2019年05月25日

ビュッケブルグ歳時記 203

オンライン陳情


 4月の末から5月の初めにかけてはこの国ではAbiturの季節です。Abitur(以下Abiと略す)とは高校卒業と大学入学資格試験を意味し、日本の大学入学試験に相当するものです。そして、2008年にはこの試験に受からなかった生徒数が3、4%でしたが、2017年には4、5%、昨年は5、5%と不合格者が増えているのが、余り明るくないこの国の教育現状なのです。


 そして今年は、その上に標題のような椿事が起ったと報道されました。これは、Abi に出された数学 の問題が難し過ぎたと、試験日の翌日、わたしの住む州の約9000人のAbi 受験生が、教育省に対してオンラインで請願を提出したのです。これに続きブレーメン、バイエルンその他の9州の受験生達も今年のMathe. の筆記試験問題 は難し過ぎたことと、長過ぎて時間切れになったことを訴え、教育省に善処を望むとの陳情をしたとのニュースが報道されたのです。  


 ここで思い出していただかなければならないのが、この国では教育は各州に権威があるということです。
 Abi 問題は、義務問題と選択問題に分けられ、義務問題は州の区別無く全国で同じ問題を解く。選択問題は各州で独自の問題が出題委員会によって作られるのです。
 7日の20時のメイン・ニュースの中では、女子生徒のS.さんが「わたしは今まで数学に関しては問題が無かったのですが、Abi. の選択問題は解くことが出来ませんでした。今までに習ったことがないような気もしました。ですからMathe で良い点数をとることは出来ないと思い、残念です」と訴えていました。
 またN. 州のある数学教師も、今年の出題問題に関して「わたし自身も、教え方も解き方も難しいと思える問題で、この問題を解くことでその生徒の成績(能力)を計ることには大きな疑問があると思う」との感想を漏らしています。
 

 この他に下記のような批判や、対策などの情報がメデイアを賑わしています。
 今回の問題は、授業で教えたこと以上に高度の数学的思考力が要った試験問題となった事から、問題を造る教師の養成が必要である。
 ある新聞は、Abi. 試験の問題は各州同一だけではなく、全国一律にすべきだとの
コメントを出していました。これは、昔のこの国では、教育に関しては各州が高権を持って、それぞれ好きなようにしていたことからの思惑なのです。例えば学校制度さえ各州で違っていたので、父親の転勤で違う州に引っ越した子どもが、行く学校が無い、という状態もあったという事からの気遣いなのです。そして、Abi. 試験問題も各学校がそれぞれの異なる問題を出題していたのも、そう昔のことではないのです。これは、バイエルン州の、州同一出題のAbi. 成績が優秀という結果から、改善されて他の州も同一となったのです。この改革がなされたときに、同一問題に良い成績を取るには、マルバツ形式となるので、考える教育には良く無いというコメントがあったのが記憶に残っています。
 もう一紙、ベルリンの新聞に、OECD(欧州経済協力機構)の長が、「今回の問題解決には、易しい問題をAbi. に出すことを考えるのではなく、数学の授業法を良くすることが必要だ」「ドイツの学校でのMathe 授業は死んだ授業で、計算処方を
広く、浅く教えるだけであるが、日本の数学授業は教師の出した問題の答えを出すために、生徒全員が取り組む活きた授業だ」と載っているのを読みました。


 これ等の反応を読むと複雑な、いろいろなことを学ばされます。OCDE 長の見解は、日独の数学授業法を取り違えているのではないかと思わせられたりもします。実際の授業に無関係の者の云うことかもしれませんが。


 強調したいのは「数学の出題問題が難しすぎた」と、教育省に請願をする自己主張勇気なのです。Abi. をとる年齢は18歳前後で、この国の成人年齢の若者達です。生徒でも、一人の人格を持った人間として振る舞い、応対されるということに感心するのです。
 N. 州の教育大臣は点数を緩和するか否かは、6月になって全成績を見てから善処するとの答えを出しています。


aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月23日

ブログ19-21

ジャパンアズナンバーワン

1967年から2000年ハーバード大学教授のエズラボーゲルは79年に日本型システムの長所を説いたジャパンアズナンバーワンがベストセラーになりましたが、ニューヨークでかれの話を4大証券代表で聞く機会がありました。

ハーバード大学の出版ですと2万部も出れば売れた方になりますが彼は初めからターゲットを日本におきました。翻訳者をハーバード大学留学された私の山一1年先輩のk社員の姉妹にしました。
たまたまkさんからきいていたのでしつていました。
翻訳本も日本からです。確か30万部以上売れたときいています。

雅子さまについて、ハーバード大学でかれが担当した日米交流事業に参加された。

とても真面目で優秀な国際人で非常に良い国の象徴になると思う。


aokijuku at 10:35|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月21日

【From America】「クレジットカードの最新読み取り方」

アメリカのウインドゲイト緑です。

クレジットカード今回もまたクレジットカードの話題です。
クレジットカードといえば、機械が情報を読み取る時に「スワイプ」と呼ばれる形で磁気が付いている部分をスライドさせて使っていました。しかし、それは安全性が乏しい。情報を盗まれにくくする為に、チップを組み込む方法が出てきました。今度はカードを「インサート」と呼ばれる形でチップが付いている部分のカードを機械に差し込むようになりました。

皆さんのクレジットカードにチップが付いていますか?
これで安心、これが最新のクレジットカードだと思っていると思います。
ところが、最近 アメリカではクレジットカードを「ただ かざすだけ」という読み取り方法が出てきました。カードの裏にスピーカーを示すような印が付いているカードはこの方法が使えます。

なぜ、こんな方法が出てきたのか? と考えましたが、どうやらアップルペイなどスマホ決済が増えてきて、携帯電話をかざすだけ、という方法が定着してきたのでクレジットカードも「かざすだけ」になってきたようです。

クレジットカードの世界はどんどん進化して来ました。
便利なクレジットカードですが、安全に使いこなしたいですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月16日

ブログ19-20

伊勢神宮

伊勢神宮の五十鈴川をわたるとますます神秘な雰囲気につつまれます。
50年前に行ったきりですから,かすかな記憶しかありませんが忘れることはありません。

何回もご紹介するリハビリセンターの95歳のkさんからまたまたおききしたことをごしようかいします。

神秘的な雰囲気どころかあそこには、日露戦争の戦利品がずらりと並んでいたそうです。
日米戦争の終結をそのロシアに頼んでいたとは呆れるばかりとkさんは言っています。

いつも背筋をピンとしたしせいのkさんには毎回教わること多々あります.


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月14日

【From America】「女性は貴重品を何処に?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

携帯電話が普及して、携帯電話無しでは暮らしていかれない、という人が多いそうです。こんなに身近な携帯電話は肌身離さず持っていたいですよね。男性は上着のポケットに財布や携帯電話を入れることが出来ますが、女性は服装にもよりますが、ポケットがたくさん無い場合も多いでしょう。女性はハンドバッグを持っていますので、財布や携帯電話はバッグの中に、というのが普通でしょう。

女性の携帯保管01でも、映画などで見るように、パーテイーに行って男性にダンスに誘われたらどうしますか? 大きなハンドバッグを持っていては踊れません。バッグを座席に置いて離れるのは心配です。人によってはパーテイー用の小さなバッグを手に持って踊っている人も居ますが、殆どの人は何も持たずに踊っています。
貴重品はどうしているのでしょう?

女性の携帯保管02先日、ドラッグストアーで写真のような品を見かけました。女性の太もも辺りにつけるバンドのようなものです。巨大なガーター・ベルトを想像すれば良いでしょうか? ここに、クレジットカード、鍵、または携帯電話も挟めます。という物です。こんな女性兵器があったとは知りませんでした。男性と優雅に踊っている女性のロングドレスの中にはこんな仕掛けがあるのでしょうか?
どれだけ実用的か? は私が実際に使ったわけではないので分かりませんが、ちょっと面白い、しかし実用的ともいえるものですね。

アメリカでは女性の携帯電話の保管場所として、ブラジャーの中に入れている人を時々見かけます。ポケットが無くて困っているから編み出した策といえそうです。日本の男性はズボンのベルトに携帯電話ケースを取り付けたりして、上着のポケット以外にも様々な携帯電話保管場所がありますが、女性はなかなか身に着ける良い携帯電話ケースがないのです。

携帯電話をブラジャーから取り出したり、太ももから取り出したりしなくても良いように、女性用のお洒落な携帯電話保管方法があると良いですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント