2022年08月13日

ビュッケブルグ歳時記 278

女性のサッカー競技について

 酷暑の今年の夏7月には、「ヨーロッパ女性サッカー・ナショナルチーム大会」が、英国中にあるサッカー競技場を回って行われていました。そしてその全てが中継され、太陽の残る長い夏の宵を、多くのサッカーファンがTVの前でその模様を楽しんでいた夏風情をお伝えしてみます。

 日本のプロ野球のように、ドイツではサッカー(Fussball)が国民競技で、長い間、”男性の競技”としてみなされていました。重要なリーグ戦のある日は、夜の車の交通量が少なくなるほど多くの男性が家や、ビストロなどでTV観戦しているためです。今は女性の観戦も多くなっていますが、昔はサッカーは、競技するのも、観るのも、”男性のもの”で女性の観戦は極々少数だったということです。 

 こんなことから、うっかりサッカーの発祥地はドイツだとばかり思っていたのですが、今年の”女性全国選手チーム”の中継で、英国では男性だけではなく、子供から大人の女性までがファンだと知って、調べてみたところ、英国が発祥地であることを学びました!
 既に15世紀に、村対村という広大なフィールドで戦われた、野蛮な、小さな戦争のような形で発足した競技ということも知りました。

 サッカーの歴史はさておき、時代の推移が見える”女性サッカーの成り立ち”も、とても興味深いので、今回はその過程をお伝えしてみます。 

 1930年に初めてフランクフルトに女性チームが作られ、競技をしたところ、”男みたいな女たち”と蔑まれ、石を投げられる結果となったため、女性サッカー興行は中止。
 1955年にはDFB(ドイツサッカー連盟)から公的禁止令が出る。「サッカーをする女性の姿は女性としての優美さや、端正な態度を失って、体だけではなく精神的にも、そして遂には子供を産む機能にも害がある」が理由として挙げられていたようです。ただ、禁止令が出ても私的には同好女性が集まって競技は続けられていたということです。
 1970年に禁止令が解除される。ただし、競技時間は35分間を2回、スパイクのついた靴は履かない、ボールの大きさも小にする、冬は休暇などの条件付きだったようです。
 1980年から国際試合が開始。このような経過を経て1989年にドイツ女性チームは EM(ヨーロッパ優勝) 杯を受けたのですが、そのご褒美がコーヒー・セットとアイロン台であったと、今は笑い話になっているのです。
 そして今回のEM大会中継の間の関係者の説明や懇談の折りに Sexismusという表題のもとに、女性サッカーに関するいろいろな問題が検討されていたのです。
 女性サッカーの社会的位置承認を確立しようとの意図です。

 まず報酬賃金の差として、1974年の男性世界選手権勝利には35900ユーロが支払われた。1989年の女性ヨーロッパ優勝には、上記のコーヒーセットとアイロン台の差。
 そしてサッカークラブの一員としての給料の差、男 2500ユーロ、女750ユーロ。
 このような差から、今の女性サッカー選手たちは練習、競技の他に学生として学んでいるか、何かの職に就いて生活費を得ているという差についての議論です。

 日本の「なでしこジャパン」も、最近強くなっていると聞きました。強くなった選手だけではなく、全部の女性サッカー選手の社会的位置が1日も早く確立することを願いながらのブログです。  

 最後に、今年の夏のEMではドイツは決勝戦で開催国英国に2:0で負けてしまいました!
 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年08月09日

【From America】「ふくろう」

アメリカのウインドゲイト緑です。
ラスベガスから東海岸のコネチカット州に戻ってきました。砂漠地帯のラスベガスは人工的な木々は別として、自然界は赤みがかった茶色の山々一辺倒です。一方、ニューイングランド地方は背の高い木々が生い茂り緑豊かな景色です。

ふくろうそんな森の多い場所には沢山の生き物が生息しています。中でも、声は聞いてもなかなか姿を見ることが出来ない鳥の中に「ふくろう」がいます。なんとラッキーにも屋根にとまっているふくろうの写真撮影に成功しました。

ふくろうと言えばラスベガスとコネチカットで比べてみると実に興味深いことが分かりました。ラスベガスの自宅の庭には沢山の鳩がやってきて糞を落としていくので嫌われ者です。その対策として地元ではふくろうの人形を庭に置いて鳩を追い払う、という手法が取られています。どうやら鳩はふくろうが嫌いらしいのです。プラスチックで出来たふくろうのダミーなのですが、これが結構効果があります。私が購入したものは動かないのですが、電池仕掛けになっていて首がクルクルと回るふくろうの人形もあり、かなり本物に近い感じがして効果はもっと上がるように思います。

日本ではゴミをあさるカラスに皆さん大変困っていると思いますが、カラスの天敵の鳥や動物が居たらこんな人形を置けば効果的だろうなあ、と思うのは私だけでしょうか。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年08月02日

【From America】「ネバダ州の水不足」

アメリカのウインドゲイト緑です。
ネバダ州は砂漠地帯で殆ど雨が降りません。水源はコロラド川から流れ込んでくる水をためているミード湖ですが、その水位が毎年下がってきています。写真をご覧ください。水面の上の白い部分がむき出しになっているのがお分かりでしょうか? 以前はあそこまで水があったのですが、毎年水位が下がってきていて、水道局では住民に節水をお願いしています。

水節水の方法としては、先ず庭の植木にやる水です。芝生を植えている人には補助金を出すから人工芝にするかサボテンなどを植えて砂漠独特の庭にデザインを変更してください、と呼びかけています。また、大して水を必要としない植木でもやはり水やりは必要ですが 曜日を決めて週に3回までとします。「水パトロール隊」が見て周り、決められた日以外に水をやっていると罰金を課するとも言っています。車はアメリカ人の生活に不可欠ですが、洗車は自宅で行わず洗車場に持っていくこと。というのはその水を再生利用しているからなのです。

ここまでは何とか理解できる節水方法ですが、先日TVのニュースで、とあるビール会社が下水処理場で綺麗にした水を使ってビールを造った、と報道していました。確かに十分に処理をすればバイ菌やバクテリアのいない飲んでも大丈夫な水になることでしょうが、それをうたい文句に売り出したビールの売れ行きはどうなのでしょうか? 


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年07月26日

【From America】「コヨーテ」

アメリカのウインドゲイト緑です。
アメリカの自然は実に美しく、動物愛護の精神も充実しています。日本に比べてサイズが大きいのは誰もが知るところで、日本全体がカリフォルニア州とほぼ同じサイズというのですからスケールが違います。

そんな中で、自然界の動物と人間が共存するのはなかなか難しいです。綺麗な蝶や鳥たちならこちらも楽しんで眺めることも出来ますが、それが人間に危害を加えるかもしれない動物となると話は違います。
コヨーテラスベガスの住宅街で朝7時ごろに散歩をしていると、なんと道路の反対側にコヨーテが歩いてきました。私たち人間を見ても臆することなくノシノシと悠然と歩いてこちらに向かってきます。道路の反対側とは言っても、やはりコヨーテはちょっと怖いですよね。多分、朝ごはんの為に野うさぎとかウズラを狙っていたと思われますので、人間はサイズが大き過ぎたのか? こちらに向かってくることはありませんでしたが、コヨーテが去ってくれてホッと胸を撫で下ろしました。

友人の話では、小さな犬を連れて朝の散歩をしていると、人間ではなく子犬を狙ってコヨーテは向かってくるとのことでした。私が見たのは一匹だけでしたが、群れを成してグループで獲物を狙うこともあるそうで、4−5匹のコヨーテに囲まれた友人は生きた心地がしなかった、と話してくれました。

弱肉強食とは自然界の法則ですが怖いですよね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年07月23日

ビュッケブルグ歳時記 277

希望の見えない未来 2

 残念ながら先回のブログの続きをお知らせすることになってしまいました。 

 最近のTVニュースの先頭は、ヨーロッパの、主に南の国々で多々起きている森や草地の大きな火災についてです。この火事の元はいろいろあるようですが問題になっているのは、地球温暖化からくる自然発火であるということなのです。
 ヨーロッパの北にあるドイツの気温も高くなっていると言われている時に、昨日は、2都市で今年最高の40°cを超したのです。

 そしてこれもタイミングよく、ボン市の近郊のペータースべルグで40カ国が集まって開かれている”地球気候対話会議”に出席している外務大臣からのメッセージ「地球温暖化は人類にとって最大の危機であり、今世紀最高の災禍である」の重みが市民に伝わっているのです。
 外務大臣はこれに続いて次のような発言をしています。
 「今年の11月にはエジプトで COP27 (世界気候会議)が開かれるが、それまでに我が国は今までの2倍の努力をしなければならない。ウクライナ戦争がもたらすエネルギー問題から、石炭発電を続けることになるがこれは非常策であって続ける政策ではないことをはっきりさせる。

 また燃料用液体ガスを作るまでには8年間の期間が与えられているが、経済大国はこの事業に力を注ぎ、その間、貧しい国々への援助を忘れてはならない。これには費用がかかるのだが」
 また先回276のブログで取り上げた G7 の行方もつまずいているとの批判です。集まった資金を後進国に役立てることに疑問があるように読めるのです。    
 また排気ガスを2030年までに65%少なくすると言っていたのに今年の量はこれより多くなっている、と国の政策の不実行を明かしているのです。 

  Fridays for Future は「我が国のショルツ首相は”化石の如き時代遅れの首相だ”」とここでも厳しい批判をしています。

 このようにペタースベルグ会合では、外務大臣からのメッセージ以外は残念ながらネガテイブな批判ばかりが現在の世界環境管理方法に挙げられているのです。  

 そして次の難題は高温に対する人間の健康維持の問題です。この国でも老人が多くなっているので、その人たちの住む施設や、病院の設備が問題になっているのです。個人の家で冷房のついている家は聞いたことがないのですが、公共の施設でも暖房は完璧でも、冷房は今まで必要がなかったと言って良いと思います。

 ドイツでは2,018年から2020年までの2万人の人が、暑病で亡くなったということです。南国のフランスでは7万人と多くなっているようです。この数から85歳以上で、心臓や循環器衰弱などの病気や慢性肺症候群、糖尿病を病む人は特に要注意と言われています。
 ですからこの頃の新聞には暑い日の心得として、「水を十分に飲むように」と「直射日光を避けるように」の注意書きが毎日見られます。
 また、労働組合からの休暇時間を長くするようにとの要求も見られます。

 「地球の温暖化は人類にとって第一の存在危機を示すもの」という外務大臣の言葉を忘れずに、世界中の一人ひとりが地球の将来を思って暮らすのを願うばかりです。 


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント