2018年01月27日

ビュッケブルグ歳時記 171

日本での印象

 年の初めを日本で過ごしたのですが、今回受けた印象は「日本は、世界一富んだ国!」でした。食 については以前から豊かさに目を見張っていました。
衣 も大方の人が高級に装っていると思いましたし、住 も高層建物の林立だけではなく、個人のマンションの豪華さにも驚くばかりでした。

 このように発展した日本に感嘆し、国民が満足している理由も納得出来、それが政治に対する充足感とイコールなのかもしれないと思いました。
 ですが、いわゆる里帰りのわたしにはどこか肌触りが違う感じもあったのです。
 
 ある朝、教育問題を取り上げていたTV番組を見ました。地方の或る中学校で行われ始めた授業方法を紹介する内容でした。その内容を簡単に書き出してみます。授業開始に当たって、担当の教師は、今日の授業は僕はしない。生徒の君たちが自分たちで考えて、話し合って、結論に持って行く形の授業をする。課題はこれこれ、と伝えた後、生徒の考えを主体にした形式の授業が始まりました。アクテイブ・
ラーニングと名付けられていました。教師はその間、生徒一人一人の様子を観察し、点数を付けていました。
 その後、この授業形式についての専門家の話があったのですが、その中で興味をひかれたのは、「思考力が薄い」とつけられた生徒の成績について、母親が、この力を大きくすための方法を知りたいと要求した所、教育相談の専門家が「家庭での話し合いを多くすることも一手段である」と答えていたことでした。

 この授業型は、前にお伝えしたドイツで行われているプロジェクト授業と同じ型で、日本ではこの型を「終尾から始めている」のかな、と思ったのです。理由は「話すことの重要さ」が最後に、学校からではなく相談員から指摘されていたからです。家庭での話し合いが、生徒の思考力向上に適切だということは、話すことの重要性に繋がることです。相談役が云うことを何故学校は率先して教えないのかが疑問になるのです。家庭だけではなく学校でも話すことを授業とするべきではないでしょうか。このような点を知ると、上(文部省)と下(教室という現場)の連結不備を見せられたように思えるのです。
 また、この授業形式が未だ試行の段階にあるということも残念に思われました。

 ここから、現在、注目されているドイツの教育法を思い出しました。
 Kooperatives Lernen と呼ばれる方法で、「協力して学ぼう」とか「共同で学ぶ」という意味です。
 この形式はカナダ人のグリーンが最新的な教育法として考慮したもので、学校教育だけで終わる勉強ではなく、生涯を通じてためになる勉強法として築かれた方式ということです。学校での成績が良いということが良い仕事を見つけることに繋がることではないし、社会的能力を持った人とか、グループの一員として物事を処理する能力を持った人の方が、仕事の上での成功が予想されるとの考えが基本となっている教育法です。
 以後この方式について折りにふれお伝えしたいと思っています。

 ここから、この国では学校教育がその後に続く職場を考慮に入れて考えられていることがわかると思います。既述のように、学校は決して学びだけの舎だけではなく、職場を考慮に入れた人生の舎と考えられているのです。
 こんなことが肌触りの違いとして感じられたのかもしれません。


aokijuku at 14:50|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月24日

2018-2

レイ.クロツクはマクドナルド創業者で有名ですが、52歳でこの世界に入りました。

その時糖尿病と関節炎を患い、胆嚢の全てと、甲状腺の大半を失っていたと言うからおどろきてす。

我が家から車で、6,7分のところにマックがありますがまえをとおると大変混んでいました。

5歳違いの弟ボブは勉強熱心で医療研究に携わる大学教授となりレイとの共通点はなにもないそうです。

100円ショップダイソウの社長も二人の兄かいて、ふたりとも医師になったそうです。

レイもダイソウも勉強ばかりしているとこうはならなかつたとおもいませんか?



aokijuku at 12:06|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月23日

【From America】「ダッシュボードに気を取られて」

ダッシュボード01アメリカのウインドゲイト緑です。

交通事故の数はいつまでたっても減りませんね。原因は様々ですが、運転手の注意が運転だけに集中していない時の一瞬に事故は起こることが多いようです。

最近の交通事故の原因の槍玉に挙げられているのは携帯電話ですが、実はそればかりではない、ということが調査の結果で分かりました。それはなんと車自体に搭載されているダッシュボードに問題がある、という結果です。

昔の車のダッシュボードには様々な計器があり、エンターテイメントとしてはラジオだけだったと思います。しかし、最近の車の計器はデジタル化され、ラジオ、CD サテライトラジオ、TV、ビデオ(走行中は画面が見られない工夫がされている)は勿論、GPSは道案内には欠かせないものになっていますが、その操作はインターネットの画面をみているのと同じか、またはもっと複雑です。電話やEメールを音声で伝えたりしてくれて、携帯電話を使わなくても良くなり、事故が減るかと思っていましたが、その操作のためにダッシュボードに目をやる時間が長くなり、結果としては携帯電話を使っていなくても、事故に繋がることになる、という調査結果です。

ダッシュボード04確かに、便利さと安全性、エンターテイメント性を持たせる車内の快適さと事故を招く確率、これらはなかなか全てを満足させることは難しいのでしょうね。
これらを解決するのには、自動運転の車の更なる開発と実用化が急がれることになるでしょうか? そうすれば、貴方の車の車内はくつろげるリビングスペースになり、知らない間に目的地にたどり着いている。そんな日が早く来るようになれば、このインフォテイメント(インフォメーションとエンターテイメントの造語)問題も解決されるでしょうね。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月16日

【From America】「コカコーラの新たな取り組み その2」

スラッシーアメリカのウインドゲイト緑です。
前回に引き続き、コカコーラ社の新たな取り組みの話題です。

アメリカでは肥満問題、ソーダ税などで、健康志向の強い人達の間ではソーダ離れが進んでいるようです。といっても、まだまだ大多数の人はハンバーガーとフライドポテトにコーラというセットメニューには目が無いようですが。

そこで、前回は大人達に向けての対策として、創意工夫を加えた新たな取り組みを二つご紹介しました。しかし、残るのは子供達です。健康志向の親は子供にソーダを飲ませたくないと思って、自宅では制限していることが多いでしょう。しかし、子供達が目を見張る、わーっと喜ぶパフォーマンスがあれば、子供は欲しいとねだるでしょうし、親も今日は特別な日としてOKを出してくれることもあるでしょう。

そんなパフォーマンスとは、アメリカのNASAの技術を駆使して作ったという機械で、目の前でコカコーラ製品の飲み物があっというまにシャーベットに早代わりするというものです。日本でもスラーピーという名前をご存知の方もいると思いますが、「炭酸 X シャーベット」みたいなふわふわの炭酸飲み物(シャーベット)なのです。今までもこの飲み物が無かったわけではありません。しかし、写真のように普通の冷蔵庫から好きなコカコーラ製品を取り出し、あの細長い機械の指定位置にその飲み物を置くだけで、あら 不思議! あっという間に炭酸飲料がシャーベットに変身してしまうのです。

消費者を飽きさせない創意工夫を常に考えていないと、新し物好きな消費者は直ぐによそに目を向けてしまうものです。味や入れ物のデザイン、宣伝方法など色々気を配っていても、時代と共に変化する世の中に対応していくことが必要なのだと感じました。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月13日

ビュッケブルグ歳時記 170

Integration


 新年、お目出度うございます。
今年は某国の核実験問題、環境問題、エルサレム問題等々問題の多い年のようですが、世界中の人々の努力によって良い方向の解決に行き着けるよう願っています。
 今年もわたしの目でみたこの国の様子を、皆様にお伝え出来ればと思います。努力しますのでどうぞよろしくお願いいたします。


 今のドイツでは Integration (融和統合、と辞書にあります) というコトが大きな課題となっています。ご存知のように9月の選挙後ジャマイカ連党が不立となり、現在、再びの大連党が閣議されている状態です。ここで大きな問題になっているのが難民問題で、CDU・CSU(キリスト教民主同盟)の制限政策に対して、SPD(社会民主党)は無制限の難民政策を主張しているのです。両党間のこの大きな支持政策の違いを融和に統合する努力が現在話し合われているのです。この両党の譲り合いも、少し無理があるかとも思いますが、Integration と云ってよいかと思うのです。そしてその後には、難民をどのようにこの国との融合に導くかという難問題があるわけです。
 日本には難民受け入れ問題がないので、Integration という言葉を新聞で読むことがあまりありません。もしかしたら共存という言葉がこれに変わるものかとも思います。


 話が飛びますが、昨年の春にポルトガルに家族旅行をしました。家族とは、娘とその夫クレメンス、クレメンスの兄とその妻クリスタと息子、この兄弟の両親、それにクリスタの母親とわたしの計9人です。
 子ども達が、寒くも暑過ぎでもない南国での5日間に、わたしたち両親を招待してくれたのです。娘たちの結婚後、20年経ってのことです。
 これまでも、折りに触れ、向こうの両親と会う機会はあったのですが、何かを話し合うなどの時間もきっかけもないままでした。一ケ所、例えば何かの祝賀会などの出会いでは近くに座った人との会話に制限されるように思うのですが、旅という機会は、対等に誰とでも話すことが出来て、反面、個人の自由も作れるという、とても良い方法だと思いました。そして、この機会に娘の家族との融合を与えられたという、強い印象が残ったのです。そしてこの経験が先回のブログの基礎なのです。
 又よく考えてみると、このような機会を与えられたということは、クレメンスと娘、すなわち次の世代との接触がスムースであることから得られたのかもしれないと思い娘夫婦に感謝しています。融合は一方からだけでは成り立たず、双方の努力が必要だと思うからです。
 これが、わたしに与えられた個人の小さな家庭内のIntegration なのです。 


 上記の、共存という言葉は日本の新聞でよく読みます。例えば某大学のモットーが「共存を考える人物育成」などです。この考えはとても重要で大切なことだと思います。これは機構を少し大きくした Integration ではないでしょうか。共存は融合の上に建つものだと思います。
 そして没頭にあげた困難問題や、英国のEU 離脱 は機構がもっと大きくなった困難問題です。これらの難問を解決するには世界の国々の融和統合精神が必要なわけです。融合は平和の基礎だとも気づきます。
 今年が世界中で共存に力を入れる年になるように願っています。


aokijuku at 11:49|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント