2009年09月

2009年09月30日

【From America】 「ラスベガスのもう一つの顔」

パリスアメリカのウインドゲイト緑です。
ラスベガスと聞けば砂漠の真ん中に人工的に作られたギャンブルの街を思い浮かべる人が殆どでしょう。また、カリフォルニアから近いこともあり、ラスベガスがカリフォルニア州にある、と思っている人も多いようですが、実はネバダ州に位置しています。

ネバダ州は殆どが砂漠地帯で特別な産業もなく、ラスベガスやリノの観光が唯一の地域産業であると思っていました。ところが最近になって、我が家のある住宅地の近くに採鉱施設を建設する話が持ち上がりました。住民が反対運動をするから署名をするようにという話をきっかけに、「シルバー・ステイト」と言うネバダ州のニックネームの意味を再確認することになりました。昔は金山ならぬ銀山があって、たくさん銀が採れたのでしょうか? 現在どんな物質が採れるのか良く分かりませんが、車で走っているとラスベガスの住宅街の真ん中に忽然と採鉱施設が登場することもあり、このニックネームの由来を証明しているようです。

さて、この住民反対運動の話が持ち上がって間もなく、ネバダ州はアメリカで唯一の「リチウムの産地」であることをTVで知りました。私たちの生活は電気に頼っている部分が非常に多いですね。ハイブリッド車がいずれは100%電気自動車になる日も近いでしょう。電池は様々な電気製品につかわれています。自動車(将来は電気自動車)、携帯電話、カメラ、ラップトップのコンピューターなど例を挙げればキリがないほどにたくさんの物がリストに上がりそうです。そしてその電池に必要なのがリチウム。現在リチウムを資源として保有する国は、1位チリ、2位オーストラリア、3位中国、だそうで、アメリカ国内ではネバダ州だけにリチウムが埋まっているとのことです。

我が家の近くの採鉱施設でリチウムが採れるのかどうかはわかりませんが、どうやらこの採鉱プランは「埃がでる」「環境が悪くなる」「音がうるさい」「トラックが往来する」などの住民の不満をよそに、実行に移されるようです。しかし、そんなに貴重な鉱物がラスベガス周辺にも埋まっているとなれば、その場所を移動することは出来ないのです。大切な資源、私たちの生活を便利にしてくれる天然資源。やはり採鉱する方向でプランを進めるのは仕方が無いのかな、と言う気分になりました。

ギャンブルのみの街だと思っていたら、ラスベガスにはこんな一面もあるのですね。ネオンがぎらぎらするカジノ街のイメージのラスベガスのもう一つの顔を見たような気がしました。

midori_windgate at 13:15|この記事のみを表示コメント(0)

2009年09月26日

【ひとこと】JAL問題の混迷

7月13日のブログで「JALはなぜ政府支援なのか」と述べた。6月末のJALの資金ショートは、自民党と国土交通省の談合的決定により救われたが、次なる12月年末の資金繰りが迫ってきた。
6月末に政府保証を含めて1,000億円つぎ込んだ条件として、しっかりした再建計画を立てるというはずであったが、経営内容には一向改善のきざしはなく、経営再建のための有識者会議も前原国交相にメンバーの白紙見直しを命ぜられ立ち往生である。
政権が民主党に変わってから、デルタ航空あるいはまたアメリカン航空という外資との提携と資本注入が報じられだした。また年度末(10年3月)までにさらに2,400億円を必要とするとか、会社を「新旧分離」して再建をはかる案とか、企業再生法の助けを借りるとか、連日のようにJAL問題が報じられ、論じられ、混迷を極めている有様である。
しかし問題は単純で、要は経営に失敗した民間企業を税金を使って救済すべきか、否かということである。
民主党のマニフェストには、JALのことは明記されていない。八ッ場ダムはマニフェストで建設中止を明言している。すでに6割かた建設資金をつぎ込んでいると了解している。残りを棄てても中止する構えである。JALの場合は、公的資金を下手につぎ込み泥沼化すれば、八ッ場の捨て金以上の金額になりかねない。
民主党は官僚のコントロールを排除して,官邸主導の政治おこなうとしている。JAL問題の処理は、財務省と国土交通省の巧みなシナリオに取り込まれた自民党の二の舞を踏まずに、民主党の政治理念を生かせるか、前原国交相の手腕やいかに、の試金石である。


iida_hiroshi at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2009年09月25日

【青木塾便り】No.15「MR島田」その7

まだ開幕しないのですが観客200人ぐらいの満席の会場はSHIMADA,SHIMADAの声がささやかれ、やがて静かにMR島田の出番を待ちます。柔道の三船十段は相手に触れなくても倒すと言われますが演技始まる前に会場はすっかりマジシャンの掌中にあります。幕がするする上がると愛くるしい眼差しのMR島田が美しいアシスタント(夫人でオーストラリア人)を伴って登場です。和の雰囲気を取り入れたオリジナリティーあふれる演技が始まりました。…続く

kiyoshi_kawabe at 17:03|この記事のみを表示コメント(0)

2009年09月21日

【From America】ビリーの次はカントリー・ライン・ダンスだ!

ラインダンス02アメリカのウインドゲイト緑です。
日本で大人気となったビリーのブートキャンプ・エクササイズですが、ビリーのお蔭で痩せた方が続出したそうですね。しかし、そのブームも去り、次なるダイエットは何か? と思っていらっしゃる方も多いでしょう。ビリーのビデオは仕事から帰って夜遅く自宅でこっそりとビデオを見ながら運動できるというのが特徴で、仕事が忙しくてジムに通えない人たちに人気があったようです。でも、かなりきつい運動でなかなか続かない、夜になって運動の時間を取るのが難しい、と弱音を漏らしている人もいました。

そこで、ここにご紹介するのは楽しいダンス。日本では「シャル・ウィ・ダンス」という映画が公開されてから、社交ダンス熱がぐーんと増したと聞きますが、社交ダンスはパートナーがいないと出来ない、という欠点があります。このカントリー・ライン・ダンスは、言ってみれば日本の盆踊りのアメリカ版、という感じで、パートナーは要りません。皆が同じステップを踏みますから、周りを見て同じ動作をすればよいので、初心者でもOK。日本の盆踊りは丸く輪を作ってひとりで踊りますが、アメリカのカントリー・ライン・ダンスは一列になってひとりで踊ります。列がいくつも出来ると、まるで碁盤の目に人が並んでいるようです。踊りの途中で90度、180度、360度とターンをするうちに、隣にいた人が自分の前で踊ったり、後ろにいた人が横に来たり、ポジションが変わるのでパートナーがいなくても楽しいです。

アメリカ映画のダンス・シーンで、カーボーイ・ハットにジーンズとブーツ姿の男女が踊っている光景を見た方もいるでしょうが、ライン・ダンスは決してカントリー・ウエスタン・ソングだけではありません。マンボ、チャチャ、ボサノバ、ワルツ、ポルカ、レゲー、オールディーズなど様々な音楽にあわせて、簡単なステップを踏むだけです。これなら、仕事の後にちょっと一息いれるカフェやバーでも気軽に楽しむ事ができます。お友達と楽しく過ごす間に運動が出来るなんて一石二鳥ですね。でも、そんなに簡単で楽しいことでは効果がないのでは? と疑いたくなるでしょう。いいえ、そんな心配はご無用。その運動量とダイエット効果は絶大で、メタボリック・シンドロームが気になる方々にも大いにお勧めです。ちなみに、友人は309もあったコレステロールが1ヶ月で229まで下がったそうです。

汗をかきながら、ハーハー息を切らせてする運動とはさようなら。今度は楽しみながらエクササイズです。音楽は一曲約3分ですから、曲と曲の間にはちょっとしたお休みが入ります。これは実に嬉しいホッとできる一休みです。同じ運動を「いち、に、さん、し」と号令をかけながら数を数えるなんてことも不要です。自分の好きな曲の時だけ踊ってもよし。ずっと踊り続けてもよし。途中でドリンクを飲んで水分補給もよし。お友達と楽しんでいたら、知らないうちにエクササイズが出来てしまった、というわけです。

このライン・ダンスの波は海を越えてヨーロッパやアジア各地でも盛んになってきています。日本のナイト・ライフにも近々このライン・ダンスが加わること間違いなしです。そして、ナイト・ライフだけでなく、学校や各種の趣味の会、老人会など様々な場所で紹介されていくと素敵ですね。盆踊りという文化の地盤がある日本ですから、アメリカ発のカントリー・ライン・ダンスは日本の老若男女にも親しまれることでしょう。さあ、レッツ・ダンス!


midori_windgate at 18:46|この記事のみを表示コメント(0)

2009年09月17日

【青木塾便り】No.14「MR島田」その6

マジックキャッスルのお話をしましょう。当時日経のロス特派員がつてを頼って島津貴子さんをマジックキャスルにご案内して大変喜ばれたと言っていました。河辺がメンバーだと言いましたら何故なれたのかと驚いていました。どうやらマジシャンの推薦がないとメンバーになれないようです。
さて「開けゴマ!」と言ってドアの中に入るとそこはまったくの別世界です。ショ−を見せるところは大中小とあります。大は200人も入ると満席になる一般的な小劇場で夜二回公演をします。中は二部屋で2〜30人入れるところです、
小はいわゆるテーブルマジックで10人前後のお客さんを前にして得意技を見せるトランプ手品であったり、小物のグッズを使った演技であったり3〜4箇所ありました。部屋や壁には歴代の超有名マジシャンの肖像が飾ってあり正に別世界です。食事するところはテーブル席が2〜30席あり、バーもあってそこのバーテンダーが皆さんマジシャンでそこでも見事なパーフォーマンスが楽しめました。今考えるとアメリカ西海岸で最高の社交クラブだったのではないかと思います。そろそろメインステージでMR島田の演技が始まります…続く


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント