2022年04月23日

ビュッケブルグ歳時記 271

キエフに戦車を供給することについて・・・反対、賛成、場合によっては?

 依然としてロシヤのウクライナ攻撃が続いている現在、重装備の戦車をウクライナに供給することについてドイツ国民は政府の意向がはっきりしないことに戸惑っています。ショルツ首相は現物ではなく援助金額を増やすことを表明しているのですが、戦車や、この国で Schwere ( 重装備の) Waffen ( 武器 )* と言われている武器 の現物供給には保留の態度を崩していないのです。欧州東側の国やその他の国が既に行っている重装備武器の供給に、はっきりした態度を表わさない政府に国中が戸惑っているのです。 

 昨日は、ウクライナの次にソ連がまた社会主義国に戻そうとする可能性が強いラトビヤ国の首都リガで、外務大臣と面会したドイツの外務大臣に寄せられた第一の質問が「ドイツの重装備供給方針の行方」だったと今朝の新聞に報道されています。
 ベヤボック独外務大臣の答えは :  1. ある種の武器、例えば戦車防御武器は既に提供済み。2. その他の武器はドイツ自国の軍隊からの提供となり、これは自国軍隊の縮小となることを意味するので不可能。3. その他の武器についてはヨーロッパの国々と順繰りに提供することになっている。
 このようにべヤボック外務大臣は、現状を正確に示し、できないことを約束するのは意味のないことであるとの意見を率直に述べています。

 これに反してショルツ首相は、ウクライナ軍隊がロシア軍と戦えるに足る軍備を整える準備を手伝うのがドイツ及び同盟国の役目であるとして、救助金を多くすると表明しているのですが、武器そのものの給与についてははっきり言及はしていないのです。(これは、武器そのものを供給することは ”戦争政党” となることになるので、それを避けて援助金給与とする、ということにするのだということを耳にしたことを書き添えておきます。)
 この首相の態度についてウクライナ大使は「ドイツ政府の態度はウクライナ国民にとって苦味と失望をもたらすもの」という苦い内容のコメント を表明しているようです。
 が、現在のドイツの軍備も充足している状態ではなく、 Nato 関係の出動とかスロバキア共和国のBattle Group参加など、また万一の場合に備えて戦車のような重装備武器を手元に置くことも忘れてはならないことであるので、100台の戦車を全部ウクライナに供給することは不可能なことである。また現状は持っている戦車の半分が活動できる状態であることも忘れてはならないという内情も発表されています。

 また現在、ウクライナは USA から砲兵、戦車、ヘリコプターを給付されているし、英国からは AntiーSchiff ( 船)ー ロケット弾 、カナダからは歩兵の持つ武器を、オランダからは戦車が給与されている。これに反してドイツから給付されたのは5000個のヘルメットだけで、防護戦車もハウビツツ戦車も隊員移動用戦車も給付されていないのが現状ということも明らかになっています。

 この様にこの国は今の所、政府の意向として武器援助ではなく給費援助を選んでいる様なのですが、国民の意見としては51%が攻撃武器の給付に賛成しているとの調査結果も発表されています。 

 ドイツが武器の援助をすると、ロシアがドイツ攻撃を始める可能性もあるから、という見解も耳に入ったことも書き添えておきます。

 Schwere Waffen* と言われる武器の種類区別もよく知らないわたしなのですが、なにしろ武器による戦争は早く辞めて、言葉による戦争になってくれることを願う毎日からのブログです。 


aokijuku at 09:13|この記事のみを表示コメント(0)

2022年04月19日

【From America】「あなたの祖先はどんな人?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

しばらくのご無沙汰をお許しください。コロナウイルスは未だに私たちの周りに居座り、不便な生活を余儀なくされていますが 皆さん、お元気ですか?

アメリカ人というと元々アメリカ大陸に住んでいたアメリカン・インデイアンを除いて、全ての人は移民です。人種のるつぼとも呼ばれているアメリカですから、様々な国からやってきた人たちが結婚して子供が生まれ沢山の混血の人が居ます。アメリカでは自分の祖先が何人なのか? 自分の混血の割合はどのくらいなのか? 自分の何代前にアメリカにやってきたのか? という祖先を知りたいという気持ちがとても強いです。
日本は島国ですから自分の祖先を調べるとしても、xxという苗字はある地域に多いといわれているから、祖先の出身は○○地方でしょう、位のことでそれ以上の祖先を調べることは余りないと思います。

ancestryそこで、アメリカでとても人気のあるサイトであるAncestry.com についてご紹介しましょう。ここには膨大な資料があり、昔の国勢調査の情報やミリタリーの情報にもアクセス出来て、家系図を作るのにはとても便利な調査が出来るサイトです。自分のファミリーツリーを作っていくのには、とても役に立つサイトです。インターネットのお陰で、便利になったものですね。
また、友人がユタ州にあるソルトレイクに行った時にモルモン教の本部に行くと、口の中を綿棒でちょっと拭うだけでDNA検査をしてくれて、「あなたは50%イギリス人、25%オランダ人、25%ロシア人です」などの結果があっという間に出るそうです。殆どの人は、自分の苗字から自分の祖先を想像するようですが、思ってもみなかった国の血が自分の中に入っていることにびっくりすることになるようです。

日本人は基本的に皆が日本人であることから、血液型でその人の性格を占ったり、十二支で占ったり、或いは小さな日本でも地域的な違いで、寒い地方の人は我慢強い、とか温かい地方の人は陽気である、などの一般的な印象があるくらいで、自分の祖先はお墓に行けば、或いは過去帳をみれば分かる、と思っている人が殆どだと思います。
しかし、日本も国際的になってきましたから、将来はこのように自分の血にはどんな国のDNAが入っているか? と調べたくなる時が来るのかも知れませんね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年04月09日

ビュッケブルグ歳時記 270

武器について考える世代

 第二次世界大戦後から約70年間平和であったことから、近代国の若い人たちには戦争の話は祖父母や両親から聞いたり、TV や映画で見たりしているだけで、現実感のない架空のモノであったのが、今年の二月の末から突然、現実のモノになり、戸惑取っている人も多いと思います。
 このような世代の考え方についてこの国ではどのように考えられているかを書いた一記事が目に入りましたのでお知らせしてみます。

 平和であることは、ドイツでは当然のことになっていたのだが、今回のウクライナ戦争でのロシア軍隊の為す残酷な行為を見聞きする時に出るのは「軍隊によって保守反動として戦うことは良くないこと?」という問いである。というのがこの記事の表題で、内容は次のとおりです。 

 {プーテイン首相によって二月の末から、この国の兵役義務すら知らない年代の若者に「君たちは、武器を手に君達の愛する人たちを防御するの?」という問いがかけられたのである。
 1980年以降に生まれた年代の人間は「冷間期」も知らないし、また200年前にイマニュエル・カントが解いた「永久平和」が少なくとも中央ローロッパには実現されたような時代に育った年代の若者たちでもあったのだ。デモクラシイー、自由、人権、に守られた世代で、軍隊による争いは逸話であった良き時代に育った若者たちであったのだ。 

 そして2003年にはこれらの若者の両親がイラク戦争に対しての反対デモを行ったりみどりの党を立ち上げた政治家の孫が ”Nato二重決議案”に反対するデモをしたりの軍隊拒否の平和な時代が続いていたのである。

 この時代は「兵隊」とは、”週末に駅に立って、帰宅の汽車を待っている兵隊の洋服を着た若者”となっていたのである。(この国では徴兵軍隊があった時代には週末には家に帰る兵隊が汽車を待っている情景が多く見られたのです)     

 このような平和な時代の後、今、ベルリンから24時間もかからない土地に戦争が突然帰ってきたのである。
 青と黄色の旗の下でのデモのスローガンは「Love and Peace」ではなく「Stand with Ukraine」や「Stop Putin」で、このスローガンには二つの矛盾が隠されているのだ。ロシアの残酷な軍隊に対する批判攻撃は、同時にウクライナの軍隊による自衛を認めることでもあり、両者とも軍備を肯定することなるわけなのだから。

 72年間の平和な時代が過ぎ去った後の今、若い人は「軍の威力」に対する態度というか構えを新しくすることを強制されることになったのである。擁護された社会は姿を消したのである。
 しかし「戦争のない世界を作る」ということは決して出来ないことではないし、幻影だけのユートピーでもない。死と不正を失くすということは、時によっては軍隊の力を借りることが必要というジレンマに向き合わなくてなならないことでもあるのだ。そして今の若者が このことに初めて向き合うことになったわけだが、このことの成り行きで、ここに次に来る未来の若者が「戦争のない世界」に生き得るか、がかかっているのだ。}

 このように武器の力を肯定する考え方もある一方、その反対の考え方もあることも知りました。
 50歳ぐらいの人々の集まりで耳に入ったのは「僕は白旗を掲げて、プーチンに好きなようにさせておく。そうすれば現実に起きているマサカー(殺戮)が少なくなり、犠牲者が少なくなる。そして彼(プーチン首相)の権力も永遠に続くわけではないのでそれが終わる時を待つ」という一知識人の意見も知ったのです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(1)

2022年03月26日

ビュッケブルグ歳時記 269

現存の英雄とは・・・

 始まってからちょうど4週間経ったウクライナ戦争報道がニュース時間のほとんどを占める今日この頃のドイツですが、政治的な解決策などについてのブログは専門家に任せ、市民の一人の目に留まった事柄 ー今の世界における英雄とはー との現在の英雄像から見たウクライナ戦争をお伝えしてみます。

 3月の3週目の、ある新聞の日曜版に載った「現在の英雄たち」という記事です。表題の下に写っているのはセレンスキー総裁、クリシェンコ兄弟(ボクサー)の写真です。兄がキエフの市長です。
 記事の内容は次のとうりです。

 [今回の戦争の前にも、進行してからも、現在も、戦闘解決交渉のための話し合いの場面の2枚の写真はどこの国でも報道されていると思われる。
 一枚は、華美と栄光を象徴する宮殿の一室で、大きな長いテーブルの左右で、世界中心国の政治家と向き合うプーチン首相。
 もう一枚は、オリーブグリーンのTーシャツを着て、ハンデイ・カメラに向かって世界中に自国の苦境を訴え、決死の闘志を訴えるセレンスキーウクライナ総裁。

 この2枚の写真は、聖書にあるゴリアート(皇居に留まって悪魔的専制政治をする皇帝)と、ダヴィット(爆撃の災禍の渦巻く街路で戦う兵士)物語のように、今回の戦争の悲劇をよく表している。そして戦争が行われる時代や危機感のある時期には”英雄”への渇望が多く生まれ、危機感が大きくなればなるほど、象徴英雄に対する切望感も大きくなる。この現象は危機期間に起こるメカニズムであり、そこでの英雄はいつもunderdogs と言われる、負け犬のような敗北者であるのだが。 

 ”英雄”とは自分でなるものではなく、他の人間が作り上げるものである。他の人ができないことを成し遂げて、その行為の中に人間性を見出すことができる人間が英雄となるのである。そして英雄を探す心は人間の精神の深中に生まれた時から存在するもので、6ヶ月のべイビーの心の中に既に存在するとの検証が日本の医学会で発表されている。

 英雄とは、一般人とは違う能力を持つ人間で、外観だけでなく精神的に人間であることの最高の変形をもち得る人であるという可能性から英雄として崇められる人を意味する。 

 セレンスキー総裁は1978年にキエフから400キロ離れた街にユダヤ教徒として生を受けた。彼の自国語(生まれた時から使っている言語)はロシヤ語。
始めた法律勉学を中止して俳優として舞台に立ち、”民族に奉仕する人”という芝居で名を馳せ、2019年に実際の生活が同じ形となり、総裁に選出される。

 クリチェンコ兄弟はロシヤ軍隊の空軍将校の父の元で教育を受けた。ボクサー友人の一人は「彼は信念のための死は回避しない人である。このような人に出会えるのは世間では希少価値であろう」との賛辞が耳に入る。」

 「英雄」はさておき、既に232000人がこの国に避難民として来ていること、その他の国へのもっともっと多数の避難民のこと、多くの一般市民の犠牲者が出ていること、兵隊数を補う兵隊募集が貧困国で行われていること、武器援助のこと、3度目の世界大戦になるかもとの心配論、核戦争の可能性は、とその他のことごとを聞くと気が遠くなるような気がします。

 なぜ戦争を辞められないのでしょうか。


aokijuku at 10:42|この記事のみを表示コメント(0)

2022年03月12日

ビュッケブルグ歳時記 268

Internationaler Frauentag (国際婦人デー) の歴史

 この日 ー 国際婦人デー ー のことは日本ではあまり聞かれないように思いますが、数 年前からドイツでは盛んに聞かれるようになっています。そして昨年の選挙の結果の老若を問わず女性議員(議員数736人のうちの約35%の256人が女性議員)の擡頭をみると、この「日」の働きの結果が顕著に現れているなあと感じるのはわたしだけではないように思われます。

 100年以上の歴史を持つ、労働女性の抗議社会運動というべき意味を持つ「この日」のことをお伝えしてみます。

根源 ー 1858年に米国で行われた、女性繊維労働者の、男性労働者と同等権を持ちたいとの要求から行われたデモとストライキが元で、この同等権を要求したのは常にアメリカの紡績工場の女性達であったということです。

1909年 ー 2万人のお針子が N.Y. でデモを起こし、多くの女工が逮捕される結果となったが、それにもめげず2か月間のストライキの結果、女性雇用人の要求が受け入れられる結果となった。これが 1909年2月20日の米国の Nationalen Frauentag となった。

1910年 ー ヨーロッパでは17カ国による第二回国際社会主義女性協議会が開かれ、その席でドイツ人セルキン女史により 国際(=International)Frauentag の設立が提案される。

1911年 ー 3月11日に第一回目の Internationalen Frauentagが、デンマーク、ドイツ、オーストリア、スイス、USA の国々の 参加で開催される。百万人という今までにない最高人数のデモとなる。
ここでの政治的要望の第一は、 aktiv (選挙ができる人)と passive (選出される人)の両方の選挙権が女性にも与えられることであった。
 
1912年 ー フランス、スエーデン、オランダ が加入。

1913年 ー ロシアが加わる。

1917年 ー 3月8日に St. ペータースブルグで繊維工場の行員たちによるストライキが行われたが、そこに他の商業関係の従業員も加わり9万人になったデモが、12日には ”女性革命” となり、それまで国政をとっていたZar( ロシアの皇帝)の退位を促し、臨時政府が政治をするというある種の革命とまでなった。この時より国際婦人デーは3月8日となる。

(1946年) ー この項に(  )をつけたのは旧東ドイツでは少し違った形の3月8日の習慣があったということからです。多くの女性が仕事についていた旧東ドイツでは、全ての仕事の報酬は男性より低く、その上家事と子供養育は母親の仕事とされ、女性の労働は相当に厳しかった当時、1年に一度だけ、3月8日には勤め先の上司から贈り物をもらうとか、食事に招待されるとか、役割が反対になる日ということで、この日には女性が気分の上では男性と同等になれる日という意味での特殊な婦人デーだった、ということです。

2019年 ー ベルリン州では休日となる。  

 このような歴史を経ての国際婦人デーですが、日本でこの日のことをあまり聞かないのは、日本が加入していないことが原因かなとも思われます。 
 色々と違う政治の制度がある中で、デモクラシー制度では男女平等が大切な要素となっているので婦人デーの成長発展を願うのは間違っていないと思われます。
 依然として男女の給料平等問題はこの国でもまだ解決されていませんし! 



aokijuku at 11:17|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント