2009年12月04日

【From America】「クリスマス・カードと年賀状」

X-mas_cardsアメリカのウィンドゲイト緑です。
年末になると日本の皆さんは年賀状の準備に忙しいでしょう。アメリカではクリスマス・カードが日本の年賀状のような役目をして、旧友や遠くの親戚など普段連絡を取らない人たちに近況を伝えると共に、住所変更、新しい電話番号やメールアドレスを知らせる連絡方法にも使われます。その点では、日本の年賀状とアメリカのクリスマス・カードは大変似ているといえますね。

ところが、年賀状とクリスマス・カードには大きな違いが一つあります。それは「送るタイミング」です。日本では、年内に賀状を用意して期日までに投函し、相手に元日に届くようにします。お正月の元日に届けるのがエチケットで、それより早く12月中に届いたら笑われてしまいます。また、元日に届かなくても、出来るだけ早く届くようにすることがエチケットでしょう。

一方、西洋のクリスマス・カードのエチケットは、クリスマスまでに届けばいつでも良いという緩やかなルールです。12月1日に届いても12月25日に届いてもOKということです。といっても、12月の15日〜20日ごろが一番たくさんカードが届く時期でしょうか。アメリカでは11月第4週目の木曜日がサンクスギビングの祝日です。それが終わると公式にクリスマス準備に入ると言われていますので、どこの家庭でも早速クリスマスの飾り付けに取り掛かります。この飾り付けが変身する様は、日本のクリスマスからお正月の飾り付けに変わる年末の時期に似ています。人々の服装も、秋色のオレンジやモス・グリーンから急にクリスマス色の赤と緑に変わります。12月に入れば、あちこちからクリスマス・カードが少しずつ届き、12月はクリスマス一色に塗り尽くされます。

もう一つの違いは、カードを飾るという習慣でしょう。友人知人から送られたクリスマス・カードは、暖炉の上に飾られたり、壁に飾ったり、12月中のクリスマスの飾り付けに一役も二役もかってくれます。クリスマス・カードは大きさも形も様々ですし、オルゴール付きだったりポップ・アップ式だったり、色々工夫が凝らしてあります。それらを家の中で飾って12月一ヶ月を過ごします。

日本では、年賀状を受け取ってもそれを飾ることは先ずないでしょう。それは「葉書」だからでしょうね。カードになっていれば二つ折りですから、簡単にカードを立てることが出来ます。更に、二つ折りであるがゆえに中に書いてある個人的なメッセージが直接見えませんから、インテリアとしてカードが機能するわけです。

アメリカには様々な宗教の人がいますから、相手の宗教が良く分からない場合、カードのメッセージも「Merry Christmas」という言葉よりは「Happy Holidays」「Season's Greetings」などが無難な言葉といえるかもしれません。もし、海外にカードを送る予定があれば、なるべく早く投函してあげましょう。そうすれば、相手はそれだけ長い間アナタの送ったカードを自宅で飾って楽しむことが出来るでしょう。

midori_windgate at 16:12|この記事のみを表示コメント(0)

海外のトイレ事情

真穂としみ10月にようやく新婚旅行に行きました。
コースは、ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間の旅。

海外に行くと、日本と違う文化に驚くことがいろいろありますが、
今回の旅行で驚いたのは、『トイレ』について。

日本でもまれに有料トイレがありますが、私が訪れたところでは、
高速道路の休憩所などで、毎回、お金を払わないといけませんでした。

料金は、だいたい1回60円くらい。

そんな中、パリのプランタンというデパートに
とてもおしゃれなトイレがありましたので、ご紹介します。

ここのトイレには、受付の方がいて、お金を払って入ります。
(確か1ユーロと1.5ユーロと選ぶ仕組みだったような・・)

中に入ると、黒服の男性が立っていて、そのことにも驚きましたが、
この人は、どうやら掃除兼誘導係のようで、
私の顔を見ると、「ここに入ってください」と手をかざされました。
空いているトイレはいろいろあるのに、自分では選べず、
その人の誘導で決められたトイレに入るシステムのようです。

便器は透明のスケルトン、壁はショッキングピンク、便器の後ろにはトイレットペーパーや
トイレ掃除用のブラシがオブジェのようにおしゃれに並んでいます。

140円も払ったのだからと、なるべくゆっくり使用し、トイレを出ると
先ほどの男性が立っていて、私が使ったところをすぐに掃除し始めました。
きれいなのはいいのですが、なんだか恥ずかしい感じ・・・。

たしかにここは高いお金を払うだけあって、トイレというより、バーのような雰囲気のある
おしゃれなところでした。

写真を撮ろうとしたら、NGと言われてしまいましたが、
HPがあったので、興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。
(なぜか受付にトイレの名刺が置いてありました。トイレに名刺があるところなんて
初めてです!)

http://www.pointwc.com/
※topページの右上にイメージ画像が動画で見られるようになっています。


toshimi_maho at 16:03|この記事のみを表示コメント(0)

2009年12月03日

【青木塾便り】「ノーベル賞をもらい損ねた山元雄二郎博士」その2

ある日博士が興奮しておりました。お聞きしたら出身大学のUCLAからノーベル賞候補に推薦したからと連絡受けたそうです。UCLAが推奨すると三人で一人の割合でもらえるそうです。大学も候補者になられた方を全力で受賞すべく運動するそうですがここが日本と違うようです。対象研究はピエゾ〈圧電素子)かウルトラフィルターかそれとも留守番電話?か博士から確認しませんでした。
残念ながら博士はその後ガンで亡くなられてその機会を逸してしまいました。
次回は鯉がポーカーをすることに成功してTV放送もされた話をしましょう。 ビックビジネスになったと思いますか…続く


kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2009年11月26日

【From America】「アメリカ流のおもてなし」

Hotelアメリカのウインドゲイト緑です。
旅行をした時に、旅先で受けた「おもてなし」の気遣いに心を打たれることがいろいろありますね。その小さなことで心が温かくなったり、その旅を忘れがたいものしてしてくれたり、皆さんにも思い出に残る旅のエピソードがあるでしょう。

旅の「おもてなし」の心は、国によっても違うでしょう。場所や状況によっても様々でしょう。日本旅館の「おもてなし」は庭、建物、温泉、食事など随所に宿主の思い入れが感じられます。この日本流「おもてなし」はお客のリクエストに応じて用意するのではなく、宿主が「こうして上げたらお客に喜んで貰えるだろう」とお客の要求を察して準備するものですね。特に夕食メニューに関しては地元の幸や季節によって様々でしょう。これは「お任せコース」の宿泊です。お客は一体どんなおもてなしを受けることが出来るか? という楽しみがあります。

一方、アメリカでは自分で選んだホテルの部屋(ベッドのサイズ、部屋の大きさ、部屋からの眺めなどを事前に選択)に泊まり、レストランでメニューを見て選択した食事をする形ですから、用意された「おもてなし」を受けるというよりは、旅の基本形は自分で選択する形になります。こちらは「自己選択コース」の宿泊とでもいえるでしょうか。

カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園に旅行をした際に、ホテルのギフト・ショップで私を感激させてくれるこんな出来事がありましたので、皆さんにも聞いていただきたいと思います。旅先から送られてくる絵葉書を受け取るのは嬉しいことなので、アメリカ国内の主人の母と日本の両親に一枚ずつ絵葉書を送ろうと考えて、ギフト・ショップに行きました。アメリカでは殆どの買い物はクレジット・カードで決済しますので、私はカード以外には、ほんの少しの小銭しか持ち合わせていませんでした。$1ちょっと(100円程度)の絵葉書の購入にカードを使うのは少々はばかれましたが、「クレジット・カードでも良いですか?」と尋ねると「勿論 大丈夫ですよ」と言って会計を済ませてくれました。すると「絵葉書を出すなら切手が必要でしょう?」と聞いてくれたので「国内絵葉書の28セント一枚と国際郵便の98セントを一枚 お願いします」と言いました。「切手は現金のみのお支払いです」と言って切手を用意してくれている間に、小銭入れを覗くとお金が足りません。「現金の持ち合わせがないので国内はがき用の28セントだけで結構です」と小銭をだしました。すると対応してくれた優しそうな中年のギフト・ショップの店員さんは、やおら自分のお財布をだして1ドル札を取り出し、会計の箱にそれを入れると「ホテルのお客様のお世話をするのが私の仕事です。これは私からの気持ちです。どうぞこの98セントの切手を受け取って二枚の絵葉書を投函してください。今すぐに絵はがきをここで書いて店の外にある郵便ポストに入れれば、午後2時には郵便を集めに来ます。午後4時には郵便局に到着して、本日付ヨセミテの消印の押された葉書があて先に送られていきますよ」と言いました。びっくりした私は、「それなら、せめてもこの小銭入れにあるだけの小銭を受け取ってください」と差し出すと「これは私の気持ちですから、そんなことをしないで快く受け取ってください」とニコニコの笑顔で私を見つめてくれました。私は丁寧にお礼を言って、二枚の絵葉書を投函しました。

この「おもてなし」の心はホテルのおもてなしではなく、彼個人から私へのプレゼントです。ヨセミテ国立公園内のホテルに勤めているという彼の仕事に対するプライド、「お客様のお世話をするのが私の仕事です」の言葉に表れるサービス業に携わる者として「お客様第一」をモットーにしている彼の信条がひしひしと伝わって来ました。たった100円弱の金額ですが、私は「アメリカ流おもてなし」に感激して、胸が熱くなりました。

彼のおもてなしでこのホテルの格がグーンと上がったのは勿論のことですが、そういう社員を雇っているホテルの経営陣、経営方針のレベルもまた推して知るべし、ということです。


midori_windgate at 15:28|この記事のみを表示コメント(0)

【青木塾便り】No.24 「山元雄二郎博士」その1

「ノーベル賞を取り損ねた博士」
このブログの初めに技術評価において、医療関係はUSCの岩城裕一教授に御願いして、エレクトロニクス関係は留守番電話発明者の山元雄二郎博士に御願いしたと言いましたが、これからしばらく山元博士についてお話を進めさせてください。博士は昭和3年生まれで、麻布学園から早稲田大学の理工学部に進み卒業してすぐにアメリカに行きました。麻布時代に演劇部に所属して、フランキー堺、小沢正一、加藤武と同期で荷車を引っ張って都内、千葉県をどさ周りしたと想い出深く語ってくれました。先生どう見ても演劇派には見えませんと言いましたら僕は照明、効果を担当していたとのことで納得しました。
鯉がポーカーをするまで調教?したお話は博士から聞きました…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント