2009年11月10日

【From America】「パスポートの名前表記」

Passport_applicationアメリカのウインドゲイト緑です。
先日、日本帰国の際にパスポートの更新をしました。そこで初めて「パスポートの名前の非ヘボン式表記」を希望する人の用紙があることを知りました。私は外国の姓ですから表記が非ヘボン式は当然のことですが、日本人にも非ヘボン式を望む方がいるということを知り、最初はびっくりしましたが、詳しく話を聞いてみて納得しました。

例えば、小野さんと大野さんの違いですが、ローマ字表記「ONO」と書いてあるとどちらなのか判りませんね。そこで「ONO」と「OHNO」で区別しようというものです。

ここで名前にまつわる私の失敗談をご紹介しましょう。
日本に住んでいたころですが、アメリカ人の友人から「アメリカから来たコンダクター・オザワが指揮をするコンサートの切符を貰ったから一緒に行きませんか? 私たちはオザワと友達なので、コンサートの後で楽屋を訪ねることになっているからその時間も取るように」とお誘いを受けました。私はアメリカから来たオザワと聞いて、とっさに小澤征爾さんのことだと思ってしまいました。大喜びで即座にそのお誘いを受け、ドキドキしながら会場に出向きました。会場は思ったよりお客様の入りが少なく、ちょっと変かな? と思ったのですが、幕が開くのを待ちました。コンサートが始まって舞台に現れた方は、私が期待していた小澤征爾さんではなく、別の方でした。アメリカ人の友人は「ほら あの人がオザワよ」と言います。「あの方のお名前のスペリングは?」と尋ねると「OSAWA」だといいます。プログラムの漢字をみると「大沢さん」でした。

小澤「OZAWA」と大沢「OSAWA」の違いです。日本人なら「S」の発音の「サ」と「Z」の発音の「ザ」を間違えることはないでしょう。しかしアメリカ人の友人の発音は「オザワ」と私には聞こえました。そこで、私はアメリカから来た指揮者のオザワと聞いて「早とちり」をしてしまったのです。自分の勘違いを恥じ入りたい気持ちでしたが、黙ってコンサートを楽しみ、楽屋をお訪ねして帰路に着きました。25年くらい前の失敗談です。

パスポートの表記は外国人にわかり易く、出来るだけ日本語の発音に近くなるように示すことが大切です。日本人同士なら漢字で充分に用が足りるのですから、この「日本人の名前の非ヘボン式表記」というのは、外国人が発音する場合に間違えが少ないようにと考えられた方法なのかも知れません。

外国人は日本人の名前のローマ字表記を母国語の発音に置き換えて発音しますから、必ずしも日本人が読むようにローマ字を発音してくれないことがあります。
アメリカ人の場合を例に挙げて見ましょう。
日本人に多い苗字の「佐藤」さんと「斉藤」さんですが、アメリカ人にはこの区別が実に難しいのです。日本人なら「佐藤」=「SATO」「斉藤」=「SAITO」とローマ字表記をするのが普通ではないでしょうか。ところが、これをアメリカ人に読ませると「佐藤」=「SATO」=「セイトー」となってしまいます。この様にアメリカ人は「A」を「エイ」と読んでしまいがちです。すると「斉藤」さんはどうなってしまうのでしょう?「I の付いているほうのセイトーさん」???などと変な注釈をつけて区別をしたりしています。なかなか難しいですね。
しかし、この表記でもスペイン語を母国語にしている人たちだったら、全く問題なく正しく読んでくれることでしょう。世界中の人に正しく発音してもらえる表記というのは、実に難しいものです。

パスポートセンターの方の説明によれば、苗字だけではなく名前のほうでも「太郎」さんなどの最後の部分を「TARO」にするか「TAROU」にするか、などの選択も出来るそうです。

さて、皆さんはご自分の名前をどんなローマ字表記にしたいですか?

midori_windgate at 17:25|この記事のみを表示コメント(0)

2009年11月05日

【青木塾便り】No.21「MR島田」その13

「一流アーティストの腰の低さ」
M島田が言いました。
「私はいつも最低100の新しいネタ持っていて公開の日に向けて毎日猛練習をしております。まったく新しいネタもあれば新旧の組み合わせによるものもあります。マスターして舞台で披露するとまた100になるまで新ネタを追加します。」彼の話は聞く者すべてがぐいぐいひきつけられます。前にも述べましたがアメリカでは毎年マジックのファンによる投票があってランキングが決まります。ずっと後ですがアメリカのマジック専門誌「ジニー」の2007年6月号に豊富な写真と19ページを費やしてMR島田の特集を組んでおりますがその扱いは別格です。いくらテクニックが素晴らしくても人の物まねではアメリカは評価しません。厳しいものですね。
山一ユニベンアメリカのささやかなお披露目式はMR島田の特別参加によって参加者の心に永久に残るイベントとなりました。
こんなことがありました。ある会社の経営者をマジックキャッスルに案内したときこれは素晴らしい是非日本に同様の施設を開きたいとなりましたがうまくいきませんでした。アメリカではマジシャンはアーティスト(芸術家)ですが日本では今では少しかわったでしょうが芸人です。ステイタスが違います。何回も言いますが一流アーティストの腰の低さ、感心するホスピタリティに芸だけでないすごさを感じました。
MR島田との出会いはまったく不思議な縁です。これからも人との出会いを大切にしていきたいと思います。

連載中、MR島田をマジックキャッスルで見たとご連絡くださる方がいました。ご一報ありがとうございます。…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2009年11月02日

【ひとこと】JAL問題(4)

7月13日のブログで、「JALはなぜ政府支援なのか」と述べた。そして9月26日のブログ;「JALの場合は、公的資金を下手につぎ込み泥沼化すれは、八ッ場ダム以上の金額になりかねない」「民主党のマニフェストには、JALのことは明記されていない」「JAL問題の処理は、自民党の二の舞を踏まずに、民主党の政治理念を生かせるか、前原国交相の手腕やいかに、の試金石である」。
そして10月29日に前原国交相は、公的機関の「企業再生支援機構」の下でJAL再建を進めることを表明した。政府は,前原国交相を本部長とする日航問題対策本部を設置してJAL経営再建に取組む構えである。「日本の空を飛ぶ飛行機の約6割が日航だ、一企業だが公的色彩が極めて強い」というばかりで、一民間企業の経営破綻になぜ政府がここまでのめり込まなければならないのか、釈然とする説明はない。JALが飛ばなくなれば、6割の飛行機が消えるかとというと、そのようなことは無い。むしろ羽田空港乗り入れシェアーなどJALが握っている権利を開放して、やる気がある航空会社の参入を促せば、日本の空はもっと活性化する。9月26日から昼夜を継いで作業してきた「JAL再生タスクフォース」の再建案も「作業部会の数字を公表して一人歩きすることはマイナスだ。」として公表せず、「日航の財務状況などは...作業部会とは別に機構がゼロから資産査定をおこなう。」と国交相が言っているのも、怪訝なことである。マニフェストという練り上げた政策教科書に書かれていない難問題に充分の用意も無いままで突入したため、民主党政権下のJAL問題は、混迷から奇怪な様相を呈してきた。


iida_hiroshi at 15:23|この記事のみを表示コメント(0)

2009年10月29日

【青木塾便り】No.20「MR島田」その12

MR島田は「今日のようなお客さんが一番やりにくいのですよ」とニコニコしながら言われました。子供は杖が一瞬に花になったり、ハンカチの色が変ったり単純な変化にびっくりします。大人はだまされないぞと構えますがその心理を逆手にとるとのことです。「少々準備をしますので、部屋を貸してください。奥さんワインありますか、できたら赤ワインを御願いします。」ワインを持っていったら手品の仕掛けを仕込み中でちらり覗き見が出来たようです。名人と言えどもタネはあるようです。万里の長城の壁を通りぬける演技をTV公開したことで有名なデビット・カッパーフィールドも何回か日本に公演に来ていますが、USC(南カリフォルニア大学)の特許管理責任者がMITの物理出身でタネを考えるチームの一員と本人から聞いたことがあります。
MR島田によると手品には大きく分けて二種類あります。技を競うものと仕掛けがあるものです。手のなかのカードがいくらでも出てくるもの、初め一個のボールがどんどん増えて10個になるもの、鳩だしも入るでしょう。もう一つは仕掛けがあるものです。イルージョンもその範疇でしょうか。

閑話休題:日本古来の水芸を出来る人は今や日本には一人しか居ませんがその水芸に欠かせないのが高性能ポンプです。なんと青木塾長が販売しているポンプが高度の要求を満たす唯一のポンプです。

勿論技と仕掛けの組み合わせしたものもあります。その技を磨くために毎日毎日何千回何万回と練習するそうです。
華麗なマジックが終わった後裏庭においてバーベキューが始まり、MR島田のお話に参加者全員引きこまれていきました…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2009年10月27日

【From America】アメリカのお持ち帰り方式を日本にも

Doggy_bag_01アメリカのウインドゲイト緑です。
日本でエコ・ライフに徹している人たちは、マイ箸を持ち歩いたり、エコ・バックを用意したり、と日常生活に様々な工夫を取り入れているようです。それぞれの市町村のルールに従ってごみの分別もかなり詳しく分けて、リサイクルに努めていることでしょう。しかし、皆さんは外食をした時の食べ残しについて考えてみたことがあるでしょうか? レストランでは食べ残しをどうしているのでしょう? きれいに残った物はホームレスさんにあげるのでしょうか? 後は家畜のえさにするくらいしか、使い道はないのではないでしょうか?

アメリカのレストランで出てくる食事の量はとても多いので、体の大きいアメリカ人でも全部を食べきる人はごく稀です。しかし、ウェイターもお客も心得たもので、ひとしきり食事が終わったころを見計らってテーブルにやってきたウェイターは「(お皿に残った食べ物を)お包みしましょうか?」と聞いてお皿を下げてくれます。キッチンで持ち帰り用の入れ物に詰めて、手提げ袋をつけてテーブルに再び持ってきてくれます。場合によっては「ご自分で詰めてください」と入れ物と袋をテーブルまで持ってきてくれる方法もあります。どちらの場合でも、「残った食べ物は持ち帰るのが当然」とウェイターも客も了解しているので、無理をして食べ過ぎになったり、もったいないけれど…と思いながら罪悪感を持ってお皿の上に食べ残したりする必要がないのです。

家族に食事を作ったり、お弁当を子供に持たせたりした時、きれいに全部食べてくれた時の喜びは、料理をしたことがある人なら誰でも味わっているはずです。レストランのシェフだって同じです。心を込めてお客様のために作った料理がいっぱい残ってキッチンに返って来たら、どんなに悲しいでしょう。
私があるレストランで友人と会食をした時のことです。注文した料理の半分も食べなかった友人に「お包みしましょうか?」と尋ねたウェイトレスに対して「いいえ、結構です」と答えると、「この食事はそんなに不味かったのでしょうか?」という質問が返ってきました。お腹がいっぱいで食べきれないという量ではなかったのです。友人は「ええ、実は期待はずれで、がっかりしました」と答えたのです。ウェイトレスは早速キッチンに戻り、間もなくオーナーがテーブルまでやってきました。「大変申し訳ございませんでした。お持ち帰りになりたくないほど不味い食事をお出ししたのはこちらの不手際です。このお代はいただくことが出来ません」と謝ったのです。そのくらいアメリカでは残った食べ物を持ち帰るということが習慣化されています。持ち帰りたくないと言われたら、それは不味いという意味で、実に不名誉であると解釈するほどなのです。

日本にはこの食事の持ち帰りという習慣がありませんが「とても美味しいのだけれど、もうお腹がいっぱいで食べられない」「無理してたくさん食べたら太っちゃう」など様々な理由で残してしまうことが殆どではないでしょうか? そんな時にお勧めなのが「マイ・お持ち帰りセット」です。小さなプラスチック容器をビニール袋に入れて、それをお手製の巾着袋や小風呂敷などに包んで持参すれば、食べきれないものをさりげなく持ち帰ることが出来ます。万一、食べ物から水分が出てしまう時に備え、プラスチック容器を更にビニール袋に入れておけば巾着袋や小風呂敷に汁がしみてしまう心配はありません。食事がテーブルに運ばれた途端に、心のなかで「これは生ものだからここで食べてしまいましょう」「ご飯や火の通った料理は持ち帰れそうだわ」と考えてから食べ始めます。

Take_out_setこの方法を取れば食べ物を無駄にすることはありません。無理をして食べ過ぎて太ることもないでしょう。更にはレストランの生ごみが減ります。そして何より、美味しい食事が自宅で再び楽しめるではありませんか。これは一石三鳥にも四鳥にもなりそうです。あなたのセンスがきらりと光るお手製の巾着袋や小風呂敷なら、テーブルの脇にちょっと置いても素敵ですね。食べ残しを持ち帰るなんて恥ずかしいわ、と思わないことです。堂々とマイ・お持ち帰りセットを使ってください。きっと他の方の賛同を得られると思います。さあ、貴女から始めましょう。

midori_windgate at 10:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント