2022年12月10日

ビュッケブルグ歳時記 286

アンペル(信号機の色)連立党が持ってきたもの

 このブログでは、昨年の選挙で長く続いた保守党による政治が終わって、昨年の選挙で社会党とみどりの党が主な党首になったドイツで、来年から実施されるこの国のプロレタリア層を保護する制度、『Buergergeld(市民資金)(以後 B .-geld と記す)」をご紹介してみます。
 
 今から20年前の社会党政権の一時期に、やはりみどりの党と共に、貧困層の救済制度としてHalz IV という名の制度が作られ、今まで仕事を探す人や国家からの救援資金に頼る層の人たちを助けてきた制度があったのですが、この制度が行き着いたのは”貧困”という層に留まるだけであったとして、今季の社会党の労働と社会事業省大臣が、”貧富の層を乗り越えてお互いを信用することと、助け合うことで貧富の差を小さくしよう” との目的で、救助組織を新しく改革したのです。

 改革された事項とは:

* B.ーGeld を受けながら、その上に少しの収入を得るために他の職に就く人ちは、その収入が500−1000ユーロであれば、その30%を、追加収入として得ることが許される。

* 今まで貯蓄してきた貯金額は40000ユーロまでは財産として持つことが許される。この額は家族構成によって異なり、四人家族の場合は85000ユーロを持つことが許される。

* 反対にネガテイブな面では、適当と思われる職につかない人は、 B.-geld が10%減らされる。このような場面が2回めになると20%となり、3回までは受け入れられるが、その後は援助は受け入れられない。

* 今までの方針は1日でも早く職を与えることが目的であったが、今回の改革は求職者に合った、長く続く職場を探すことを目的とする。これは、現在、この国では  ”Fachkraeftemangel“ ( 専門家不足)に悩んでいることから、求職者が専門知識を習う学業をして専門家になる意欲を持つようにすることが、改革の目的でもある。
 これは”習う”ということを尊重して実践することを通して、市民の学習への意欲を
進めることにもなるだろう。そして成功した場合には、救助を受けていた一人の市民が、下層階級から抜けて上の階級の生活ができるようになるという結果になるのである。

* このような目的のためには Jobcenter と長期求職者の間を綿密にする必要があり、例えば、長期求職者が専門家になった場合には150ユーロが増額されるということで、学ぶことと、生活費の促進につながる.。

* 今回の改革にあるもう一つの困難は Jobcenter の仕事が大きく増えることである。原因は非常に多数のウクライナからの戦争避難民の世話が原因で、事務仕事が非常に多くなることと、約61万人に生活保護量を支払はなくてはならないことが原因である。

 これらのことが原因でこの改革には賛否意見が多くあるようですが、アンペル連立党の政治には低い市民層を思う政策が見えて、上層だけを高める保守党を野党にしたドイツの市民の意思表示には民主主義があるように思えます。


aokijuku at 15:06|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月29日

【From America】「クレジットカードの更新」

アメリカのウインドゲイト緑です。

前回は11月第四金曜日から始まる「ブラックフライデー」のセールについてお話しました。
買い物と言えば、最近は日本もクレジットカード払いを始めとするいわゆる「キャッシュレス決済」が普及してきました。今回はそのクレジットカードの更新についての話題です。

クレジットカードには有効期限がついています。ある一定の時期が過ぎたら新しいカードに切り替えますね。さて、日本ではその新しいカードはあなたの住所に書留で送られてきます。現代社会は皆さん仕事をしていますから昼間の時間帯に在宅というのはなかなか難しいですね。郵便配達は昼間に来るので書留郵便を受け取れない方も多いでしょう。宅配便がなかなか受け取れないのも同じことで、最近は自宅に宅配ボックスを置いたり、他の場所で受け取ったり、様々な工夫がなされています。

アメリカのクレジットカードは実は普通郵便で届きます。ポストにポンと入れるだけなのです。えー? それって危なくないですか? と思われると思います。日本のクレジットカードは既に使える状態で届けられますから、もし盗難紛失したら悪用されるという心配があり、だからこそ書留できちんと手渡しする方法が取られています。アメリカのカードはまだ使える状態ではない形で届きます。従って、そのカードが他者に渡ってしまっても、使える状態ではないのです。普通郵便で届いたカードには、「このカードを受け取ったらトールフリー番号に電話をするか、又はオンラインであなたのアカウントにアクセスしてください」と書いてあります。自分の登録してある電話番号(自宅の固定電話、又は登録の携帯番号)から電話をします。オペレーターと話す必要もなく、電話番号であなたが本人であることの確認が出来て、アクテイベート(使える状態にすること)します。又はそのカード会社のサイトに行ってアクテイベートをします。これでやっとそのカードが使えるようになります。実に便利ですよね。この方法なら、郵便屋さんが何度も書留を届けて不在通知を入れる必要はなく、カード利用者も不在中に普通郵便で届いたカードを夜中でも週末でも簡単に使えるようにアクテイベート出来ます。

紅葉01現代社会は利用者が簡単にクレジットカードを使えるように様々な工夫がされています。この新しいクレジットカードへの更新時のやり方が日本でももう少し利便性を重視した形になると良いかな、と思います。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月26日

ビュッケブルグ歳時記 285

「Eine WM zum Weggucken - 目を逸らしたい世界選手権試合」

 これは、昨日カタールで行われたサッカー世界選手権大会で、2:1で日本に敗れたこの国のある朝刊新聞の見出しです。
 このようなドイツに反して日本では多分、強豪ドイツに勝ったと喜びに溢れていることと思います。
 ウクライナ戦争、依然として蔓延るパンデミー、エネルギー問題など暗いことの多いこの頃、今回のサッカー国際大会はもう一つ、この国に暗い陰を作った出来事のように思われます。その様子をお伝えしてみます。
 この記事にはただの試合結果だけではなく、スポーツを通して政治にまで広がるさまざまな問題がうつされているように思われるのす。

 今までは、4年毎に行われるサッカーの世界選手権大会は決まって夏(ドイツ・リーグが終わった休暇期間)に行われていて、サマータイムでもっと日の長い夏の夜を、並木道に大きく貼ったスクリーンを見ながら、テーブルと椅子を外に持ち出した喫茶店で大勢の観衆が皆で観戦して楽しんでいたのです。
 今回は開催国カタールの気候から、ドイツでは冬に入り口の11月末なので、観戦者が非常に少なかったと言うことです。多くの居酒屋も観戦者用の用意をしなかったということです。

 なぜ開催がカタール国に決まったかということが次に出てくる質問なのですが、
Fifa( Federation International de Football Association) という、スイスに本部をおくサッカー国際競技会の管理やコントロールを受け持つ機関の中心人物と、西の国から見ると不法の国カタールの政治家との、ある意味では買収 ととれる話し合いで決まったと報道されています。
 Fifaという国際機関がこのような不純な取引をすることに驚きます。

 カタールが不法の国(Unrechtsstaat) という言葉がどのようなことを示しているかは次の例でお分かりいただけると思います、大きく写されたドイツチームの十一人が皆右手で口を覆っているのです。
 例えばこの国では人権が認められていないのです。ホモホビー、ユダヤ人排斥、人種差別主義、人権侵害、婦人選挙権をも認めない国なのです。サッカー選手でも人権に関することを口に出してはいけないという意味で口を覆っているわけです。
 One-Love- ゴールキーパー上腕布(虹色に染められた布の上に、One-Love と書かれたもの。日本ではジェンダー・フリーだと思う)も使用禁止で、つけているキーパーには黄色のカードが出され、退場を命じられるという具合だったのです。
 競技者の口も行動も監視されていたわけです。

 このように今回の WM は、ファンとサッカー競技の間を大きく広げてしまい、またリーグの形も大きなところだけが威力を持ち、選手の契約金額は上がり、若いファンと地方のクラブとの関係も薄れるばかりだろうと、未来に対する見解が暗い、最悪の批判をしているのす。

 ただ最後に「この事情を救う助けは外から来なければならない。サッカーファンが少なくなることかから、スポンサーが神経質になり、これまでのように商売として利益の多い競技をさせるようになれば、それが救いとなるだろう。
 これはカタールWMがカタルシス(Katharsis = 悲劇などによる観客の心の浄化効果)となって、サッカーの未来を救うことになるかもしれない」と、記事を締めくくっています。

 このような状態がWM2022 の最初の戦いに負けてしまったサッカー王国のドイツの姿です。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月22日

【From America】「ブラックフライデーセール」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本でもこの時期にTVのコマーシャルで「ブラックフライデーセール」と銘打ってセールを行っていますが その名前の由来をご存知でしょうか? 理由はなんでもセールなら嬉しい、という気持ちもあるでしょうが、実はこれはアメリカのコピーなのです。日本はアメリカの文化を取り入れるのが大好きです。ハロウィーンがその良い例だと思います。この秋のお祭りの次にはブラックフライデーセールのようです。

紅葉11月第四週目の木曜日はサンクスギビング(感謝祭)のお祝いです。アメリカ独特のお祝いで日本のお正月に似ています。あちこちに散らばっている家族が一斉に帰省して集まり、アメリカ全土で同じ伝統的な食事をする時期です。七面鳥とパンプキンパイはサンクスギビングの定番料理です。アメリカに移民してきた人たちが初めて食べ物を収穫した秋を土着民のアメリカインデアンと共に祝ったという大切なお祝いの日です。

11月第四木曜日は祝日になりますが、その翌日の金曜日は基本的にはお休みではありません。しかし、お休みにして木曜日から日曜日まで4連休にする会社も多いので、ほぼお休み気分です。そして、このブラックフライデーからXmas商戦の本番。セール合戦が繰り広げられます。そして、そのセールは本来金曜日の朝からでした。ところが、それが段々と早くなり、中には木曜日の夜からセールが始まる店も出てきました。
本当は家族で集まり、みんなでゆっくりと七面鳥ほかのたくさんのご馳走を食べる筈の感謝祭当日も、のんびりしていられない。早く七面鳥を食べて仕事に行かなくてはいけない、という人も出てきます。また、お目当ての品を激安で買うためはのんびりしていられない、早く買い物に行かなくてはいけない、という人も出てきています。
殆どの人は朝早く6時7時に店に駆けつけるので、朝9時頃に会うと「買い物してきたわー。激安で買えたので嬉しい」と言っている人を良く見かけます。勿論 セールは金曜日だけではなくしばらく続くので、朝寝坊してから出かけてもオッケーです。

日本のブラックフライデーはここまで凄い勢いではないと思いますが、皆さんも今まで欲しいと思っていたものが安く買えたら嬉しいですね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年11月15日

【From America】「投票しましたシール」

アメリカのウインドゲイト緑です。

11月の8日はアメリカの中間選挙でした。その行方を世界中の人たちが見守っていますが、本決まりになるのにはもう少し時間がかかりそうですね。

アメリカ人は日本人に比べて選挙に対する関心が高いと感じます。というのも、自分達の生活に直接影響がある、と考えるからです。アメリカ人は権利の主張が激しいともいわれますが、権利と義務は表裏一体です。アメリカ人であれば自分の一票を投じる義務がある、と考える人が多いようです。アメリカでは「選挙に行きましょう」という呼びかけを沢山していますが、それだけではなく、選挙に行った人には写真のようなシールを配っています。

シールこの写真はその人の胸に貼られたシールをお見せするだけでお顔は隠しているので、ちょっと分かり難いかもしれませんが、子供が幼稚園などでもらうシールと同じで、裏の紙を剥がせば簡単に衣類につけることが出来ます。勿論 簡単に剥がすことも出来ます。当日のみ使用できる簡単なシールです。その意味は「私は投票してきましたよ」という事が分かるようにするためです。自分はアメリカ人としての義務を果たした、ということを誇示する効果があります。それを付けていることに誇りを感じ、付けていない人に投票することを促す効果があると思います。

この「投票しましたシール」を貼るのは、私が感じるのには日本で赤い羽根や緑の羽根募金をすると羽根をもらい胸に付けるのに似ていると思います。
赤い羽根を付けている人を見ると、「あっ、あの人は募金したんだ」「あー、私も募金しないといけないな」と感じます。その心理に似ていると思います。つまり、無言のプレッシャーをかけるということでしょうか?
果たしてこの「投票しましたシール」の効果がどの位あるのか分かりませんが、日本人は周りの人からどのように思われるか、をとても大切にする国民性があるので、何かの機会にシールを配って胸につけてもらうという方法は日本ではアメリカ以上に効果が上がるように思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント