2011年10月

2011年10月26日

瑛九 そして 銅板画家 小島光晴の版画

瑛九 そして 銅板画家 小島光晴の版画 2011年10月28日−11月8日 (30日は休み)

瑛九は1911年4月28日に生まれで1960年3月10日に49歳という若さで生涯を終えた。
今年は瑛九の生誕100年となる年で生涯を過ごした浦和にある栃木県立美術館などでの大規模な展覧会が開催されている.

私も縁があり、瑛九自身の刷った銅板画200点余りを、町田市国際版画美術間に納入したり、油彩での秀作の「黄色い花」(1957-1958)を愛知県立美術館に納めたりと瑛九には強い思いがあった。

また、20数年前には宮崎まで足を伸ばし瑛九の実家の杉田眼科を訪ねたりと瑛九の足跡を辿る旅をした。
瑛九は既成の概念にとらわれることなく公募団体には所属せず独自に制作し、多くの若い作家たちに影響を与えた現代美術の先がけをつくった偉大な画家であり版画家であった。

image007image002






image011image005



image003
image009



小島光晴さんについて

小島さんとの思い出は、山村さんが亡くなって山村さんの作品のカタログ・レゾネを作る事になり、写真を撮影する為に堀内さんと三人で作品の所有者に会いに行った時、遠くは伊東、名古屋まで行った。
その結果、五百点余りの作品を写真に収める事が出来た。
改めて小島さんはやるべき事をやったという思いがする。
性格的には、とてもムツカシイ人で、傲慢、不遜、などの言葉が思い浮かぶ、しかし、無邪気で気の優しい人でもあった。

完全主義者なところもあり中途半端な事をするくらいならやらない方がましという考えであった。1983年に林グラフィックプレスからに出版された瑛九・銅板画機銑垢虜りを小島さんが担当した。

小島さんはその後、自身が文化庁の海外研修員として1年間の予定でニューヨークで学んでいる。何度か自分の作品を作る事をすすめたが、ただ黙って寂しく笑っていた。

今回、瑛九の作品と共に並べる作品は寡作な小島さんの情熱をこめた作品だ、暗く、重く、孤独な魂がメゾチントに光を与えている。       平成20年10月  鈴木 與四郎


会場:秀友画廊 12:00am 〜 7:00pm

東京都中央区銀座7-8-1 丸吉ビル6F  TEL 03-3573-5335 
E-mail j_shuyuworld@yahoo.co.jp




aokijuku at 11:11|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月25日

【From America】「タイアの空気圧」

空気圧有料アメリカのウインドゲイト緑です。
皆さんは車のメンテナンスをご自分でなさいますか? タイアの空気圧やエンジン・オイルの量を調べることくらいなら、誰にでも出来そうな簡単なメンテナンスですね。

日本に「セルフのガソリン・スタンド」が登場してからしばらく経ちますが、その使い心地はいかがですか? 昔はガソリン・スタンドに車を持っていくだけで、ガソリンは入れてくれる。灰皿を掃除してくれる。窓ガラスを拭いてくれる。タイアの空気圧を点検してくれる。ラジエーターの水、エンジンオイルのチェックもしてくれる。何から何までやってくれました。しかし、今はセルフですから、ドライバーが自分でガソリンを入れて、自分でお金を払って、必要とあればタイアの空気圧を点検、ラジエーターの水も自分でチェックするという具合になりました。昔は「サービスの良さ」が売り物だったガソリン・スタンドですが、今は「値段の安さ」が売り物になりました。

アメリカのガソリン・スタンド方式を日本が輸入したのですから、当然 アメリカでも自分でガソリンを入れ、自分でお金を払います。値段の安さが勝負ですから、1セントでも安い店を探すのが賢い消費者の証のようになっています。ガソリン・スタンド側は何とか安いガソリンの値段でお客を呼び込み、他のことでお金を儲けようと考えます。

その一つの例が、タイアの空気圧を測る機械と水を使用するのにコインを入れてお金を払う機械が設置してあることです。日本ではまだこの有料タイア空気圧計を見たことはありませんが、ラスベガスでこの機械を見た時はちょっと驚きました。まあ なんと商魂たくましいのでしょう!

日本のセルフ・ガソリン・スタンドはアメリカに比べるとまだ昔のサービス精神が残っているようです。会員証を発行して、スタンプを集めるとプレゼントが貰えます、などの作戦を使って固定客、リピーターを集めようとしています。そこにはお客様との「ふれあい」を望んでいることが伺えます。上記のアメリカのこんな商法が日本に導入されないことを祈るばかりです。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月24日

【明日の世界】No.95 「手妻興行・奇跡が起きました」

綾部郊外の小学校の校長先生が信じられないと校長室で言いました。親の虐待等で一般の生徒とは別に寮生活をしている子供達は各県に一校あるそうですが、情緒不安定で15分も机に向かうといらいらしてくる生徒が大半です。
今回藤山新太郎一座の手妻(江戸時代の手品)興行に同行して京都府の各地を訪問してきましたが90分間の公演中その生徒さんが一人も席を立つことなくじっと食い入るように鑑賞していました。今回の興行には邦楽の人たち8人も一緒です。そのうち7人が東京芸大卒業、6人の女性の演奏中の和服姿はそれはそれは凛として魅力的でその奏でるメロディーは手妻と見事にマッチして問題ある子供達を見事に魅了しました。会場に子供達が入場する時一番太鼓が「ドンと来いドンと来い」と迎えるのですがその音色がなんともいえなく子供達の心に響くようです。江戸時代の演芸は一番太鼓でお客さんを迎えましたので正にその再現です。
しばらく手妻興行に同行しためったにない経験をご紹介します。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月23日

久しぶりの中華街

何年かぶりに上京してきた友人のリクエストで、中華街に出向いた。
学生時代(かれこれ30年前)には、友人の地元の友人などが上京した際に良くみんなで出向いたものだった。
学生の身分では、高級中華飯店でコース料理というわけにもいかず、途中江戸清の肉まんを食べながら中華街を一周して、そんなにお腹がすいていないことを理由に麺類と点心を1品ずつ食べるのが通常であった気がする。

小生も久々の中華街であったが、相変わらずの人の多さは変わりなかった。しかし、お店の形態が様変わりしているのには驚いた。
チェーン店のような「世界一の肉まん」のお店がたくさんあり、食べながら歩ける形態の販売が多いのは今流を感じた。

一番驚いたのは、「食べ放題」のお店が多いことだった。2千円程度でエビチリや北京ダックまで何でも食べ放題という呼び込みがやたら多かった。ブッフェスタイルが多いのかと思いきや、注文制の食べ放題というのを売りにしているお店も多い。

昔は1品ずつ注文していた同級生のお店も、時勢からか食べ放題のお店に変わっていた。量や味が昔と変わっていたのは仕方のないことなのだろうが、「今ではよほどの有名店でもない限り、食べ放題をしないと客が入らない」と言っていた店主の嘆きが、日本人の変化を改めて感じさせた。

aokijuku at 18:43|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月22日

抗議デモ『ウォール街を占拠せよ』―1%と99%

9月中旬に始まった”Occupy Wall Street”の反格差社会デモは、1ヵ月後の10月15日にはニューヨークだけでなく世界中にひろがりを見せ、米国各地、欧州、シドニー、香港、台北、韓国、そして東京でも集会、デモが行われたと伝えられた。このデモが社会政治的にどのような力を持つものか、現実に変革をもたらす力を発揮するのかは、今のところはわからない。
しかし注目すべきことは、ギリシャの労働者ストのような権益擁護でもなく、英国での若者のデモ暴動のような不満の爆発だけではなく、現代社会への明確な問題提起を突きつけていることである。金融資本主義の生み出した、富める者はより豊かになり、貧しい層はいつまでたっても浮かび上がれず、そして中間層から貧困層への移行が拡大しつつあるような社会メカニズムに対して、「1対99」というわかり易い形で格差是正という問題を掲げたデモである。
現代の貧富の格差拡大は異常なまでとなっており、富める者自身からも富裕層への増税の声が出るほどである。冨の富裕層へのますますの収斂は、当事者が望むところ越えており、このままで大きな社会崩壊につながりかねないことが懸念される。1:99の格差是正を行えるメカニズムがはたらくような社会にしないと先進国も途上国も早晩ゆきづまる。
いま世界でもっとも注意を払うべき動きは、ギリシャ問題に悩むEUの動向ではなく、この格差社会デモの意味するところとその動向である。


aokijuku at 08:00|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント