2010年02月

2010年02月28日

留学生がやってきた その1

高校1年生の娘が、ある日突然「オーストラリアに短期ホームステイがしたい!」と言い出しました。
交換留学生制度なので、まずはオーストラリアの高校生を2週間受入れなければなりません。親戚でさえ我が家に宿泊することがほとんど無い家庭なのに、ましてや外国人のお客様などまさしく寝耳に水の話でした。英語が全く苦手の家内は、膨大な片付け作業を思い巡らし当初は反対でしたが、もともと控えめな娘が熱望しているため、取り敢えず申し込みをして、たぶん抽選に外れるだろうと思っていました。
ところが、6名の応募定員に対し申し込みは3名。あっさり、決まってしまいました。考えてみれば、娘の学校は帰国子女が多く今さら留学など必要も無いようです。逆に、留学生を受入れるだけ(こちらからは留学しない)の家庭を探すのは苦労のない事のようです。
寝るところは、子供のベッドの横の床やリビングのソファーでも良いようなガイドもありましたがそうはいきません。今まで手付かずだった父の部屋を大掃除して、部屋は確保したものの2週間のうちに休日が4日あります。地元のショッピングセンターや図書館でも良いとガイドには書いてありましたが、次には娘がお世話になることを考えると無碍にはできません。(今回は、受入れた高校生のお宅に娘がお世話になることになりましたが、必ずしもそうなるとも限らないそうです。)・・・続く


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月27日

【青木塾に学ぶ】 4

青木塾の会員の方は自身でお仕事をされている方が多く、自社の商品を試用品としていただくことが良くあります。実際どれも重宝なものが多いのですが、全てを常用するとなると大変な出費になってしまうため、試用させていただいたものは極力他の方へ推奨するようにしています。

しかし、中には私にとっては無くてはならない物となってしまう物もあります。その内の一つが「あんだんて」さんのシャンプーです。成分は全て開示されており、若干学習した私でも「安全・安心」は確信できるものでした。父の遺伝として無くなる事を覚悟していた頭髪ですが、使い始めて3ヶ月ほどで脱毛のペースが遅くなり、今ではキープできています。床屋さんには、毛髪が太くなったと言われました。
個人差があるので効果にも差があることは言うまでもありませんが、私にとっては必需品になりました。「ボディシャンプー」「トリートメント」とも併せて使っていますが、肌への優しさを実感できるのは気持ちの良いものです。
確かに量販雑貨店で販売しているシャンプーよりは多少値段はしますが、高価な意識がある分無駄に使うことも無く、結果的には環境にも良い事をしていると納得しています。
一度「あんだんて」さんのウェブサイトをご覧になって見てください。(青木塾ウェブサイトからリンクできます。)有田社長に感謝・・・。


aokijuku at 11:53|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月26日

お腹いっぱいになりたい方へ

真穂としみ流行り廃りなく、つねに人気なのが”バイキング”。
この前もテレビを見ていたら、ホテルバイキングやスイーツバイキングの特集をやっていました。
そこで、私が今イチオシのランチバイキングをご紹介します!

品川駅から徒歩1分のところにある京急ショッピングプラザ
ウィング高輪 WEST B1にある『中国料理 高輪』です。
ぐるなびのホームページ ⇒ こちらからどうぞ
※クーポンがあると10%引きになるみたいですよ(⌒∇⌒)/

100214_122057ここは、オーダー制になっていて、メニューの中から自分の食べたいものを注文するというシステムになっています。

サイズは、「普通・小・ミニ」の3タイプありますが、2,3人ならミニサイズにして、いろいろな種類を食べるのがベターです。(小サイズにすると結構量があるんです)

おすすめは・・・、
・前菜のチャーシュー ・エビチリ ・チンジャオロース
・鶏肉のカシュナッツ炒め ・イカのセロリ炒め
・ホタテのオイスターソース炒め       など・・
          
逆に、ここだけの話ですが、「う〜ん」という料理が、
・青菜の炒め物
・酢豚
・から揚げの油淋ソース
(あくまでも、私の好みです)

よろしければ一度食べに行ってみてください

toshimi_maho at 11:19|この記事のみを表示コメント(1)

2月23日(火)掲載記事追加しました。

2月23日(火)掲載のウィンドゲイト緑さんの「卵にサルモネラ菌」に関しまして、掲載記事が途中で途切れていました。
本日、追加公開しましたのでどうかご覧下さい。申し訳ありませんでした。
(ブログ管理人)

aokijuku at 09:37|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月25日

【青木塾便り】No.37 「山元雄二郎博士」その14

「人間・動物の予知能力を信じますか」

 新年1月4日夜にTBSテレビで見られた方が多数おられるでしょうが「超能力スペシアル2010今夜奇跡が!?」で女性の芸能人原さんが10日間の合宿で透視能力を身につけた物語が感動巨編として放映されました。
 トリックがあるかどうかこの際置いておいて、山元博士がいつも予知能力の話をしておりましたのでご紹介させてください。
 これから始まる白人とインディアンの殺し合いの上空にハゲタカが予知能力を発揮してぐるぐると回り始め、バトルの後に死体に群がって肉を食い散らす、このような光景がよく見られたそうです。
 ナマズが地震を予知すると言われますがこれは博士の専門分野のピエゾ(圧電素子)と関係あって地層のわずかなひずみから発生する微少電流をナマズが察知すると言われています。
 人間でもごく一般的に予知能力あることが証明されます。
朝の通勤でバスを降りて駅に行く時周りの人が急いで駅に向かうと急行が来るなと感じることがありますがこれも周りの空気を読んで予知能力を発揮したケースと言われます。テレビで言っていましたが最近の研究で大脳基底核なる脳の部位が空気を読む働きがあることが分かってきました。テレパシーの研究もその一環でしょうか。
 山元博士は科学者ですがこのような現象をすぐ否定しません。まだ分からないことがこの世の中にはいくらでもあるといつも言っていました。
次回はプレゼンテイション日米の違いについて・・・・続く


aokijuku at 16:38|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント