2020年01月25日

ビュッケブルグ歳時記 219

出現した奇妙な情景


 先週、首都ベルリンの街路は奇妙な様相を呈出しました。農業省の近くに400台に及ぶトラクターがビッシリと並び、トラクターの通路となる道路は普通の車は交通止めになっていました。
 そしてこのトラクター行列と、毎年ベルリンで開かれる「緑の週間」と呼ばれる、健康食を勧めるため会がある日、同じ日となったのです。
 この展示会は、土産の食物やチーズやビールを展示奨励した後、訪問者に味見をさせる産物展示及び試食会という、訪問者にとっては魅力的な会なのです。そこから「中はチーズとビール!外は百姓デモ!」という政治風刺とも見える奇妙な街路風景が出現したというわけです。
 「緑の週間」展示会には70以上の国がその国の代表となる産物を展示し、40万人ほどの訪問客があるということです。

 トラクター団出現の理由は、昨年9月に政府から出された「農業改正政策」に対しての反対デモなのです。ですからベルリンだけではなくその他の大都市を始め、小さな村からでも、新しく出された政策に反対の農業関係者は一団となって、徒歩では足りないとしてトラクター大軍・デモンストレーションとなったのです。

 新しく出された農業政策の主な項目は「動物と昆虫の保護」があげられ、殺虫剤として今まで農地で使われていた GLYPHOSATという薬の使用を2023までに完全禁止にする。この薬は草の中で生きる昆虫を殺し、人間には癌の病源をもたらすとされていることが大きな原因とされています。昨年あったドイツの製薬会社バイエルン社対米国のモンザント社との争いを思い出す方も多いと思います。また蜂の数をもっと多くするために努力するこの国の情景は、ブログでお知らせしたと思います。
 また肥料のやり方について出された制限にも誤算があり、政府のやり方は農業者にとって概算だけを言っているようで、抗議せずにはいられないとのデモへの意見もあるようです。このような農業を続けていれば、我が国の農産物は高額となり、南米からの輸出が多くなり、これは不健康な食物や遺伝因子改良植物が入ってくる可能性も強いことになるわけで、それでもよいのかなどを、日ごとに規模を大きくしている反対デモへの意見としてあげています。 

 食物の価格高価化には連邦食品農業大臣K . 氏(女性で、学生時代に「ドイツワインの女王」として選出された経験があるということです。実を言うと、すらりと、ファッションの洋服で装った綺麗な女性は農業大臣には似合わないような気が、わたしにはありますが?!))も考慮に入れているということです。ドイツ国民は一人当たり、一年に平均75キロの食物を必要とするので、生産物価が消費価格より低い場合などには、農業者の採算が合わないことにもなり、考えなければならないと言っています。
 またメルケル首相も「お百姓さんたちは社会的にとても重要な役目をしている人たちである」と発言し、農業改革は彼らの声を聞きつつ共に良い方向に向けたいとの意見のようです。
 これに対し、野党からはそれぞれの反対意見が出ているようです。例えばみどりの党は補助金の分配について、大企業農業と個人農業者への分配率を考えるべきであると指摘しています。

 「中と外が相い入れない奇妙な街頭情景」も消えた今、健康な地球上で健康な農業が営まれる国になってほしいと願いつつ・・・




aokijuku at 10:02|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月23日

ブログ 20-4

認知症

認知症専門の医師が認知症になり、その現実が放映されましたが厳しいものです。90歳の方でいずれ皆行く道ですが専門家も関係ないですね。

リハビリセンターに通っているだけに比較してしまいます。
何回も紹介している95歳のkさんはその点じつにしっかりしています。動作は95歳なりにスローですがお話していますとひきつけます。

考えかたが前向きです。姿勢も背中をぴんとしてたいしたものです。

80半ばまでゴルフを趣味としていたとのことですがかれとプレーすると和むのでしよう。
90歳の医師よりはるかに若々しいです。

シベリア3年間の話は実に聞かせます。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月21日

【From America】「アレクサ、プライバシーは守られるか?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アレクサ日本のTVコマーシャルでもおなじみの「アレクサ、。。。。して」というコマンドに答えて、何でもしてくれる便利なものが登場しました。
皆さんの携帯には「ヘイ、Siri」で始める音声入力が出来るのではないでしょうか? AIは本当に賢いです。

こちらが決まったコマンドで話しかけない限り、おとなしくしていますが、一旦 話かけるとあっという間に回答を探し出してくれます。
しかし、これは一方通行ではなくて、両方通行であることから、呼びかけない時にも家の中の会話や携帯電話をそばにおいているだけで、全ての会話をAIが聞いているのではないか? プライバシーはどうなっているのか? という懸念が出てくるのもわかりますよね。

そのあたりを詳しく聞いてみたいものです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月16日

ブログ20-3

Nリハビリセンター

長津田のリハビリセンターに通い始めてはや2年たつのですがこのセンターはなかなかよくできてます。

450人のスタッフがいるのですが、そもそもスタートはプロパンガスの交換からスタートしましたが今もメインのひとつです。
リハビリセンターは県内各地15あつてスタッフは8人前後通う人たちはおよそ25人.はでさはありませをが確実にのびています。学習塾もあります。飲食店もあります。とくべつに給料がよいわけでもないようです。

しかしかよつている皆さん、スタッフの質のよいことをほめます。さぜよいのか?まだよくわかりませんがとにかく
かよう日を楽しみにしています。
スタッフの質が良いとかよう人達のレベルもあがります。お話からいろいろ学ぶことがあります。

これからさらにどう発展していくのか期待したいです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月14日

【From America】「アルツハイマーは脳の炎症」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アルツハイマー病はいまや世界的な問題になっています。高齢化が進む日本でもアルツハイマー病の人が増えることが予想され、どうやって予防するか? ということが話題になります。

アルツハイマーは脳のある部分が萎縮するということは分かっているようですが、では何故? 萎縮してしまうのでしょうか?
アメリカのニュースでは、infection=感染によるものだということが分かったようです。しかし、まだ、どんな感染なのか? どうしたら感染しないのか? 真では分かっていません。しかし、予防することは出来るのではないかと考えています。そのキーワードは以下に示すとおりです。
アルツハイマー
S sleep (睡眠H handle stress (ストレスの管理)
I interact with friends (友達との交流)
E exercise (運動)
L learn new things (新しいことを学ぶ)
D diet (ダイエットとは痩せることではなく、食事の管理)

だそうです。

これをするだけで60%もアルツハイマー病になる確率が下がるというのですから、やらない手はありませんね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント