くなるにつれて ”Great Reset“ との名の下に、その数と行動範囲を大きくしているとあります。本来はパンデミー退治の後にくる ”新しい、大きな出発” というの意味を故意に歪めて”Great Resetとすることで、ヒットラー時代のユダヤ人排斥運動の様な団体にする意図が見え、新しい世界陰謀案として危機感があるということです。
 これはコロナに対する反対運動に留まらず、11月の連邦選挙にも大きな影響を与えることになるだろうということです。

 ”Great Reset“ とは、Davos のWEF (世界経済フォールム)で言い出された主動唱で、パンデミーの後は世界中に公平な、持続する経済組織を、という意図のもとに作られたパローデだとあり、ドイツでは2020年からコロナ騒動に対する反対派の主張唱 として使われる様になったということです。

 この様に”つむじ曲がり” 団体は、”Great Reset“ を盾にとって法規に背く行動をとっているのです。そしてこのことはこの国全体のコロナ退治政策に背くことであり、選挙の結果によってはこの国の運命に影響を与える結果ともなる可能性もあるわけです。右派の多勢になるわけですから。

 もう一つ、この国の政治に大きな影響があるのは、この国が連邦制の国ということです。 

 先回のブログで、メルケル首相の国民に対する陳謝放送をお伝えしましたが、この元は、対コロナ政策決定に、16の州の州総理の意見が一致しなかったにもかかわらず、復活日の3日前の、最後の晩餐の日を、今年は休日として静かなイースターにすると決定して、発表したことは、自分の過ちであったと陳謝の放送があったのです。
 政治家にとっては非常に難しい「謝りの言葉」を国民に言ったことに対しては、言われた国民だけではなく、国会議員の誰もが彼女に尊敬の念を持ち、気持ちよく受け入れ、休日取り消しを受け入れた一幕劇でした。
 

 この会議だけではなく、16人の州総理はそれぞれの意見があって、長々と会議をしても全員一致に至ることは難しいのではないかと思います。
 Lockdown などの期限も16人の州総理と首相で会議を持ち、それぞれの意見を言い合い、その後で決定するという手順を使う様ですが、違う意見にそれぞれが固執することも多いのだと思います。この過程がLockdown の期限や、方法も州によって異なり、成果が遅くなる原因になっているように思えます。
 首相が「全国が団結して!!」と唱えるのがわかる様な気がします。 


 民衆主義の国では言論の自由が保障されているわけで、これを変えるには既にある法規を変えなくてはならないのだと思います。
 自分の意見をどうしても固辞するか、場合によっては他の意見に譲るかの決定は難しいとは思いますが、パンデミーには対応が迅速であればあるほど退治が早いことを忘れないで欲しいと思いながらのブログです。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年04月07日

【From America】「屋外のイースター礼拝」

アメリカのウインドゲイト緑です。
4月4日は今年のイースターでした。(イースターは毎年日にちが変わります)日本の皆さんには余り馴染みのないイースターですが、キリスト教信者にとってイースターはクリスマスと同じくらい大切な祝日です。昨年のイースターはもとより今年のイースターもまだまだコロナの影響でなかなか教会に行くことが出来ません。

イースターそこで、今年はいくつかの教会が屋外でのイースター礼拝を行いました。皆さんはアメリカのドライブイン映画館をご存知でしょうか? 大きなスクリーンに向かって車を駐車して映画をみるものです。この屋外礼拝もそれに似ていて、教会の外に設けられた祭壇で行われる礼拝に車の中から参加するものでした。
車の中は家族だけですから、他の人との距離はソーシャルデイスタンスの6フィートの必要はありません。同じ家の中で暮らしている家族だけですからマスクの必要もありません。

参加した人達は、この形でイースター礼拝に参加できてとても良かったと言っていました。他の教会では、三密を避ける形で礼拝を行っていたところもありました。しかし、日本よりワクチン接種が行き渡っているアメリカですが、それでも全員ではないのですから、やはり感染の危険は伴います。このドライブイン礼拝はなかなか良い方法だと思いました。

日本でも早くワクチンが行き渡ると良いですね。


aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント