2018年09月18日

【From America】「大腸がん検査は45歳から」

colon cancer02アメリカのウインドゲイト緑です。

日本で大腸がんが増えたのは、食事が和食から洋食に変わったからだ、と言われていました。日本とアメリカを比べたら、大腸がんの発生率はアメリカのほうが多いかったのですが、今は世界中、食事は洋食化していますし、食物繊維が少ないとか、腸内環境を整えましょう、など 生活面で気をつけるべき情報も様々あります。それでも後を絶たないのが大腸がんです。

先日のTVニュースでは、過去24年間のデータを見ると50歳以下の若い人達の大腸がんの羅漢率はなんと51%も増えた、ということです。これに伴い、癌の検診をする年齢を下げる必要がある、と警鐘をならしています。
「大腸がんの検査は45歳から」という提案が出ました。

45歳といえば働き盛りの年齢で、ついつい体調管理を二の次にして仕事優先にする時期です。皆さんは、癌検診をやっていますか? 備えあれば憂いなし。ぜひとも一年に一回は健康診断を受けてくださいね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月12日

ブログ18-24

Nリハビリセンター

私がかようNリハビリセンターは8人のスタッフですが皆さん熱心に面倒みてくれます。大したものです。

親会社は350人のスタッフからなつています。始めはガス管の交換業務から始め、ぃまも稼ぎ頭ですが、そのご塾、リハビリセンター、居酒屋とひろげています。

いま迎えに来てくださるY26歳さんは半年まえに、塾の生物の担当で教員免許をもつていて大変しつかりしてたいしたものです。
二人の経営者はどのような考えでやつているのかわかりませんが、スタッフのみなさん、けつして収入が特別良いわけではありませんが、もちろん辞める人もいますが、うまくやつています。

底辺には独立を考えでやつているのかわかりませんが、私だけでなく、みなさんたいしたものといいます。

この世界将来性あるとみているのしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月11日

【From America】「窓拭きがスーパーヒーロー」

窓拭きスーパーヒーローアメリカのウインドゲイト緑です。

子供達は漫画やTV、映画に登場するスーパーヒーローが大好きです。ハロウイーンの時にコスチュームを着て楽しんだり、映画を観に行ったり、友達と公園で走り回ってスーパーヒーローになった気分を味わったり、様々な楽しみ方があると思います。しかし、病気で入院している子供達には、その様なことがなかなか出来ません。

そこで、なんとビルの窓拭き会社の粋な計らいで、子供病院の病室の窓を拭く時にスーパーヒーローのコスチュームを着て、窓の外から患者である子供達に手を振ってあげるサービスを始めました。子供達の喜びは想像が出来ると思います。ビルの屋上から吊るした安全対策の箱に乗っての登場ですが、病室から見る子供の目には、スパイダーマンがビルを上ってきた、バットマンが屋上から舞い降りてきた、と思うことでしょう。

窓を拭く仕事をするだけでなく、こんな形で病気の子供に夢を与えてあげるのは窓拭き作業員も嬉しいでしょう。そして何よりも子供達に病気と闘う勇気を与えてくれることと思います。素敵なアイデアですね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月08日

ビュッケブルグ歳時記 186

混沌混迷・・・


 最初に、今回ブログの標題について弁解をさせていただきます。
 歳時記184で日独の男性医学生奨励について書きましたが、その中で、一学生ルーカスが選抜方法に疑問ありと裁判にかけ,勝ったので、Numerus clausus 規制が緩められたと書きましたが、このことが持つ意味が後になって重要に見えてきたのです。一市民が国家の重要な規約を変えることが出来るということは、民主主義の本質ではないかと気がついたのです。国民主権ということの見本ではないかと思ったのです。勿論、ルーカスの場合は男性医者を増やしたいとの社会状勢が背景にあったので実現したこととは思いますが。
 政治的なデモクラシーなどは、主婦のわたしには難し過ぎて判らないのです。
一般市民の主婦が希望する民主主義は、一人の市民の声を聞く耳を持つ政治をする国なのです。


 このようなことを書こうと思っていたところへ、またこの国を揺さぶる事件が起こりました。
 先々週末に、旧東ドイツザクセン州の3番目に大きい都市ケムニッツで右派のデモ暴動が起こり、その余波が今週のこの国での大きなニュースでした。
 ドレスデンとライプチッヒ市が史跡などで知られている都市ですが、ザクセン州はどちらかといえば貧しい州なのです。ということは経済的発展が少ないということで、そこへ避難民が送り込まれると職場確保の心配が起こり、それが外国人疎外に繋がり暴動となる理由の一つといってよいかと思われます。
 前に書いたペギダ(外国人憎悪グループ)の発祥地がこの市でもあるのです。   
 先々週、ケムニッツ市で右派の人達たち、例えばホリガン(ならず者と辞書にありますが、この国ではスタジオンで暴力行使をするサッカーの熱狂ファンを対象によく使われています)やネオ・ナチスに属する人々によるデモが行われたのです。800人ほどで始まったのが、ネッツで広まり翌日は2000人のデモになって、暴力行使となり、35歳のドイツ・キューバ人の青年を殺害するという結果になってしまったのです。
 右派 ということは今のドイツでもいろいろな意味を持つように思えます。
 今回の選挙で、右派のAfD(ドイツのための選択肢党)が多数の票を集めたことは日本でも知られていると思いますが、ケムニッツの今回のデモもこの党を抜きにしては考えられないわけです。
 この国では外国人疎外問題は、非常に重大視されるということは前にも書いたと思います。ですから今回のケムニッツ暴動は政治的に大きな問題となっているのです。各州で秘密警察機構によるAfD への観察が強化されていると伝えられました。


 このような政治的対策や全国からの警察派遣などで問題点の行く先が示され、暴動が一応治まった先週末には、普通の(!)市民が右派反対のデモを行ったり、夕刻には 名のあるグループによる屋外コンサートが行われたり、教会からのコメントなど、反対意見を持つ集団の意志表示も盛大に行われました。このようなことを見ると、正悪両方の意見が主張できる社会なのだと思い、暴力さえなければ民主的な社会だと思えるのです。


 今はドイツだけでなくアメリカをはじめ多くの国が右に傾いている時代のようです。一方、中近東やアフリカの国々の発展を考えると、先進国との共存も重要なことにも思われて頭が混乱してくるのです・・・。一つだけはっきりしているのは、
暴力はいけない、その代わりとなるのが「対話」ということです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月04日

【From America】「アメリカも少子化になる?」

少子化アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の少子化は世界的にも有名で、国を挙げて少子化対策に取り組んでいます。一方、移民の多いアメリカは、子供がアメリカで生まれればその子はアメリカ人になり、その子がスポンサーになれば恩恵として永住権を取得できる可能性があること。低所得者は、子供の人数だけ養育費を国からもらえるので「産めよ増やせよ」と収入の為に? 子供を産んだりする人も居て、少子化とは無縁の国だと思っていました。

ところが、最近の調査でアメリカの出産率が下がってしまったことが判明しました。このニュースでは日本と同様に「このままでは、将来年金を支える若者が減ってしまう恐れがある」として、深刻な問題に発展するかもしれない、と報じていました。

日本と同様にアメリカにも少子化対策が打ち出される時代が来るのかも知れませんね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント