2010年06月

2010年06月30日

「世界で知られた絵本画家」モーリス、センダックのこと

ローゼンバッハ美術舘、図書館

 2008年の春、3ヶ月ほど私はフィラデルフィアにいた。滞在先の近くにローゼンバッハ美術舘があった。小さくて感じのいいこの美術館は図書館も併設していて以前は画商でもあったローゼンバッハ氏の邸宅であったという。彼の収集していた貴重な図書が邸宅とともに寄贈されてできたときいていた。
 DH0000902階の壁にかなり大きなウイリアムブレークの素晴らしい水彩画が何気なくかかっていて驚いたことがある。
また、興味を魅かれたのは実物を見る機会はなかったがジョン万次郎の描いた絵などが何点かあるともきいていた。「万次郎は1841年15歳のとき4人の漁夫とともに土佐沖から漁に出て船が難破し、アメリカの船長に助けられこの船長にかわいがられて教育をうけ10年間をアメリカで過ごした後、鎖国中であった日本にかえることのできた数奇な人生をすごした人物である。」
 1999年10月から2000年2月にかけてこの美術舘で万次郎の紹介をしていたと記録があった。

DH000085この美術舘は絵本作家として有名なモーリス、センダックの作品をかなりの数保管していて時々展覧会をしていた。絵本の世界に私はくわしくないが何回もこの美術舘に通ううちにセンダックという作家に私はだんだん興味を持ち始めた。滞在先に近かかったこの小さな美術舘に散歩の折、時々立ち寄りボランテアで働いている受付の女性達とも親しくなっていた。

 ベネフィットパーテーに参加する。DH000082
本人不在の誕生日パーティー
4月30日はモーリスセンダックの80歳を祝う会であり彼の作品の特別展のレセプシオンもかねて盛大に行われるから参加しないかとさそわれる。
 一人500ドル、「そのうち350ドルに関しては税金の控除が検討される」
、そして夜おそくまでかかるパーテーに参加するにあたってホテルが必要なら
美術館が契約しているホテルを特別価格で紹介することができる、と丁寧なメールでのお誘いがあった。結局、懐が痛んだが500ドル払い参加し、センダックに会えるならと期待したが彼はついに来なかった。


 ブルツクリン生まれのユダヤ人
日本国際児童図書評議会の冊子からセンダックのことを引用させてもらう。

 ニューヨークのブルツクリンに1928年に生まれる。高校卒業後、ニューヨーク5番街にある有名なおもちゃ専門店FAOシュワルツのウインドウ、デスプレイの仕事を通じて斬新でセンス溢れる才能を発揮する。その後、自らの子供時代の原風景に根ざした旧い世界と新しい世界が共存する奇妙なイメージや独特の色使いを駆使してイラストレータとして活躍する。1963年に出版した「かいじゅうたちのいるところ」では、叱られて部屋に一人閉じこもった少年が空想の旅に出かけどこかユーモラスな怪獣たちと出会う冒険心や不安を背景にした不思議な冒険の世界を描き、コールデコット賞を受賞した。

 彼はなかなか人に会わない変人ときいてもいたからパーテーに来るのかどうか半身半疑だったががっかりしたことは否めない。そんなセンダックにぜひ会いたいと今でも思いつづけている。

昨年アメリカで『怪獣たちのいるところ』が映画化されて今年日本の各地でも公開されて話題になっていた。


aokijuku at 09:43|この記事のみを表示コメント(1)

2010年06月29日

【From America】「消費税について」その1

スーパーの食材アメリカのウインドゲイト緑です。

日本は首相が交代した後、消費税の問題が話題になっているようです。
日本の消費税が果たして何パーセントになるのか? それはまだ分かりませんが、ここでアメリカの消費税のかけ方をご紹介したいと思います。

アメリカはそれぞれの州によって消費税の率や消費税のかけ方は少しずつ違っています。しかし、日本の皆さんにぜひお知らせしたいことは、アメリカの消費税は何に対しても一律に税をかけるのではなく、食品(出来上がった品物ではなく材料に対して)には税金をかけない、ということです。つまり、出来上がったお弁当を買えば消費税はかかりますが、家で調理をするために買う食材には一切消費税をかけない、というルールです。ぎりぎりの家計でやりくりしている家庭にとっては、実に助かる方法です。手間をかけずに楽をしたい人は、出来上がった食品を買っても結構ですよ。しかし、それには消費税をかけましょう。節約をして自分で調理する人には無税で食材を提供しましょう。という決まりです。

買い物に行けば、スーパーでいろいろな物を一緒に買うのだから、そんな面倒なことをスーパーのレジでやってくれるか? などというご心配には及びません。今はどこのスーパーもバーコードで値段をぴぴっと読み取ってくれますから、この商品は無税、この商品には消費税をかけるなどを見分けることは朝飯前です。スーパーでもらうレシートには、ちゃんと印が付いていて、これは無税、これには消費税がかかる、と一目で分かるようになっています。

日本の経済が疲弊している昨今、現在の5%から突然10%になるかも知れない、という情報には国民がびっくりしているのではないでしょうか? これでは人々の暮らしを更に苦しめることにならなかと心配になります。

何事にも一律に消費税をかける、その消費税の率を突然、倍にするかもしれない、などという税率の数字の論議の前に「消費税のかけ方」を検討するひとつのヒントとして、アメリカの例がご参考になれば幸いです。皆さんで良い案を考えて見たいものですね。


midori_windgate at 01:42|この記事のみを表示コメント(0)

2010年06月28日

【明日の世界】その26「B級グルメをご存知ですか?」

富士宮やきそば学会会長の渡辺英彦さんのお話を聞きました。
2000年前をBCと言い後をADと言うそうです。
2000年前は焼きそば目的で観光バスは一台も富士宮来きませんでした。現在は毎日観光バスが焼きそば目的で来て、ついでに滝の白糸、富士五湖めぐりの観光もするツアーが確立してその経済効果は6年目で217億円、10年目で500億円になっています。2000年に渡辺さんが始められた時誰も相手にされませんでした、現在も行政予算はゼロとのことです。何でも官に頼るやり方では限界があることが分かります。
 B級グルメフェスティバル始まって4年たちますが最初八戸で17000人、次が富士宮で250,000人、久留米が200,000人、昨年が横手で267,000人、今年9月の開催地が厚木ですが、何人来るか新記録になることあは間違いないようです。ここまで来るとマスコミも報道に熱心で横手には70社のマスコミが来られたようです。マスコミもネタを求めているようです。


kiyoshi_kawabe at 03:43|この記事のみを表示コメント(0)

2010年06月27日

飲料のカロリー

  これからますます暑くなってくると、冷たい飲料の摂取が多くなります。ほとんどはお茶や水を飲むことが多いと思いますが、たまに缶ジュースや缶コーヒーを飲むとなると 気になるのがカロリーです。
「甘さ控えめ」や「低糖・微糖」などいったいどれが「一番低カロリー」なのか迷います。そこでちょっと調べてみました。
まず、「甘さひかえめ」には全く法律的には定義がなく、メーカーが独自につけることができるようです。あくまでも「甘い」という味覚に関する表記なので、メーカーが「ひかえめ」と主張すれば糖分量に関係なく表記できるそうです。同様の表現に「糖分ひかえめ」というのがありますが、こちらは法律で厳密に糖分量が決められています。(糖分は100mlあたり2.5g以下)
同じ「ひかえめ」を飲むのであれば、「糖分ひかえめ」のほうが良いようです。

「糖質」とは大きく「糖分」と「糖アルコール」に分かれますが。「糖分」は砂糖・ブドウ糖などで「糖アルコール」はキシリトール・エリスリトールなどだそうです。

 これらを踏まえて飲料表示のカロリーの高い順を推察するとカロリーの多いと思われる順に
「甘さひかえめ」
「砂糖不使用」 (砂糖が無くても、糖アルコールを使用している場合が多い)
「○○%低糖、○○%減」 (比較商品が曖昧)
「低糖・微糖・糖分ひかえめ」 (糖分は100mlあたり2.5g以下と規定あり)
「無糖・ノンシュガー」 (糖分は100mlあたり0.5g未満と規定あり)
「ノンカロリー・カロリーゼロ」 (100mlあたり0.5kcal未満と規定あり)

でもそれほど多量に飲むのでなければ、「美味しいもの」を選ぶのが一番のようです。


aokijuku at 11:44|この記事のみを表示コメント(0)

2010年06月26日

参議院議員選挙公示日の出来事

木曜日から島根県に来ています。移動した木曜日(24日)は参議院議員選挙の公示日でした。朝一番の7時35分羽田発の便でしたが、地方便によくあるようにターミナルから飛行機まではデッキではなくバスで移動でした。小さな飛行機でしたので大型バス2回で乗客を運んでいましたが、2便目のバスが10分ほど遅れて到着して乗客が乗り込み終わったあと、マイクロバスが寄せられ、与党の幹事長が乗ってきました。
1回目のバスで移動していた私には、一般の乗客が遅れて2回目のバスが遅れたのか、VIPが遅れたのでバスを遅らせたのかはわかりません。
 でもそこからが驚愕でした。東京→出雲便はもう何十回も利用していますが、今まで実感したことのない航路で、最終的には20分の出発遅れを取り戻し逆に5分早く出雲空港に着きました。
 島根県では自民党の青木議員が健康上の理由で出馬を断念し、ご子息が出馬しています。やはり地元で地盤は盤石ですが、与党としては何としてもこれを阻止して勝ちたい所なのでしょう。
飛行機の件は、「全てが偶然なのかもしれない」と思うことで、私は気持ちを落ち着けることにしました。


aokijuku at 08:46|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント