2021年08月14日

ビュッケブルグ歳時記 254

ワクチン接種をしない人たちの毎日は!?

 一時、非常に減っていたコロナ感染が、デルタ変形が入ってきたことでまた増加していることから、接種数を上げる奨励が政府から出ているのがドイツの現状です。

 国民の79%が Covit-19 の第一回目の接種を、59%が二回目の接種を終えているとRobertKochーInstitute から発表されているのですが、デルタ・ヴァリエイション対策として接種数をもっと迅速に、多くするがこの国の現在のコロナ対策といってよいと思われます。 

 どのような対策かを書き出してみます。
 この対策は「3ーGー規則」と呼ばれて、Geimpft, Genesen, Getestet この頭文字の3G規則で、接種済の人、全快した人、テスト結果が良の人 の人々は健康な市民として、国民の持つ自由の権利を返還された人間とみなされ、証明書があれば昔と同じような自由な生活ができるという意味があるのです。ですから秋、9月ごろに来ると想像されるパンデミーの四波に備えて、今、少しでも多くの人にワクチンを接種する対策が行われているわけです。
 接種が始まった頃は「市民の接種所」として、おおきな会館などが使われていたのですが、勤め人や労働者には仕事を休んで行くだけにも時間がかかることなどで不都合ということで、今は家庭医が接種をしていますし、大きなスーパーや駐車場など、身近なところで接種ができるように最大の工夫がされてもいるのです。
 にもかかわらず5%の市民は接種反対の、いわゆる偏屈者たちがいるということです。このような人たちを含めた接種反対者に対する対策として、今までは無料で受けられた即刻テストを有料にするということで、表題のワクチン接種をしない人たちの毎日には費用がかかり、高くなるという重石をかける政策が始まっているのです。テストをしなければ様々な催し場にも、レストランにも、美容院にも、フィットネス・センターにも入れないのですから。
 テストに経費をかけることで、接種反対意見を取り除こうという対策な訳です。 

 次に、この国の新学期は夏休みの終わった秋になります。
 今年の新学期の新しいことは、12歳から17歳までの生徒に、接種センターを学校に置き、医者に行かなくても学校で接種ができるようにする、が対策の一つとして挙げられ施行されています。
 子供達と未成年の生徒の接種には保護者の同意が必要なわけですが、保健省の話では既に90万人の子供たちに第1回目の接種が行われたということです。
 全国の学校がこの案を受け入れたということも珍しいことだと思います。理由は教育は各州が高権を持っているからです。しかし、パンデミー療法としては反対行為は受け付けられないのかもしれません。 

 この国は連邦国なので、パンデミー対策も最初は政府からの指示に連帯意識を持って全国民が団結していたのですが、時と共に、基本法で与えられている自己主張権利が大きくなってきたのか、現在は全国一様のコロナ対策ではなく、各州がそれぞれに適当な対策を行っているのが現状です。
 感染者の多い州ではLockdown が行われることもあり、接種者の多い州ではほぼ昔の自由な生活が戻ってくるということもあり得るわけです。

 ともあれ、パンデミーや地球温暖化などに対して、地球住人の一人一人が真面目に考える時が来ているように思われる今日この頃です。
 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年08月10日

【From America】「養子縁組の同窓会」

アメリカのウインドゲイト緑です。

夏休みはプールで遊ぶのが楽しみですね。コロナ禍でもアメリカではプールがオープンして、ニューイングランド地方の短い夏を楽しんでいます。
私は最近毎年ホテルのプールの会員になってコネチカット州の夏を楽しんでいますが、先日、10人余りの東南アジア人の中学生くらいのグループがプールで楽しそうに遊んでいました。人種のるつぼのアメリカではありますが、これだけ大勢のアジア人の若者のグループは珍しく、人目を引きました。そのグループのストーリーを聞いて感動したので ぜひお伝えしたいと思いました。

810プールプールの常連さんのお話によれば、毎年夏休みにあのグループはこのホテルに週末集まり、同窓会をしているというのです。その10人余りの中学生達は、皆 アメリカ人の家族に養子縁組をしてアメリカに来た子供たちだというのです。詳しいいきさつを私は知る由もないのですが、想像するには東南アジアの母国で孤児院で一緒だった子供たちのようで、それぞれがアメリカ人家庭にもらわれてアメリカに来たと思われます。
幸せなことに、全員が裕福な家庭にもらわれて幸せに育っているようです。そして、誰かの提案で母国の孤児院で一緒に暮らしていた仲間との絆を大切にしてあげよう、ということで 毎年夏休みのある週末に一年に一回の同窓会としてこのホテルに泊まり、みんなで再会を楽しんでいるというのです。なんと素敵なお話でしょう。

日本では「血は水よりも濃い」という言葉のように、実の子供を大切にしますので、養子縁組はなかなか普及しないようです。まして、外国人の子供を養子にすれば、一目で血がつながっていないことが分かります。
アメリカでは養子であることを隠したりしません。親子の絆というのは一緒に過ごした時間で決まると思っている人が多いので、産みの親より育ての親、の方が絆が強いという考え方です。それでも、その子供の起源を大切にしてあげよう、孤児院で一緒だった子供たちは兄弟同然、ということで、この年に一回の同窓会が行われているようです。とてもアメリカらしい光景だと思って心が温かくなりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年08月03日

【From America】「夏休みの旅行」

アメリカのウインドゲイト緑です。

米国地図夏休みの過ごし方は色々だと思います。コロナ前には自由に旅行が出来ましたが、今の状況では海外旅行は勿論、国内旅行も県外からの人は歓迎されないという風潮があり、旅行はなかなか大変ですね、

アメリカ人のバケーションの過ごし方は様々ですが、旅行は一番の楽しみだと思います。旅行のやり方として、毎回同じ場所に行くいわゆるリピーターになり、どんな事が待っているか良く知っていてそれを楽しむ方法と、毎回違う場所に行き、どんな事が待っているか分からないことに期待感や楽しみを覚える場合があると思います。どちらもそれぞれの良さがありますね。

旅行の方法としてはキャンピングカーでアメリカ中をドライブして回る方法、飛行機で移動する方法、色々あると思いますが、広いアメリカをあちこち回るのはなかなか大変なことです。私の友人にはアメリカ50州を全部回ることを目的にして、地図を作って印をつけて楽しんでいる人が何人かいます。ルールは、移動を目的にしてその州を通っただけの時には青で印を付け、一泊してその州の観光をした場合には赤で印を付ける、というものです。

日本全土のサイズはカリフォルニア州と同じだそうですから、日本の都道府県を全て回ることとアメリカ50州を全て回ることは距離的にはかなりの違いがありますが、目的を持って旅行するということに違いはないと思います。
日本の都道府県を全て回る、という旅行の計画を立てるのも楽しいかも知れませんね。コロナが終息した時に、いかがでしょうか?


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年07月27日

【From America】「地域による言葉の違い」

アメリカのウインドゲイト緑です。

言語を学ぶのは実に難しく、私を含む英語を学ぶ人達は苦労しています。日本語も様々な方言やアクセントの違いなどがあり、外国人が日本語を学ぶ場合にも同じような苦労をしていることと想像しています。

さて、今回は日本と同様にアメリカでも同じものでも違う呼び方をする場合があるので、いくつか例を地域別の地図を見ながら挙げて見ていきたいと思います。

ゴミ箱先ずは、「ゴミ箱」の呼び方です。
Garbage can と Trash can 多分どちらも聞いたことがあると思いますが、地域的な違いがあるようです。





ガレージセール次は、アメリカらしい文化の一つである「不用品を売るセール」です。
Garage sale と Yard sale は広範囲で使われているようですが、私の居るコネチカット州周辺だけのかなり限られた場所で使われる Tag sale です。
私は知っているからこそ何も違和感無く聞く言葉ですが、他の地域では使われないようです。

suni-ka-運動する時に履く靴の呼び方です、
Tennis shoes と Sneakers 日本ではどちらも簡単に意味が通じますね。





ソーダ炭酸飲料の呼び方です。
Soda と Popと Coke  これらの3つだそうです。日本ではCokeと聞けばコカコーラとペプシコーラを識別するブランド名というイメージが強いかもしれませんね。




蛍最後に、皆さんにはあまり馴染みがない「蛍」の呼び方です。
Fireflies と Lightening bugs この二つですが、聞いたことがない日本人でも何となく想像がつきますね。
Fire=火 Flies=ハエ の組み合わせ。 Light=明かり bugs=虫
言語を学ぶのは大変なことですが、面白いな、といつも興味を持ってみていると語彙が増えますね。
お互いに益々英語の勉強に励みたいですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年07月24日

ビュッケブルグ歳時記 253

Hochwasserkatastrophe(洪水禍)

 先週、西ドイツの2地方を襲った ー 被害地を視察したメルケル首相が「我々の国語、ドイツ語では言い表せないような悲惨な超現実的な被害現場」と形容した ー 天災は日本にも報道されたと思います。

 秋の連邦選挙を控えて、Friday for Future が大きな課題となっているところへの水災で、原因から損害補償保険にいたるまで色々と取り沙汰されているこの頃なのですが、多くの国民は地球の温度が高くなっていることは身をもって経験していても、雨の降り方が違ってきているなどの専門的なことは知らないというのが現実の状況だと思えます。
 今回の想像を超える水害をきっかけに、天気予報を伝える形も、それを聞く市民の注意力もより綿密となることを願って、この国の新聞などに載っている事項を参考までにお知らせしてみます。日本の存在する国土は特殊で、天災に対する対策は日本の方がずっと発展しているとは思うのですが・・・。

 第一に、170名を越す死亡犠牲者を出した今回の天災に、一番先に出されたのは、災害の起こる前に適切な予報ができなかったのかという天気予報者への不満訴えでした。
 この訴えには、「地球温暖は例えば30年前に既に、ゆっくり降り続く雨より、一度にひどく降る洪水型の雨降りが多くなるとの予想があり、公表されていた。これは次のような物理的原因から出た答えである。気温が一度高くなるということは即ち空気がこれまでの受け入れより7%多い水蒸気を受け入れるということで、これは雨につながるということである。この状況が高所水流となって地方での洪水豪雨となったのである」との、科学者の答えが読めました。
 温暖化が集中豪雨を多くするなどの専門意見は、洪水の経験のある地域に住む人は別として、普通の市民は聞き逃している人が多かったと思われます。

 そして次には将来に備えての集落や町づくりについて、それに関わる水の処置についての改正案が目に入りました。スポンジにように集まる水を貯めて、例えば公園や駐車場を多く作ることで自然の街にする。これは夏の高温を凌ぎやすくする効果もある。そしてこの装置は水害が起こった場合には水の吐口となり、これが谷の堰堤につながり排水を容易にし、洪水から人家を守る。
 しかし河のほとりに、人が住む町ができるのは昔からの習慣で、そのため、雨が多く降った時の排水の機構を人間の住む集落が狭めていることも、水害を大きくする原因でもあるとして、町づくりの基礎、例えば小川のまわりの居住を制限または禁止し、排水可能を保つようにとの注意を促しています。
 そしてこれは、温暖化により気温が高くなる地球上での気温低下のための建築材の考慮、例えば金属やガラスの代わりに木材や日乾煉瓦を使用するようにとの注意意見に繋げられています。

 このように今回の水害は「地球の住人である人間が作ってしまった温暖化」がもたらした想像外の天災として国全体がショックを受け、対策に多くの人々が貢献していることも小さくても希望を持てることのようにも思われます。
 S. 大統領、M. 首相、次期首相候補者の州知事などの政治家だけではなく、軍隊、消防関係の従業員など、多くの人々が後片付けの手伝いや、その他の手伝いをしていることが中継されています。続いて示されるのが援助募金の番号です。そして事実上の、連邦と州からの最大の援助金400Million ユーロの即刻支払い約束がメルケル首相から出されました。総理の場を退いた8月に、再度の彼女の慰問訪問の約束とともに。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント