2014年06月

2014年06月14日

ビュッケブルグ歳時記 86

雑孝談

 今日は最近、ドイツに起った出来事について考えたことを読んでいただきたいと思います。

1. この国の憲法記念日(日本の憲法記念日にかけてこう書きましたが、ドイツ語ではGrundgesetz で、辞書を見ると基本法(特に1949年に制定された西ドイツ憲法)とあります。基本法でも憲法でも同じようですが、後述する一件で、原則として変わることはないという、基本という言葉の意味が重要になるので、ここでは基本法と書きます)は5月23日です。この日のTVニュースで、国会での65回目の基本法記念式典を見た時には驚きました。儀式が国会議員だけで行われたのはなく、セレモニーの中心に、ケルンに住むイラン人で、作家であり東洋学者である
ケルマーニ氏(46歳)のドイツの基本法についての演説があったのです。
 作家であることからか、先ず基本法の最初の文章ーー人間の持つ尊厳は、何ものも侵害出来ないものであるーーの分析から始まりました。「基本法は国が国民を守るための条項であるはずだが、何事も侵害出来ないものなら、国家も侵害出来ないはずだが」と、言語上の矛盾を指摘しました。「しかしドイツでは、言葉の持つ権力でこの矛盾を処理し、65年間に、自由が根付き、イスラム圏からの移民の子ども達にさえ、基本法が行き渡っている。このような国は世界中でも少ないだろう」と、ポシテイブな評価がありました。
 この後、テーマが政治的になり、「私が所属するもう一つの国、イランでは未だ自由が思うままではないが、15年もしないでクリスチャンも、ユダヤ人も、ソロアスター教徒も共に生きることが出来る国になるだろう」と、イランを誇示。
 次は新基本法を真っ向から批判しました。ドイツの政策の痛い所をつく亡命避難民の保護法を批判したのです。      「6百万のユダヤ人を根絶した過去を持つ国が、1993年に16a条を書き変えたことは、基本法で政治逃亡者を閉め出すことにしたと解釈出来るのではないか」
16a は、政治亡命者全員を受け入れるのではなく、保護を要請する避難民の状態によって受け入れを制限すると書き変えられたのです。「ここで基本の意味が変えられている。『こうする』と決めた基本法では、全ての避難民を受け入れるべきではないか。基本法とは、全てを対象にしているのではないか」というわけです。
 このように、ある意味で、基本法の恩恵を受けてこの国で生きている移民の一人が、その国の基本法の記念式に褒めるばかりでなく、意見を言い、批判する演説をすることが許されるということに驚きました。今は亡命者としてドイツ国籍を与えられてはいるが、異宗教の移民に言論の自由を与えるというドイツの自由さは、本物だと認めざるを得ないのかと思いました。
グロ バール・マインドとは、こういうことかなとも思いました。


2. この間、ヨーロッパ議会の選挙があったことは報道されていると思います。
この選挙の結果に驚きました。咋秋行われた連邦議会の総選挙に新しく出馬し、僅かの議席を獲得したAfD (Alternative fuer Deutschland= 選択したい人の党の意。年寄りでインテリ階層が構成する右翼系の党で、スローガンは脱EUです)党が、ヨーロッパ議会では多くの票を集めたのです。
 数国の経済不況やEU中央銀行の低利子政策などで揺れましたが、EUの最高の功績は、「平和保持」であることを忘れた人達が多くいることを知り、これにも驚いたのです。


aokijuku at 09:42|この記事のみを表示コメント(0)

2014年06月13日

泥んこは苦手!?

真穂としみok小雨降る中、田植えに行ってきました

最初の田起こしから早一週間

いよいよ稲を植えます

本当は息子に泥んこ体験をさせたく申し込んだのですが、初めての時は田んぼの中に入れようとしたら、大泣きし、今回も嫌がったので、結局私一人の楽しみ!?になってしまいました
__ 1






田植えが終わる頃にやっとなれてきた息子さん
__ 2







なんとか1つ植えました
__ 4





この稲がどれだけ成長するか楽しみです

それにしても、夫が清潔好きなので、それに似てか泥が少し付くだけで、「きたない」と嫌がるのは困ったものです

どうにかして克服しなくては・・・


toshimi_maho at 05:00|この記事のみを表示コメント(0)

2014年06月12日

【見たり聞いたり180】 「杉戸の宿」知っていますか?

「杉戸警察に保管されています」と電話あった時横浜の杉田は知っていますが杉戸はどこか知りませんでした。
携帯をどこかに忘れてしまい、丁度買い換えようと考えていたのでi・フォンを購入しましたらそれから一週間ぐらいたった時に杉戸警察からの電話です。アドレス帳の登録者の再登録は前の携帯がないと確かに不便で困ったなと思っておりましたのですぐ杉戸警察に行くことにしました。最寄の駅は東武動物公園で小生の住んでいる青葉台駅から急行利用でも2時間10分かかりました。駅から4キロのところに杉戸警察はあり、健康の為に歩いていきました。途中2回道を聞きましたが聞いた二人ともまだまだ結構ありますよと親切に教えてくれました。確かに知らないところに行くとずいぶん遠くに感じます。
警察所のお落し物窓口で携帯をもらってふと横のポスターを見ると日光街道杉戸の宿町おこしとありました。そうか杉戸は日光街道にあるのかと思うと400年前当時の面影は全くありませんがここを家光は家康の墓参参りに通ったのだなと思うと俄然帰りは普通の道路が面白くなりました。チェーンのうどん店の前を通る時家光の時代はどのような店があったのか等思いをはせると来る時あれほど遠く感じられた道があっという間に駅にたどりつきました。何事も関心を持つと気持ちもしゃんとすると言うよい経験をしました。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2014年06月10日

【From America】「空港にサービス犬のトイレ登場」

Toilet for dogアメリカのウインドゲイト緑です。

「犬は人間にとってベスト・フレンド」といわれているように、犬は飼い主に忠実で、賢く、人間にとってとても役に立つことをたくさんしてくれます。その代表的なものが、盲導犬、あるいはサービス犬と呼ばれる犬達でしょう。

盲導犬は目の不自由な人の目となって、行く道を照らし危険から守ってくれます。サービス犬は車椅子に乗った人が取りに行かれないものを取ってきてくれるなど細かい身の回りの雑用をしてくれます。これらの犬たちはハンデイー・キャップのある人が困らないように助けてくれる仕事をしてくれる大切な役割を持っています。

公のビルやレストランなどに、サービス犬以外のペットはお断り、という看板が出ているのをよく見かけます。そして、空港でもこのサービス犬が大活躍しています。ところが、このサービス犬たちのトイレが今まで空港内にありませんでした。広い空港で「お仕事をしている」犬たちにとって、芝生のあるところまでトイレに行くというのは無理なことだったのです。

Toilet for Dog 02それが、「サービス犬用のトイレ」が空港に新しく出来た、というニュースが報道されました。人工の芝生ではありますが、青々とした芝生の上で用を足すことが出来ます。更には、臭いに敏感な犬のためにはちゃんと掃除用の水も出るのですから、これは「水洗トイレ」ですね。 

今までは人間中心に空港の設備を整えてきた空港管理会社が、こんなところにも気を配ってくれるようになった、というのは嬉しいことであり、また それだけサービス犬が人間の生活に大いに貢献して、なくてはならない存在になっていることの証でもあるのでしょうね。サービス犬たち これからも頑張ってお仕事をしてくださいね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2014年06月09日

【明日の世界232】 「狂った油」

「先生申し訳ないのですが予定していたテレビ出演降りてください」と突然の電話です。
藤田先生決まっていたテレビ出演から急におろされました。なぜか?スポンサーがM大手ハンバーガーであったからです。
私も口にしますがフライドポテトが大好きな人は多いいのですが藤田先生は口にしないそうです。フライドポテトはトランス脂肪酸の塊のような食べ物ですから怖くて口に入れられないのです。動脈硬化を予防するには身体に悪い油を体内に入れないことが大切です。身体に最も悪い油とは人工的に作られた油です。日常的に食べる油で言えばマーガリンや大量生産されている揚げ油です。これらの油がよくないのはトランス脂肪酸を含むからです。トランス脂肪酸は狂った油とよく言われます。健康寿命を望むなら、トランス脂肪酸の摂取量は極力減らすべきです。トランス脂肪酸は自然界には存在しない油です。先生はこのような主張をどこでも述べているのでM社がスポンサーでは降ろされるのもやむを得ないでしょう。


aokijuku at 12:51|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント