2011年12月

2011年12月31日

異常が正常化―借金づけの予算案

新年度の予算案が閣議決定された。一般会計の予算総額90.3兆円は前年比2.2%減、新規国債発行額44.2兆円は同0.1%減と、野田内閣の苦心の跡が見られる予算案である。しかし、復興経費の特別会計、年金財源の先送りなどなどを含めると実質予算規模は96兆円を超える過去最大のものとなる。
税収は42.3兆円を見込むが、国債依存度は49%と歳入の半分は国債に依存する。その発行国債の半分(49.5%)は、また国債の償還と利払いに消える。
もはや、借金がなければ成り立たない国となっている。

これは、東日本大震災という大災害により起こったことではない。これで、3年も新規国債発行額が税収を上回る(当初予算ベース)という異常を続けることになる。異常もそれが連続し常態化すると、正常となる。
怖いことは、政府もマスメデアもそしてこの国に住む人も、これが当たり前と思ってしまって日々を過ごすことである。地震列島の上に数多くの原発をつくってしまったように、資源の乏しいこの国に住む我々が花見酒に酔い、そして悪酔いを直すと称して借金国を作りあげてしまった。

でもこれは天災でなく人災であり、人間の知恵と努力で解決しなければならない、また解決できることである。いまの状態が良いとは誰も思っていない。
名古屋の減税党や大阪の橋下維新党は、そのような期待のはしりかもしれない。このようなことを思いつつ、平成24年があける。


aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2011年12月30日

今年最後のブログです!

真穂としみokみなさん、今年も一年本当にありがとうございました

振り返ってみて、今年最初の講演はとてもエネルギッシュな野口先生にお話いただきました
それから私事ですが、4月に出産したため、8月までお休みさせていただき、10月に復帰
12月は毎年恒例、河辺さん作成のクイズ大会で終わりました。
今回はなんと8問正解というすばらしい結果が出ました。来年も楽しみですね

いつもたくさんの方々にお目にかからせていただき、またフォローしていただき感謝しております。
ほんとうにありがとうとございました

まだまだ至らぬ点もあるかと思いますが、来年も精一杯頑張らせていただきます
お時間ございましたら足をお運びいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします

toshimi_maho at 09:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年12月29日

【見たり聞いたり】53 「GM」

ブラッドピット演じるビリーのオークランド・アスレチックスのGM(ジェネラルマネジャー)物語のマネーボールが話題になっていて49回でも取り上げましたが、先日NHKTVで上原投手が出演していた中でシーズン途中で移籍を命じられて、仲間に挨拶も出来ないうちに荷物をまとめて去ったとありました。それがアメリカでは普通のようです。ですからソフトバンクの川崎選手がイチローのいるマリナーズだけ行きたい、その他チームが指名したら日本に残ると言っていますが、アメリカ的考えではなかなか理解できないところでしょう。
日本でもGMをまず指名して、一見アメリカ式になってきていますが、中味は大分違うようです。
今年日本のプロ野球は4チームの監督が変りましたが、日ハムの栗山監督は全て用意されたところに体一つで乗り込むようです。コーチの経験もない監督が成功するのか結果が待たれます。横浜は当初工藤投手が有力候補になっていましたが、コーチに自分の推薦する人がいましたが、高田GMが拒否したので交渉が決裂して結局中畑が監督になりました。解説者の張本が言っていましたが年収一億円以上のオファーをけっても己の考えを貫いた工藤は大したものだとのことでした。ジャイアンツの前清武GMが渡辺の鶴の一声でクビになり訴訟問題になっていますが、前に原監督を辞めさせたときも人事異動の一つであると言っていましたがGMも同様でその重さは国によって、チームによってだいぶ違うようです。中日はOBの睫擺篤弔砲覆蠅泙靴燭周りは全てOBで固めました。優勝した落合監督がどこからも声がかからないのですが、これも日本流と言えるのでしょうか。GM一つとっても日米の違いがありますね。ジャイアンツが横浜の村田を取り、ソフトバンクのエース二人も引き抜きましたがオークランド・アスレチックスの奇跡が横浜に起きないものでしょうか。
今年一年お世話になりました。青木塾HPのブログを読んでくださる皆様、新年も何卒宜しく御願い申し上げます。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年12月28日

「銀座の宝箱」と東京で最も小さな画廊を、、、

 12月12日から昨日27日まで日曜休日も休むことなく継続して開催された「井上達夫、聖書の世界」展が昨日で終了した。
2週間の間、開廊していたのにどうして或る人びとは最終日にこんなにも多くの方がこられるのかと思うほどに終了時間になっても訪れる人があり「もう終わりましたので」とお断りすることになった。

 聖書の世界を多くのヨーロツパの画家達は当然の如く描き名画といわれ今日まで歴史上にも残り愛されている数々の作品がある。
井上さんは多摩美をでて出版社に勤めた後、何年か経って〜画家として立ちたいと思われたらしい。井上さんはどうしてこのような人が育つたのだろうかと思われるほどに不思議な雰囲気の人であり、準備の段階でいろいろと行き違いがあり理解してもらおうと私が爆発?しても無抵抗で静かにほほえんでいるような出来た、人なのである。
 ともかく活気に満ちた展覧会は喜びとともに終わった。井上さんの作品の中で「ピエタ」を描いた油彩がありその作品の前で涙ぐむ若い女性の姿があった。
ピエタは世界中の多くの画家や彫刻家が制作しているが私が敬愛して何回も展覧会を企画してきたケーテ、コルヴィツツもブロンズ彫刻で「ピエタ」を制作している。
 このとき私どもで出版した小冊子をみるとこのように解説してある。
「ピエタ」とは本来イタリア語の「慈悲」を意味するがキリスト教美術では「哀悼」の場面、磔刑につずく十字架降下の直後にキリストの遺体を囲んで悲しみにくれる人びとを描く場面をいう、、と。

 井上さんは優しい人だから単なる狭いスペースということでなく小さな”銀座の宝箱 “とこの画廊を表現してくださった。現実に狭さを感じないで楽しんでくださった方たちもおられた。


aokijuku at 20:23|この記事のみを表示コメント(0)

2011年12月27日

【From America】「寿司ポッパー」

Sishi_popper01アメリカのウインドゲイト緑です。
いよいよ今年も終わりに近づきました。今頃は皆さん、おせち料理の準備に忙しい頃ではないでしょうか?

日本にはたくさんの美味しい、しかもヘルシーな食べ物がたくさんあります。中でも日本の代表的な食べ物の「寿司」は世界中の人が食べるようになりました。江戸前のにぎり寿司から巻物、押し寿司、ちらし寿司、稲荷寿司など様々な寿司がありますが、寿司がアメリカ西海岸に上陸した時、巻物はカリフォルニア・ロールという名前で変身し、大人気になりました。今では、寿司はヘルシーな食べ物、カッコイイ食べ物、と位置づけられて、アメリカ人にも広く親しまれるようになっています。

Sushi_popper_02アメリカのこの寿司ブームに乗って、また寿司が変身し、ファースト・フードの仲間入りが出来るかどうか? と思わせる興味深い商品が紹介されていましたので、ここにご紹介しましょう。寿司は高級な食べ物で、ゆっくりお酒を飲みながら、箸をあやつって食べるものというイメージが定着していますが、これを何とかハンバーガーなどのようなファースト・フードに出来ないか? と考案されたのが「寿司ポッパー」という商品です。

ファースト・フードというのは、あっという間に出来てくることも一つですが、もう一つはナイフやフォークを使わず、手で持って食べられる、歩きながらでも食べられる、という手軽さ。時間がかからず「仕事をしながらでも食べられる」「車の中でも食べられる」という便利さが売り物です。そこで巻物であるカリフォルニア・ロールをプラスチック製の筒の中にいれ、下から棒で押し出して一口ずつ食べられるようにしたという「寿司ポッパー」が登場しました。
これなら歩きながらでも 箸を使わずに食べられますよ、というのが宣伝文句のようです。

皆さんは この寿司ポッパーが売れると思いますか?

Sushi寿司最近の日本では おせち料理は形だけ。子供たちはおせち料理よりもマクドナルドが好きだなどと聞きます。なんだか日本の文化が薄れていくようでちょっと寂しい気持ちがします。でも 寿司ポッパーが普及すれば、おせち料理より寿司ポッパーという時代が来るかもしれません。何だか見た目はアイス・キャンデーをもっているみたいに見えるので、ちょっとカッコイイ食べ物になる可能性もあるでしょうか?

来年もアメリカ・ラスベガスから日本の皆様へ日米の文化の違いをお知らせしていきたいと思います。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様 どうぞ良いお年をお迎えください。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント