2018年03月

2018年03月27日

【From America】「病院食堂にラーメン登場」

ラーメン01アメリカのウインドゲイト緑です。
病院の食事は不味い、と定評があるのは日米でも同じようです。特に病室に運ばれてくる食事は、患者の病気の状態に合わせて、減塩だったり、カロリーを抑えていたり、噛み砕きやすいように軟らかく調理してあったり、これは治療の一環で行われていることですから仕方がないことですね。しかし、病院内の食堂はどうなのでしょうか? 

最近の病院内にあるカフェテリアは、見舞い客や職員など病気ではない人も多く利用するわけですから「病院の食事は不味い」の延長戦上ではなく、満足のいくような美味しい料理を目指しているところも少なくないように思います。しかし、そのメニューといえばお決まりの内容が多いと思いますが、なんとびっくりラーメンがメニューに登場しました。

ラーメンアメリカはアーカンサス州の「Heart Hospital」の病院食堂で、週に3回ほどラーメンがメニューに登場します。病院のオーナーがラーメン好きであったこと。病院の食堂だってもっと美味しいものを提供しても良いのではないか、という発想から、シェフは日本までラーメン修行に行って直接ラーメン職人から技術を学んできた、という本格的なものです。シェフは、日本のラーメン職人はラーメン一筋に何十年もやってきて、ラーメンにかける情熱とラーメンの奥深さに感動したそうです。このラーメンが食堂一番の人気メニューになったことは言うまでもありません。

和食が海外で人気を集めていることは皆さんもご存知でしょう。ラーメンといえば、最初は熱湯を注ぐだけのカップラーメンが安くて手軽だということで、お金のない貧乏学生の食事、というイメージが定着していたアメリカですが、最近は本格的なラーメンを提供する店が増えてきて、ラーメンの奥深さがアメリカ人にも分かってきたようです。

寿司の次にはラーメンが世界的に和食メニューの人気を集めることになるかも知れませんね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月25日

ブログ18-9

[ポスト液晶]

ポスト液晶はなにか?

10数年前にシャープが世界の亀山モデルともてはやされているときシャープのトップはポスト液晶は液晶しかないと断言していました。
今考えるとまさにその時に佐々木正元副社長をたずねたヨーロッパ半導体の大手社長はポスト液晶は何かを真剣に佐々木さんに聞いていました。かれは液晶しかないとアドバイスしたのでしようか?どうもそうではないようです。

なせか?

あらゆる情報をたえず網を張っていた佐々木さんはギブ&テイクでしたのでごく自然にズバリポスト液晶がわからなくて誰よりも早く勘が働いたことでしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月24日

ビュッケブルグ歳時記 175

明るくみえる出来事


 昨年秋の選挙後、約半年を経て3月10日にこの国の政権が決まったことは日本に既報のことと思います。先政権と同じ、保守政党と社会民主党との大連合の提携がようやく話し合いの終局を迎えたのです。
 保守党10名、6名が社会民主党になる総16名の大臣が発表されました。その内、7名が女性大臣です。
 この半年間は、先期と同じ連合政権に対する不満や、4期連続のメルケル政権に対する批判もあったようですが、今は新しい政権に対する期待が耳に入ります。


 今回はその中で一番希望の光を放っていると思われる、一女性大臣についてお知らせしたいと思います。
 フランチェスカ・ギファイ(以下、G氏)という39歳になる社会民主党に属する家庭大臣です。日本にはこの部門の省は、したがって大臣も無いようですが。
 ブランデンブルグ(旧東)に生まれ、壁崩壊後西ドイツで教育を受け、教師志望だったそうですが音声障害のため政治に転向、ベルリンの一区であるノイケルンの管区長を2年間務めたという経歴です。
 

 ここで管区について説明します。ドイツでは、ベルリン、ハンブルグ、ブレーメンの3都市が Stadt(町)Staat(国)といわれる町国として、州と同じような 役目を果たしているのです。そしてベルリンは12の管区に分かれていて、この管区はそれぞれ政治的権力を持っているのです。


 この1区であるノイケルンは統治が最も難しい区とされています。居住者約30万人の国籍は160国にわたり、43%が難民や移住人ということです。こちらではこのような社会状態を Multi(多数の)-Kulti(文化の)と表現していますが、肌の色も、宗教も、習慣も違う人々の集団では、学校中退、犯罪、ユダヤ人排斥、イスラムの亢進などが日常茶飯事で、また金銭的にも貧困地区でもあるわけです。
 G氏は子ども達の教育問題には非常に熱心で、例えば、或る学校の古いトイレを新しくするとか、学校専用の検事をおき、学校刑事事件解決を図るとかの策を2年間に実行したそうで、社会的有効案を云うだけでなく、着実に実行に移すという、主動家でもあるわけです。このような区の区管長を務めたことについて、「女の身でこの区の区管長を務め得たのは、もしかしたら小革命であったかもしれない。これが若い女性たちへの見本となってくれればうれしい」と云っているそうです。
 このような、自身が破滅的な区の住人の身になって統治したG氏の業績が認められ、管区長から連邦大臣へと異例の出世となったわけです。
 なお、16大臣の中で旧東出身者は彼女一人です。 


 今朝の新聞に彼女へのインタビューが載っていました。
 「家庭、老齢者、女性、青少年問題があなたの管轄ですが、これ等の順番は」との問いに「子ども達が最も重要」と答えています。そして、「自分としてはこの国のどの子でも、貧富や階級の差に関係なく子ども達が平等に、自分で決めた道を生きることが出来るチャンスを持てるようにしたい」「そのためには先ず、全日制保育所の万全が必要である。指導者の教育を再考し、報酬も改善する必要を感じている。人間形成となる基礎は幼児期間に培われると思うので」と読んで、子どもの教育に重みをかける新大臣を惜しみなく応援したいと思います。残念ながら、日本国籍のわたしには選挙権がないのですが。
  


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月20日

【From America】「春の大掃除」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本ではそろそろ桜前線情報が気になる頃ですね。日本の春、といえば年度末、卒業式、入学式、お花見、と行事が多い時期です。一方、アメリカでは「スプリング・クリーニング」という言葉がある位、大掃除の時期なのです。

窓拭き私が以前住んでいたニューイングランド地方は、今も大雪で交通に影響が出るほどですが、普通はそろそろ春の訪れを感じ始め、水仙やクロッカスが雪の下から顔を出し始める頃です。この地域の人達の生活といえば、11月下旬の感謝祭の頃までは何とか外の仕事も出来るのですが、その後は雪に閉ざされた生活になるので、クリスマスの屋外の飾り付けである大きなリース、屋根の軒下や庭木に取り付けるクリスマスのイルミネーションは11月に取り付けたら、雪溶けの春まではそのままにしておく人が多いのです。これは決して「さぼっている」ということではなく、雪が深いので「実用的」なスケジュールです。
春の訪れを感じるようになると、皆さんこぞって屋外の仕事を始めます。上記のようなクリスマスの片付けは勿論、雪の下に埋もれた枯葉掃除、そして窓拭きです。

アメリカの家には基本的に日本のような「雨戸」が付いていません。ハリケーンなど特別の場合にはベニヤ板などを釘で打ちつける場合もあるでしょうが、通常は吹雪や嵐が来ても窓ガラスを守るものがありません。従って、窓ガラスは汚れることが多く、このスプリング・クリーニング時期には窓拭きの作業も年中行事です。

昨日、ラスベガスの我が家の玄関のベルが鳴りました。「どなた様ですか?」と聞くと、写真にあるようなスクイージーと呼ばれる窓ガラス道具を持った男性が「この近所を窓ガラス掃除に回っています。今週中ならお安くしておきますがいかがですか?」とセールスに来たのです。そうか、春の大掃除の時期だったなあ、と思い出しました。というのも、ラスベガスは日本の首都圏と同じ位の気候ですから、春まで待たなくても窓拭き作業はいつでも出来るので、スプリング・クリーニングのことを忘れていました。
アメリカでは、大きな吹き抜けの間取りで高いところに大きな窓が付いているデザインの家をよく見かけます。素敵なお家ね、と思った次には「一体、誰がどうやってあの窓の掃除をするのかしら?」ということが頭をよぎります。日本ではプロの窓拭き屋さん、というビジネスは聞いたことがありませんでした。日本は家族総出で暮れに大掃除をします。この時には男性も手伝って普段は出来ないような場所も綺麗にしてお正月を迎える、のが日本の生活です。
所変われば品変わる。アメリカには便利なプロの窓拭き屋さんがこうやって回ってきてくれるのです。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月17日

ブログ18-8

大王製紙元社長

三代目の社長は皆さんご存知のようにラスベガスで100億円すつてしまいました。
金の出どころが親会社、子会社とにかく出るところから引っ張り出したようです。

中学生の時に、全国模試で二位になつて母親もびっくりしました。これはすごいとなつて、夏休みに上京して母親とともに帝国ホテルに1ヶ月泊まり込みで、著名塾に通って勉学にはげんだそうです。
国立大付属、麻布全て合格し、大学も難関希望校に入りました。

この話皆さんはどう思いますか。


aokijuku at 09:04|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント