2010年02月02日

【From America】「バレンタイン・デー」

Valentine04アメリカのウィンドゲイト緑です。
2月14日といえば、バレンタイン・デーですね。日本では「一年に一回だけ女性から男性に愛を告白しても良い日」ということで女性から男性にチョコレートをプレゼントする日、とされています。最近は「義理チョコ」が横行していますから、この「女性から男性に愛を告白うんぬん」の意味は少々薄れてきたかもしれませんが、それでもチョコレートの売り上げは確実に伸びています。しかし、この習慣は世界的に見ても「日本だけのちょっと不思議な習慣」のようです。

過日、NHKのテレビ番組で「日本のバレンタイン・デーにチョコを贈る文化を創った仕掛け人」がインタビューされているのを見ました。やっぱりそうだったのですね。製菓会社の仕掛け人でした。2月は売り上げが落ちる月なので何とか売り上げを上げたい、と考えたのがこの人です。その仕掛けは大成功を収めましたね。

Valentine03では、欧米ではどのようにバレンタイン・デーを祝っているのでしょうか? 
アメリカのバレンタイン・デーでは、基本的に男性から女性にプレゼントを贈る習慣になっています。しかも、チョコレートとは限りません。女性の好みそうな品である、お花、動物のぬいぐるみ(テディー・ベアーなど)、風船、ジュエリー、チョコレート、中にはセクシーな下着などもプレゼントの対象になります。狭い意味でのバレンタインは男性から女性へ、でしたが、それが広い意味で「愛しています」ということを表現する機会に変化してきて、幼稚園の子供たちが両親や祖父母に「I love you」というメッセージのカードを作成したり、女友達同士が友情を表現する意味でカードを贈り合ったり、という具合になってきました。今のアメリカでは誰から誰へという決まりはなく、皆がカードを贈り合っています。アメリカのカード・ビジネスは実に盛んです。奥さんやガールフレンドがご主人やボーイフレンドにカードを贈ることはありますが、日本のようにチョコレートを添えなければならない、ということはありません。

日本では「愛しています」という言葉はなかなか言い難い言葉であり、男女の愛に限られるというイメージがあります。従って、ちょっと恥ずかしくて言えない言葉、ということになります。一方、英語のLOVEにはもっと広い意味での愛(神の愛、家族間の愛、友情などを含む)の意味があります。アメリカのバレンタイン・デーは、身近な人、親しい人に対して愛を表現する機会になっています。

日本には「以心伝心」という言葉があり、「言わなくても判るだろう」と思ってしまうことがあります。しかし、アメリカでは、普段、気にかけている人に「アナタのことを思いやっていますよ」ということをカードやプレゼントで表現して、きちっと伝えることをよしとする文化があるので、このようなバレンタイン・デーの祝い方になったのではないかと思います。

midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月01日

【明日の世界】その5

「プロの世界」
1月11日の新聞に民主党の小沢一郎幹事長が10日に日本棋院で史上最年少で囲碁の名人位を獲得した井山名人(20)と三石(ハンデで石を三つ置く)で対局して勝負は小沢氏優勢で終盤に入ったが最終的に引き分けたとありました。名人に三石置いてジゴ(引き分け)なら確かに県代表クラスでしょう。幹事長の腕は確かにアマとして相当の腕前でしょうがここで言いたいのはプロのすごさはちゃんとジゴに終わらせるところでしょうか。
前に聞いた話ですがプロの先生がホテルでアマ相手に泊り込みで指導するのですが三人の相手と同時に対局する時緊張感を持続するために一番強い人には一目、次には2目、三人めには三目勝と決めて指導碁を始めるそうです。見事そのとおりになるとしてやったりと次の指導碁にも緊張感を保って向えるそうです。真にプロの世界はアマとは違う一例でしょうか。


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年01月31日

おいしいご飯の召し上がり方   青木敏郎

(歛己法   15℃以下の場所(アミラーゼ酵素の維持)&密閉容器(酸化・乾燥防止)に保存がベスト。
∧童Δ    今の米は精米機の中で少しずつ削られ磨かれているため、ほとんどヌカは残っていない。したがって、水を入れた状態で5〜6回かき混ぜて水を捨てる。これを2−3回行えば十分。とぎ汁が透明になるまで米を研ぐとデンプンが減り、炊き上がりのご飯に甘みがなくなる。
*ただし古くなった米は、脂質が酸化して古米臭が出るので、軽く研いだほうが良い。
水に浸ける  米を水に浸けることで、酵素の働きによりデンプンが分解されて糖が出てくる。また、米粒の中まで十分に吸水させることで、炊飯中にデンプンが均一に糊化する。生米には15%前後の水分が含まれており、洗米時に約18%になる。その後水に浸けておくと新米でも古米でも最終的に25〜30%くらいの水分量に落ち着く。
夏場(水温30℃)なら30分。冬場(水温5℃)なら60分。春秋は45分くらいに浸水が目安。時間が無いときは40℃程度のぬるま湯に約15分でOK。アミラーゼは40〜50℃でよく働くため、ぬるま湯浸水の方が甘みのあるご飯になる。
* 60℃以上の温度では表層の糊化が始まるので厳禁。
* 浸けすぎは米が砕けてしまうので要注意。また、新米は洗米後にザルにあげてはいけない。
た罎 
はじめチョロチョロ・・・アミラーゼの働きやすい温度帯をある程度確保。
なかパッパ ・・・・・・・・デンプンの糊化。
赤子ないても蓋取るな・・・米粒内部まで十分に糊化。
蒸らし・・・余分な水分を追い出す。
イ竿咾諒歛  保温は食事をしている間(1時間ほど)にとどめ、ご飯が温かいうちにラップで包み、すぐに冷凍庫に入れるのがポイント。デンプンがもっとも老化しやすい温度は4〜5℃のため、冷蔵庫保存は食味を落とす。(急速冷凍が理想)

先日、私の知りうる中では最高金額の1kg=10,500円というお米を思い切って500g買って食べてみました。確かに米粒一つ一つが口の中で主張し、歯ごたえも心地よい美味しさでしたが、私の舌では通常の10倍以上の美味しさを感じることが出来ませんでした。お米マイスターの方に聞いたところ、「ご飯は炊き方でかなり味が変わる」とのこと。まずは従来のお米で、この「お米の炊き方」を忠実に行ってみてはいかがでしょうか。


aokijuku at 00:10|この記事のみを表示コメント(0)

2010年01月30日

【青木塾に学ぶ】 2

青木塾に出席するたび、必ず何か知識や感銘を覚える事ができます。

これは2010年を迎えての本当に直ぐの話・・・。
2009年の紅白歌合戦を例年より面白く視聴し、年越しを迎える番組を探していたが、カウントダウンコンサートばかりの中、爆笑問題さんがMCをしている雑学クイズ番組に見入ってしまいました。ジュディオングさんのあの蝶々のような衣装が実はスクリーンの役目を持たせるためだったとの回答で2010年を迎え、そして新年に入っての第一問が「手締めの際に掛ける“イヨー”という掛け声はどんな意味?」という問題でした。街角で聞いた一般の人の正解率はわずか2%だったそうです。
選択問題ではなかったので、ゲスト回答者はそれぞれ思いつきの答えを書いていました。例えば「用意」→「ヨーイ」→「イヨー」などもっともらしいものもありましたが、実は青木塾出席者ならすぐ判る問題なのです。
青木塾顧問弁護士の浜田脩先生が青木塾の最後に音頭を取ってくださる「青木塾一本締め」の際にいつもお話されることだったのです。
回答時間中に、私は家族にいかにも周知のことのように正解を話して聞かせました。
「お祝いをしましょう!」→「祝おう!」→「イヨー」 推測ではとても回答できる問題ではありませんでした。番組では1名だけ正解をしていましたが、年始早々、家族から「さすがパパ!」と尊敬された(はずなのですが・・・)。

2月10日(水)の青木塾は浜田脩弁護士の講演です。毎回とても楽しく、そして解り易くお話していただくので、とても楽しみにしています。浜田先生に感謝。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年01月29日

今日の料理は・・・

真穂としみテレビを見ていたら、「減塩料理で健康に!」というテーマで、減塩調味料を紹介していました。

塩だけを使って調理するのではなく、香味野菜やかつお節、昆布などを使って風味付けをすることで味の薄さを緩和させるといったことを話していました。

ということで、早速、減塩料理にチャレンジ!
100123_194432メニューは、ご飯、水菜のお味噌汁、納豆とめかぶ和え、キンピラゴボウ、トマトのひき肉詰め、ステーキです。
それぞれの料理にあわせて、にんにくや黒胡椒、タイムなどを使い、調理してみました。いつもより薄味でしたが、素材の味が出ていて、おいしかったですよv(^0^)v

でもこれ実は、夫が調理したんです・・・(^_^;)

toshimi_maho at 00:38|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント