2021年07月20日

【From America】「BOGOとは?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは「BOGO」という広告を見たことがありますか?
これは「Buy one get one free」または「Buy one get one 50% off」
などの意味で、一つを買えばもう一つはただになります。或いは一つを買えば二つ目は50%引きます、などの意味です。
在庫品を処分する為でしょうか? 或いは販売促進のためでしょうか? 
最初の「Buy one get one free」とはこの商品は半額ですよ、という意味ですが、50%引きで一つだけを買ってもらうより、この広告をすれば二つ買ってくれる、というメリットがあります。一つだけ買おうと来店した人に、お得になっていますから二つ買ってください、というメッセージですね。
720次の「Buy one get one 50% off」は、結局は二つとも75%の値段で買えますよ、というメッセージです。目的は同じことで、一つだけを買いに来たお客様に二つ買ってもらおうという狙いがあります。私は、化粧品やビタミン剤などをこの方法でお得に買っています、

この言葉を聞くときに思い出すのは、クリントン元大統領が選挙戦でこの言葉をもじって「僕に投票すればヒラリーがただで付いて来ますよ」という表現をしてアピールしていたことです。とてもアメリカ的な発想ですね。

この広告を見ても二つ目を買わない場合、一つだけを買うと定価、もしくはその店で設定した値段になってしまうので、つい「それならこの際に二つ買っておくか」という気分にさせます。
一方、野菜などには「二つで5ドル」などの表示があります。こちらは必ず二つ買わなければいけないわけではなく、一つ買う場合、きちんと半額の2ドル50セントにしてくれますから、その表示に惑わされて無理に二つ買う必要はありません。

販売促進には様々な方法がありますが、このBOGO方式は売り上げを延ばしたい売り手にも、賞味期限があるようなものではないから買っておこうかなと思う買い手にも有利な方式だと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年07月13日

【From America】「独立記念日のお祝い」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本はオリンピックの前で再び緊急事態宣言が出るようですが、アメリカは一足先にワクチン接種が進み、私の現在いるコネチカット州では5月19日を境にマスク着用の義務は無くなりました。レストランは開いていたものの制限があったのですがそれも解除され、バーもカウンターで飲むことが出来るようになり、勿論 お酒の提供もオッケーで元の生活に戻ったような気持ちになっています。

NY7.4.017月4日はアメリカの独立記念日でした。昨年は中止になった花火が戻ってきて、人々は集まってお祝いが出来るようになりました。独立記念日はとてもアメリカらしい祝日で暑い夏の時期 BBQをして花火でお祝いと言うのが定番です。

NY7.4.02NYマンハッタンでもボストンでも大きな花火のデイスプレーがありました。私はいつもTVで両方を見るのですが、今回はNYの花火がいつもより盛大に思えたのはコロナでお祝い事が無かった時間が長かったからでしょうか? 花火は火事の危険もあり水のある場所で行うのが普通です。今年も水の上にバージを浮かべて打ち上げ花火をセットしていましたが、マンハッタンのビルの上から花火が上がったのは圧巻でした。
Boston7.4.01ボストンではボストンポップスの演奏があり、恒例のチャイコフスキー1812オバチャーの演奏とアメリカ軍の大砲がシンクロナイズする場面はいつ見ても感激します。

アメリカでもデルタ型変異株が流行っているので、いつまでこんな自由が続くのかは分かりませんが、つかの間の自由を楽しんでいます。
Boston7.4.02日本はオリンピックを前にコロナ対策を厳しくしてもし過ぎることはないと思いますが、とにかく早くコロナが終息するのを願うのは世界中の祈りですね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年07月10日

ビュッケブルグ歳時記 252

政治はどこにでもついてまわる?!

 先回のブログでは、メルケル首相と同じ15年間の功績を持つサッカーの、連邦トレーナーの引退についてお知らせしましたが、あの、残念ながら負けてしまった対ハンガリー戦(これでヨギの引退はメルケル首相より一足先に先になってしまいましたが)の裏にはもう一つの陰があったのです。
 今回はその影について読んでいただければと思います。

 「スポーツはノンポリ(非政治的)という考えは残念ながら、間違った考えである。政治が入り込むことからスポーツの持つ魔術が損なわれてしまうのはないかという心配が大きくあるにもかかわらず、政治は表題の言うとおりスポーツ界でも、いつも一役買っている」というのが、今回のブログの内容です。

 ハンガリー対ドイツ戦はミュンヘンの競技場で行われたのですが、大会の前にドイツサッカー協会は、サッカーに関連してはいるが直接ではないある政治的事項で人々の注意を引くため、戦いのスタジオを虹色の照明で照らし出す許可をもらいたいと UEFA ( ヨーロッパサッカー協会)に依頼状を提出していたのですが、結果は ”不許可”になってしまったのです。

 ここで、二つのことの説明が必要です。
 一つは「虹色7色」についてですが、こちらでは40年前から「差別や、告白した人に対する偏見や、慣習や、憎悪」などに対する差別反対信条を持つことを示す色として使われる様になったとのことです。性的差別を無くすためのデモなどに使われる、いわゆるシンボル用色なのです。
 もう一つは、アンチ・デモクラシーのハンガリーでは現在、ゲイ、女子同性愛者、ビ・セクシュエル者、トランスジェンダーなどの人々の存在や権利は認められていないのです。

 この様な事情から、ドイツ側から性的差別をなくすための反対意見を示す用具として、競技場を虹色に照明する案が提出されていたのです。バイエルン州の州大臣S氏も、この案には賛成していたのですが、ハンガリー側の反対で実現には至らなかったのです。ただ、ドイツテイームのキャプテンでゴールキーパーのNeuerは、キャプテン表示の腕印にはこの虹色の布を使っていました。
 政治臭が強いからということで許可にならなかった虹色反抗を、個人的に使った良い意志表示に思えます。

 この虹色反抗から、この国のサーカー族の歴史も学びました。
 今は女性のファンも多く競技場訪問数も増大していますが、以前はサッカーは男性のもので、競技者だけではなく観覧者も男性たちのものだったということです。
したがって、つい最近までドイツでも前記のような性的特殊男性者の入り込む、というかサッカーマンが事実を打ち明ける余地はほとんど皆無で、したがってドイツのサッカー界ではこの種の男性の真相告白はつい最近1件あったと聞くだけです。
 世論調査ではこの虹色奨励には64%の国民が賛成しているということで、半分以上が寛容感を持っているということです。

 この他に、開始前のテイーム全員の国歌斉唱の時に起立せず、片膝を地面つけたままの姿勢、ーいわゆるひざまずくーで国歌を歌うという抗議の形も増えているのに気がつきます。これは2016年にサンフランシスコのフットボール大会で、ある黒人の選手が人種差別と警察暴力に対しての抗議をしたのが起源ということで、今回の E大会でも数回行われた抗議の形です。

 このように政治はどこにでもついてまわるモノのようですが、スポーツ界での影響度については楽観的のようです。
 次の大きな大会は、この夏の 「独裁者なしの東京オリムピックだ!」とあります。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年07月06日

【From America】「BYOBとは?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカには時々レストランの看板や窓などに「BYOB」という文字を見かけます。これは「Bring Your Own Bottle」の略です。
自分のボトルを持ってきて食事をしても良いですよ、という意味です。どうしてこんなことが出来るのでしょうか?

BYOB一つは、酒類を提供するライセンスを取得していないレストランは食事しか提供できません。美味しい食事をすればワインを飲みたくなるのは当然。そこで、どうぞご自身でワインを持ってきて食事の時に飲んでください。という場合です。
もう一つは、そのレストランに置いてあるワインは自分の好みのものではない場合、自分の大好きなブランドのワインを持って行くことが出来るという店もあります。コルク・フィーと言ってそこでワインのコルクを開ける料金を支払いますが、これもまた自分のこだわりのワインをレストランに持ち込んで、美味しい食事と共に味わうことが出来るという場合です。

私の経験では、女同士の友人の誕生パーテイーを開いた時に、ケーキ作りがとても上手なメンバーがひとり居て、その方が素敵なケーキを手作りしてくれました。レストランで食事をした後、デザートも当然その店のケーキを注文するのが普通ですが、その時には「ケーキ持込料」を支払って皆さんでそのケーキをレストランのテーブルで味わえたことを思い出します。

アメリカはとにかく自由自在にルールを定め、お客さんに満足してもらえるように考えています。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年06月29日

【From America】「アメリカのジビエ」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本で「ジビエ」として食されている動物の代表格は鹿でしょうか? ジビエという言葉は総称だそうで、狩猟によって捕獲された動物の種類も場所によってはイノシシとか熊なども含まれるようですが、一般的にジビエといえば鹿を思い出すでしょう。

エルク肉アメリカ、コネチカット州の肉屋さんにも、牛肉、豚肉、鶏肉、以外にELK(エルク)と書かれている肉を売っています。え? もしかしてトナカイ? と思われる方も多いと思います。サンタクロースがトナカイに乗ってプレゼントを持ってきてくれる、というのは子供のころからの夢のようなお話ですから、ちょっとトナカイを食べるのは、、、、と思うのは当然だと思います。

調べてみると、ムース、エルク、カリブー、トナカイなど大変似ているのですが、総じて皆、鹿の一種だそうです。北米には沢山生息しているので、肉屋さんで売っている肉を食べてしまっても、12月にサンタさんのソリを動かすトナカイが居なくなってしまう心配はないようです。

私は、メイン州に友人を訪ねた時に、地元のマクドナルドでハンバーガーを注文するときに牛肉かムースの肉を選べると聞いてびっくりしたことがありました。ここでしか食べられない!と思ってムース肉を選びましたが、味はさほど普通の牛肉と変わらなかったことを今でも覚えています。

「所変われば品変わる」皆さんもチャンスがあったら、ぜひ一度アメリカで鹿の肉を召し上がって見てくださいね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント