2010年03月

2010年03月31日

人生は芸術である、

ある宗教団体の教祖さまのお書きになられた本のタイトルに「人生は芸術である」とあって若くて多感だったころの私は深く意味もわからず大変この言葉に魅かれました。そのころから美術の世界に興味があったのでそれと重ね合わせたのでしょう。何回もその本を読みました。若いころ、わからなかったことが確かに、年を重ねることで、喜びも悲しみもときには味わい深いものだと納得する事もありまた思いがけない転換が生まれることが度々あります。
 ミラクル,、、なことが時に起きそのような経験をするとき「人生は芸術である」ということばを実感いたします。

お寺にあつた棟方志功の作品

 昨年、あるお寺をお尋ねいたしました。駅をおりて商店街を通り抜け少し歩いたところにその近代的な建築のお寺はありました。外からはよほど気をつけないとその建物がお寺であることはほとんどわかりませんでした。用件が済んだところで、お坊さまがこんなものがありますので見ていただけますか、とお持ちになられたものは1点は掛け軸であり、もう1点は額装されたものでしたが棟方志功の作品でした。私はその作品は棟方自らが制作したものにちがいないと判断できました。
 棟方志功は明治36年に青森県にうまれ上京し,師をもたず独自の木版画の世界を切り開いた人です。ヴェネチア、ヴィエンナーレで国際版画大賞を受賞したりして海外に知られるようになり日本を代表する版画家として活躍し1969年には文化勲章をも受章しています。今でも相変わらずアート、マーケツトでは棟方の作品価格は高価でとても人気があります。
 最近は美術品を扱う人たちが自信が無いのか、美術業界で通例になってしまったのかわかりませんが棟方志功の作品には売買するのに真贋を査定する鑑定書が必要になってしまいました。それだけ贋作が多いということだと思います。残念ながらその作品は2点ともシミが画面に点々と散らばり汚れてすこし無残な状態でしたので、修復された方がいいとお話したのですが多分まだそのままになっていると思います。すこし、こころ痛んだ経験でした。
 

 このようなことはよくあることですが日本は湿度が高く気温の差が激しいので作品の保存には気を配る必要があると思います。カビはカビをよび、ますますダメージを深くすることになります。
 美術品は次世代に受け継いでいくものでありますから大切にしていきたいものと思います。


aokijuku at 11:38|この記事のみを表示コメント(1)

2010年03月30日

【From America】「イースター」

Easter_bunnyアメリカの祝日を様々な形で多いに取り入れている日本ですが、イースターはまだあまり取り入れてられていないようです。しかし、キリスト教の文化にとっては大変大きな意味のある祝日で、世界中が祝う祝日です。

今年は4月4日(日曜日)がイースターに当たります。ご存知のようにイースターはイエス・キリストが十字架にかけられた後、甦った日です。命をつなぐという意味からでしょうか? イースターはカラフルな卵で飾られます。そしてイースター・バニーと呼ばれるウサギが登場します。また、イースターを祝う花は白いゆりです。

家族が集まり、食事を共にし、子供たちは「イースター・エッグ・ハント」というゲームをする楽しい祝日です。子供たちはこのイースター・エッグ・ハントをとても楽しみにしています。というのも、プラスチックで出来た卵型の入れ物の中にはプレゼント(中身は殆どが現金で、日本のお年玉みたいな感じです)が入っていて、庭のあちこちに隠されています。大人は前もってこの卵を隠しておき、食事の後に「さあ、ゲーム開始!」子供たちは先を争って「卵探しゲーム」をするのです。

ホワイトハウスでも卵転がしゲームがあり、この日ばかりはアメリカ全土が卵で埋め尽くされます。

ハッピー・イースター!


midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年03月29日

【明日の世界】その13「小林一三と小川甲子」

先日小川甲子さんの講演を聞きました。彼女は現在宝塚歌劇団の東京支配人で、現役時代甲にしきと言う芸名で男役のトップスターでした。中村錦之助の夫人でもありました。小林一三さんについて先代青木塾長がいつもお話していましたが、時代の少し先を行くのが良い、生駒山のトンネルは当時大きすぎてなんであんな馬鹿デカイものをつくるのかと左遷になったといつもお話くださいました。
阪急鉄道ひいて乗客を増やすために沿線に住宅を建てたことは有名で、住宅ローンは一三が初めて日本に導入しました。明治44年に大きなプールをつくって人を呼びましたがそのうちにシーズンが終わった時の有効利用にパラダイス劇場を水の無いプールを活用して立ち上げ、大正2年に15歳から16歳の女子を募集して宝塚歌劇学校を創設しました。当時芸を教える制度は徒弟制度しかなくて宝塚歌劇学校は優れた家庭婦人を育成する花嫁学校としても注目されました。女の財布を狙う仕事をするのかと批判されたそうですが、小林一三は政治や経済と同じくらい娯楽は大事なものと反論したとのことです。その後順調に発展して大正13年には4,000人収容の大劇場を建てました。
彼の発想はいつも時代の先を行くものでした…続く


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(1)

2010年03月28日

お土産

先日のニュースで、ネット販売で人気の食品を実売して大盛況のデパートが放映されていました。何気なく見ていると、一番の行列は関西で販売されているプリンとのこと。先々週、神戸の伯母を訪ねた際に神戸空港で販売していたものでした。私は何気なく「的場浩二さんのお勧め」という看板につられて買ってきたのですが、空港では山積みにされていたものでした。それほど受けを狙ったものでもなかったのですが、TV放映の2週間前にすでに実食済みの家内は大喜びです。私も今更ながらの反響に苦笑しました。
このプリンの時は、何気なく買ってきたものが入手困難品だったので良かったですが、地方のお土産は今やネットや東京の空港や駅でほとんど買えてしまう時代になり、せっかく買って持ってきたものが全然珍しくない場合も多々あります。
実は先週山陰地方に出張の際、凄いものを見つけました。ものすごい強風で東京からの飛行機が飛べず帰京を明日にして、春からNHK連続ドラマ「ゲゲゲの女房」の舞台となる境港へ行ってみました。「ゲゲゲの鬼太郎」世代の私にとって、「水木しげるロード」も是非一度見たいと思っていました。約800mに及ぶ商店街の両側には、何体もの妖怪の像が立ち、商店街が一丸となって鬼太郎関連のディスプレイを施しています。途中には妖怪神社などもあり、往復1600mを飽きることなく散策できました。しかし、売っているグッズやお土産はやはり出雲空港でも買うことの出来るお菓子や嗜好品がほとんどでした。
IMG_2514しかし、鬼太郎博物館の横のお店で物凄いインパクトの和菓子を見つけました。そう、「目玉おやじ」の和菓子です。
しかも作っているのは、松江の老舗中の老舗である「彩雲堂」さんでした。「朝汐」という和菓子がとても美味しく良くお土産に買って帰ることもありますが、なんとその老舗和菓子屋さんが、蜜付けの栗を練りこんだこしあんを練りきりで包み、赤・黒・白の瞳は羊羹、最後に寒天でコーティングしてリアルな目玉おやじにしているのです。
味は観光土産の域を飛び越えており、しかも1個350円と高価なのですが、なんとこれはネットでも販売していないここでしか買えない逸品だそうです。
久々に皆さんに驚いてもらえた、インパクトのあるお土産になりました。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年03月27日

軽自動車

昨年から盛んにエコ減税を売りにした車の買い換えをあおるテレビCMが目に付きます。
低燃費を重視したものがほとんどですが、昨年、軽自動車に変えた小生からしますと是非、軽自動車を一度試乗されることをお勧めします。小生も今までは軽自動車に対するイメージはー柴發狭い馬力がない車内装備が貧弱せ故のとき脆い、というイメージに縛られていました。思えば、子供の頃父の運転で乗ったスバル360のイメージが強烈に残っていて軽自動車は常に検討の対象外でした。
しかし、全くの冷やかしで試乗した時は本当に驚きでした。小生の抱いていたイメージは全て払拭されました。しかも重量税は安いときていますし、大きなスーパーなどでは軽自動車専用の駐車スペースがあったりして結構優越感を感じることもあります。

所詮は軽自動車だからと先入観をお持ちの方は、本当に是非一度、軽自動車を試運転してみてください。改めて日本自動車産業の誇りであることを認識できると思います。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント