2011年10月

2011年10月31日

【明日の世界】No.96 「手妻興行・リーダーに見る」

TBSキムタクの南極大陸を見ていましたら樺太犬を連れて行くに際して先頭犬が重要な役目をすることが演じられていました。犬そりもリーダーが必要なら人間の集団はもっとリーダーの役目が大切でしょう。
手妻興行のグループに日本を代表する邦楽の8人の皆さん、それに舞台装置,照明、音響等のスタッフを加えると総数30名近くになりますが彼らをまとめていくことは並大抵ではないでしょう。
藤山新太郎一座は勿論江戸時代の手品の手妻の質が優れていること、しかし座長のリーダーシップがなければ一糸乱れず行動することは出来ないこと間違いありません。今回短い期間でしたが同行するとその大切さを肌で感じました。
会場についたら校長先生への挨拶、講演後の挨拶、会場のチェック、感想の聞き取り、明日が最後の日は打ち上げパーティーの援助金等々俄かマネジャー
は師匠の行くところについて行き、知らない世界の勉強を大いにしました。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月30日

ラジオ

先週だったか、吉田拓郎さんとアルフィーの坂崎さんのニッポン放送のオールナイトニッポンに小田和正さんが特別出演するというのをTVで知った。20代前後に完全にハマっていた方々の名前を聞き、久しぶりにラジオを聴きたくなった。

民放のラジオなどほとんど聞く機会もなく、まず感度良く入るラジオ探しから始まった。震災時は多少ノイズが入っても内容が判ればよいわけで、今回のように音楽も絡んでくればクリアな音で聴きたい。
携帯ラジオで聞こうと思ってふと、当日は夜に会食があるのに気付いた。録音しとかなきゃ・・・。ラジカセのラジオで何とか聞こえるように調整し、またふと気付いた。
カセットテープがない・・・。ここ何年もカセットテープなど手にしたこともなく、しかも3時間弱の録音はカセットでは自動録音は無理だった。
昔エアチェックと称して「ジェットストリーム」などを録音していた時代を思い出し苦笑した。

全ては娘が解決してくれた。今ではラジオは何とパソコンで聞けるのである。関東近圏であれば、ホームページを通して非常にクリアにノイズもなく聞ける。しかも、無料ソフトをダウンロードすると、PC内にデジタル録音もできるのだ。

当日、深夜に帰宅すると娘がi-podに番組を全て入れてくれていた。

aokijuku at 09:29|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月29日

ビュッケブルグ歳時記 20

厳しい冬の前の楽しみ、巡回キルメスがやってくる

 ドイツの秋が深まった頃にやって来る嵐は厳しい寒さの他に、大人も子どもも共に楽しむ数日を運んできます。
 ウイーンのプラタやパリ、東京のデズニ–ランドのように大都会の年中開催されている遊園地は有名ですが、この国の中、小都市には常設された遊園地はありません。その代わりに、春秋2回、全国を回って興行する巡回遊園が来るのです。

 今年、ブッケブルグに来るのは10月の最後の週から11月にかけての5日間です。金曜日の午後が開催ですが、3日前になると町の中心にある歩行者通りは出入りが制限され準備が始まります。このような催し場のエヴァーグリーンである回転木馬やアウトスクターなどの他に、今年の新しい呼び物は何かと、庶民は好奇心の目を向けながら始まるのを待ちます。
 金曜日の午後、市長がブレイクダンスと名ずけられた回転車に初乗りすることで幕が開けられます。そして今年の呼び物、幽霊屋敷の前にはもう、怖いもの見たさの子ども達をサポートする大人を交えた長い列が出来ています。

 巡回興行者の話では、客数を減らさないために毎年のように新しい乗り物や呼び物を考えることに苦労するということです。また、悪天候はもちろん、不景気も興行成績に直ぐ響き、楽な職業ではないが、大半が先祖代々から引き続いている仕事なのでここで止める気は毛頭ないということです。一番気にかかるのが子どもの教育で、経済状態が許す限り寄宿舎付きの学校に入れているということです。未だ親の手を離れられない子ども達は、興行する町の学校に行けるそうですが、1週間で又違う学校に行かなければならないことの困難さは想像にあまりあります。

 乗り物を楽しんだ後では布製のペット撃ちの屋台などが待っています。直火で焼いたソーセージにビールも欠かせません。寒風にそなえて熱いグロッグ酒も売られています。子ども達の手には、林檎を赤飴で包み込んだ棒菓子が握られています。彼らの赤く汚れた口元は秋の巡回遊園地だけに見られるものです。
 日曜閉店が厳しく守られているドイツですが、この期間だけは日曜の午後の開店が許可されるので、家族連れで買い物も出来ます。
また最後の日には家族デーとして乗り物料金が安くなります。


 そして来週末には、河の畔にある隣の町に移動してゆくのです。


aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月28日

初めての家族旅行

真穂としみok先日、初めて家族で温泉旅行に行きました。
場所は新潟県の赤倉温泉。宿は「ふるや」さん。

以前仕事でお世話になった際、アットホームな雰囲気と美味しい料理に魅了され、プライベートでいつか来たいと思っていた宿でした。そう思ってから早5年。10月中旬にやっと実現しました。

泊まってみての感想は…、ズバリ「またいきたーい!」
思った通り素敵な宿で、館内の雰囲気作りやサービス、従業員の方の接客までどれも心遣いが感じられます。また、お料理がメチャメチャおいしいんです
以前にも増してパワーアップしてる気がしました
P1011176
この日の献立は、
そばがきととりの鍋旬菜ざんまい笹箕ずし
かぼちゃ満月寄せ旬魚(カンパチ)と旬菜のお造り かんずり添えのっぺ
なごみ豚ときのこいっぱいのせいろ蒸し秋茄子田楽もちもちレンコン蒸し
手造りデザート(栗のムース)妙高山麓コシヒカリお味噌汁お漬物
でした。
地場野菜が使われた栄養満点の創作郷土料理。最高です

それから、驚いたのはオプションで頼んだ地魚のお刺身盛り合わせの新鮮なこと名前のわからない魚ばかりでしたが、お刺身に名前を書いてくれているというちょっとした心遣いもニクいですよね
P1011178
一日目は温泉に浸かって美味しい料理を堪能して大満足で床につきました。

次の日の朝は若旦那がサービスでマイクロバスで一時間の紅葉ツアーに連れていってくれました。
私たちが行った日はちょうど紅葉がピークの週だったようでどこを見ても山々が赤や黄色で彩られていてとてもきれいでした。
P1011179

宿に戻ると朝食の用意がされていました。これまた美味美味
P1011181
籠盛りの中はおぼろ豆腐小松菜のおひたし温泉玉子切干大根納豆かんずり酒盗で、その他に、トマ豚(レタスにトマトと豚肉を巻いて食べるんです!)メギスの焼き魚南蛮みそ妙高山麓コシヒカリなすとマコモダケのお味噌汁おつけものフルーツ

あっという間の一泊2日でしたが、久々にゆったりとした気分で時を過ごすことができ、リフレッシュできました


お宿ふるや
新潟県妙高市赤倉549-6
0120-88-2102
URL:http://www.oyado-furuya.jp/


toshimi_maho at 08:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年10月27日

【見たり聞いたり】43 「イチロー選手」

アメリカに行って11年目に200本安打が打てなかったことで話題になっていますが知人Sさんから聞いた。話です
Sさんの同僚が中学の教員の時イチロー選手が在学していましたが彼の偏差値は学校でもトップクラスでした。彼の実力なら当然進学校でも一流高校、大学と進学できたのですがご承知のように彼は野球の道を選びました。
彼の年俸は確か18億円です。単純に10年をかけても180億円。それにCMのお金がいくらになるのでしょうか。お金だけを考えると大学にいかなかったイチローの選択は大正解です。
誰でもイチロー選手のように稼げるわけではありませんが小学校低学年から塾塾と行くことが費用対効果があるのか考えてみたいですね。
究極人間の幸せとは何かになるのでしょうか。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント