2022年11月12日

ビュッケブルグ歳時記 284

「望ましいことではないが、是認できる事柄」

 ウクライナ戦争の行方もわからない、温暖化対策も足踏み、物価高、エネルギー欠乏等々に加えて、もう一つこの国の議会で議論がされていた中国の船舶会社 COSCO のハンブルグ港使用権について今回はお伝えしたいと思います。
 (世界中の大きな港の使用についての権利や使用料などの法則について聞いたことも考えたこともなかったので普通の家庭主婦のわたしにも勉強になったことを、前提としてお伝えしておきます)

 「中国の国家船舶会社のCOSCOは、ハンブルグ港のコンテナ・ターミナルの使用権利35%を、HHLA(ハンブルグ港論理局)に申請していたが、今回の議会でドイツ政府は24、9%の権利を与えることに決定した。25%を超えると業務執行者となり、業績とか人事に拒否権を持つことになるのを避けるための決定である。24、9%ではこのような権限はなく、入港の時に申請をしなくてよいという効果だけである。

 11月の初めに首相は中国訪問をしたが、その時の首相の言葉は「”ハンブルグ港を売ったわけではない!”」
  
 この決定について野党やその他から、下記のようなさまざまな意見が発表されています。
 
 野党の党首は「この機会に中国との関係を改めて考えることが必要で、自分としてはただの経済的な関係ではなく政治的戦略的な面から考える必要があると思う。
今回のような権利を与えることは、我が国の安全保障を脅かすことになるのではないかと懸念する」と言う意見を発表しています。

 またもう一人の議員も、「このような取り決めは我が国の経済的独立と主権を脅かすことである」として、新しい対中国政治が必要であると言う意見です。「この投資を単なる経済的問題と考えることは、今まで我々が経験してきたロシアの政治から何も学ばなかっっということの証明でもあるのはないか。新しい対中国政策は、新しい外国貿易法を作成し、これのヨ EU での同意を得て、新しい交通網での戦術を行うことが必要である」との意見を発表しています。

 「COSCO社は40年以来、ヨーロッパの8つのコンテナ・ターミナルに使用権利を持ち、世界の四大コンテナにも寄港している。
 
 先日、国家及び党首として選出された 中国の党首 XI は, ローロッパの諸国を”取引き相手”としての政策に力を入れている。
 中国は、ドイツの輸入も輸出も重要なパートナーであり、三台めの車の輸出先は中国である。この関係が崩れるということは我が国の自動車経済が(も)揺れると言うことを意味する。
 その他の部門、例えば特殊な原料を中国から買い入れるなども同様に我が国にとっても中国は取引相手としも重要な国でもあるのだ。

 ここからも中国を”締め出す”ということは、出来ないことであるし、大きな目で見ても Deglobalisierung (国家という単位を囲えて世界を一つにまとめようとする考え方の否定形)は出来ないし、してはならないことである。
 そこから出る結論が表題の「望ましいことではないが、是認できる事柄」というわけです。

 学ばせられることも大きいと思います。与党と野党と話し合って結論を出す政治は民主政治だと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月08日

【From America】「人手削減」

アメリカのウインドゲイト緑です。

最近の私たちの生活はたくさんのロボットやAIを駆使して、どんどん人間がやっていたことを機械が代わりになってやってくれるようになってきています。

今回は私がアメリカで最近遭遇した二つの人手削減の場合をお知らせしましょう。
マックドナルド先ずは、日本でもお馴染みのマクドナルドです。日本では受付の方が注文を聞いてくれて会計を済ませ、番号をもらってその人の注文が出来上がるのを待って、受け取る、という形ですね。この方法だと、注文を聞く人、その注文を聞いてバーガーやポテト、飲み物を用意する人、と二つのチームの人員が必要です。
アメリカでは最近は写真のような大きなタッチパネルで注文をします。カード決済をして番号をもらいます。そこには全く従業員は居ません。勿論 その注文は厨房に行き、注文の品を用意する人は裏にいるのでしょうが、私が見かけたのは番号を呼んで注文を渡す人が一人いるだけでした。かなりの人手削減ですね。

クエスト次は血液検査をするラボの状況です。オンラインで予約します。その日時に行くと、写真の通り受付には全く人が居ません。タッチパネルで自分の名前を入れます。次は本人確認の運転免許証をかざします。写真認証ですね。その次には保険証をかざします。こちらも写真認証です。これで受け付けは終わりです。
待合室で待っていると、一分と違わない予約時間に血液を採ってくれる検査員が名前を呼んでくれて採決所に行きます。採決をして終わりです。なんとスムーズなことでしょう。受付の人手が削減されています。

こんな感じで、アメリカでは人間の姿を見ることが珍しいくらいになってきました。
電話応対で録音テープが流れて、「xxの人は1番を押してください」「〇〇の人は2番を押してください」と聞こえてくるときに、どの番号にも当てはまらないことで電話しているので「人間と話したい!!!」と思った経験があるのは私だけではないと思います。
今度は人間が居るはずの受付や注文の場に人間が居ません。機械の扱い方が分からない人はどうするのか? と心配になります。しかし、このような変化に消費者がついていかないといけない時代なのだと思います。
日本でもアメリカでもこんな風に人間がやっていた仕事がどんどん機械に代わっていくという現象は起こっているのですね。人手削減だと言ってもなんだかちょっと寂しい気がするのは私だけでしょうか?


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月01日

【From America】「最近のハロウイーン事情」

アメリカのウインドゲイト緑です。
韓国のハロウイーンの死亡事故は本当に心が痛むニュースでした。日本の渋谷でも今年は沢山の人が集まったようですが、何も事故が無くて本当に良かったですね。

pumpkin & momハロウイーンのお祭りは本来日本には無かったもので、西洋のお祭りを取り入れた新しい日本の文化です。では、その発祥のアメリカ・イギリス・アイルランドなどでどの様に始まったのでしょうか。それはキリスト教のカトリックでは11月1日が「諸聖人の日」ですので10月31日の夜はその前夜祭にあたります。11月1日には万聖節という呼び名もあるように全ての聖人、つまりバレンタインデーのSt. バレンタインとか3月17日のSt.パトリックスとか頭にSt.が付く人全員を祝う日です。そのAll Saints Dayが11月1日。そしてその翌日は万霊節で亡くなった全ての死者の魂に祈りを捧げるAll Souls’ Dayに当たります。
という訳で、日本のお盆のような感じで、沢山の死者の魂が帰って来るときに魔女や悪い魂も一緒にあの世から付いてきてしまうといけないから仮装して身を守る、悪い霊を追い払う、という意味があって始まったものみたいです。

私の経験では、私がアメリカに住み始めた30年前も今も中心は子供のお祝いです。大人も仮装して個人的に友人宅でパーテイーをする場合もありますが、あくまでも中心は子供。ここが少し日本と違うと思います。子供が仮装してご近所を回りキャンデーを貰う、という習慣は今も昔もアメリカでは変わりはありません。昔に比べ、治安も良くなくなってきている昨今、暗くなってから子供が歩き回ることに不安を抱える親も多いので、消防署など広い駐車場のある場所で午後の明るい時間に仮装した子供達が集まってハロウイーンを祝うという形に置き換わってきているのが最近のトレンドのように思います。

大人が仮装しているのはレストランやバーなどのウエイトレスさん、或いはオフィスでもちょっと仮装してその日は仕事に出かけるなど、生活の中にハロウイーンを取り入れてはいますが、韓国や日本のように大勢の大人が仮装してある場所に集まって騒ぐ、というのはちょっと本来の西洋の祝いかたとは違うように感じました。
とにかく楽しくお祝いするのは良いですが、安全第一でお願いしたいですね。


aokijuku at 23:25|この記事のみを表示コメント(0)

2022年10月25日

【From America】「ハリケーンの大きさ、強さの表現」

アメリカのウインドゲイト緑です。
前回に続き、ハリケーンの話題です。
前回はハリケーンの名前についてお伝えしましたが、今回はハリケーンの大きさの表現の違いをお知らせします。

ハリケーンイアン02日本の台風の大きさや強さは、風速によって大型の台風とか超大型の台風などの言い方。非常に強い、とか猛烈な、、、、などの形容詞を使った表現を使います。風速や雨量も常に報道されますね。
一方、アメリカではハリケーンの大きさ、強さをカテゴリーに分けて1から5までの段階別に表現しています。シンプソン・スケールというもので分けられているそうです。その説明は以下のようなものです。

カテゴリー1: 建物に被害は無いが木の枝が折れたりする
カテゴリー2:屋根の一部やドア、窓が壊れる
カテゴリー3:小さい建物などの構造的な被害。樹木が倒れる。
カテゴリー4:小さい住居の屋根が壊れる。海岸の大きな浸食がある。
カテゴリー5:多くの建物で屋根が壊れる。海岸線の近くでは洪水が発生。

天気予報やニュースでは、ハリケーンの大きさ、強さを表すのには常にこのカテゴリーの数字が使われているので、その数字が何を意味しているかを良く理解していないと、どんな被害が出るのか? 非難した方が良いのか? どんな準備をしなければいけないか? を判断できません。

今回の9月末のハリケーン「イアン」はカテゴリー4でした。
かなり大きなハリケーンであったことがお分かりになるでしょう。
フロリダを直撃したハリケーンの中では歴史上第4位に位置する大きなものでした。

まだ秋の台風/ハリケーンの季節は続きます。これからも日本の台風とアメリカのハリケーンに気をつけて、停電や洪水の被害に備えて非常用持ち出しのバッグや非常食のチェックなどをしておきたいですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年10月22日

ビュッケブルグ歳時記 283

「Zusammen mit ”Fridays for Future” auf den Strasse ! 」

 紅葉した葉が散るようになった今日この頃、「Fridays for Future と共に進もう!」というスローガンのもとに、先週は全国の都市で三十万人の人がこの国の地球温暖化政策を促進させるためのデモを行っているのがドイツの毎日です。
 戦争の話でもちきりの国民に向かっての啓蒙の意味もあると思われます。また、しばらく姿が見えなかった先導者 Greta Thunberg が19歳になって、出版された自筆の本を手にまた姿を表したことが原因の一つかもしれません。

 ドイツの、地球温暖化に関するアクチビストたちが自国の政治の温暖化阻止政策に対してどのようなことを要求しているかは次の通りです。

1. 石炭、ガス、石油、原子力から手をひき、修復できるエネルギーにする。
  これと同時にエネルギーを倹約することを奨励し、大気汚染の無い(少ない)暖房法の研究を進め、実行に移す。 
2. 交通機関の変革として全ジーゼル車の使用を禁止する。また公用車の使用も停止する。
  これらに使われていた費用を、新しいバスや電車の制作に、又は自転車のための新しい交通網を作ることに用いる。
3. 3回目の国民への「援助小包」は、低給料の国民だけを対象とする。
4. 地球高温化に苦しんでいる、地球の南に位置する国々を助ける努力は大切であるので、次の温暖化阻止の世界会議にはドイツは資金の面で南の国を援助するべきである。

 これらの事項が現実となることを望んでいるのです。

 また「Last Generation」とか 「Scientist Rebellion」とか「Debt for Climate」などの呼び名をつけたグループは、経済省の入り口で経済大臣との面談を要求し、面談が叶うまで座り込んだりしているのです。 

 ウクライナ戦争が始まってからは、本当に地球温暖化に対する政策が影を潜めているのは事実なのです。

 「地球という一つの惑星を救うには何が必要か」という新聞記事に書かれていることは次の通りです。
* 地球温暖化は惑星をどう変化させるのか・・・乾燥と火災は北の針葉樹林を焼き払い、それまではCO2の倉庫としての役を果たしていた樹林の役から反対 にCO2を吐き出す役目をするというネガテイブな役をする結果となっている。
  また熱帯の常緑原生林がなくなることは、ここでもCO2の発生を生むことになる。CO2の発生を少なくすることが重要事項であるにもかかわらず。
* 温暖化とは・・・地球の温度が上昇していることで、全体数は1、1度Cドイツは工業国になって以来1、9度C上がっている。
  北境圏の温度はもっとあがっていて、これは人間が研究のために使った燃料用液体ガスが原因である。   

 このように海も大陸も人間によって温顔化されたのであると結論を出しているのです。 

 そこから地球を守ろうとの組織、Fridays For Future の発議者でありアクチビストの Greta TH.が「富と権力を持った人たちは、あなた方が為したことに対しての弁償をするべきだ」と言っていることの意味もわかるような気がするのです。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント