2010年10月

2010年10月26日

【From America】「パーム・スプリングスのケーブルカー」

Tram_06アメリカのウインドゲイト緑です。

前回はルート66を通って、カリフォルニア州パーム・スプリングスまで行く道のりをお話しましたが、今回はパーム・スプリングスでの観光のお話です。

パーム・スプリングスといえば、ハリウッドをはじめとするロサンゼルスにお住まいのお金持ちが別荘を構える場所として有名です。L.A.から南に下った場所に当たることから、冬場でも温かく晴天が多いという点で人気の場所なのでしょう。休暇でやってきた人たちは、ゴルフ三昧、外食三昧、スパのマッサージ三昧、というのがお決まりのコースで、皆さんのんびりとバケーションを楽しみます。

さて、このパーム・スプリングスのもう一つの魅力はアウトドアー・スポーツでしょう。山に囲まれた立地のために山の麓は暖かいのですが、ケーブルカーで山に登ると景色も気候も一転します。夏場は涼しい場所でハイキング、冬場は雪が6フィートも降るのでスキーが出来るのです。こんな環境ですから、ゴルフ三昧の合間にまた一味違ったアウトドア・スポーツを楽しめることではないでしょうか。今回は秋の香り漂う場所でのハイキングを楽しむため、ケーブルカーで山頂まで行きました。

このケーブルカーですがパンフレットを読んでみると「回転式ケーブルカー」と書いてあります。なんだか遊園地の乗り物みたいで面白そうです。麓の駅は海抜2,645フィート(約806メートル)。そこから10分でなんと海抜8,516フィート(2,596メートル)まで上ってしまうというので、これはかなり急斜面を一気に上ってしまうようだし、回転式というのもちょっとスリルがあり過ぎて怖いかしらと少々不安になりました。しかし、ここまで来て乗らないという手はないと思い直し、切符を購入しました。

外から見る限り、日本にある「吊り下げ式のケーブルカー」と別段変わりはないような外見です。丸いケーブルカーの中に乗り込むと、座席はなく乗客は皆立っています。真ん中には支柱のようなものが立っていて、そこに運転手さん(?)ならぬオペレーターが座る席があります。一体、どうやって回転式になるのかしら? 私はケーブルカー本体がくるくる回るのかと思いましたが、床を見てわかりました。ケーブルカー本体とオペレーターのいる支柱は固定されており、乗客が乗っている丸い床がゆっくりと回ります。例えて言うのなら、古いドーナッツ型のレコード盤の上に乗客が乗っているという感じです。これはホテルや高層ビルの最上階にある展望レストランの床がゆっくりと回って、お客さんが食事をしている間に外の景色が変わっていき、360度のパノラマ景色が楽しめるようになっている構造と同じです。乗客はケーブルカーの一箇所に立っているだけで、外の眺めが勝手に変化して行く仕組みです。ケーブルカーから山頂を眺める景色や山の麓の景色、また進行方向に向かって右側も左側も全ての景色が見えるようになっています。これが回転式のケーブルカーだったのです。

レストランの床はゆっくりと回転し、動いていることさえ気にならない程度ですが、このケーブルカーはかなりの速さでクルクル回ります。ガラス窓にある手すりにつかまりたくても手すりがどんどん動いてしまうので、手を動かすのが忙しいくらいです。途中の支柱には救助用のヘリコプターが着陸する場所が付いているのが印象的で、スリル満点のケーブルカー体験でした。

麓の駅に戻って考えて見ると、この回転式ケーブルカーのアイデアはなかなか良いと思いました。日本のケーブルカーは固定式ですから、乗客が多い時は車内を移動して別の方向の景色を見ることは出来ません。しかし、これなら乗客全員が公平に360度のパノラマ景色を見ることが出来るのです。日本にもこんなケーブルカーが登場すると良いですね。
Tram04 Tram_Inside_02

midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年10月25日

【明日の世界】No.43「ボードゲーム」

10月18日から26日まで、カンヌ映画祭が行われる同じ会場で世界最大のボードゲームフェスティバルが開催されることを女流棋士北尾まどかさんから聞きました。どうぶつ将棋の開発者の彼女も参加して将棋普及に一役かうそうです。
 世界中のボードゲームのクリエーターが集まってそこで優勝すると一挙に世に広まる構図が出来ています。開催の間小中学生の課外教室のコースに入っていて、会場で実際新しいボードゲームをやってみて、その評価も入れて優秀作品を決めるとのことです。そこにはテレビゲームは参加出来ません。あくまでボードゲームのみですが、さすが長い伝統があって4日間の開催中30万人が集まります。頭脳の健全な発達にはテレビゲームよりボードゲームが良いとする風土があります。
 一対一のゲームをアブストラクトと言ってドイツを中心にして家庭にしっかり根付いています。
 その昔アレックス・ドルフと言うゲームクリエーターの天才がいて、日本にもしばらく滞在して将棋をヒントにいろいろなゲームを開発したそうです。
 一人ドイツに行って将棋を普及させようとする北尾さんの意気込みに感心する次第です。


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年10月24日

ドアモードの変更

 先月書かせていただいた、JALの整備工場見学に参加した際知り合った航空機少年から教えてもらった話しを一つ紹介します。

 全員が搭乗してドアを閉め終わった時「乗務員はドアモードをアームド・ポジションに変更してください」、そして着陸時飛行機が駐機すると「乗務員はドアモードをディスアームド・ポジションに変更してください」と必ずアナウンスが必ず流れます。

 私はこれはてっきり、「ドアロック」の施錠や解錠と思っていましたが、そうではないそうです。

 キャビンドアのドアの内側には緊急時の脱出用の救命ボートが収納されており、緊急時にドアを開けるとわずか10秒で自動的にガスが充填され、救命ボートが膨らむ仕掛けになっているそうです。

 通常の乗降の際にドアを開けても、救命ボートが飛び出さない状態にするのが、「ディスアームド・ポジション」または「マニュアル・モード」であり、緊急脱出装置が作動するようにするのが「アームド・ポジション」または「オートマチック・モード」ということだそうです。このドアモードの変更は、離着陸時に乗務員が手作業で全てのドアに行っています。
 安全上の作業であり、各社はこのドア操作を厳しくチェックし、ミスが絶対ないように各乗務員がお互いにWチェックするなど万全の態勢をとっているのだそうです。

aokijuku at 12:08|この記事のみを表示コメント(0)

2010年10月23日

リニア新幹線

 小委員会が直線ルートが最も経済的と答申して、リニアは着工へ動き出したようだ。
いっぽう人口推計によれば、名古屋開通2027年、大阪開通2045年時において日本の総人口はピーク時の2006年比、それぞれ6.3%減、17.8%減となるという。
年齢層別推計によれば、新幹線をよく利用すると考えられる活動人口・労働人口である
15〜64歳層では、それぞれ15.5%減、32.0%減となり容易ならぬことである。
これを単純にモデル化すれば、リニアでなく現在の新幹線でも2006年の乗車率を
100%としても、2045年には東京=大阪間はほぼ3分の一が空席化することになる。
今回の犒从囘“との答申は、「木を見て森を見ず」の典型である。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年10月22日

我が家の救世主-その2

真穂としみ結婚してからつくづく思うのは、家事って大変だなーということ。
特にうちは共働きなので、夫と一緒にご飯を作ったり、洗濯したりしていますが(最近は夫の方がやってるかも)、それでも世の主婦ってエライ!と思ってしまいます。

101022_200444矢印左向き(大)
そんな中、うちではこの子が大活躍

皆さんご存知だと思いますが、ロボット掃除機”ルンバ”コピー 〜 笑顔

世界40ヶ国、400万以上のご家庭で愛用されているそうです。


ルンバは、ボタンを押すだけでお部屋をキレイにしてくれるので、その間に違う作業ができるので、本当に助かっています。

丸型なので、部屋の角は少し汚れが残ってしまいますが、後はキレーイにしてくれます。

私が買ったときは白だけだった気がしますが、今はピンク色やキティちゃんモデルなんかもあるみたいです。

これは忙しい方には本当にオススメです鐘


toshimi_maho at 20:29|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント