2009年10月14日

「スーパーマーケットのセルフ会計」

スーパーレジアメリカのウインドゲイト緑です。
スーパーマーケットで買い物の品をカートやかごに入れたあと、出来るだけ早く会計を済ませて家に帰りたいと誰もが思うことでしょう。数ある会計の列の中で「どこに並んだら一番早いだろう?」と誰でも考えることは同じです。私など運が悪く、ここが一番早いだろう、と狙いをつけて並ぶと、必ず前の人にトラブルが起きて、長く待たされてばかりです。

アメリカでは、会計のカウンターが並んでいるなかで「10品以下専用」「20品以下専用」と言う特別のカウンターが用意されています。一週間分をまとめ買いする習慣のあるアメリカでは、大量に買う人が多いのでこういう品数の少ないお客専用のファースト・レーンを設けているのです。

しかし会計担当の店員も人によっては、のんびり仕事をしたり、客や他の店員とおしゃべりにしながら仕事をしたり、客として見ていてイライラすることもあります。そんな時には「人にやってもらうより自分でやったほうが早い」と思う人も居るでしょう。そんな人の為に「セルフのチェックアウト機械」も備え付けられています。これは人件費を減らしたいスーパーマーケットの狙いでもあり、使いこなせば消費者も経営者も喜ぶ一石二鳥の方法です。
今の商品は殆どバーコードが付いていますから、お店の人がバーコードを機械にかざしても、お客が機械にかざしても、全く違いは無くコンピューターが値段を判断してくれます。
お客がすることは、ただ商品のバーコードを機械にかざすだけです。その次に買い物をした品物をビニールの袋に入れます。このビニール袋が並べてある下の台が実は大きなスケールになっていて、今買った品物の重さを量ります。もし、買ったはずの商品と違う重さの品物が乗せられると機械は作動しなくなり店員を呼ぶ仕掛けになっています。

それでは、果物や野菜などパッケージに包まれていない「ばらばらの商品」はどうするのでしょうか? 機械のスクリーンには商品の名前がずらりと並んでいます。例えばバナナを買ったとしましょう。バーコードをかざす機械の台にバナナの房を乗せます。ここもスケールになっていますので、バナナという商品名のボタンを押せば、1ポンドいくらと言う情報に従って、お客の買ったバナナの重さを量って、ちゃんとその商品の金額を割り出してくれます。

クーポン券など割引のちらしを持っている人は、最後にそのバーコードをかざせばその金額を割り引いてくれて、合計金額を教えてくれます。
最後の支払いは、現金、クレジットカードなどのボタンを押して選択します。現金ならちゃんとお釣りが出て、レシートが印刷されます。

日本でもガソリンスタンドがセルフになってきました。そのうち、日本のスーパーにもこんなセルフの会計カウンターが登場するかもしれませんね。自分の買い物の量に合わせて、店員のいる会計カウンターに行く、品数は少ないが店員に会計を頼みたいのでファースト・レーンに並ぶ、自分でセルフの機械で会計をする、など選べるのは消費者にとって嬉しいことです。

midori_windgate at 10:00│コメント(1)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かつ   2010年07月27日 09:26
5 日本のジャスコにウォルマートと全く同じセルフレジがありました。画面内に出てくるcgの女性も全く同じですので同じメーカーでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント