2022年07月19日

【From America】「独立記念日の花火大会」

アメリカのウインドゲイト緑です。
7月4日の独立記念日にはお祝いのため毎年多くの場所で花火が打ち上げられます。今年はラスベガスのストリップで花火を見ました。丁度、7月4日が月曜日に当たったこともあり、次の日には会社に行かなければならない人たちのことも考えて早めに打ち上げる予定の場所が多かったようです。当初、各地の花火大会予定は夜の8時からの場所もあれば、8時半だったり、9時などの予定アナウンスがありました。8時はまだ明るい時間帯なので、花火はやはり暗い夜空に浮かんでこそ綺麗に見えるのになあ、と思っていましたら ストリップはやはり遅れ気味のスケジュールになり9時には空は真っ暗になりました。今年のストリップの花火打ち上げはシーザーズ・パレス・ホテルのみ、とのことでしたので目の前で花火を見ようと繰り出しましたが、暑くて暑くて熱中症になりそうになり頭痛がして目の前が暗くなってきて、慌ててクーラーの効いているカジノホテルに飛び込んで頭を冷やしたほどでした。

ストリップ花火花火の打ち上げはホテルの屋上から行われ、美しい花火を見ることが出来ました。しかし、その後の人の流れは想像以上で歩道を歩く人が多くて身動きがとれず正に高速道路での渋滞のようでした。アメリカではマスクをすることは自由になり、殆どの人がマスクをしていません。ストリップの歩道は満員の通勤電車の中と同じ状態になり、これでは屋外であってもコロナ感染のリスクはかなり高いだろうなあ、と感じて心配をしたほどでした。

アメリカではこの時期が夏休みであることも手伝って、飛行機は満席、ホテルも満室、カジノも大勢の人でごった返している感じです。今までバケーションを控えてきた人たちの気持ちを考えると「出かけたい」と思うのは当然なのですが、飛行機はキャンセルが沢山出て、乗り継ぎ便がキャンセルになったり遅延して間に合わなかったり、というお客さんが続出しています。パイロット不足が原因と報道しています。あちこちでビジネスは再開したのに人手が足りない、というオーナーさんがいます。ガソリンを初めとして様々なものの値段が上がっています。物価はどんどん上昇して人々の生活は苦しくなり、どうなるのか心配になります。

皆の気持ちが落ち込む中で一瞬でも現実を忘れて空に広がる花火の美しさやドカーンという音で気持ちが晴れる良い機会になったように感じました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年07月12日

【From America】「独立記念日の花火」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカで大きな花火が打ち上げられるのは年に二回。7月4日の独立記念日と12月31日の大晦日です。
独立記念日のイベントは各地で行われ、大掛かりな仕掛け花火をプロの花火師が打ち上げます。中でも有名なのはNYのマンハッタン、ボストン、ワシントンDCなどで、TVでの中継を皆が楽しみにしています。

花火それとは別に7月4日の独立記念日は夏であることもあり、普段、花火は違法ですがこの時期だけはあちこちに花火屋さんが簡易の店をだして、多くの人たちが自分たちの庭や公園などで花火を楽しむために購入することが出来ます。しかし、アメリカの花火は日本の線香花火のようなものではなく、打ち上げ花火形式なので音は大きいし、火事の原因にもなるし、花火遊びで怪我をすることも多いのでTVのニュースなどでは出来るだけTVで楽しみましょう、と呼びかけています。若い人達は自分たちで花火を上げるのは楽しいでしょうが、安全第一で行って欲しいですね。

日本の夏といえば日本人の殆どが経験している、浴衣を着て縁側で楽しむ線香花火でしょう。実に懐かしいです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年07月09日

ビュッケブルグ歳時記 276

希望の見えない未来!?

 優雅な古城地 ElmauでのG7会議も無事に終わったドイツですが、この頃のニュースは暗い事ばかりで未来に希望が見えないことに驚くばかりです。
 その模様をお伝えしてみます。

1. 物価高について
 一時、低くなっていたパンデミーの患者数もまた増加していることと同時に、市民の毎日は物価高に脅かされているのです。
 スーパーマルクト、レストラン、給油所 etc. と何もかも高くなっているのです。   
ホテルその他の休暇費用も11.5%−16%高となっている。
また先月から中古車の値段が24%も上がっている。
 これ等の現象はエネルギーの値上がりが原因であり、経済家は2桁の値上がりを予想していて、インフレ率は7、4%になるだろうと述べているのです。
オイル・ガスなどのエネルギー問題を解決できない場合は1973年の7.8%を越すことにもなる可能性ありと暗い予想です。

2. G7 会議について 
 この会議の目的は、7つの経済優秀国とNATO が共同して、中国が始めたアジアやアフリカの経済途上国への干渉を妨げようとすることだということです。
 米国をはじめとする各国からの資金、計600Milliarden(10億)ドルで、 2013年に中国が始めた「neue Seiden Strasse = 新しいシルク・ロード」の建設を2027年までに阻止することが目的だということです。
 言い換えると”世界の高度経済を支えるために必要な下部構造(途上国の意)を支えるための投資で、この中には地球温暖化問題やエネルギー部門、健康問題も含まれるということです。この案は自国だけではなく開発国にとっても良い結果をもたらすことが期待出来るということです。
 また、300 Milliarden を持参したEU の大統領女史は「この資金は Team Europa からの資金で、これによってローロッパ同盟国のつながりがより強固にな るとともに、透明度、同盟感、持続性を一層強くして、欧州デモクラシーを強固にすることへの費用である、との意向を示し、
日本からの65 Milliarden は IndoーPazifik に飛行場を建てたり、港や鉄道建設のための資金であると発表され、その他イタリヤやカナダからの資金も加えられ、中国のヨーロッパ、アフリカ、 南米、アジアの国からの地中原料獲得のためのロード建設を妨害することによって欧州のデモクラシーを強固にしようという目的を持つ会合だったわけです。

3 . その他のこと
 ロシアからのガス輸入が無くなるだろとの見通しから、必ず来る冬の暖房費の処置、不景気をどう回避するか、秋には患者数が多くなるだろうとの見通しのパンデミー問題 etc. etc.

 このように全てのことが暗く見えてくる今日この頃なのです。

 ベルリン付近のアウトバーン(高速道路)の入口には数人が座り込んで通行を妨害している場面があっても、制限速度を下げることはしない、出来ない?現状なのです。
 イタリヤでの氷河の事故や、ポー河周辺の水不足を聞くと、地球温暖化の行末が思われます。このままもっと暑くなると地球はどうなるのかと心配になるのです。
 また、2. G7のように、民主主義を広めようとしても反対の主義の反抗があって、平和を望むことはとても難しいのだなあと知らされるのです。




aokijuku at 17:50|この記事のみを表示コメント(0)

2022年07月05日

【From America】「大学用資金の無税制度」

アメリカのウインドゲイト緑です。

前回に続いてアメリカの大学についての話題です。前回は、いわゆる「飛び級」に似た制度で、高校生の時から大学の授業を受けて単位を先取りして、18歳になった時にはもう既に短大卒業に必要な単位を取得できる制度についてお話しました。
今回は大学用の資金についてです。

卒業ガウン大学の授業料は洋の東西を問わず大変高額なのは皆が知るところです。日本でも祖父母からの教育資金援助に対する優遇措置などありますが、アメリカでは孫が生まれた時から「College Fund」という名前でお金を積み立てることが出来ます。そして、この利点は無税であることです。投資信託などの形にして孫の名前を明記し、カレッジ・ファンドにお金を移動しておきます。その資金は時間が経つにつれて増えていきます。そして孫が18歳になって実際にそのお金を使う時、つまりお金を引き出すタイミングでも、目的が大学の授業料、教科書、寮やアパートを借りる家賃などでその子供の教育に関するならば、無税なのです。普通の投資ならお金が増えた分に対して税金がかかりますが、このカレッジ・ファンドは税金を無料にしてくれる得点があります。

祖父母から贈与という形で孫にお金を渡すことも出来ますが、このカレッジ・ファンド制度はそれよりも税金面で優遇された方法です。しかし、目的が大学の教育に関することに限られていますので、それ以外に使うと罰金が課されますから注意が必要です。もし、そのお金を使い切れなったらどうするのか? その時にはその人の子供、つまりひ孫の大学資金に使えるので心配はご無用だそうです。とにかく大学用の資金に限る、というルールのようです。

アメリカでは大学資金のローンという方法があり、裕福な祖父母が居ない場合には多くの学生がこのローン制度を使って大学に行くことが出来ます。しかし返済無用の奨学金制度ではないので返済が必要で、その返済には長い時間がかかります。特に医学の道を選んだ人などは40歳代でもローンを返し続けているお医者様が沢山居ることは周知の沙汰です。
様々な形で大学資金を調達する制度がある中でこのカレッジ・ファンド制度はなかなか魅力的だと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年06月28日

【From America】「卒業」

アメリカのウインドゲイト緑です。
アメリカの6月は卒業式と結婚式の時期です。今まではコロナで卒業式がリモート形式や、両親や家族は別室でという形を余儀なくされていましたが、今年は従来通りの卒業式が多く行われているようです。

卒業写真中でも興味深いのは、アメリカでは成績の良いハイスクールの学生には高校生の間から大学レベルの授業を受けることが出来て単位を貰うことが出来ることです。そうすれば、高校を卒業するころには短大卒の単位を受け取れて、大学は残りの2年で卒業できるという方式です。早く大学の卒業の肩書きを持って世の中に出れば、それだけ早く昇進できる。或いは、普通の人が大学を4年間かけるところを2年で終わらせて早く大学院に行かれる。など利点は沢山あります。勿論 誰でもが出来るわけではなく、それなりのテストを受けてのことですが、みんな一律にということではなく、その人の個性、能力に合わせて融通を利かせて早く才能を伸ばしてあげよう、というアメリカの柔軟性は日本も見習うべきかもしれません。



aokijuku at 09:18|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント