2021年01月09日

ビュッケブルグ歳時記 240

Das Superwahljahr (スーパー選挙の年 )2021年 !

 ワクチンの接種が始まり、徹底した Lockdown が1月の終わりまで続くということで今世界中に蔓延っているパンデミーも人間が征伐できるという段階になり、ドイツでは前年のコロナ被害から抜け出す方法が勢いを得て詮索されています。ちょうど今年、2021年が、連邦制度のこの国では数多くの選挙が行われるということもこの兆候を煽っているのかもしれません。

 パンデミーの後始末や、これからの政治方向を決定する選挙として非常に重要視されている6つの州議会、2つの地方選挙、そして16年間のアンゲラ・メルケル首相の引退となる11月の連邦議会の選挙について簡単にお伝えしてみます。

 まず1月半ばにCDU (キリスト教民主同盟党)の党首の選挙が行われます。三人の立候補者があり、ここでの当選者は11月の首相立候補者の一人となり得る。
 3月には2州の選挙があり、ここでの注目はみどりの党が野党から与党へとの飛躍を望んでいることで、女性の党首立候補者は若い東独出身者。男性党首も若い政治家。このみどりの党の野心を見ると、ドイツの政治の若さに感心します。
 対コロナ政策で民主主義が云々されることになっている現在ですが、議員に女性の多いこと、年齢の若いこと、出身地方を問わないことなど、平等という点でも民主主義に近いことが目につき、この国の政治は本当に民がしているという感じがあるのです。 

 そして11月の連邦議会の選挙となり、上記の通りメルケル首相の引退となるのです。2020年の大晦日の市民に対する首相のTV新年挨拶でも引退を述べていましたが、彼女の引退を惜しむ市民が多いだろうとの情報が多く耳に入ります。
 2005年11月に東独出身の若い女性が、ドイツ初めての女性首相として、世界でも上位の工業国家の首相としての地位につき、ドイツが ヒットラーの時代を後にしてNeutrum(中性的国家)であることを世界に知らしめた首相であることを称賛する市民が多いのです。  
 そして次には恐慌救済マネージャーとして、経済、EU恐慌、ギリシャ問題を解決してきたのです。
 次に彼女を襲ったのは避難民の救援事業で、彼女の政策に反対も多かったということですが、彼女の態度がある時は保守的であり、ある時は社会的であり、ある時はリベラルであることから、キリスト教的人間像が浮き彫りにされて、国内だけではなく世界の国々からの、時間をかけての同意を得られたと解されているのが今だと言ってよいと思います。
 これで終わりではなく次にはSara-CV-2が来たわけですが、この病害についての彼女の態度も、信用のおける、期待のもてる、真面目なもので、その中には皮肉な影や効力を欲しがる意図が皆無だったことで国民の信用を得たのです。

 ここで一つ、知ったことをお知らせしたいと思います。
 連邦議会の選挙を終わっても、与党の連合(Koalition)などが成立しない場合の過渡期が発生した場合には、基本法の69条の3条に、「新政権が確立するまでは、選挙前の首相と議員は新政権確立まで、それまでと同じように仕事を続けなければならない。ただし首相の権利は持てない」との条項が記されているそうです。
 新首相が絶対的票数を獲得できないことになればメルケル首相が在籍することはできるのではないかと、わたしのような素人は思うのですが、よく考えてみると首相の権限なしでは無意味であるわけです。でもこれほど彼女の引退は惜しまれているのです。

 このように、コロナ感染者が大幅に減っているわけでもないにもかかわらず、新年、未来への抱負を大切にしているドイツです。


 あけた今年が日独両国にとってことさら良い年になることを願いつつ・・・ 

aokijuku at 10:58|この記事のみを表示コメント(0)

2021年01月05日

【From America】「Happy New Year」

日本の皆様 明けましておめでとうございます。
アメリカのウインドゲイト緑です。
今年も From America をよろしくお願い致します。

皆さんはどんなお正月をお迎えになりましたか?
昨年は誰もが想像しなかったコロナウイルスのお陰で、世界中が大変なことになりました。皆さんのお心の中には「2021年、今年こそはワクチンが皆さんに行き渡り、元の生活が戻ってきますように」という祈りがあると思います。
正に、人類とウイルスとの戦争と言っても過言ではない状態になりましたね。

皆さんは三密を避けるというニューノーマルの生活になれてきましたか? アメリカでは、マスクを付けることやハグやキスをしないことには慣れない人が多くて、クリスマス時期にはハラハラしながらアメリカ人の行動を見ていました。人間、はやりそんなに簡単に習慣を変えることは出来ないものなのだなあ、というのが私の印象です。

アメリカでは既にワクチンの接種が行われていますが、一般の人に行き渡るのにはやはり時間がかかるようです。それまでの間は、昨年同様に手洗い、マスク、ソーシャルデイスタンシングを守る以外に方法はないようです。

コロナ - コピーお正月のメッセージはやはり何と言っても、「皆でこの困難な時期を乗り越えましょう」ということのようです。あと一息、というところまで来ています。
どうぞ皆さん Please Stay Safe!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年12月29日

【From America】「今年1年 有難うございました」

アメリカのウインドゲイト緑です。

暮れも押し詰まって来ましたが、今年1年 From Americaをお読みくださり、誠に有難うございました。

今年は本当に予期せぬコロナウイルスの蔓延で、世界中がすっかり生活を変えざるを得ない状態になりました。こんなことが起こるなんて、誰が想像出来たでしょうか? エッセンシャル・ワーカーといわれる医療に携わっている方々や、必要不可欠な職場で働く人々に心から感謝申し上げます。皆さんのお陰で私たちの毎日の生活が成り立っているのですから、幾ら御礼を言っても足りないくらいです。コロナウイルスはいつ、どこで、誰が感染してもおかしくない物ですから、私たちに出来るのは良く手を洗い、マスクをして、ソーシャル・デイスタンシングを守る、三密を避ける、それ以外にはないのでしょう。

アメリカでは、11月のサンクスギビングやクリスマスという大きなお祝い、家族や友人が集まる時期に、集まれないことが残念だという人が多かったのですが仕方がありませんね。私のアメリカ人の友人が9・11の後に言っていたことを思い出しました。9.11の場合はコロナウイルスとは違いますが、自分の家族や親しい友人が思いもかけない時に急に居なくなってしまうかもしれない、という恐怖には共通する点が多いと思います。アメリカでは、ハグをしたりキスをしたり、ということが挨拶で日常茶飯事に行われていました。でも、今はそれも出来なくなり、言葉で愛情を表すことが以前よりももっと重要になってきたと思います。
友人は、家族が出かける時、電話を切る時、必ず「I love you」と言うようにしている、と言います。また会える、と思っていても、また会える保障は無い。万一の時に、何故 愛していると言っておかなかったのか。愛していると伝えたかった。と後悔しないように、必ず言葉で伝えるようにしている、と言っていました。以前のノーマルは消え去り、Newノーマルの生活になっている現在ですが、コロナウイルスが蔓延していても、いなくても、大切な人に「愛している」ということをきちんと言葉で伝えることは、必要なのだと思います。皆さんも、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、言葉に出して言ってみましょう。きっとお互いに嬉しくなると思います。

I love NYどうぞ良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致します。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年12月26日

ビュッケブルグ歳時記 239

2020年

 Covit19, Homeoffice, Corona, Brexit Chaos, Desinfektion, Lockdown Light、Stay-home などが渦巻く年、2020年も終わろうとしています。

 「この国の通報機関は、今年は特にコロナの危機を報道しなければならなかった場合が多かったが、ワクチンも売り出されている今、それを振り返ると、来年我々を待っているのはここから抜け出す方法を考えなければならないということである。今年、ジャーナリスムで活躍していた人々に彼等の未来 ➖ パンデミーは終わったと報道されたとき ー に対する抱負や意見をインタービューした時のことを掲載する。それを読んだ読者がそれぞれの考えを作る助けとなることを願っての記事である」との注意書きがある新聞記事が目に入りましたのでお知らせしてみます。

 例1 46歳のイラン出身の女性ジャーナリストで、裏の社会に生きている人たちと話し合って、その情報を発表することで有名です。例えば避難民を収容しているMoria というギリシャの島での悲惨な火事事件や、こちらで”つむじまがりデモ” と呼ばれるマスク着装 反対デモをする人達などの意見を聞くことから、 皆が人の意見をよく聞き、裏にある情景を知ることは、それが支配する世間があることがわかる。世の中の多義性を知ることとか、情景の裏にあることを知ることは、それに対して敵意を持つことや人種差別主義を理解し、そこからこれらを廃止しようとの精神が養われると考えるのを元に報道を行っている」というのが彼女の報道精神だということです。

 例2 コロナヴィールス発表以来、TV での毎日の報告は、ハンブルグにあるRobert-Koch-Instituts (1843生の細菌学者で、1905年に結節病とコレラの療法でノーベル賞受賞)の館長である、獣医であり流行病専門家のW. 氏です。
コロナが蔓延して、感染者が多くなった時には彼の報告に不満が寄せられ、公的
な場所への一人歩きが禁止された時期もあったのですが、彼はドイツ国民の持つ一致団結精神と、病魔に対する抵抗精神と知識を確信していると言って、来年のコロナ退治には希望が多いと、どちらかと言えば楽観的見方が強いようです。

 例3 は、Igor Levit というロシア生まれのユダヤ人で(ドイツ移住)、彼はピアニストであり、Aktivist であり、知性派でもある33歳の男性です。
 2020年はベートーヴェンの年ともされ、彼の弾く、全ピアノソナタは今年最高のクラシック全集だとされています。それと同時に、12月の初めにはA29が建設されることに反対する人々の支援のために騒音が止まない森の中でコンサートを行い、このことが例えば Freidays for Future や Greenpeace の今後の活動に役に立つと思うことからの支援だと、Aktivist としての行動も怠らない政治運動家なのです。彼が強調しているのは、あるグループの人間を、下の階級の人間だと区別する人間がいる社会は最低だと言っています。そしてこの国もこのドミナンツ文明国(優勢文化)であるとして、自分はこれに抵抗する行動をしているのだと言っています。

 年の終わりに当たって、未来を思うのは希望の繋がりのような気がしたので取り上げてみました。一読者としてわたしが気づいたのは、来年だけではなく、これからの地球住民の目標は、もしかしたら「共生」とか「共存」ということかもしれないと思ったことです。
 共生を辞書で引いてみたのですが、(マメと根瘤バクテリアのように)二種の違った生物が一緒にすむこと とあります。
 例1と3の方達の目的は社会を平等にしようということで、今の世界は人種をはじめ、経済、環境、能力、など全てに差別があるので軋轢が多いのなら、共生することで差を小さくすれば平和になるように思われるのです。
 ドイツに住んでいるとこの国の多様さに驚かされることが多いのです。わたしの住んでいる小都市でも、道ゆく人だけではなく住民も肌の違った人の多いことに慣れてしまいました。
 いずれかの日に、地球上の陸には国の区別がなくなり、様々な人たちが様々な様子で平和な生活を営むということは望めないことなのでしょうか・・・

 皆様、良いお年をお迎えください。
 わたしのプログを読んでくださる方々に心からの御礼を!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年12月22日

【From America】「サンタクロース」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは何歳になるまでサンタクロースの存在を信じていましたか? 良い子にしていたらサンタさんがご褒美にプレゼントをくれると信じてやまない子供たちは毎日クリスマスを楽しみにしています。サンタさんにお手紙を書く、という習慣も定着していて、アメリカの郵便局には「サンタさんへの手紙」を入れる箱まで用意されています。郵便局の人がノースポールに居るサンタさんまで(切手も貼らないで)貴方の手紙を届けてくれる、ということになっています。
クリスマスツリーさて、その沢山届くサンタさんへの手紙はどうするのでしょうか?
それぞれのご家庭では、パパやママが子供の願いを良く知っていますから、思い通りのプレゼントが届くように手配して、「サンタさんが来た」と子供を喜ばせるのです。しかし、恵まれない子供達には、その声がサンタさんに上手く届かないこともあります。そんな時、郵便局には善意ある無名の人が、誰にということなくおもちゃを寄付する箱も用意されています。今年はコロナの影響で、いつもとは違うクリスマスになりますが、アメリカの郵便局って素敵な場所ですね。子供にはロマンを与えてくれ、大人には善意のプレゼントを寄付する場所を与えてくれる、そんな場所です。来年はいつもの郵便局が戻ってきますように祈るばかりです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント