2021年03月23日

【From America】「日本の食材は美味しい!」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本人は世界一グルメな国民だと思います。日本の食品の質は世界一です。日本人はこれでもか、これでもか、という位に上を目指して品質を高めることに余念がありません。そして、日本の消費者も美味しいものを求めています。それを世界中の人たちが認めています。

アメリカでの日本食のブームというのは何回かやってきたと思うのですが、私の記憶では先ずキッコーマンと呼ばれるようになった醤油、ヘルシーを売り物にした豆腐。その次には、生の魚を食べる文化がなかったアメリカ人の間で寿司が人気になりました。それと相前後して、牛肉大好きのアメリカ人たちに向けて「アンガス・ビーフ」を愛していたアメリカのレストランが「神戸ビーフ」や「和牛」という言葉をそのまま使った日本の牛肉の美味しさに目覚めたのです。神戸ビーフ、や和牛という言葉がメニュー付いていると値段は跳ね上がります。そして、その美味しさを求めてアメリカ人は大金を払うようになりました。

2黒豚そして、その次は豚肉です。写真のメニューをご覧になればお分かりとおもいますが、日本の「黒豚」をそのまま日本語を使って「Kurobuta」と表現しています。正に「神戸ビーフ」や「和牛」と同じで「黒豚」も又、レストラン業界で使われる言葉になっています。

さて、次なる日本の食材がアメリカに進出するのは何でしょうか?
サルモネラ菌を心配しなくて良い、日本の安全な鶏肉や生卵ではないか? と期待しているのは私だけでしょうか?


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年03月16日

【From America】「アメリカのシニアの生活が変わる?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本でもいよいよコロナウイルスのワクチン接種が始まりましたが、アメリカでは一足先に接種が始まっています。かなりの人たちが二回の接種を終わらせて、気分は少し自由になったとホッとしている方々が多いようです。ワクチンを打ったからコロナにかからない、という訳ではないことは承知していますが、重症化するとか、命に関わる事態にはなり難いということで、気持ちの上では明るい気分になっています。

ノーマルライフ?そこで、今まで会えなかった家族や友人に会う為に飛行機で移動しよう、という人も多くなるだろうと予想して、商魂たくましく空港の送迎サービス会社が、60歳以上のシニアに限り40%オフにする、という広告を打ち出しました。
アメリカ国内線の旅客機はかなり混雑してきているようで、それに伴い空港の送迎サービスもその波に乗りたい、という気持ちが伝わってくる宣伝文句ですね。果たして、どれだけのアメリカ人が移動を始めるのか興味深いです。

孫に会いたい。家族にあって思い切りハグをしたい。ハグやキスの文化が根付いているアメリカで、マスク、ソーシャルデイスタンス、はなかなか受け入れ難いことだったのだろうと思います。しかし、油断は禁物です。変異ウイルスも出てきていますので、やはり、手洗い、マスク、ソーシャルデイスタンス、三密を避ける、これは今まで通りにしていかないといけないですね。



aokijuku at 01:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年03月13日

ビュッケブルグ歳時記 244

現在のCorona対策

 国民は1日も早く感染者数が低くなり、小売店が開店され、買い物客で賑わう街頭が再現され、4月に来る連休には休暇計画を立てられるという状況を望んでいるドイツですが、現実はこの反対で3月8日までの Lockdown は再検討され3月28日まで延長され、その他の規制も全開放にはまだ遠い現状のこの国なのですが、今勧められているのはワクチン接種の完全施行と、自己操作のテスト器の販売制充実という二つの方法が、対コロナ政策として挙げられ、この2点での追行が云々されているのが現状という当地です。
 今回のブログでは主にこの2目的の模様をお伝えしてみます。

第一にはワクチン接種について

* 配当ワクチン数の如何が云々されていたのは解決したようで、今は施行の問題が重要視されて取り扱われているようです。Biontechのように低温保存の必要のないワクチンが発明されたこともあると思いますが、4月末からは普通の家庭医診療所での接種が行われことになるということです。
 家庭医及び専門医の診察所、ワクチン接種中央所、モビール接種所などの接種所の増加で毎日の摂種人数は200000人となり、速やかな全国民接種を促すことが目的ということです。
* ワクチンの接種インターヴァルをできるだけ広範囲にとることを心掛け、Astra Zenekaワクチンを年少者だけではなく、65歳以上の人にも接種を勧め、実行する。このワクチンは注射後の状態が、痛み、発熱などの症状が大きいということで、今までは老年者への接種はされていなかったのです。

第二はコロナテストの役割を再認識する

* 周期的に行うコロナテストを重要視し、特に学校、幼稚園、会社などの集合体の従業員は週1回の無料テストを受けられるようにする。
* テストを個人的にすることによって、ポジテイブな結果の出た人は仕事を休み就業所での感染を防ぐことができる。
* これ迄のテストには費用、待ち時間が長すぎて実行には困難 がありすぎたことから、テスト器実行状態を改善することが必要となった。そのため今は自分でテスト器を買い、自分で自己診断をすることを市民に要求するという段階なのですが、この末は使い捨てテスト器を無料で市民に分配するという案を健康大臣は出しているのです。

 この2事項が現在の主要コロナ対策計画です。

 この他に Lockdown が緩和されたのは
* 人間間のコミュニケーションも幅を広げ、今までは2家族が対象だったのが3家族となり、最高5人の会合が許可される。
* 3月8日からは学校と理髪所(床屋)の開店が許可され、続いて本屋、植木屋、庭道具屋、自動車学校、航空(グライダー操縦学校などの)学校開始が許可されているのが現在です。

 毎回、長時間の会議が行われて、このような方針が決められるのは民主国家として余儀のないことだと思われますが、一方では国民が自己の意見を抑えて、団結してLockdawn を充分に長く決行することも大事なのではないかと思わされている今日この頃です。
 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年03月09日

【From America】「トランペット・マッシュルーム」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカでも様々なアジア食材が手に入るようになり、私の食生活で食材を調達することがかなり楽になってきました。

中でも、特筆すべきはきのこです。きのこといえば、マッシュルームやポルタベロといった洋風のきのこはアメリカの普通のスーパーマーケットで売っていますが、椎茸などのアジア系きのこはやはり特別なお店に行かないと手に入りません。それでも、手に入るだけで感激!なのです。

先日も、グルメのお肉を売るお店に行くと、何ときのこ類がショーウインドウに並んでいました。椎茸はそのまま「シイイタケ・マッシュルーム」。舞茸はそのまま「マイタケ・マッシュルーム」(ダンシング・マッシュルームとは言いません)。その隣に、エリンギ、があり、何と呼ぶのか? と店員さんに伺いましたところ、「トランペット・マッシュルーム」と呼ぶのだそうです。見た目の形から想像する名前ですが、納得のお名前でした。

エリンギ日本で使っているエリンギという名前はどうやらラテン語由来のものらしく、日本ではそのままそれを使っていますが、アメリカの呼び方の「トランペット・マッシュルーム」とは何とも可愛らしく、しかも見た目ですぐ分かる良い名前だと思いました。


aokijuku at 06:00|この記事のみを表示コメント(0)

2021年03月02日

【From America】「キャビン・フィーバー」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本では緊急事態宣言が出てから長い「我慢の生活」を強いられていることでしょう。お家生活もいよいよ飽きてきた頃だと思います。
アメリカでもそれは同じことです。我慢している人は沢山いますが、我慢していない姿がニュースになるので、真面目にお家生活している人の様子もお知らせしましょう。

私の友人で車椅子生活をしている人がいます。ただでさえ、車椅子の生活は楽ではありません。それに加えてこのコロナの影響で、お家に閉じ込められた生活をしています。お家にずっと居なくてはいけない状態が続き、イライラしてストレスが溜まった状態のことを英語で「キャビン・フィーバー」といいます。
本当に体に熱が出るわけではありませんが、そういう精神状態のことをこの様にいいます。

夕日さて、この友人のストレス発散の仕方は?? 同じ車椅子生活の友人に声をかけて、真冬のビーチで会うことにしました。綺麗な夕日を眺めながら、お互いに車の中ですが携帯電話を駆使して車同士でおしゃべりをします。そして、なんとピザの宅配をお願いして、ビーチに居る車まで届けてもらう、という粋な計らいをしてもらいました。勿論、それぞれの車の中で別々にピザを食べるのですが、こんな風にソーシャルデイスタンスを守りながらも、屋外に出て親しい友人とおしゃべりが出来て、素敵な夕日も見ることが出来て、ストレスは一気に吹き飛んだようです。

ビーチでピザ工夫しだいでこんな素敵な形で友人と会うことが出来ました。今、飲食業の方々はお客様が来ないことで経営が大変です。お客様は友人と飲み会をしたいのに会えない、というストレスも溜まることでしょう。でも、何とか知恵を絞れば、安全に友人と会えることもあるのだと、改めて感じました。

ワクチンの普及までもう一息です。お互いに頑張りましょうね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント