2010年02月07日

今サラの8割

はじめまして。青木塾の青木敏郎さんとはいつから知り合ったのか忘れるくらい長いお付き合いになりました。昨日急に、ブログに私の楽曲の詩を掲載させて欲しいと連絡をいただきました。高校時代に青木さんとフォークソングバンドの真似ごとをしていて、私はサラリーマンになってからも趣味の域で作詞作曲をしていました。私の歌のコンセプトは「今サラ」(どきのサラリーマン)です。内容は当然サラリーマンとしての日常体験の事が多いのですが、愚痴や不満やネタミなどが自然と多くなってしまうのは仕方のないことと自覚しています。何せ身の回りの題材が多いので、実名での公表は控えまして「怪社員」(かいしゃいん)という名前で活動しています。
最近の「おやじバンド」ブームもあり、先日ライブに招待いただき演奏した際に、青木さんが気に入ってくれた歌の詩の一つを今回ブログに掲載させて欲しいとのことでした。機会があれば是非演奏で聴いていただきたいのですが、当面はブログに穴があきそうな時に詩を提供するよう仰せ付かっています。今後ともよろしくお願いします。

今サラの8割

夜更かしをしていても ひどい二日酔いでも 
地位とプライド守るため 今日も早朝家を出る
そんな時に限って 電車は遅延満員
立ち寝も出来ない もみくしゃにされて
サラリーマン サラリーマン 給料の8割はガマン料

上司に相談しても 様子見して引き延ばす
矢おもてに立たされて 独断で対処した
うまくいっても 上司の管理が評価され
失敗すれば 部下の暴走!
サラリーマン サラリーマン 給料の8割はガマン料

引越しも手伝った アフターファイブも付き合った
この上司に付いてけば 出世できると信じてた
そんな上司が突然 キャリアアップの転職を
「君らは残って 頑張りなさい」と・・・
サラリーマン サラリーマン 給料の8割はガマン料

部下は勝手なことばかり 上司はのんきなことばかり
お客様は無理ばかり 家じゃ女房グチばかり
貯まるストレス 繰り越したまま今月も
使われ放題 低額保証!
サラリーマン サラリーマン 給料の8割はガマン料

今どきのサラリーマン あきらめていいのか? 「今サラ」と・・・


aokijuku at 12:29|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月06日

文旦                             青木敏郎

先日、カルテック栽培の文旦(ぶんたん)が高知県から届きました。形はグレープフルーツに似ているのですが、よくよく調べてみるとグレープフルーツやナツミカン・ハッサクなどは、この文旦から自然交雑により生まれた品種とのことです。文旦日本には江戸初期に渡来したそうです。

私は昨年初めて文旦を食べたのですが、そのさわやかなそしてすっきりとした甘さに感動しました。最近知ったのですが、皮が赤色系の柑橘類(ミカン・伊予カン・ぽんかん・ハッサク)の甘さは蔗糖(ショトウ)の甘さで砂糖の成分の甘味であり、黄色系の柑橘類(文旦・ナツミカン・グレープフルーツ)の甘さは果糖(カトウ)の甘さでハチミツ成分の甘味だそうです。そのうえ、カルテック栽培の文旦ですから、その香りとさわやかさは特別です。

栄養面では、血液浄化・血管強化(ビタミンC・P)やミネラルが多く含まれており、昔から「高血圧の薬」と言われていたようです。まだ文旦を食べたことが無いという方は、是非一度召し上がってみてください。


aokijuku at 22:04|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月05日

健康アドバイス 2       眞整體施療院 冨田泰生

下痢が続くと脳梗塞に注意

下痢は小腸に有ってはならない物が入ったとき、或いは腸で吸収出来ない物が入ったときは、 防衛反応で、それを急いで排出する働きが起こり、それが下痢となるのです。
胆汁は脂肪分解酵素で、胆嚢という袋に溜めています。胃から十二指腸に脂肪分を含んだ食べ物が入ってきたときに胆嚢の括約筋が反応し、溜めている胆汁を十二指腸に送り込みます。
胆嚢の働きが低下していると胆汁が充分出ず、下痢が起こるのです。それと同時に、側頭部にある胆経の経絡上のツボに『気』の滞りが起き、血液も滞るので、脳梗塞が起きるのです。
これを防止をするにも、胆嚢部(右肋骨の下部)に何度も熱を入れると、胆嚢が働き始めて、 下痢が止まり、脳梗塞にならずに済みます。


aokijuku at 22:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月04日

【青木塾便り】No.34「山元雄二郎博士」その11

「ゼロックスの発明者、チェスター・カールソン博士」
東のMIT、西のカルテックといわれますがカルテックはロスアンジェルスの北に隣接するパサデナ市にあります。数ある有名科学者を輩出していますが今日はゼロックスの発明者、チェスター・カールソン博士について山元博士からお聞きしたお話をご紹介させてください。
 彼がゼロックスの原理を発明して、その証明つまりデモのために紙に粉をまいて操作するとあら不思議コピー出きると言う今のゼロックスの原型を出資者に示しました。山元博士にお聞きしましたがこの状態をbread board(パンを粉ねる台)と言います。アイディアをこねくりまわしてああでもないこうでもないと最初の原理をかたちにする段階を言います、その後が試作品作り。プロトタイプとも言います。開発者と話をするとよくこの言葉が出てきますが博士から聞いていましたのでどのステージかある程度分かりました。
 さてチェスター・カールソン博士に話を戻しますと、世の中に無いものを開発したのですからなかなか理解されず、出資者を求めて87人あってみな断られました。88人目の人がようやく出資に応じたそうです。山元博士は言いました。確かにゼロックスの発明はすごいのだがカールソン博士の素晴らしいところは87回断られてもあきらめずに可能性を求めたことです。世に出すためにはこちらのネバーギブアップの才能の方がはるかに大切とのことです…続く


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月03日

【JAL問題(5)】

JALは1月19日に会社更生法の適用申請を行い、法的整理が決まった。負債総額は2兆3千億円で金融機関を除く事業会社では過去最大とのこと。法的整理の決定までに時間がかかり、ここまで負債が膨れあがったのは、次のような理由によるものである。
昨年6月に資金繰り悪化で経営危機が表面化したときに、まもなくの衆院議員選挙を控えて自民党政府は思い切った手を打てなかった。
9月から民主党政権の手にゆだねられたが、JAL問題はマニフェストに掲げられていない課題であり政権内部での焦点が定まらなかった。
また労働組合を支持基盤とする民主党内部の問題として、再建のための思い切ったリストラに対するJAL8組合の反発も大きかったと推測される。
JAL再建は、企業再生支援機構の主導下で、京セラ稲盛会長が2月1日に最高経営責任者A(CEO)に就任し経営の采配を振り、歩み出すことになった。
企業再生支援機構は、JALを2012年3月期には営業黒字に転換させて、3年間で事業再生を実現し、保有株を売却し投下した公的資金に損失はきたさないとしている。ただし会社更生法適用による債権放棄で、日本政策投資銀行融資のうち政府保証分の400億円強の国民負担はただちに発生する。もし企業再生支援機構がJALの事業再生に失敗すればさらなる巨額の国民負担が生じる。
これまでマスメデアが報じてきた、JALの年金問題や私的整理か法的整理かなどの問題は全て内部事情である。燃料高とテロ・感染症による国際間の移動不安、さらにリーマンショック後の不況などによる旅客需要の落ち込み、収支悪化という航空輸送業界を取巻く厳しい環境、またオープンスカイ化による空の規制緩和と低価格航空会社(LCC)の台頭による競争激化という外部事情を克服しうる経営でなければ、現今の航空会社は生き残れない。全日空といえども昨年4月〜12月の決算は減収減益で、赤字である。
国民の足がなくなると困るとして、政府はJALを救済したわけであるが、もとから認識が間違っている。JALが経営に失敗して飛べなくなりそうであれば、参入を希望する航空会社にどしどし門戸を開き、空のベンチャーを育成して新たに国民の足を確保することで混乱をきたさないように政策を立てることが政府の役割である。そのことにより、競争力のある日の丸LCCが生れアジアの空を飛び回るかもしれない。JALの撤退した地方空港を生かしてそのような新たな空のビジネスが出現するチャンスもある。国際的に異常に高い航空燃料税と空港の発着料の引き下げ、発着枠規制の透明化などの思い切った行政措置をとり作りすぎたとされる地方空港を遊ばさずに逆に活用することで、日本の空の競争力は蘇る可能性がある。
しかし、政治が自民から民主に変わっても、頭が内向きから外向きに変わらない限りは、国民はまたツケを払わされることになりかねない。(JAL問題おわり)


aokijuku at 11:44|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント