2010年08月

2010年08月31日

【From America】「Licorice リコリス菓子」

リコリス菓子アメリカのウインドゲイト緑です。

小さいときに食べた懐かしいお菓子の味というのは、その時の楽しい思い出と共にいくつになっても忘れられないものですね。しかし、人間の味覚とは若いときに養っておかないと、大人になって新しい味を知っても、それをすぐに好きになれるというものではないようです。

例えば、納豆。関東もしくは関東より北にお住まいの人にとって、和食の朝ごはんメニューには定番とも言える納豆です。しかし、同じ日本人でありながら、関西にお住まいの方々は納豆が嫌い、と言う方が多いと聞きます。これは単に小さいときに食べなかったから、と言うことなのではないかと思います。ですから外国人が日本に来て、納豆が臭い、ねばねばが気持ち悪い、などと言うのは当然なのかもしれません。

さて、今度は同じ理由、つまり小さいときから馴染んでいなかったから、と言う理由で私たち日本人が西洋の食べ物で苦手とする味や臭いがあるでしょうか? 私はズバリ Licorice リコリス菓子だと思います。アメリカだけでなく、ヨーロッパ各地でも大変好まれている「リコリス」とは、実は「甘草」の根やアニスと言われる香料が入った「グミ」のようなお菓子のことです。アメリカだけでなく広くヨーロッパにも広がっているお菓子であり、西洋人には好みのフレーバーなのですが、どうも日本人には馴染みの少ない香りです。

Licoriceとはどんなお菓子なのでしょう? 形はひも状、もしくはチューブという表現が一番良いと思いますが、簡単に言うと電化製品の電気のコードみたいな黒いビニールの長い紐、という感じです。はっきり言って、あまり美味しそうな外見ではありません。食感は「グミ」のように軟らかくてちょっと弾力がある噛み応えです。典型的なものは黒で、フレーバーはアニスです。もう一種類あるのは赤で、こちらはチェリーの味がします。

このリコリス菓子はどうも苦手という日本人が大勢います。実は私もその中の一人で、何度挑戦してみても好きになれそうもありません。これはきっと日本人には馴染みが少ない味であり、小さい時にお菓子として食べる機会がなかったために苦手になってしまったのではないでしょうか。もし、この味と早くに出会っていたら、この味と一緒に育っていたら、私の好みも違っていたかもしれません。

「食べず嫌い」という言葉もありますから、何でも機会があったら怖がらず食べてみて、自分の味覚を研ぎ澄ませておきたいですね。世の中には、アナタがまだ知らない「美味しい」味があるかも知れません。

midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年08月30日

【明日の世界】その35「新井宏さんの活動」

金属学の博士号を持つ新井さんは40歳頃から趣味として古韓尺の世界に入ってとうとう歴史書で定評のある吉川弘文館から古韓尺に関する新学説を発表しました。専門の金属学と古韓尺の両方から法隆寺のなぞを解明して当初素人が何を言うかと批判されましたが今や誰もが認めざるを得ない学説として高い評価を得ています。彼は専門の金属の年代分析に必要な鉛同位体比解析で弥生青銅器の朝鮮半島鉛説否定したり、三角縁神獣鏡の魏鏡説否定をしたり、その活躍は目を見張るものがあります。
驚くべきことに勤務先を定年後韓国の大学で金属学を韓国語で教えるのだと韓国慶尚大学の招聘教授として月の三分の二を韓国で過ごす生活を8年間続けました。そのバイタリティーに敬服します。
次回は彼の韓国から見た日本についてお話しましょう。

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年08月29日

にわか女子バレーボールファン

 先週の日曜日(22日)、日本女子バレー(ワールドグランプリ2010)を観戦してきました。特にファンというわけでもなく、アリーナの良い席があるとのことで行って来ました。以前、フィギアスケートと相撲とバレーボールは直接観戦すれば、テレビとは全く異なる迫力が感じられると言われたこともあったので、良い機会と思っていました。

 国立代々木第一体育館は、小田和正さんのコンサートなどで行ったことはありましたが、スポーツ観戦では初めてでした。大きな体育館の真ん中にポツンとバレーコートがあり、コートがやけに小さく感じましたし、観客の多さにも驚きました。
テレビで見る限り観客ほぼ全員が叩いて鳴らしている「スティックバルーン」は当然支給される物と思いきや、1セット300円で販売していました。全く無いのも寂しいかと思い、1セットだけ購入してしばらく過しましたが、雰囲気とは恐ろしいもので、試合途中「スティックバルーン」を持っていないことの「せつなさ」を感じるようになり、急遽人数分購入して、最後にはバンバン叩いて「ニッポン!」と叫んでいました。
 テレビ中継では、コートを横から定点撮影することが多く、前後の動きが良く分かりますが、私の坐ったコート後ろでは、左右の動きの激しさがとても良くわかりました。(夜中のTV放映では、体格のせいもありはっきりと何度も映ってしまいましたが・・・。)

 私が一番感動したのは、竹下選手でした。長身揃いのオランダ戦ということもあり、竹下選手は本当に子供のようでしたが32歳という年齢を感じさせないくらい激しく動いていました。そして何といっても彼女のトスをあげる動きの美しさは、まるで舞踊のようにしなやかで美しいものでした。とくに、身体をねじらせながら、後ろ遠方へ上げるトスは、水族館のイルカショーのジャンプのように神秘的で、とにかく完璧に美しいのです。
 ライブの迫力も十分堪能しましたが、あの日本美ともいえる美しいトスはTVではなく是非観戦してみる価値はあると思いました。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年08月28日

最近感心したこと

 地方巡業中の青木さんから、久々に連絡があったかと思えば、PCのトラブルとかで土曜日のブログをお願いしたいとのこと。
さて、何を書いてよいものやら・・・。急に言われてもそんなに都合よく題材があるものでもなく・・・。
言い訳はこれぐらいにして、先日電車の中であった光景を書くことにします。

 昼間の地下鉄なので、ギュウギュウの満員でもなくガラガラでもなく、すべてのつり革がほぼ使われている程の混雑でした。リクルートスーツを着て、明らかに就職活動をしていると思われる女性が携帯電話でメールを打っていたようです。すると、近くにいた50代くらいのおばさんが、「あなた、さっきからこの人がずーっとあなたのメール覗き見しているよ!」と大きな声で話しだしました。見ると、電車の込み具合からすると、やや不自然な、彼女の直後に40代くらいの男性が立っていました。男性は、「そんなもん見てないよ。」と言うと、おばさんも負けることなく「嘘だよ!ずーとあなたの携帯電話を覗き込んでたんだから!」と言い返す始末。その後も男性とおばさんの言い合いが続き、収拾がつかない状況でした。
すると、メールを覗かれていたと思われる女性が、「いいんです。車内でメールをしていた私が悪いのですから、もし見られていたとしても仕方ありません。」と言って、おばさんには「ご忠告いただいてありがとうございました。」と言い、男性には「不愉快な思いをさせてしまい、すいませんでした。」と言っていました。

 よくよく考えると、「彼女がそこまで言う必要があったのか・・・。」とも思いましたが、瞬時に場を治めた彼女の機転には感心しました。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(1)

2010年08月27日

軽井沢で食べ歩き

真穂としみ前回に続き、今回も軽井沢のお話です。

旅の楽しみは、やっぱり「食」
旧軽銀座をブラブラすると、あっちでもこっちでもおいしそうなものが
たくさんあります

雑誌を片手に、前々から目をつけていたお店にGO〜
ということで、今回も私目線で、お店を評価してみました。

100813_153830まず訪れたのが、『軽井沢虎杖-karuizawaitadori-』。
洋食屋さんです。

こちらは「ビーフシチュー」(確か¥1,800くらい)

旧軽銀座入り口付近にあるこのお店は、オープンテラスがあり、
天気のいい日は、そこで食べるのがおすすめ。
シチューは、よく煮込まれていて、お肉もトロトロでしたが、
まあまあの味だったような

100813_134055続いて、『寺小屋本舗』。
おかきやおせんべいを40種類以上販売している専門店です。

ここで食べたのが、「串ぬれおかき」(¥200)。
味は、醤油、七味、ごま、マヨネーズの4種類。
マヨネーズを注文してみましたが、んー、マヨネーズが
人工的な安っぽ〜い味で、イマイチ。ぬれおかきも
それほどではなかったですね

100813_112952コチラは、『アトリエ・ド・フロマージュ』の「飲むヨーグルト」(¥200くらい?)。

プレーンと加糖タイプがあります。

プレーンには、甘みが一切なく、ヨーグルト本来の酸味を楽しみたい方にはオススメです。結構濃厚です


そして、軽井沢といったら有名なのが、パン屋さん。
ということで、『浅野屋』VS『フランスベーカリー』

浅野屋は、有名なので皆さんご存知かと思いますますが、
その名に恥じることなく、やっぱりおいしいですね。

特におすすめは、トマトモッツァレラ。
中のチーズはトロトロで、トマトとチーズは最高の組み合わせでしたv( ̄∇ ̄)v
写真を撮り忘れてしまったので、どなたかのブログからご覧ください。
トマトモッツァレラの写真はこちらから

100813_155843対する、フランスベーカリーは、ジョン・レノンがお気に入りというお店。
期待しつつ、雑誌のオススメ「塩クロワッサン」(¥137)を購入。
ところが、リピーターが多いという割には、パンの味はイマイチで、がっかり




軍配は、浅野屋さんに上がりました






toshimi_maho at 13:16|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント