2018年09月22日

ビュッケブルグ歳時記 187

政治錯誤

 夏休みも終わり学校が始まりました。この国では9月が学期の始まりです。今まで幼稚園に通っていた子ども達が、小さな胸を弾ませて学校に通い始める時なのです。そんな時に今騒がれているのは教師不足、特に小学校の教師が足りないということなのです。
 ドイツでは教育は連邦ではなく各州が主権を持っている体制ですが、今回の小学校教師不足は2、3の州を除いてその他の州で問題となっているようです。その中でもベルリン、デユッセルドルフやケルンのあるNrW州、ザクセン州などでは深刻な状況を呈している様子が報道されています。例えば、ある州で今学期は2千人の教師が必要なのに、集まったのは約半数強の教師で、その他は代用教師で授業をしなければならないという状態のようです。

 何が原因かという問いには、例えばベルリン(この都市は、都市が州権を持つ)の場合は政治の過ちであったと主権を持つSPD(社会民主党)が陳述しています。充分な数の小学校教師を養成しなかったこと。これにはいろいろ理由があるようですが、やはり2015年の大量の難民受け入れによる子ども数の増加を予想できなかったということが大きいということです。これは上記のNrW州も商工業都市の多い州であることを考えると同じことだと思われます。こんなところに難民受け入れ政策の影響が出てきていることに驚きます。

 この資格を持った教師の変わりとなるのが Quereinsteiger(これはQuer=斜め横、とeinsteigen=乗り込む、の二つの単語を組み合わせた言葉で、教師不足対策のために使われるようになったようです。以後Qeとします)といわれる、「斜め横から入り込む」というような意味をもつ人達によって埋め合わせされるのです。

 例えば、45歳の、声楽を専門とする音楽教育を受けた女性は、1年間の準備期間に、授業の理論と実際面の講習を受けた後、Qe教師となり、新入生に算数、国語、一般社会科を教えることになるのです。また地質学者で洞窟研究家である49歳の男性B. さんは5年と6学年生を教えることになったそうです。「自分の授業は時々、従来の授業法からはずれることがあるが生徒はそれに対して却って好意的に反応する。それによって私の学校からの代理授業契約期間が延期されたのが嬉しい」との感想を述べています。
 このQe教師の他に、停年退職の教師に呼びかけて以後も教壇に立つことを奨めたり、師範学校の学生達に「レストランの給仕アルバイトよりも小学下級生に授業しよう」とのプラカードを出しているとも耳に入ります。
 
 このような状勢に対して非難の声が高いのにも頷けます。

 この国は戦後、アメリカからの誘いを断って伝統の教育制度を残し、教育国家としての誇りを持っていたのですから。今回の教師不足問題が、この誇りに大きな疑問を投げかけることになったといえるわけです。
 その声への答えとして、既述のとおり過ちを認めた上でベルリン市の教育庁は次のような次期の目的を挙げています。 特にベルリン市の教育の第一目的は、人種、宗教、教養などによる社会的差別をなくすることにある。そのためには言語修練とか移住者や障害者との共存教育も忘れてはならないとしています。

 そして疑問のかけられるQe教師による教育については「このような教育によって未来の学校は「教育機関であることとともに生活に近い機関になるかもしれない」
と、好意的な見方をしていると読みました。願わくはそうであってくれますように。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月20日

ブログ18-25

パーク24

世界柔道が20日からアゼルバイジャンのバリーで始まります。男女各7回級ですが、2年後の東京五輪にむけて
重要な大会です。
ところでおどろくことに14人中5人がパーク24からです。

パーク24しっていますか。

売り上げ2000億円を軽くこす越す24時間無人時間貸し駐車場タイムズを運営、最近は今急成長のカーシエアにものりこんでいます。

何を言いたいのかって?

実はその昔、ある小さな12,3人の勉強会で、当時売り上げ10億円ぐらいの未公開の時社長の説明会がありました。彼の発想が面白かったので今も鮮明に覚えています。

当時彼女とデートして深夜外にでたら車がなくなつていました。駐車違反で警察にもつていかれたのです。
周りにいくらでも空き地があつたのに、そうです、ぼやくだげでなく彼はこれはおもしろいビジネスになるとピンときたのです。今や成長株のひとつですが、誰も気がつかないところ目が行くところたいしたものです。

PR効果を狙った柔道選手も同じ発想でしようか?


aokijuku at 08:15|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月18日

【From America】「大腸がん検査は45歳から」

colon cancer02アメリカのウインドゲイト緑です。

日本で大腸がんが増えたのは、食事が和食から洋食に変わったからだ、と言われていました。日本とアメリカを比べたら、大腸がんの発生率はアメリカのほうが多いかったのですが、今は世界中、食事は洋食化していますし、食物繊維が少ないとか、腸内環境を整えましょう、など 生活面で気をつけるべき情報も様々あります。それでも後を絶たないのが大腸がんです。

先日のTVニュースでは、過去24年間のデータを見ると50歳以下の若い人達の大腸がんの羅漢率はなんと51%も増えた、ということです。これに伴い、癌の検診をする年齢を下げる必要がある、と警鐘をならしています。
「大腸がんの検査は45歳から」という提案が出ました。

45歳といえば働き盛りの年齢で、ついつい体調管理を二の次にして仕事優先にする時期です。皆さんは、癌検診をやっていますか? 備えあれば憂いなし。ぜひとも一年に一回は健康診断を受けてくださいね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月12日

ブログ18-24

Nリハビリセンター

私がかようNリハビリセンターは8人のスタッフですが皆さん熱心に面倒みてくれます。大したものです。

親会社は350人のスタッフからなつています。始めはガス管の交換業務から始め、ぃまも稼ぎ頭ですが、そのご塾、リハビリセンター、居酒屋とひろげています。

いま迎えに来てくださるY26歳さんは半年まえに、塾の生物の担当で教員免許をもつていて大変しつかりしてたいしたものです。
二人の経営者はどのような考えでやつているのかわかりませんが、スタッフのみなさん、けつして収入が特別良いわけではありませんが、もちろん辞める人もいますが、うまくやつています。

底辺には独立を考えでやつているのかわかりませんが、私だけでなく、みなさんたいしたものといいます。

この世界将来性あるとみているのしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月11日

【From America】「窓拭きがスーパーヒーロー」

窓拭きスーパーヒーローアメリカのウインドゲイト緑です。

子供達は漫画やTV、映画に登場するスーパーヒーローが大好きです。ハロウイーンの時にコスチュームを着て楽しんだり、映画を観に行ったり、友達と公園で走り回ってスーパーヒーローになった気分を味わったり、様々な楽しみ方があると思います。しかし、病気で入院している子供達には、その様なことがなかなか出来ません。

そこで、なんとビルの窓拭き会社の粋な計らいで、子供病院の病室の窓を拭く時にスーパーヒーローのコスチュームを着て、窓の外から患者である子供達に手を振ってあげるサービスを始めました。子供達の喜びは想像が出来ると思います。ビルの屋上から吊るした安全対策の箱に乗っての登場ですが、病室から見る子供の目には、スパイダーマンがビルを上ってきた、バットマンが屋上から舞い降りてきた、と思うことでしょう。

窓を拭く仕事をするだけでなく、こんな形で病気の子供に夢を与えてあげるのは窓拭き作業員も嬉しいでしょう。そして何よりも子供達に病気と闘う勇気を与えてくれることと思います。素敵なアイデアですね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント