2010年03月18日

【青木塾便り】No.40「山元雄二郎博士」その17

「超人 ニコラ・テスラ」
山元博士がいつもニコラ・テスラ(1846〜1943)を尊敬していると言っていましたので彼についてご紹介させてください。
「超人 ニコラ・テスラ」(筑摩書房、新戸雅章著)を参考にしました。
ナイアガラ瀑布発電所の交流システムの基礎を作り、あの発明王エジソンを一敗地にまみれさせたその人です。この40回を書くに当たって電気知識の弱い筆者にレクチャーしてくれた人がいましたが、簡単に言えばエジソンは送電に直流システムを主張し、テスラは交流システムを勧めました。結果的に直流は遠距離送電に大幅なロスが出るのに対して、交流送電はロスが比較的少なくテスラ方式が勝利したとのことです。交流システムは微積分の知識が必要だがエジソンは小学校卒でしたから交流を理解できなかったそうです。
日経に「パナソニックの電気革命」が紹介されていましたが、太陽電池が生む電気は直流。家庭の配線に流すためにいったん交流に変換、家電や照明を買う際に再び直流に戻すが、変換で電力の1〜3割をロスしていた。パナソニックは直流をそのまま流せる新型配線の開発を急ぐ。一世紀以上も電力供給の標準だった交流に風穴を開け、『電気革命」の実現を目指すとありました。スマートグリッド(次世代送電網)と新型配線の接続実験の行方が注目されるところです。

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年03月17日

笑うことで治癒力を高めよう、、、

46回となる「癒しの環境研究会」に参加しました。

主催者の医師、高柳和江先生は医師の立場から方々で自己治癒力と環境との関係について講演をされておられますが、私が関心を持ちましたのは先生の講演されるときの課題の一つに「笑い」をとりあげておられたからです。
 
 医療現場は最近、著しく進歩しています。最新の医療設備、清潔な病室、患者の知る権利の尊重、、しかし「何かが足りない」、それは日本の医療現場では後回しにされがちな心のケア、、、と。
 高柳先生は10年間のクエートの病院で小児外科医として現場での治療経験から患者にとつて笑いがもたらす効果に注目され日本でもその運動をはじめられ、笑うことで自然治癒力を高めよう!と「癒しの環境研究会」をたちあげられました。
確かに、日本人は真面目で正直、勤勉であるとか様々な美点があるけれど、私もそうだが笑顔を浮かべている人は少ないと感じています。いつかも海外でかなり親しい人から貴方は笑顔が少ない、、、と言われたことがあって思い出しては顔の筋肉を和らげるようにしてはいるのですが、、

 46回目になるという会にはじめて私は参加したわけですがそのきっかけになったのが偶然、表を通りかかり、出ていた看板の文字に魅かれて6階の私の小さな画廊に立ち寄られた青年から「癒しの環境研究会」のことをお聞きしたからでした。彼は最近、緑内障と診断され自分の人生を見つめなおし、臨床心理士になることを決心し勉強をはじめたということでした。

「笑い療法士」のめざすこと

今日のシンポジウムのテーマの一部は日本医科大学眼科教授であり「笑い療法士」でもあられる方の、手術における笑いと癒し、、そして「チャイルドライフセラピスト」であられる方の子供に優しい手術環境、、でした。「チャイルドライフセラピスト」も「笑い療法士」というのも私にとつては初めて聞く言葉で新鮮でした。

 この「笑い療法士」というのは患者から笑いを引き出し、自己免疫力を高めるサポートをする専門家ですでに全国で370人が認定され医療現場で活動されておられるようです。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(1)

2010年03月16日

【From America】「フィッシュ・タコス」

Fish_Tacos01アメリカのウインドゲイト緑です。
メキシコ料理の代表的なメニューと言えば「タコス」です。とうもろこしの粉で作ってある黄色いトルティーヤ(揚げてパリパリになっているのが普通)の中に、スパイスの効いたひき肉、レタス、トマト、チーズ、サイコロ状のたまねぎ、アボカド、タコ・ソース、サワークリームなどを入れて食べるのが一般的なタコスですね。トルティーヤはとうもろこしから作るコーン・トルティーヤだけでなく、小麦粉で作った白い色のフラワー・トルティーヤ、揚げていないソフト・トルティーヤもあります。中に入れる肉は牛ひき肉だけではなく、ステーキ、チキン、ターキーなど様々。

ラスベガスには多くのメキシコ人が住んでいることもあり、メキシコ料理店はたくさんあります。タコスはファースト・フードとしても人気が高く、有名な「タコベル」だけではなく、様々な店でタコスが食べられます。

先日、友人と一緒にカリフォルニア風メキシコ料理店へ行きました。ここのフィッシュ・タコスが美味しいからと薦めてくれたので、「えびタコス」と「フィッシュ・タコス(魚はマヒマヒという白身魚でした)」をひとつずつ注文して食べてみました。カリフォルニア風と銘打っているので、本格的なメキシコ料理とはちょっと違って、野菜たっぷりの健康的な「軽い」メキシコ料理です。これが美味しい!

小麦粉で作ったソフトのフラワー・トルティーヤに包まれて出てきたのは、えびのフリッター(天ぷらのようなもの)にキャベツの千切り、スライスしたアボカドが入っていて、ソースはサワークリームとマヨネーズを混ぜたような白いソースでした。もう一つはグリルされた白身魚、千切りキャベツ、アボカドとトマトのスライス、更には別の皿でその上に乗せるサイコロ状に刻んだトマトのサルサ風のものがついてきました。それにグリーンサラダをサイド・ディッシュとして選ぶことが出来ます。タコスはナイフもフォークも使わず、手で掴んでかぶりつきます。カジュアルなダイニング方法で気楽に食べられます。「これなら自宅でも出来る」と、早速自分で似たようなものを作ってみました。天ぷらの残りや魚のグリルの残りが冷蔵庫で眠っているものを使えるので、残り物整理にも良い方法です。野菜はいつもサラダを作る時に使うものなら何でもOK。ソースはマヨネーズにヨーグルト(サワークリームの代わり)を混ぜたり、クリーム状のサラダ・ドレッシングを使ったり、手持ちの様々な物で代用できるでしょう。

タコスという料理をメキシコ料理と決めてかかっていましたが、要するにサンドイッチと思えば良いのですね。特に小麦粉で作った白いトルティーヤなら薄いパンと同じです。皆さんもトルティーヤで何でも好きなものを包んで、自分流のタコスを作ってみてはいかがでしょうか。手巻き寿司をつくる感覚で、いろいろな中身に挑戦してみてください。


midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年03月15日

【明日の世界】その11

「新しい組み合わせ」
デコクロという言葉があるそうですが知りませんでした。
銀座のユニクロの隣にユザワヤが進出したり、新宿高島屋のベスト電器の後にユザワヤが入りましたら、近くにユニクロが出てきてユザワヤで購入したアクセサリーをユニクロ商品につけて、自分だけの物を創って差別化をエンジョイする、そして相乗効果で売り上げが伸びる。
お仕事くださいでは今の時代生きていけません。既存の技術やアイディアの組み合わせが必要ですね。
青木塾便りにご紹介している山元博士が尊敬していたニコラ・テスラのライバルのマルコーニが最初に大西洋横断無線通信に成功した時も彼の装置は決して独創的なものでなくて使われた部品や回路はすでに世にあるものでした。彼の功績はむしろそれらを巧みにアレンジしたことにあり、特にアンテナの効果を重視したことが大きかったと言われます。
その後マルコーニは巧みな特許戦力でライバルたちを次々に蹴落とし、「無線の父」として赫々たる名声を築いていく(新戸雅章の超人ニコラ・テスラ参照)とあります。
がいつの時代でも既存の技術・アディアの新しい組み合わせでフレッシュな切り口が求められます。


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年03月14日

留学生がやってきた 3

我が家に迎える留学生は16歳。1月3日から訪日して最初の1週間は団体で国内旅行をしたようです。
明治神宮、ディズニーランドへ行ってから広島、そして京都をまわり1月10日から我が家にやって来ました。16歳ということでしたが、帰国して1月末の新学期から高校3年生になるとのこと。2年飛び級するほどの才女でした。日本語もほとんど理解し話せるので、聞けばやはり日本語の漫画を何冊も読んでいるとのことです。
 日本は始めてとの事でしたので、初日は「はとバス」の東京1日ツアー(英語ガイド)を予約してありました。日本語が話せたので、あとから思えば英語でなくても良かったかと思いましたが、彼女は「最初に東京のことを正確に把握できたのは良かった。」と言ってくれました。今更ながら「はとバス」の実力を再認識しました。
 「はとバス」と同等に喜んでいたのが、やはり秋葉原でした。メイドカフェやフィギア店は彼女らがTVで見る日本の代表的な光景だったようです。
彼女らにとって日本という国の興味の対象がアニメが中心であり、また現実得た印象も歴史や自然や古典文化よりもアニメであったような気がします。

帰国の見送りの際、バスの中からメイドカフェで覚えた「萌・萌・ハート」のポーズを繰り返ししてくれたのが、私にとっては複雑な心境でした。


aokijuku at 14:47|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント