2020年04月11日

ビュッケブルグ歳時記 224

コロナ の続き


 感染者の数が減って、社会的コンタクト制限が緩和され、普通の日常生活が一日も早く戻って来ることを望む市民が多いと思われるドイツです。ことに、今週末はキリスト教での2番目に大きい、救世主の蘇りを祝うOstern(イースター)と呼ばれる4日間の祭休日となり、親族再会祝賀会を期待する国民も多いと思われます。

 のに、今朝の新聞記事「驚くほどクールなドイツ人たち」という、ある調査機関の結果には少し驚きました。この記事の副表題は「国民はコロナ・ヴィルスよりも景気後退の方を心配している」なのです。内容を簡単に書いてみます。
1. 市民は自国の健康管理制度を信用していることからかコロナに対する心配は老若を問わず、少ない。
これに反して
2. 不景気に対する心配は大きく上まって、これから来る経済暴落を恐れている市民が多い。
3. 現在の政府の政策に対する採点数は、1−5までの点数にすると3で普通、ということです。

 もう一つ、興味を引いた記事をお伝えします。
 「この危機の後は? 全てが反対意見を持ってぶつかり合う世界となるか、それとも今よりも住み良い社会となるか」についての、一教授の意見です。
 「グロバリスムの終わりは各国が独立して競い合う社会となるのか、という問いには二つの答えがあると思われる。一つはすでに実施されている様に、米国はドイツの細菌学者を拒否し、中国は薬品の輸出を中止し、ヨロッパは国境を閉鎖した。これらの行末はネオ国家主義の興隆である。そこで、もう一つの希望の持てる新しい様式を考えてみよう。それは、国、連邦、地域を同等の権利を持つ構成とし、一機構が権利を持つのではなく集中を排除する分権様式で、物産市場でも会社経営でも局地的にもグロバール的にも使える様式を使うことになれば、全てがぶつかり合う社会となることは避けられると思われる。発展しつつあるデジタル化がこのための手段になるだろう」

 この様な未来計画構想はわたしには難しすぎます。わたしが考える未来は次の通りです。読んでいただけると嬉しいです。 

 3月末のメルケル首相の国民に向けてのTV声明以来、この地の人々は実によく一致団結して規律を守っているという印象があります。また先週の英国女王の声明にも団結という言葉があった様で「大きな困難も皆が一緒に立ち向かえば乗り越えられる」と知ると、この団結ということの意味が大きく聞こえる様な気になります。「皆で一緒に」ということの意味を思わされるのです。
 コロナ発生以来、ニュースはコロナ関係に満たされ、他のニュースはほとんど姿を消しています。その中には、中近東の、シリアのなんとかという街にトルコからの爆弾が落ちて孤児となった子供の哀れな姿が映されることや、ロシアから独立した国と世界大国との争いなどのニュースがなくなったことに気がつきました。
 もちろん、コロナは人間の生命を脅かす恐ろしいヴィルスですから、この敵に皆が一緒に団結して立ち向かうことで、昔と同じ普通の生活を取り戻すべく、今は世界中の人がこの敵に立ち向かっていると思いますし、必要なことだとも思います。 

 わたしの頭に浮かぶのは、「今は世界中の人が一緒に何かをしている」ことから、その他の争い、国と国との戦争、外国人蔑視、宗教の違いから来る争い、核兵器の実験、自分の国に居られない避難民の救助等々が二の次になって行われていないということに思いが向かうのです。
 そこから、今回は闘争する相手がコロナという恐ろしい病魔ですが、これを「平和」に置き換えることも出来るのではないかと思うのです。「平和」に中には「共生」「平等」なども含まれます。
 団結して立ち向かう相手を、病魔という「悪いこと」から、平和という「良いこと」に置き換えて努力をすると、このパンデミーの去った後の世界を、皆が少しでも住み良い世界にできるのではないかと思うのです。完全にでは無くとも、少なくともミサイル実験や、人種が気に入らないからといってする武器による暴力が無くなればいいと思うのです。

aokijuku at 12:37|この記事のみを表示コメント(0)

2020年04月07日

【From America】「コロナウイルスが離婚の原因に」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さん、週末の外出自粛をどのように過ごされていますか?
アメリカでは外出禁止令が出ているため、近くを散歩する位しか外に出ることは出来ず、ずっと家の中に閉じこもっている生活です。すると、コロナ疲れ、という言葉がふさわしいかどうか分かりませんが、よほど仲の良い夫婦でない限りは、お互いにイライラして些細なことでも喧嘩に発展してしまうことがあるようです。離婚大国であるアメリカでは、一時、離婚率が下がったと言われていましたが、ここに来て「コロナ離婚」が急激に増えているのです。

IMG_0047日本では「亭主、元気で留守が良い」という言葉がありますが、お互いに好んで一緒にいる休日。楽しいプランがあって出かけるバケーション。これなら何にも問題のない夫婦なのに、コロナウイルスのおかげで家の中に閉じ込められる事態になりました。そこで、相手の本性も見えてくる。今まで気にならなった相手の些細な習慣や性格が気に障るようになる。こんな現象が起きているようです。
ラジオでは「独身の皆さん、外出禁止令の間 一人でさびしくお過ごしでしょうが、ご安心ください。コロナウイルスが終息したら、沢山の離婚で独身の人が増えます。新たな出会いの機会がどんどん増えますよ」と言っています。

新型コロナウイルスは、経済に影響を与えるだけでなく、皆さんのLove Lifeにも多大な影響が出ているようです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月31日

【From America】「アメリカ、ラスベガスの買い物事情」

アメリカのウインドゲイト緑です。

新型コロナウイルスの影響は今や世界中どこにいても危険度は同じになってしまいましたね。
アメリカでは日本よりも厳しい外出禁止などの措置がとられています。

そこで気になるのは、毎日の食料品の買い物。
今回はビデオでご紹介します。
このような事態になると「買占め」をしたくなるのは人間の心理です。これは洋の東西に関わらず同じことです。
食料品は毎日トラックで運ばれてくるから安心してください。無くなることはありません、といわれても、やはり少し余分に買っておきたい。もうひとつ。いや、もうひとつくらいあっても良いかな? これがだんだんエスカレートしていくものです。そこで、棚は空っぽになります。
人が大勢店に入ると「密」になるから、と入場制限を加えて、店の外で待たされることもあるそうです。

一刻も早くこの新型コロナウイルスが終息することを祈っております。

以下の画面をクリックすると、動画が見られます。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月28日

ビュッケブルグ歳時記 223

コロナ災害をめぐって・・・

 前回のブログでは措置の薄いドイツのコロナ状況をお伝えしたのですが、その直後にはイタリアでの状況に影響されたのか、この国でも政府の対策が驚くほど活発になり、市民への呼びかけも徹底したものとなりました。

 連邦制度のこの国では教育もその州によって異なり、フランスとの国境に近い州では既に学校閉鎖が行われていたのですが、メルケル首相の「団結」強調に同意したこともあるのか、全国での4月末までの学校閉鎖が発表されました。勿論、学校以上の教育機関、専門学校や大学も休講です。

 そして感染者を少なくするために、社会的コミュニケーションを控えるようにとの告知もありました。この「社会的コミュニケーション」とは、人と人の接触を意味し、要するに、感染速度が落ちるまでは、家族以外の人と会って話すなどの付き合いは止めるようにとの通告です。それが仲の良い友達あっても、近くには寄らず、例えば二人で歩くときの間隔は最低1.5メートルとするなどもこの中に入ります。
 感染者低下には、要するに感染者と健康人の接触を極力少なくすることにあり、そこから他人同士の出会いを少なくする事で、外出を極力しないようとの告知も出ています。バイエルン州では例外を除いては禁止令が出ていると思います。
 このため、太陽の出た日の公園での日光浴とか、街角のアイス店での野外おしゃべり会は全面的に禁止されました。もちろん、夜の居酒屋ビール飲みも、デイスコ訪問もです。コロナは若い人には軽症という事で、これらの掟を守らない若者が多かったためか、初めは警察車の巡回も多くみられたのですが、今は市民に「団結協力」が徹底してきています。例外の店を除いては、営業禁止の店も多くなり、わたしの住む小都市の昼間の街並は閑散として不気味なほどです。
 ベルリンのような大都市では、バスや電車は相変わらず通勤者でいっぱいのようですが、道路を走る車の数は目に見えて減っているとのことです。  

 このように一般市民の協力努力が求められているコロナ恐怖症のようなドイツの毎日なのですが、自由を拘束される環境の中から少しでも次の発展に役立つものをという発展心が見えるような新聞記事が目に止まりましたのでお知らせしてみます。
 「コロナ騒動ーー教育のデジタル化への督促」が見出しです。
「百万人の生徒が現在、通学禁止になっている。家で学べるのは教育がデジタル化されていればの話で、残念ながら我が国はこの点では非常に遅れている。中国で見学した読み書きの時間では、生徒各自がスキャナー機で、書き方を習い、間違えを直されていた。その他、地理の授業では教科書ではなくスクリーンに映る写真で世界中を旅していた。ここで重要なのは「学ぶ」ということの形態を新しくする、という感覚をまず、教師にも生徒にも父兄にも行き渡らせることである。例えば、interaktive 学習ヴィデオなどは、教師と生徒間の感覚改良などに非常に役立つものと思われる。だが、このような新しい教育法を現実の教室に持ち込むまでには長い時間がかかるだろう。先ず、infrastruktur{下部構造)の設立を急ぐべきだし、教師たちのデジタル教育者としての感覚改良にも力を入れる必要がある。
 この数年のOECDの学力検査の結果では我が国の生徒の成績は下がる一方である。知識集積の教育を良しとしない方針には、「新しい教育の形」の設立を急ぐことが重要ではないか。そうでなければ我が国の教育の行方はどうなるのか」

 もう一つ、経験した小さな助け合い協力精神をお知らせします。
 隣組の若い主婦の奥さんたちから「これからスーパーに出掛けるのだけれど、買い忘れたものとか、何か欲しいものがあったらついでに買ってきてあげますよ」との電話が二回あったのです。彼女たちより年上のわたしの外出を気使っての電話に、春先の冷たい風を押しのけて、体に暖かい太陽光線が届いたような気になりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月26日

ブログ20-13

スワンヒル

オーストラリア メルボルン西北300kmにスワンヒルという小さなまちがあります。

先輩の妹さんが国際結婚でそこに住んでいるので,よかったら訪問してみてといわれましたので、トレーニ時代時間をつくっていってみました。

途中メルボルン大学の学生がヒツチハイクでのりこんできました。なかなかたのしいひと時でした。

何事ものんびりやる国柄で小さな店を開いたら、何をやるにもクイックアクションですからあれよあれよと大きくなり、靴屋から洋品店と店を拡張しました。

早ければ良いだけではなく、そこはオーストラリア流日本の良さをかみしてうまくやっています。

あれから数十年経ちますから今はさらに繁盛していることでしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント