2009年10月13日

「アメリカの郵便配達」

mailboxアメリカのウインドゲイト緑です。
日本で郵便ポストといえば、昔ながらの赤い丸いポストをイメージする人が多いでしょう。しかし最近はそれをあまり見かけなくなり、赤い箱に二つの窓口が付いていて、仕分けをして投函するようになりました。アメリカの郵便ポストは、基本的にはブルーの箱型で、旅行者はゴミ箱と間違えることが多いとも聞きます。外見だけでなく、郵便の集配方法も日米では異なります。

最近は日本の個人宅の郵便受けに、山型パンのような形のアメリカ型郵便受けが多く見られるようになりました。しかし本当のアメリカ型郵便受けには、脇に赤い旗のようなものがついていて、これが垂直になったり水平になったり動く仕掛けになっています。どうして、こんなものが付いているのでしょう?

実は、これは郵便を配達してくれる配達員に「投函する郵便物が入っています。それを持っていってください」と言う合図なのです。郵便受けの中に持っていってもらいたい物が入っている時には、赤い旗を上げておきます。すると郵便配達の人は、たとえ届ける郵便物がなくても、この赤い旗を目印にアナタの郵便受けまで来てくれます。そして、「郵便物をお預かりしましたよ」と言う印にこの赤い旗を水平に下げていきます。つまり、アメリカでは、郵便配達員は郵便を届ける仕事のついでに、投函すべき郵便物を回収する仕事も同時に行っています。なんと便利なことでしょう。

日本では、学校に行く途中、出勤途中、買い物の途中などに、近所の郵便ポストを見つけて投函するのですが、つい忘れて一日中持ち歩いて、とうとう家に再び持ち帰ってしまうこともあります。アメリカでは、手紙に切手を貼ったとたんに自宅の郵便受けにいれて、赤い旗を上げておくだけで良いのです。この山型パンの形をした赤い旗付きの郵便ポストは郊外の住宅街に良く見られます。もう少し住宅が密集していて、土地を分譲した開発会社が入り口にゲートを設けているようなコミュニティ式分譲住宅地などになると、10−12軒くらいの郵便ポストをまとめて集合郵便ポストにして設置する場合があります。そのような場合にも、この集合郵便受けには郵便を投函する窓口が付いていますので、配達と同時に郵便を回収してくれるサービスに変わりはありません。

日本の郵便事業は民営化されましたが、アメリカの郵便事業は今でも政府の管轄下にあります。アメリカでも宅配業の台頭で、郵便事業の損失は膨大な金額だと言われています。果たして、アメリカの郵便事業もいずれ日本と同じように民営化されるのかどうかは判りませんが、郵便の配達と同時に郵便物を回収してくれるこのサービスは実に顧客のことを考えたすばらしいサービスなので、いつまでも続けて頂きたいと思います。
日本の郵便屋さんもどうせ毎日手紙を届けに来るのですから、無料で郵便回収のサービスを加えても特別な労力は必要ありません。お年寄りが増える日本で、こんなサービスはこれから益々喜ばれるのではないでしょうか。いいえ、お年よりだけではありません。全ての年齢の人が喜ぶサービスだと思います。宅配業者のメール便サービスという強敵がいるなかで、この無料郵便回収サービスという付加価値をくわえてみたら、宅配業者との差別化が出来るかもしれませんね。

midori_windgate at 18:30│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント