2017年05月

2017年05月13日

ビュッケブルグ歳時記 154

子権


 今回のタイトルに疑問を持つ読者の方が多いと思います。ので、最初に種を明かしてしまいます。「子権」とは民主主義の中で重要な意味を持つ「人権」から、子どもの持つ権利の呼称として、わたしが勝手に作った言葉なのです。
 昨年は日本で民主主義について、どちらかと云えば批判的な論議が盛んに行われていたことを思い出したことがきっかけですが、先週のフランス大統領選挙の結果が、闇ばかりのように思われた世界状勢に一筋の希望の光を放ったように見えることなどから、やはり社会を統制するシステムには民主主義が最良なのだと改めて思わせられたのです。そこから、この国の民主主義社会で、異国人の一主婦の目に写る日本と少し違うと見える画像を折にふれ、皆様にお伝えしたいと思うのです。


 この国では、「子ども達が大人と同じ権利をもっていて、幼児期を抜けた子ども達はそれを主張する」ように見えるのです。
 例を挙げてみます。私のピアノ教室に入りたいと希望する子ども達は、保護者の同意を得て始めるのですが、しばらくの様子見期間の後、止める子は、理由を並べて保護者の同意を得て簡単に止めるのです。その理由がどうであれ、子どもの意向が重視される場合が多いのです。その後、成長とともに進学や職選選択に向き合うようになるわけですが、ここでも友達がこうだからとか、周りの目を気にするとかはとても少ないように思われます。普通の子ども達は自分を確立していて、その自分が持つ権利を主張するのです。


 この理由を考えてみるといろいろとあって難しいのですが、この国では日本と違って、早くから子どもを大人扱いしていることに気が付きます。小さな子にも
親は「こうしなさい」と云う前に、「あなたはどうしたいの」と、子どもの意向を問うことが先のように思われるのです。このように子どもの返事を促進する話し方は、結果はどうであろうと、子どもの意見作りの手助けになっているように思われるのです。
 そして10歳を過ぎると、例のSIE と DU の使い分けをしなければならなくなるのです。SIE は他人とか目上の人を対象に、DU は家族、友達などを対象にして使います。学校でも9年生から 、教師は生徒をSIE として扱うことが決められています。ここから、生徒は一人の大人として扱われることになるわけです。このことは、ドイツ人にとってはごく普通のこととなっていて、意識している生徒は少ないと思いますが、「ある歳から一人の大人として扱われる」ということは、異邦人のわたしには無意識のうちに、子ども達に自己主張の意識を植え付ける土壌となっているように思われるのです。このようなことが、子ども達の、彼らの持つ権利を主張する環境地となり、そこで子ども達が自分たちの子権を培養しているように見えるのです。


 このように、権利というものを大人だけでなく、子どもたちも持っていることがとても目につくので、それを子権と呼ぶことにして、この見出しになりました。
 勿論、「子どもの持つ人権」というのが正しいとは思うのですが、子権の育成には、人権をわきまえた大人の指導が必要ですし、また年齢の差からくる子ども等の主張が間違った方向に行ったときなどを思うと、親の持つ人権に対して、子どもの持つ権利は子権として区別した方がよいように思われるのです。この2つ、人権と子権がお互いに、お互いの領分をわきまえて寛容さを保ちつつ、問題解決に当たることは自分たちの社会だけではなく、世界の融合に大きな役目を果たすと思われるのです。そしてこのような子権の育成は、家庭だけではなく学校教育においても不可欠なことだと思います。民主主義社会では人権が尊重されるべきなのですから。




aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年05月09日

【From America】「セサミ・ストリートに新顔」

自閉症アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんはアメリカのTV子供番組の「セサミ・ストリート」をご覧になったことはありますか? 様々なぬいぐるみやパペットが登場して、楽しみながら教育的なことを教える番組です。就学前の子供がABCから数字などを学ぶことが出来ることは勿論、アメリカの子供が直面するであろう問題、例えば人種差別とか親の離婚などをさらりと紹介していくことを心がけてきた番組に、新しいキャラクターが登場します。

自閉症の子供は世界中に沢山いて、学校に行き始めたら自分のクラスに自閉症の子供が居る可能性が高くなります。その時に驚かないように、自閉症の子供とも仲良く遊べるように、と番組の中で自閉症の子供の特有の反応を紹介するというのが目的です。自閉症の新顔はジュリアという名前の女の子で、このパペットには両手の部分を取り替えられるように工夫がされており、自閉症の子供が音に対して敏感で騒音がした時に両手をぶらぶらさせる動作をするための手と普通の手の二種類があります。一緒に遊んでいても、ジュリアが時々思いがけない反応をすることに慣れて、問題なく仲良くできる場面を紹介していきます。

ジュリアがレギュラーメンバーに加わるかどうか? はまだ決まっていないそうですが、自閉症の子供に慣れるという意味では番組を見る子供は勿論、親である大人も一緒に学べる良い機会だと思いました。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年05月02日

【From America】「レンタル自転車は便利」

レンタル自転車アメリカのウインドゲイト緑です。

ラスベガスのストリップと呼ばれる場所は、沢山の高級ホテルが立ち並ぶ中心地です。ラスベガスのこれらのホテルは今まで駐車料金を一切取らない方針を打ち出していました。それは、駐車料金を気にせずゆっくりギャンブルに打ち込んでもらいお金を落としてもらえば、駐車料金なんて安い投資だ、という考え方でした。しかし、ここに来て事情が変わってきて、ベラージオを含むMGMグループが駐車料金を徴収する形に変わって来ました。

そこで注目を浴びてきたのが、ダウンタウンと呼ばれる昔からある地域です。
ここにはゴールデン・ナゲットをはじめとする昔ながらのカジノが集まり、ストリップに集まる客をダウンタウンになんとか集めようと策を講じています。
その中の一つが、レンタル自転車です。30分借りて4ドルという金額でダウンタウンの中は勿論、観光客に人気のアウトレットにも行かれます。

ストリップの駐車料金は1時間―4時間は7ドル、4時間を越えたら24時間まで10ドル、です。しかし、今まで無料だったことを考えるとちょっとがっかりして足が遠のきますよね。更には、この料金を値上げすることが決まったそうで、がっかり気分に拍車がかかります。
この有料駐車料金徴収の波は他のホテルグループにも波及しそうで、ラスベガスの観光にどのような影響が出るか? 見守っていきたいと思います。
健康的な自転車や徒歩という交通機関が普及していくのでしょうか?


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント