2009年10月01日

【青木塾便り】No.16「MR島田」その8

アメリカではマジックの世界でもオリジナリティーがあるかどうかが評価に結びつきます。例えばMR島田は鳩出し演技を日本で初めて公開しましたが、鳩の出し方一つとっても、どこかで見た出し方か、独創的なものかどちらを高く評価するかとなると、たとえ出し方が少々ぎこちなくても、独創的演技をより高く評価すると言われます。
初代引田天功(1979年没)は脱出マジックで日本では有名になりましたが、海外ではあまり評価されなかったそうです。何故か?オリジナリティーが無かったからです。人のコピーでは如何に上手でもアメリカでは評価されません。
演技が終わってMR島田がわざわざ我々のところに挨拶に来てくれました。今から館内を案内しましょう…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント