2015年08月

2015年08月08日

ビュッケブルグ歳時記 114

統合欧州の行く手


 前回ブログ、メルケル像に次のようなコメントが寄せられました。
〔今回のギリシャ危機は、EUから距離をおいてみるとどちらが良い、悪いの問題ではありません。応急手当でギリシャが息をついてもまた危機は訪れるでしょう。本質的にこの問題を突き詰めればEU内部の南北問題であり、これをトコトン突き詰めと独仏の対立となり、アデナウアーとドゴールの合意が目指した欧州統合を覆す恐ろしい事態に舵先を向けることになります〕
 次に、下記のベルリンからの一記事を読んでいただきたいのです。
〔欧州統合を脅かす問題児が誰かと考えるとき、われわれドイツ国が命取りなのだと気が付く。理由を考えてみよう。マルクに別れたことがドイツを裕福国にし、南に並ぶ国々を貧しくする結果となった。2002年にユーロが共有通貨になって以来、ドイツでは輸出が伸び、為替相場も上昇したのだが、賃金上昇は僅かだった。これに反してフランスや英国では労賃が比較にならないほど上がったのがこの原因。経済発展に伴って政治力も強くなってしまった。そこからギリシャに対して政治的権力を押し付ける結果になったように見える現在、われわれは”分かち合うこと”を始めなければならない。ドイツを住み良い国にするのを止めてヨーロッパを住み良い国にすることを始めなければならない。そうしないと、いつか反逆が始まるだろう〕


 この二つの文の云いたいことは、ヨーロッパを平和に保ちたいということだと思います。
 日本からのコメント文の仏独条約を見直してみました。仏独の間に障害が起ることは戦争を意味すると思います。両国は長い間不倶戴天の宿敵として150年間に3度も戦争をした仲のようですが、2次大戦18年後の1963年に、青少年交流がきっかけとなり仏独友好(協力)条約が結ばれたということです。ここで良いと思われるのは、青少年の活動が今も盛んに行われているということです。私の生徒もよく短期交換留学に行っていたことを思い出します。子ども達に友好感情を養成することはこの条約を更に確実にしているような気がします。基礎が固められていると簡単には崩れない条約だと思われるのです。この思い込みを裏付けるのがドイツコメントのように思えるのです。
 記事の最後の句、反逆ということは戦争を意味していると思うと恐ろしくなります。前のプログでドイツが対戦争の危機が少ないのはEU諸国と仲良くしているからと書きましたが、記事の云うように”分かち合うこと”を忘れると、この定義が覆されることになり、戦争になる可能性があると警告しているわけです。この記事を書いたのはベルリンにある有名誌のドイツ人記者です。自分の国の政治に対して批判を持ち、それを記事にして読者の判断を乞うということに価値があると思うのです。ドイツは今大連合政治ですが、違う、反対の意見を示すのは良い野党があるという感じがして、民主政治だと思います。ドイツからのコメントが云っている、自分の国のEU諸国に対する態度を再考せよとの意見を知ると、これからの政策に信用を置けるという気になるのです。そこから協力や妥協や寛容精神を通してEU団結はいっそう固まると思いたいのです。




aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2015年08月06日

【見たり聞いたり241】 「DF理科実験」

「ああ楽しかった!」
練馬区大泉第六小学校5,6年生、30人を対象に
電池の作り方と1,2年生同じく30人を対象に墨流し絵の課外授業が開催された時の声です。
材料と講師の関係で教室は30人限定となっていましてなんと3倍強の申し込みです。聞くところによると子供たちの理科離れは小学校ではなくて中学校から始まるそうです。さて電池の先生ですが大会社の金属担当のOB役員でその話方は見事なものでした。
電池はいつ誰が発明されましたか?ハイ!エディソンです、違います。1800年ボルトです。3回言いますと忘れないそうです、ハイ!3回言いましょう。エディソンはその電池をつかっていろいろな物を発明しました。子供たち4,5人が一組でそこに講師一人がつきます。講師の方は計6人で大変贅沢な課外授業です。皆で電池つくりが始まって完成すると小型モーターが回り始めました。電池の流れ具合もテスターではかります。DF理科実験は始まって4年たちますが今までは講師の個人的なコネで授業先を開拓していましたが、都教育庁がこの理科実験に大変関心を持たれたのでさらなる展開が期待されます。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2015年08月04日

【From America】「貝を他の湖に持ち込まない」

84アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の各地の湖や田んぼなどに、もともと日本には生息していなかった海外種の生物が紛れ込み、繁殖して地元の生態系を乱すということが起きています。世界が狭くなり、海外との交流が多くなった昨今、故意にしたわけではなくても思いがけない方法で知らない間に海外から新種が日本に入り込むことが起こっているようです。

アメリカでも同じことが起こっていますが、ここで例に挙げるのは湖でのことです。日本の海でも船の底にフジツボと呼ばれる小さな貝が付着して害を及ぼすことがあるようです。私の住んでいるラスベガス近郊には人工湖のミード湖があります。湖には「Mussel」と呼ばれる小さな貝が生息しており、これが夏のスポーツであるボートの船体に付いて、こちらの湖からあちらの湖へと移動してしまうのです。

少々余談ですが、「Mussel」というとムール貝を思い浮かべる方々が多いと思いますが、食用にするあのムール貝とは大違いで、形は似ているもののこちらは小さな貝で食用にはなりません。

さて話を戻しますが、大きなクルーザーはマリーナに停泊しているために、殆ど移動することはありません。ところが、小さなモーター・ボートやクルーザーはトレーラーに乗せて自家用車のそれを後ろに取り付け、あちこちの湖を訪問することが出来ます。この時に目に見えないような小さな貝の卵が水の中に含まれていて、知らない間に移動してしまうことがあるというのです。それを防ぐには水分をよくふき取ることだそうです。国立公園であるミード湖のあちこちにはDon't move a musselの看板が掲げられています。

小さな努力の積み重ねが後に大きな違いにつながるのですね。皆で大切な自然を守りましょう。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2015年08月03日

【明日の世界292】 「見えないものがみえる」

前に青木塾でお話をしてくださった女流写真家の夏野苺さんの講演を聞きました。
彼女がプロの写真家になるまでに10回ほど仕事を代えていると言われましたがそれがすべて肥やしになっているようです。ぱっと閃いて写真を撮り始めたと言われますが10年間の蓄積があって初めて可能になると思います。あるとき彼女の写真を気にいってくれたキネマ旬報の副編集長がスターの写真集を撮ってほしいと言われましたがそれが三国連太郎でした。そのようなことがありうるのかと思いましたがそれが出会いなのでしょうか、そして今売り出し中の小栗旬の写真は無名時代から撮り続けてきましたが、彼女が講演中に言った言葉が忘れません、人々が小栗旬の写真は苺さんが撮ったものが一番生き生きとしていると、同じ写真でもそのように違うものでしょうか、それが彼女がよく言う見えないものが見えてくる現象でしょうか。今や追っかけフアンが多数いて北海道から、沖縄からも彼女の写真展に足を運ぶそうです。フアンとは有り難いですね。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント