2012年12月

2012年12月31日

【明日の世界157】 「リスクを取る」

逸材がズラリとそろった今年のプロ野球のドラフト会議で、台風のお目となったのは岩手花巻東高校の大谷翔平投手です。大リーグ入りの意志が固く指名はリスクが高いと見られていたが日本ハムは単独1位で強行指名し、交渉の末に入団にこぎつけました。日本ハムの作戦が見事で、「11月10日の交渉にさいして「大谷翔平君 夢への道しるべ」、日本スポーツにおける若年期海外進出の考察なる提案者を出されました。球団側は高校卒業後に大リーグに挑戦したものの苦戦する韓国人選手の成績をまとめた資料などをつくり、若くして大リーグを目指すことのリスクを説いた。大谷の質問に応じて疑問点を解消させた。日本ハムが粘り強い交渉の末に、大魚を吊り上げた格好です。2009年に6球団が競合した菊地雄星投手を外したが10年は4球団が競合した斉藤祐樹投手を獲得。11年は菅野、12年に大谷と大物を狙い、球団幹部は「その年の一番いい選手を1位を指名する」と指名競合や入団拒否のリスクを恐れないハイリスク・ハイリターンの戦略を貫いてきた。菅野はご承知のように1年浪人して巨人に今年はいりました。
楽天の星野監督が大谷の日ハム入団を見てなんだうちも指名するのだったといっていましたが、球団のリスクを取る姿勢がないと簡単にはいかないでしょう。
考えてみると日々の生活は大なり、小なり、リスクをどう取るかでしょう。

この1年間明日の世界をお読みくださいまして有難うございます。
新年よいお年をお迎えください。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2012年12月29日

イルミネーション

P1070483クリスマスも終わりました。
皆様はどんなクリスマスを過ごしましたか?
私たちはアルバイトとレッスンで夢に向かって活動充実クリスマス!でした。
さて、クリスマスシーズンはあちらこちらでイルミネーションが話題になっていました。
私たちも出かける先々で見かけては楽しみました。
たまたま東京ミッドタウンでも見る機会があったのですが、
海みたいに一面のイルミネーション、音楽との演出、とてもきれいでした。
私がひそかに好きなイルミネーションは
千葉県にある夢の国の夜の景色です。
パレードもショーも好きですが、私のお気に入りは…閉園が近づいた頃。
みんなで出口に向かう途中街の手前で振り返ると
暗い空の下、青白くお城が光り
まわりの林の電球が星屑が散っているように
キラキラと瞬いている、そんな風景です。
人も少なく、灯りも減って華やかではないのですが、
夢のなごりのような煌めきの空間の中を歩くのが凄く好きでした。
今年のクリスマスシーズンは残念ながら見には行けませんでしたが
またそのうち、見に行けたらいいなと思っています(*^^*)
クリスマスまでで終わってしまったものもありますが、
まだしばらく続くイルミネーションもあるようです。
年末年始、キラキラ輝く煌めきの世界を楽しむのもいいかもしれません☆**☆**
ぴのん ひとみ


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2012年12月28日

今年最後のブログですm(_ _)m

真穂としみok今年も一年ありがとうございました

2012年は、嶋先生、TSUKASAさん、高橋さん、有田さんなどいろいろな業種の方にお話を頂戴しました

そして、今年はぴのんちゃんが加わり、華やかになりましたね

12月は素敵なコンサートも開いてくれました
来年もぜひがんばってもらいたいです


さて、私事ですが、今年はしめ縄飾りを作ってみました
P1012914
いかがでしょうか?

そして少し前から個人ブログを始めました
日々の生活をつれづれに綴っています

タイトルは、毎日の私の生活を見て夫が考えました
題して、ゆうちゃんママの専業主婦っていそがしい!?

よろしければ暇つぶしにでもしてください

来年もますます青木塾が盛り上がるように頑張ってまいります

みなさま、お忙しいと存じますが、お時間のある時は足をお運びいただければ嬉しいです



toshimi_maho at 06:00|この記事のみを表示コメント(0)

2012年12月27日

【見たり聞いたり104】 「脳と記憶力」

厚生省は2012年、全国に305万人の認知症患者がいると発表しています。10年前の2倍で、25年には470万人に達すると予想されます。
脳にいつも刺激を与えることがよいと言われ日々好奇心をもって過ごすようにしているつもりですが少しは役に立つのでしょうか。
「人にやる菓子をわれのと間違えて出したる手をどこにやるらん」確か小学校1.2年の時に読んだ少年倶楽部の歌ですが、なぜか忘れずに覚えています。
理由があるのです、正にj自分が人にやる菓子を間違えて手を出してしまい恥ずかしい思いをしたのと少年クラブの歌を読んだ時がほぼ同じ時だったので脳に焼き付いて以来忘れずに今日まで来ています。脳の引き出しに永久保存されているようです。
先日横浜の勉強会で初めてあった人と名刺交換をしたとき「毛馬内」とありました。そのとき何故か東京オリンピックの時に話題になったコンパニオンを思い出しました。脳が48年前にとぶのです。当時、東京オリンピックで二人のコンパニオンがテレビや新聞でマスコミの話題をさらいました、一人はジャイアンツの長島の奥さんになた亜希子さんでもう一人が毛馬内さんでした、名前が珍しいのとなんといっても美人だったので記憶に残っていたのです。名刺の男性に聞きました。東京オリンピックのときに同じ名前のコンパニオンがいたのですが珍しい名前ですからご親戚ですかと聞きましたら、よく覚えていますね彼女は私の姉ですと返事されました。48年前のちょっとした記憶がよみがえる脳とは不思議なものですね。毛馬内さんはお母さんが白系ロシア人でお父さんが満州にいる時知り合ったそうです。コンパニオンのお姉さんはその後外交官と結婚して今もご健在とのことです。
今年1年このコーナーをお読みくださいまして有難うございます。よいお年をお迎えください。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2012年12月26日

おすすめの絵本

aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント