2022年02月26日

ビュッケブルグ歳時記 267

2月14日 ー Valentinstag

 先週、日本の新聞に出ていたヴァレンタインスターグの記事を読んだときに、なんとなく疑問符が浮かんだのでその原因を考えたところ、ようやく分かったことは、この”愛の讃歌を実行に移す日” の実行法がドイツと違うことに思い当たりました。
 日本では、女性が甘いチョコレートに彼女の想いを託して、相手の男性に密かに贈るのがこの日の行事となっているようですが、ドイツではその反対で、男性が女性に花束とチョコレート菓子を贈る場合が多いのです。 

 ヴァレンタインス・デイのいわくを調べてみました。

 ”ヴァレンタイン日” とは、3世紀に、イタリヤの中間部ウムブリエンのテルニに生きたヴァレンタイン司教を記念する日ということです。269年の2月14日に殉教者として処刑された司教を思い出す記念日として、死後200年後に設定された愛を伝える日ということです。

 この司教がどのような人格者だったかというと、
* 当時、ローマ帝国時代には兵隊は結婚を禁止されていたが、司教はそれに反抗 して許可した。その結果、司教は投獄されたが、
* その投獄中に、盲目の一少女を介抱、見えるようにした。この結果「魔法の治 療者」としての名を高めた。
* また庭仕事を愛し、さまざまな花を栽培し、市民や教会員に贈った。

 このことが欧米での Valentinstag のチョコレートと花束を、想う人に贈るということの根源だということです。


 この他に、ロマンチックな愛情を表現する様式にプラスして考えられる一般的なことは
* 2月は野鳥の交尾期に当たる
* 古代ローマ時代に牧羊神ファウンの為に毎年2月15日に行われた豊年祈願祭りなどが、Valentinstag となった要素 と考えられるということです。

 要するに愛情から子孫繁栄へと広がって考えられているのが、この日に託した願いなのかもしれません。 

 このようにして出来上がった記念日が15世紀に英国に渡り、移民によってそれが米国で引き継がれ、第二時世界大戦後、ドイツ駐在の米兵によってこの国ドイツに伝えられ、毎年2月14日にはお菓子会社と花屋を繁栄させることが、1950年ごろから秘めた愛情を密かに示す日として一般化したということです。

 このような日はその他の国にもあるようで、例えばイタリヤでは「愛の鍵=(愛し合う二人の名前を書いたもの)」を水の上にかかった橋の欄干にかけ、鍵は水に投げ入れて、愛が永久に続くことを誓う。
 英国の1州ウェイルスでは1月25日がSt.Dwynwen を保護聖人とする日で、この日には愛し合う二人は、芸術的な彫りが施された木製の匙を送り合うという習慣があるということです。
 スペインでは4月28日が「聖人ホルジの日」で、女性は愛する男性に一冊の本を、男性は愛する女性に赤い薔薇の花を一本贈る日とされているということです。

 ドイツのValentinstag も、今は統計をとってみると75%に人が「お菓子屋と花屋の商売日だ」という意見だということです。

 つまらないブログで申し訳ありませんが、書いている間に知ったウクライナに仕掛けられた戦争よりはまだ心が温まる事柄のように思えます・・・


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年02月12日

ビュッケブルグ歳時記 266

戦争になるか?

 パンデミー騒動も終わっていないところへ表題のような文字で始まるウクライナ問題がニュースの冒頭になっているのがこの頃のドイツです。
 この問題についてはウクライナだけではなくソ連をはじめ、関係する諸国の歴史を知らないとブログを書く資格はないと思うのですが、問題解決のためにドイツを含めた諸国が現在、どのような解決策を練っているかという新聞記事が目に留まりましたのでそれをお伝えしてみます。

 「今週の数日間内の、6回にわたる各国代表者による会合が ”外交使節”となって平和に行き着くか」がタイトルです。この6つの会合とは:

1. ワシントン/ベルリン・・・7日に行われたショルツドイツ首相の、就任挨拶アメリカ訪問が、即ウクライナ外交対策会議となった。
アメリカもウクライナもNato の関係上、ドイツからの軍事援助を期待しているのですが、現在のところドイツは武器販売援助を拒否しているのです。そこから大きな問題点である Nord Stream2 ( 東海に建設された露ー独 間のガス輸送パイプ線のことです。今まではウクライナを通る輸送パイプだけだったのですがドイツが新しい独自のパイプを持つと、露、米、ウクライナの3国に支障が起きることになり得るわけです)については両者とも「口に出さなかった」ということですが、この問題はいずれウクライナ騒動の良否鍵を握ることになる可能性ありと読めます。

2. パリ/モスクワ・・・マクロン仏大統領は7日の夕刻にはモスクワに飛んでプーチン大統領と6時間にわたる話し合いをした。その目的はウクライナ騒動だけではなくフランス、ドイツはもとよりヨーロッパ、EU諸国に戦争が起きないことが目的だとの、EU賞賛意見を述べたとのことです。

3. ベルリン/ キエフ・・・8日はドイツ外務大臣(みどりの党)がウクライナ外務大臣と対談。
 「ロシアからの攻撃戦術にわが国ドイツは軍隊を持って対することはできない。  
自分は数日前までは ”話し合いと堅固” を主張していたが、今は ”話し合いと外交” を主張する」との平和案を表明したとのことです。  

4. モスクワ/キエフ・・・マクロン仏首相は8日にはキエフに飛んで、ウクライナ大統領のセレンスキーと会談。その帰途にはベルリンにトランジットしてショルツ首相に会談成果を報告。EU圏の平和を強調したということです。

5. キエフ/ドンバス・・・ドイツ外務大臣(女性)がヘルメットと防弾チョッキに身を包んでドンパスの実戦現場を訪れた。

6. ポーランド/ベルリン・・・8日夕刻、ポーランド大統領ヅダがショルツ大統領訪問。

 この他にベルリンには関係諸国の交渉員が常時待機していて、日夜交渉に当っているということです。

 このような平和を目指しての関係国々の戦争回避努力を知ると「戦争にはならない」という希望が見えるような気になります。

 そしてDialog (対話)の 大切さを改めて知らされています。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年01月25日

【From America】「アメリカン・フットボール熱」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本人は野球が大好きですね。軽い会話の中でも「あなたはジャイアンツのファンですか?」なんて言葉がきっかけで、知らない人と大いに親しくなれることがあると思います。アメリカではそれに相当するのはアメリカン・フットボールだと思います。皆さん それぞれのお気に入りチームがあり、それで仲良くもなれば喧嘩もするほど熱を入れています。

自分のお気に入りチームのTシャツを着るのは勿論、家の前に本来であればアメリカの国旗を掲げるためのポールがあるのに、そこにお気に入りのフットボールチームの旗を掲げるお宅も多いのにはびっくりします。
スポーツ・バーで飲んでいる場合には皆さんでTV画面を見ながら応援しているのは勿論ですが、歓声と共にヤジも飛び交います。

フットボールの氷私の今いるラスベガスでは新しくフットボールのチームが生まれて皆さん大いに盛り上がっています。
レイダーズという名前のチームですが、Mカジノはこのレイダーズのヘッドコーターに一番近いこともあり、レイダーズのオフィシャルホテルと銘打っていて、そのホテルの中にはレイダーズ・タバン&グリルというレストランがあります。インテリアはレイダーズ一色。ヘルメットやボールを飾っていることは勿論、ウエイターやウエイトレスも皆フットボールTシャツで身を包んでいます。
中でも驚いたのが、ドリンクのコップの中の氷です。なんとフットボールの形をしています。

ここで試合観戦すれば、応援する気持ちも最高潮になること間違いなしですね。
2月には今年のアメフトの最高峰を決めるスーパーボールの試合に向けて、アメリカではアメフト熱が最高潮です。
日本の皆さんもTVでぜひスーパーボールの試合を観戦してみてください。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年01月22日

ビュッケブルグ歳時記 265

パンデミー世代の若者たちの不安

 ウクライナ問題や、ひどい勢いで伸びているオミクロン感染者数は日本でも同じだろうと思われるのですが、今週のこの国の議会の様子がTVに映されると、ずいぶん違うだろうと思われるのが議員年齢が若いということと女性が多いということなのです。演説者は女性も多く、また議員世代が若返っているということに気が付きます。

 そこからコロナ感染時代に生きる若い人がこの国ではどのように問題化されているかを今回のブログでお伝えしてみたいと思います。

 14歳から29歳までの若い人たちの生きる道はパンデミーによって非常に不安定になっているというのが結論です。
 若い世代の人たちは、精神の健康、人生設計の自己コントロール、友人達との付き合い、経済面での安定、家族的団結など全てが脅かされているというのが自分達が置かれている状態だと言っているそうです。このように全ての環境が否定的であることや、また「将来に経済的な保証のない若者たちには右(右翼)からの勧誘が大きい」との風評があり、このことはパンデミー時代にも言えることである。経済的保障が無いということは「貧乏」ということの重荷を意味し、この重荷を軽くするということであり、この2年間のコロナ時代には自分の持つ重荷を軽くするためにクラスで暴力を振るう生徒が増えているとの教師達の報告が多く聞こえる、ということです。そしてこれが政治化した場合は右翼からの勧誘が多くなるということです。 

 また半面では、「若い」ということが自由を求める時代であるとも言えるのにも関わらず、60%の若者が国の規則とそれを守る団結には背かないとの意見であることは見上げたことである、との優等生的な調査結果も示されています。 

 そして若い人たちの政治的方向は幸いに建設的で、実用的で、テーマに沿った、党の意向に従った方向で、昨年の選挙での温暖化政策、自由権利確保、経済の将来確保がこれを証明しているということです。
 またここで思い出していただけると思いますが、交通信号機色の連立政府となったドイツですが、その中のFDP(自由民主党)が票を多く得たのは若い人たちの期待と賛成が多かったからだということです。選挙戦で FDP 党はこの国の基本権を重要視し、選挙前の政府のコロナ政策への批判が、右翼のA fD (ドイツのための選択肢党)の票を大幅に奪って今回の連立党を制作させたとも言えるということです。 

 最後に、今回の選挙で AfD 党は7%の票を獲得したのですが、ドイツのコロナ時代を生きる若い人たちは確固としてデモクラシーを支持しているので、国としても、若い人の声を忘れてはならない。
 国としてコロナ時代の若い市民の声を聞き忘れることなく、彼らの政治に対する意欲を育ててゆくことが大切である、と論じられています。

 ここに書いたこの国の「若い人」の様子は、日本の若い人たちととても違うように思われるのです。若い人たち自身よりも、その人達を扱う周囲の違いが大きいのかもしれません。
 このブログに登場する若い人たちは、子供ではなく、次の時代のこの国を作る人達のように自分も、周囲も思って、そのように扱われているように思われます。
 未来の政治家が子供の時から生育されているような感じなのです。
 この国では政治が明け透けで、一人一人が自分の思うとうりを発言できる権利が履行されているのです。この履行は子供の頃からのしきたりなのです。                                                                                                                                                                                  民主主義についての討論が出てきている時代ですが、まずこの主義を若い人たちと徹底して協議することが必要なのかもしれません。 


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年01月08日

ビュッケブルグ歳時記 264

2022年はパンデミーの終わる年となるでしょうか?

 この問いに答えるのは新しい連立党SPD(社会民主党)の K.Lauterbach (ラウターバッハ)健康大臣です。彼は Duesseldorf 大学で Dr. Med を取った後アメリカに渡り Havard Uni. で Epidemiologie (流行病学)と 健康経済学を学んだ経歴を持つ学者で、パンデミーが蔓延っていらい、参考学者として新聞やTV のメデアで意見を発表してきた学者です。前期の政治では党が違っていたので、大臣の席はなかったのですが、昨年のSPDの勝利で健康大臣となったわけです。

 2021年のクリスマスも人間間のコンタクトは最小限に制限され、新年に向けての最後の日の夜半を彩る花火の饗宴も一昨年に続き禁止されて、寂しい静かなジルベスターを強いられた市民はパンデミー政治政策に不服も多く、クリスマスから新年かけての休日は多くの都市で接種反対などの反抗デモが頻繁に行われていました。

 新年になってオミクロン患者が増え、その対策に今は第一線に立って活躍している 健康大臣の考えと方法をお知らせしてみます。

* 今週の金曜日に開かれる閣僚会議では隔離期間を短くすることを決議する、との大臣に、質問者は懐疑の意を示したようですが、答えはオミクロンは感染者の体内に止まる時間はデルタヴィールス に比べて非常に短いので危険性はない。

* コンタクトに関する政策はこれまでと同様でこれを緩めることはできない。

* オミクロンはデルタ・ヴィールスよりも危険性が薄いと言われているが、残念ながらこれを証明するデータが少なすぎるので、確信には至らない。

* 再度、コロナとの生活に戻っての質問になるが、16の州のうち、5州が学校での普通の授業を始めたが、この件についての大臣の意見は「この国の教育は州に高権があるので自分としてはそれを尊敬し、口出しをすることはできない。
ただし流行病学者としては学校でのマスク着装義務の必要性は指摘する。ヴィールス感度が低いということはマスクを使用することで被害を防ぐことが大きい」との意見を言っています。

* 2022年の接種薬の供給は、毎週10Millionen Dosen を用意したので、この数の接種が可能である。Biontech は依然として不足がちなので30歳以上の男性には Moderna を使用している。

* 「連邦議会は接種義務を決議するか」との質問への答えは「下院議員としての自分の意見は18歳以上の国民には必要だし義務とすることは正しいと思う。これは杓子定規的ではなく記録簿などを使うことなく施行されるべきだ。

* 四回目の接種が必要となる可能性は自分としては高いと思われる。オミクロン・ヴィールスは今までの結果が70−80%と成功率が完璧でないから。

* 最後に、パンデミーが2022年に終わる可能性については「成功率はヴィールスの発展状態と、我々が行なっている接種運動の結果にかかっている。接種運動が成功すれば パンデミーはエンデミー(エンデ=Ende= 終わり)となり得る」

 この最後の項、パンデミーがエンデミーとなることは今は全世界の人たちの願いだと思います。
 パンデミーによって制限された自由を少しでも早く取り戻すためには、自分のためと世界の人間のために接種をするべきだと思います。
 いろいろな形の「自由」に気づき、そのあり方を考える時でもあるような気がします。


 今年がエンデミーとなる良い年になりますように願いながら・・・


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント