2022年10月18日

【From America】「台風とハリケーン」

アメリカのウインドゲイト緑です。
秋ともなれば台風のシーズンですね。日本も次から次へと台風がやってきます。台風の被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

ハリケーンイアン01アメリカでも秋はハリケーンの時期です。台風とハリケーンの違いは何でしょう? どちらも熱帯低気圧が大きくなったものですが、太平洋や南シナ海など東側に発生するものは台風で、大西洋、カリブ海、メキシコ湾、など西側に発生するものをハリケーンと呼びます。ですから、呼び方が違うだけで同じものなのですね。どちらも雨や風で大きな被害をもたらすので、秋晴れの気持ちの良い季節がなかなか続かない困り者です。

9月下旬にハリケーン「イアン」がフロリダ付近を直撃しました。これは歴史的にも大きなハリケーンということで、大きく報道されました。
日米の台風とハリケーンは呼び方が違うことだけでなく、他にもいろいろ違いがあります。
先ず、日本は台風に番号を振ります。令和4年台風1号、2号という具合で毎年台風は1号から始まります。一方、アメリカではハリケーンに名前をつけます。人間のように今回は「イアン」という名前でした。日本で言えば「台風太郎」みたいな感じですね。この名前の付け方は、以前は女性の名前だけに限られていました。台風は吹き荒れて様々な被害をもたらします。なぜ女性の名前だけだったのでしょうか?ちょっと女性が怒って泣き騒ぐ様を表している、と思われたのかもしれません。しかし、今は男女同権なのにハリケーンに女性の名前だけは差別である、という声が上がりました。そんな経緯があり、最近は男女の名前を交互に使うことになりました。

しかし、日本のように毎年第1号から始まるのなら、この先何年経っても区別が付けられますが、人間の名前を付けていたら、いずれ名前の候補が無くなってしまう時がくるのではないか? と心配しています。余計なお世話、といわれそうですが、日本でも太郎や花子から始まり、一般的な名前は限られていますよね。最近はきらきら名前が出てきましたから、名前の選択肢もかなり増えたと思いますが、アメリカでも皆が覚えやすい名前ばかりとは限りません。時々珍しい名前で覚えるのが困難な名前のハリケーンもあります。
そんな時には、普段の会話では「今回の何とかいうハリケーン、覚えられない難しい名前のあれ」という具合になります。

西洋の名前を全て使ってしまったら、外国の名前を使っていくしか方法がないので、将来は「ハリケーン一郎」とか「ハリケーン真理子」みたいな日本の名前のハリケーンも登場するかもしれませんね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年10月11日

【From America】「アメリカンフットボール」

アメリカのウインドゲイト緑です。
秋になり、アメリカはアメリカンフットボールの時期になりました。何故アメリカ人はあんなにフットボールに夢中になるのか不思議でなりません。

レイダーズNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)にはプロのアメリカンフットボールのチームが32あります。アメリカ全土の州に一つずつチームがあるわけではないのですが、殆どの人は「地元愛」とでも言うのでしょうか? 自分の住んでいる地域、又は出身地のチームを応援します。そこで、ラスベガスに住んでいる私は、ラスベガスのレイダーズを応援しています。

アメリカは広いので、東海岸でのTV放映は東側のチームの試合。西海岸でのTV放映は西側のチームの試合。という風に分かれてしまうので、自分の応援しているチームの試合をTVで見ることが出来ない場合もあります。そんな時にはどうするのでしょうか?
私の友人はご夫婦そろってアメリカンフットボールの大ファンです。出身がコロラド州のデンバーですが、残念ながらラスベガスではお気に入りチームの試合が放映されません。そんな時には、お気に入りのチームのユニフォームを着て近所のスポーツバーに行き、大きなスクリーンで試合を見て応援しています。

フットボールの試合は、現在 月曜日、木曜日、日曜日です。土曜日はカレッジのフットボールの試合ですが、この時期が終わると土曜日にもプロの試合があります。週に月・木・土・日と4日も試合があり、フットボールを追いかけるのは中々エネルギーが必要です。

アメリカ人の血にはフットボール好きの何かが流れているようですが、30年アメリカに住んでいてもそれが何なのか? 未だに解明できていません。一緒にフットボールに没頭するうちに、いずれ分かることなのかも知れませんね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年10月08日

ビュッケブルグ歳時記 282

ドイツの健康保険について


 この国の健康保険は、日本のとも、他のヨーロッパの他の国の保険とも少し違うのです。そのシステムを簡単にお知らせしてみます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               この国では今だに GKV (法定の健康保険)と PKV (私的健康保険)と、いわゆるDual-system(二進法) が、反対派の大きな抵抗があるにもかかわらず今だに施行されているのです。

 この国の健康保険の歴史はとても古く、1848年にすでに公務員がPKVの如き保険制度を作っていたという記録があるとのことです。
 そして1883年に、ビスマルクが労働者のために作ったのが GKV保険で、雇い主が3分の2を,、労働者が3分の1を払う健康保険で、これがローロッパで社会保険を施行した最初の国、ドイツが国民の健康保持のために作った保険制度だったということです。
 最初は10%の国民がこの保険に守られていたそうですが、現在では88%の国民がこの保険で健康を守られているわけです。 

 GKV は現在、73百万人の勤労市民とその家族が毎月、給料の14−16%を健康保険料として支払うことによって、PKV は、8.7百万人の多額の給料をもらう国民、国家公務員、自営業の人達が自由意志で、GKVよりも、約3倍高い保険料を支払うことによってこの国の国民の健康が守られているのです。
 この二進法の保険は最近までオランダや北欧の国でも使用されていたということですが、現在はこの国だけが用いている制度のようです。

 この、見方によっては”2等級の医学が行われている”とも見える保険制度が今も行われている理由を、GKV と PKV の両面から挙げてみます。
* GKV の利点 ー 誰に対しても同等な医療仕事をする。地方に出る医者が多くなる。(現在は都市の医者の方が報酬が高いので、多くの地方で医者不在に苦しんでいる) 保険料金が一律。

* PKV の利点 ー PKV は目障りと言われているがこのシステムが払う金額は全体のシステムに大きな好影響を与ている。PKVが無くなる場合は、年に
55000ユーロが不足することになるので、現存の医師診察所を30%閉鎖することになる。   

 このように生命という非常に大切なものを扱う医療機関が、二通りの顔を持っていることについてはこの国でもいろいろな意見があるようです。
 例えば選挙が行われる場合は必ずこの問題が取り上げられるようです。今回の場合もSPD とみどりの党はPKV 廃止に賛成、FDPは反対。(通常は賛成派にLinke(左翼)が、反対派にCDU/CSUが加わる)このような状態なのでこの制度が改まる見通しは薄いと言われています。

 また実際に医療に関わる医者も二つの意見に分かれていることも明瞭です。
ベルリンを含む大都市だけではなく、何処の街でもPKV 保険加入者だけしか診ないという医者がいることも周知のことです。PKV患者の治療費はGKVの患者より2.5%高いということですから。 

 このような状態の中での診察、医療法の違いは、テルミン(最初の診察の予定日)が迅速に決まることと、診察を待つ時間が皆無ということだけで、医学的には区別なしと言われています。

 この、”大きくて小さい、小さくて大きい”問題を除くと、この国の医療は、GKVに入っていれば、安くて、安心出来ると言われています。
 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年10月04日

【From America】「オクトーバー・フェスト」

アメリカのウインドゲイト緑です。
10月になり、日本では月末のハロウイーンが気になる時期になりました。今年のコスチュームは何にしようか? と考え始めている人も多いと思います。

オクトーバーフェストアメリカでは10月といえばハロウイーンは勿論なのですが、ドイツのビール祭りのオクトーバー・フェストも大きなイベントの一つです。レストランやバーでは10月限定の特別メニューが組まれて、ドイツのソーセージの盛り合わせ、とか ドイツのキャベツの酢漬けであるサワークラウトを使った豚肉料理などとビールを組み合わせるメニューが盛んです。

ビールといえば、最近はマイクロ・ブルワリーと呼ばれる地ビールを作る場所が沢山出てきて、今までのようなバッドワイザーかクアーズだけのビールではなくなりました。地元だけの味である地ビールとドイツの料理の組み合わせも良いでしょう。黒ビールや薄い色のビール、生ビール、缶ビール、ノンアルコールのビール、何でもお好きなビールと共にドイツ料理を楽しんでみるのも10月ならではの醍醐味だと思います。

ハッピー・オクトーバー・フェスト!!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年09月27日

【From America】「オミクロン対応のワクチン接種」

アメリカのウインドゲイト緑です。
日本のワクチン接種は、オミクロン対応のワクチンが始まったばかりと聞いていますが、アメリカでは現在、全てのワクチンはオミクロン対応の最新のものになっています。

アメリカでは、オンラインで予約が出来ますし、近所のドラッグストアで接種できるのでとても便利になっています。ワクチンを接種してくれるのは、医師でもなく、看護師でもなく、トレーニングを受けた薬剤師です。普通のドラッグストアの一角がワクチン接種の場所になっていて、予約があるために待ち時間はゼロ。料金も無料で、あっという間に終わります。接種後15分ほど店の中に居て様子を見てください、といわれますが、殆どの人は問題なく帰宅します。

オミクロンワクチン私も先週、このオミクロン対応のワクチンを受けました。お陰様で特に酷い副反応もなく、無事に終わることが出来ました。2週間しなければ効果は出ないので、ワクチンを接種したからと言っても安心しないでマスクをつけていてくださいね、という注意を受けました。

ワクチンを打ってもコロナにかからないという保証はないのですから、気をつけなければなりません。実際に、私のご近所の方はワクチンを打ったのにコロナに感染してしまいました。アメリカでは無料で自宅検査キットが配られているので、先ずは自宅で自己検査をします。それで陽性になった人だけが、念の為にWalk-inクリニック(予約がなくても行かれるクリニック)に行き、改めてPCR検査を受けていますので、日本のようにクリニックが感染しているか心配な人、証明書を出してもらいたい目的で行く人で溢れてしまうということは先ずありません。

相変わらずアメリカ人は殆どマスクをしていませんが、大統領がペンデミックは終わったと発表したこともあり、一般の人達は 間もなくインフルエンザと同じになっていくだろうと楽観視している人が多いようです。しかし、今でもコロナで亡くなる人もいるのですから、甘く見てはいけないと思って欲しいものですね。

日本の皆さんも秋になって涼しくなると風邪の時期が始まります。どうぞ気を緩めずにコロナ予防に気をつけながら毎日を送ってくださいね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント