2014年03月

2014年03月24日

【明日の世界221】 続々「フイギアスケートのノービス」

 金メダルの荒川静香さんがノービス生徒の第一号であることは前にご紹介しましたが、ソチオリンピックのスケート選手は羽生、浅田をはじめすべてノービス出身です。
 長男の名古屋在住の小学校3年の孫娘Mがそのノービスに挑戦しているので少々内情をご紹介させてください。
Mはこの3月初にノービスBと言う小学校3,4年のトップレベルの子供が競うカテゴリーに出場しました。この大会が全日本スケート連盟の主催する全国有望新人発掘合宿の選考会を兼ねており、3年生は全国5地区から5人ずつが選ばれ、合計25名が7月に長野県野辺山で合宿を行います。全国のトップクラスの実力を持った子供たちが集まる3泊4日の合宿です。最近は世界クラスのコーチが招聘されます。この合宿に行くのが最初の目標ですがMは何とか目標をパスしました。野辺山にはこのような選考を経て小学生男女各100名が集まります。
 9月には全国大会の予選をかねた中部地区のブロック大会があり昨年は9人が全国大会に行きました。全国大会の出場枠も野辺山合宿で決まりますが、全国大会に行こうとするとMは5人ほど抜かないといけないのでハードルは結構高いのです。当面野辺山合宿と9月の大会を見据えて練習するすることになります。
 今のところ孫が自ら進んでチャレンジしているので良しとするところでしょうがすでにコーチの時間に合わせて学校にいかないでスケートリンクに行く時間が増えていくようです。又早朝5時からの練習もありますが、そうなると親は3時半起きになうので親も孫も相当の覚悟が必要になるでしょう。


aokijuku at 00:02|この記事のみを表示コメント(0)

2014年03月22日

ビュッケブルグ歳時記 81

堕胎

 数年前のある日、16歳のアグネスがレッスンに遅れてきました。理由は「妊娠したかと思って医者に行って来たの。そうではなかったのが判って安心しました」でした。話していると、女性にとっては、やはりいろいろな理由で妊娠が問題になる場合が多いと知りました。そこから、キリスト教が国教のこの国での堕胎の実情を調べてみる気になりました。

 刑法218条が堕胎に関する条項だということは、この国では市民の殆どが知っていることです。218条には、「中絶は、通常、3年までの自由刑(身体の自由を拘束する刑、即ち監獄行きです)、または罰金刑が下る。着床前の中絶は罪とみなされない」と表明されているのです。この法規で判るとおり、堕胎は今でも根本的には違法なのです。ただし、今は例外箇条が造られました。
 次のようなことが、これが造られた過程です。古代から中世まで、中絶には死刑の処罰まであったこの国ですが、60年代に「わたしのお腹は私のもの ー 子どもを生むか生まないかを決めるのは核当する私たち女性 」というスローガンの下に、
1800年代から続いている218条を法規から除去することを目的とした婦人解放運動が行われ、この問題が社会的な討論主題となりました。
 70年代には「デモクラシーを浸透させよう」という意図の下に、与、野党の意見が抗争しました。一つは、母親としての人権尊重を、もう一つは、生まれていない子どもの持つ生きる権利を尊重する、と二つの意見に分かれたのです。後者を支持したのはカトリック関係者です。
 そのあとも議論が続けられた結果、1976年に次の4つの条件が満たされる場合には、中絶は「違法だが罪にならない」とする例外箇条が加えられた新218条が成り立ったのです。
 4つの条件とは:1. 医学上で(健康が妊娠に耐えられない場合など) 2. 優正学上で(遺伝病有りなど) 3. 刑事犯罪学上で(凌辱犠牲者など) 4. 社会生活上で(普通の社会生活をすることが危ぶまれる人など)、難点が認められることが条件です。この条件を満たした上で中絶を希望する者は、決められた相談所に行き、そこで助言をもらうことが必要条件に加わります。勿論、相談所では生まれようとする子どもの生を守ることと、相談者の意志を顧慮することが第一に考えられます。そして、経費や家族との問題など、広い範囲に渡って相談にのるのが妊娠紛争問題相談所なのです。

 ドイツでは中絶数が年ごとに減ってきているようです。昨年は約10万件があり、2012年よりも3、8%少なくなっているとのことです。10万件の内の
3/4が18ー34歳の女性で、未成年の堕胎は4%ということです。

 アグネスの診断結果が妊娠ではないということで、笑って済ませられましたが、その反対の場合を考えるとやはり考えさせられる問題です。未成年であること、学校教育が終わっていないこと、国教がカトリックのポーランドからの帰住者であることなど、問題は大きくなる一方です。
 国の違い、教育の違い、宗教の違い、階層の違いなど、いろいろ考えさせられた出来事でした。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2014年03月21日

もうすぐ幼稚園

真穂としみok3月で今通っているプレスクールを卒園

来月からは幼稚園に入れることにしました

本当はもう一年経ってから年少組になるのですが、この幼稚園は3歳になった時点で入園できるということで、4年保育になります
※息子は4月生まれなので^^

クラスも年少々クラス
といっても、年少のお兄ちゃん、おねえちゃんと一緒のクラスなので、息子にとっていい刺激があるといいなと思っています

少しずつ準備も整い、今から楽しみです


toshimi_maho at 06:00|この記事のみを表示コメント(0)

2014年03月20日

【見たり聞いたり168】 船を編む


「舟を編む」が日本アカデミー賞の作品賞を始め、計6部門で最優秀賞に選ばれました。2月末におこなわれた東スポ映画大賞でも「舟を編む」が作品賞、主演男優賞が松田龍平、主演女優賞が真木よう子と同じ選考でした。
さて先日三省堂の辞書部で辞書つくり一筋のOさんにお会いしました。Oさん曰く我々の仕事は本当に地味でよくまああそこまで掘り下げて本にして、映画にも仕上げたと感心しておりました。前にも言いましたように
作者の三浦しおんさんの大型書店で講演会を聞いたときにその人柄の良さに感心してしまいました。よくあるケースですが講演中本を買ってくださいと連呼?する作家がいますが彼女は少しも本を買ってくださいといいませんんでしたが自然と本も、辞書も買い、映画も見てしまいました。多分辞書つくりの職人を訪ねていろいろ取材した時気持ちよく応対してくれてなかなか知られない内部の話もしてくれたのでしょう。そうでないと6部門で賞を取ることは難しいと思います。今コミニュケイション力の必要性が取り上げられますが、三浦さんのその面でも最高の力を発揮した間違いありません。
東スポの映画大賞授賞式はビートたけしが仕切っていましたが特別芸能賞にわれらの手妻名人藤山新太郎師匠が選ばれて、小生もその授賞式に出席しましたので、改めてビートたけしのすごさを目の当たりに見ました。

aokijuku at 00:04|この記事のみを表示コメント(0)

2014年03月19日

技術流出

つい先日、半導体の技術が韓国に漏えいしていたというニュースが世間をにぎわせたが、かれこれ30年半導体業界で仕事をしている小生にとっては「何で今頃?」と感じる。

この業界に同様に携わっている人にとっては、韓国がDRAMの生産に集中し始めた時から始まっていたのは周知である。

大手半導体メーカーが乱立した、当時シリコンアイランドと呼ばれた九州では、金曜日の夜に福岡空港を出発し、月曜日の早朝に福岡空港に戻る韓国便があった。

週末には、エンジニアのパスポートは回収され会社の金庫で保管するという大手半導体メーカーも実在していた。

そして半導体立国と呼ばれた日本は、あっという間に韓国に抜かれた。

韓国との関係が問題視されている今になって出てきたのには、当然仕掛けがあるのだろう。

aokijuku at 18:29|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント