2010年04月

2010年04月30日

ノニ!?

真穂としみ 1年ほど前から、健康のために『ノニ』を飲み始めました。
以前、前青木塾長(敏郎さんのお父様)に「すごくいいから飲んでみなさい」と薦められたことがあったのですが、その時は、私もまだ若く(*´∇`*)、元気だったので、お話だけ聞いて終わってしまいました。
 でも最近は昔に比べて、体調に気を遣うようになり、いろいろ試すようになりました。その中の一つが、『ノニ』です。

100430_215454 ノニとは、熱帯地方に群生する果実で、日本では沖縄や小笠原諸島に生息しています。 “ノニ”と言う呼び名は、ハワイなどで呼ばれている呼び名で、日本名は『ヤエヤマアオキ』といいます。
ノニの実には、他のフルーツにはほとんど含まれない『ゼロニン』と呼ばれる成分が多いことが最大の特徴で、“免疫力の強化”、“細胞の正常化”によいとされています。
 また“殺菌・抗菌作用”のある『モリンドン』、『スコポレチン』のほか、140種類以上もの栄養素が含まれており、その成分は、ローヤルぜりーやプロポリスを上回るとも言われています。


 なんだか難しい成分がたくさん入っていてよくわからないですが、とにかくスゴイということだけは確かみたいです
夫にも飲ませてみたところ、ノニを飲み始めてからカゼを引かなくなったと言ってました。

ただ、味は、正直いってマズイです。
お店の人は、この味を”腐ったチーズみたい”と表現していました。
本当においしくないのですが、健康のためと思い、毎朝、せっせと飲んでいます

みなさんは健康のためにどんなことをしていますか?









toshimi_maho at 22:24|この記事のみを表示コメント(0)

2010年04月29日

【青木塾便り】No.46 「地域貢献」

カリフォルニアで主として日系企業相手に頑張っているCPAのKさんが来日して久しぶりに会いました。
彼はカリフォルニア名門のエルキャバレロゴルフ場で日本人は彼のみのメンバーですが、会員になった時のお話をご紹介させてください。委員といろいろ折衝の末以下三つの質問に答えてくださいとなりました。
1)何故当ゴルフ場に入りたいのか
2)過去3年間地域にどんな貢献をしてきたか、寄付金も含めてお話ください
3)銀行口座はどこにありますか
4)委員12人から一つずつ質問がありますからそれに答えてください。
エルキャバレロゴルフ場はユダヤ系のゴルフ場ですが、面接の時ユダヤと日本の共通点、日ごろ思っている世界平和への道をズバリと12人の委員を前にしてお話したところパスして晴れてメンバーになったそうです。
Kさんと話しているとCPAだから数字に強いのは当然ですが、人の心を捉える何かを持っていて大変勉強になりました。

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年04月28日

ニューヨークでの歯の治療

2年前、仕事でニューヨークに滞在していた折、以前から調子の悪い感じがしていた左奥の歯が急に痛みだした。ニューヨークで歯医者など知らないから知人に誰か知らないかときいてみたが親身になって心配してくれる人をしらなかったし、人のことなどかまっていられない、自分のことでせいいっぱいという人達が多いニューヨークで人をあてにするほうがまちがっていたと考え直し自分でさがすことにした。
 ニューヨークにも日本人向けのフリーペーパーが何種類もあってビジネスをしている人たちが広告をだして宣伝しているのを知っていたので見てみる事にする。弁護士,司法書士、税理士、医者、心療内科、占い師、催眠療法士まであらゆる職業の人達が自分の顔写真をのせ宣伝している。
にっこりと白い歯をのぞかせていた歯科K医師のオフイスがセントラルパークの近くと言うのも何かいい感じがして電話し、予約をとりたずねた。K医師は診察するなりすぐオペが必要ですという。
 私はとても臆病な人間なので医者というと神様のような存在に思われて疑う余地がないのである。絶対にまちがったことをいわれるはずが無いと思うので全幅の信頼を持ってしまう。
 いつも東京では保険を利用することができるから歯を抜くくらいと思い治療費をきかなかったのが私のミスであった。
要求された$2,600という金額をきいてひとけた違うのではないかと思った。日本円にして30万円近い金額、オペといっても1時間もかからずただ1本の虫歯を抜いただけなのにこの金額はひどいと思ったがあとの祭りである。何とか、クレジツトカードとチェックで払いをすませたが今でも腹がたって仕方がない。
 相変わらずそのK医師「日本人である」は2,3のフリーペーパーでうれしそうににっこりと笑い日本人客を魅きつけているらしい。


aokijuku at 23:05|この記事のみを表示コメント(1)

2010年04月27日

【From America】「機内持ち込み荷物の有料化

Airplane_05アメリカのウインドゲイト緑です。

前回はアメリカの国内線の飛行機に乗る場合、チェックインする荷物が有料化していることをお伝えしましたが、こんどは「機内持ち込み荷物の有料化」の話題です。

このブログ原稿を書いている時点の情報では、アメリカの格安料金を売り物にしている「スピリット」と言う航空会社が、初めて機内持ち込みの荷物を有料にすると発表しました。料金は荷物一個が45ドル(約4000円)です。機内持ち込み手荷物は一個に制限されていますが、その他に女性ならハンドバッグ、男性ならアタッシュケースやコンピューターを入れた小型のバッグの持ち込みが許されています。通常、機内持ち込みの手荷物は頭上の棚に入れ、ハンドバッグなどの小さな物は座席の下に入れることになっています。その頭上の棚のスペースを使用するのに料金をかけると言う発表です。

他の航空会社は今のところスピリットに続いて、同じ様に機内手荷物に料金をかけるとは発表していませんが、この先どうなるのか目が離せない状態です。

飛行機の中でトイレを使うのを有料にする、と言う案も出たり引っ込んだり、肥満の人には二人分の料金を払わせる、毛布や枕はなし、機内の食事は有料。などなどアメリカの航空会社のルールはサービスの悪い方向に加速度が付いています。

一時話題になったエコノミークラス症候群と言う病気などを考えると、お客様の健康を考えて、最低限でも水を飲ませてくれる、トイレを使わせてくれる、適当なサイズの手荷物を持ち込ませてくれる、このくらいのことは飛行機の切符の基本料金に含まれるとしてくれても良いのではないか? というのが私の意見ですが、皆さんはどう思われますか?


midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年04月26日

【明日の世界】その17「大相撲春場所について」

日本以上に大相撲に熱狂していたモンゴルの人々が元横綱朝青龍のダクワドジルの引退で春場所がつまらなくなったと嘆いていました。何しろ場所中は半ば公認で仕事中でもTV中継を見ても問題ない国です。
肌の色が同じでも異文化の違いが明らかです。モンゴルで朝青龍は国民栄誉賞に当たる「労働英雄」の称号を得た尊敬の対象で、現在活躍するモンゴル出身力士の白鵬や日馬富士らとは別格です。
日本では相撲の格式を疎んじる朝青龍より、相撲道に従う白鵬が断然受けがいいですが、モンゴルに詳しい人によると白鵬は日本人と結婚して、そのうち帰化するだろうが願わくはモンゴル人はモンゴル人であって欲しいと思っています。白鵬のお父さんは大学卒業のモンゴル相撲の大横綱、お母さんは美人女医さんでモンゴルでは有名でした。ですから両人が結婚する時はマスコミが大騒ぎしたとのことです。朝青龍は今やお国では大実業家で、銀行のオーナー、旅行会社、室内スポーツ競技場も有し、世に出るには相撲取りで日本に行くのが一番なる道を開いたことで圧倒的な人気があります。
巡業を休んでサッカーをしたら出場停止処分になり、ガッツポーズをすると、とがめられる。日本では品格がないとか当然と考えられる批判もモンゴル人にはいずれも理解しにくいとのことです。異文化を理解することはそう簡単ではなさそうですね。


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント