2011年07月

2011年07月31日

 8月4日(木)青木塾では  株式会社ライフビジネスウェザーの石川社長が講演をして下さいます。

本日行われるはずだった自治会の盆踊りが急きょ中止になり、案の定このブログを書いている夕方の今、激しい雷が数分毎に夜空をにぎわしています。

新潟や福島では記録的な降雨となり、TV画面はまさしく3月の震災時の津波のような街の水没を映しています。

毎年少しずつ気候が変わっているのに気付きます。しかも悪い方に・・・。
台風の進路は子供のころとは明らかに異なっているようですし、ゲリラ豪雨という熱帯地方の気候に私たちは慣れてしまいました。

自然エネルギーを見直す運動が高まっていますが、今サラ、人類は毎年異常を繰り返す気候をうまく利用できるのでしょうか?

8月4日(木)の青木塾では、株式会社ライフビジネスウェザーの石川社長が講演をして下さいます。
昨年のクルージングパーティーの時には、石川社長に15分後の降雨を予想していただき、無事屋外サックス演奏ができました。

今こそ、私たちは気象と真摯に向き合う時かもしれません。


aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2011年07月30日

「目にしみる玉ねぎ」について

7月5日のウィンドゲイト緑さんのブログ『日本のたまねぎ』に、アメリカの玉ねぎを台所で切っていると2階にいる御主人が「目がしょぼしょぼしてたまらないと苦情をいう」という話があり、こんな強烈な玉ねぎがまだあったのかと驚きました。
私も玉ねぎを栽培して産直市場で販売していますが、ウィンドゲイトさんのいわれるように日本の玉ねぎではこのようなことはありません。でも強烈さの違いはあれ、この目を刺激する硫化化合物(アルルプロピオン)はかならず玉ねぎには含まれています。玉ねぎを切るとこの硫化化合物が気化して目や鼻を刺激するのです。

犇未佑を切りながら目に涙爐鯔匹阿砲蓮下記の3方法が効果的とされていますのでお試し下さい。でもウィンドゲイトのブログではアメリカでは通じないようです。以下は日本での事としてお読み下さい。

1) 水につけながら切る。
2) あらかじめ冷蔵庫で冷やしておく。
3) ガスコンロに火をかけながら切る。

それと、ジョージア州の「ヴィダリア」種玉ねぎは甘いと紹介がありました。
普通の玉ねぎの糖度は7〜8%ですが、日本でも淡路島の専業農家のブランドものには、メロンやリンゴなみの糖度13〜14%のものがあります。

これからは、春先に植えつけられた大産地の北海道の玉ねぎが8月から収穫がはじまり市場に出まわります。本州の玉ねぎは9〜10月に種を播いて翌年の4月〜5月に収穫します。このように玉ねぎには栽培サイクルがあります。
その端境期に、8月に小さな球根を植えつけて冬に大玉を収穫し、玉ねぎの葉もネギとして食べられる葉タマネギを出荷したりしております。
サクサクの新玉ねぎのうまさは格別です。


aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2011年07月29日

ハスがきれいです〜(^∀^)

真穂としみok最近、お天気が不安定ですね〜
お出かけするにも雨が降るかも〜と思うと躊躇してしまいます。

そんな中、先日近くの花木園に行ってきました。今はほとんど家の中にいることが多いので、
久しぶりのお散歩は新鮮でした

以前もご紹介したこの花木園。季節によっていろいろな花を咲かせ、私たちを楽しませてくれます。
今はハスの花が満開でとてもキレイでしたよ
P1010442
※遠くから撮影したので見えづらいですね

ハスの花を見ていたら、子供の頃、祖母と一緒に朝、ハスがポンという音をたてて開くのを見たのを思い出しました


toshimi_maho at 17:51|この記事のみを表示コメント(0)

2011年07月28日

【見たり聞いたり】30 「ゴルフの殿堂」

今春フロリダにあるゴルフの殿堂会館でこの一年間に世界中から選ばれて殿堂入りしたゴルファーの名誉をたたえる殿堂入りセレモニーが開催されました。ジャックニクラス、アーノルドパーマー、トムワトソンらそうそうたるゴルファーが集まりました。言ってみればゴルフ界最高の集まりです。
 さて日本から今年殿堂入りした人は誰ですか?尾崎将司です。そして残念ながら尾崎はその名誉あるセレモニーに参加しませんでした。都合悪いと弟の直道を参加させました。参加しなかった尾崎はその当日日本でシニアー大会に参加しておりました。言葉が出来ないとか色々理由があるでしょうがこの事実はすぐアメリカに伝わりました。日本ゴルフ界の評価が大幅ダウンしたことは言うまでもありません。
 聞くところによると例えばプロアマの大会があるとき日本のゴルファーは明日からの本戦の為にアマと会話しないでモクモクとコースを回るのが一般的とか。アメリカではプロゴルファーは一緒に回るアマにこの一瞬いかに楽しんでもらうか全力投球するようです。単にゴルフがうまい下手ではなくてメンタル面でもアメリカ的な考えにならないと優勝することも難しいしまして尊敬されるゴルファーになる事はさらに難しいでしょう。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2011年07月27日

チャン ルオニさんの書とダンスのパフォーマンス

022 - コピー 張「チャン」さんは中国北京の生まれ、1992年に東京芸大の大学院を卒業以来日本に住み現在はダンスシューズの専門店「モニシャン」の経営にたずさわり彼女自身のデザインによるダンスシューズを販売する。彼女のデザインになる履きやすい靴は多くのフアンをもつ。

今日はダンスをしながら書を書く彼女のパフオーマンスを見る機会があった。男性パートナーとステップをふみ優雅に踊りながらうまく間をとり壁面に張られた紙に書いてはまた踊りながら舞台の中央に、、、それを何回か繰り返して書が完成した。
彼女はもともと素晴らしい書を書く。書を通じて彼女との出会いがあったのだから本当は書の世界で大成して欲しいと思うのだが才能豊かな彼女は今はアートシューズを制作、発表しはじめた。
ダンスシューズに花や蝶、文字などがデザインされてオリジナルな1点ものである。

024ところで日本ではダンス人口はどれくらいなのだろうか。私も若い頃ダンス教室に足を踏み入れたこともあるがなぜかながつずきしなかった。
美しい衣装で楽しそうに踊られる人びとを久しぶりに見て私も心が踊ったひとときであった。
チャンさん有難う。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント