2018年02月10日

ビュッケブルグ歳時記 172

Zeugnis = 成績証明書


 2学期制のこの国では先週の金曜日2月2日が学期の終わりで、基礎学校3年生以上の生徒達はそれぞれ、第一学期の成果が記された成績表を受け取りました。1、2年生は、受け持ちの教師が記した言葉による批判が成績表となります。
 成績は、日本と同じように1から6の点数でつけられるのですが、最上が1で、最下が6というのが違うことです。


 終業式の後に続く月曜日(即ち2月5日)は、”動かし得る休日”として学校は休みでした。こちらではこの学校休日は、州で決められていると思われるのですが、結構多くあるように思えるので、参考のために書きました。例えば国民休日が火曜日になった場合には、その間の月曜日を可動休日として学校は休むわけです。4日間の連休となり、家族との小旅行も出来るわけです。
 

 わたしの受け持っているピアノは部活としてなので成績をつける必要は無いのですが、基礎学校の生徒には、なにか、どこかで褒める点を探して、なるべく良い点を付けたりして、忍耐の要る練習を奨励するようにしています。

 今日は生徒の一人、テアのことを聞いていただきたいと思います。
 テアは、昨年、4年の基礎学校を終えて、ギムナジウム(ドイツの高等学校)に進学した生徒なのですが、5歳で基礎学校に入学が許されたという、心身ともに成熟度を評価されていた生徒だった(過去形に注目を)のです。ピアノについても、一つの音を弾いて、その音が消えるまでじいっと聞き入るとか、雨の音を作ってみたの、などという、他の子どもたちにはなかった音との戯れで、わたしを驚かせることが度々でした。そして又、宇宙にはすごく興味があるのだと云って、太陽から近い順に惑星の名を教えてくれたりする子でした。なんとなく物事の原点を考えているかのような、哲学的とも思える印象がありました。
 それが高校に行くようになって変わってきたのです。ピアノの練習もしなくなり、「今、したいことは眠むることだけ」だと云ったりするのです。そして、「今の学校には友達は一人もいない」とか、「先生がなにか云っても私の頭に中には鳥が飛んでいて、そのことだけしか考えられない」とか、「この間から、セラピーに行っているの」などと云うのを聞くと、どうしたものかと心配になっていました。

 そこへ、昨日、母親が話しに来たのです。
 ピアノを教えるという長い経験から、近頃の、保護者の教育観点もわたしの時代とは変わってきていること知っているつもりなので、注意して話し合うことから始まったのですが、母親のおかれている立場も知ることが出来て、良い話し合いになったと思います。
 テアだけではなく、母親も心理学者の助けを借りることになったそうですが、その内容が自分には満足出来ないとか、このままで行くと、高校最初の年も落第になるかもしれないが、1年の余裕があるのでこの点は余り気に掛けない。テアが思春期に入ることを考えると、ピアノの練習をしないことは一時の停滞時期として考えてもらいたいなど、いろいろ、わたしも考え直すことが必要だと思わせられた時間でした。ピアノについては両親と連絡し合って見守ろうということになりました。


 生徒たちの一学期の成績を聞くと、ピアノにきている子ども達は平均点が1から2までのような、良い成績の子が結構多いのです。そこへ更にわたしが思って、云いたいのは「ピアノに限らず、何かを習うことはいいこと。練習が必要だから」なのです。練習の厳しさを、子どもたちに知らせるのはいいことだと思うのです。これは、少し遅過ぎますが、わたし自身に言い聞かせることでもあるのです。
 これがわたしの学期終末日でした。


aokijuku at 11:35|この記事のみを表示コメント(0)

2018年02月06日

【From America】「サポート・アニマル」

アメリカのウインドゲイト緑です。

サポート犬01日本の皆さんも盲導犬などのいわゆる「サービス・ドッグ」と呼ばれる障害者を助ける犬の働きは、日常生活の中で目にすることがあると思います。お利口さんの犬達は障害のある方たちを助けて、実に偉いです。この犬達がいなければ生活できないほど障害者達は犬に頼っています。これらの犬達は「お仕事」ですから、空港やレストラン、そして飛行機の中までもご主人様についてきて手助けをします。この犬達は飛行機に乗っても良いことになっています。

サポート犬02さて、目に見えて障害のある人を助ける盲導犬が良いのなら、精神的に病んでいる人達だって、犬を連れて飛行機に乗っても良いではないか? ということになり「コンフォート・ドッグ」と呼ばれるカテゴリーが出来ました。精神的に不安定で怖くて飛行機に乗れない人が、自分の犬「コンフォート・ドッグ」を連れて飛行機に乗ると精神的に安定する、という理由でこれも「お仕事犬」ということになったのです。

それが、エスカレートして犬猫だけではなく、鳥、豚、カンガルー、アヒル、子馬などまでが全て搭乗者の心理的な支えになるとして「サービス・アニマル」という名の下に無料で飛行機に乗ることに発展しました。その動物達はケージに入っているのではなく、搭乗者のひざに乗っていたかと思えば、自由に機内を歩き回り、糞尿をばらまき、他のお客様に噛み付き、大変な迷惑をかけることになってしまいました。写真にもあるように、びっくりするようなペットまで登場しました。

サポート犬03この度これを重大視したデルタ航空は、今までは簡単にオンラインでコンフォート・ドッグやサービス・アニマルの証明書を取ることが出来ていたルールを新しいルールに変更し、
3つの条件を付けました。
1. 狂犬病などの予防注射をしていること
2. その搭乗者がコンフォート・ドッグ(他の動物も含む)が必要であるという医師の診断書
3. その動物が公の場でお行儀よく出来るという証明書

動物を飛行機に乗せる場合には、ケージに入れてカーゴ部分に乗せて運びますのでお金がかかりますが、コンフォート・ドッグという名目だと一切費用がかからず搭乗者と一緒に機内に入って移動が可能だったので、お手軽に動物を運ぶ手段として利用されてしまった可能性が高い、ということもあったようです。
動物を連れている本人は快適(コンフォート)かもしれませんが、その分、他のお客様が快適ではなくなってしまう、という不便をなくそうという動きで、デルタ航空だけでなくアメリカン航空やその他の航空会社も追随するようです。

サービス・ドッグ、コンフォート・ドッグ、サポート・アニマル、何だか区別しにくい言葉ではありますが、本当に盲導犬などを必要としている方が快適にサービス・ドッグを一緒に連れ歩くことが出来るように、ルールの乱用は止めて健常者は自粛するべき所は自粛するというマナーを守りたいですね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月31日

2018-3

早いもので1月もあっという間に過ぎようとしています。

正月に稼いだ筆頭がビートたけしでしようか。
手妻の藤山新太郎師匠とも大変仲がよく、売れない時浅草の舞台で、二人で前座をつとめたことが信じられません。
一つ言えることは共演した相方にかならずビジネスを与えるように、気を使ったそうです.なかなか出来ないことですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月30日

【From America】「インフルエンザで死人多数」

アメリカのウインドゲイト緑です。
Flu今年は世界中にインフルエンザが蔓延していることはご存知と思います。日本でも今年は猛威を振るっているそうですが、アメリカのインフルエンザは死人多数で国民に恐怖感をもたらしています。

インフルエンザの予防注射が今年の場合は10%しか効き目がない、という報道がありましたが、それを証明するかのようにアメリカ全土でインフルエンザが蔓延しています。地図を見ると、ほぼ全部の州が真っ赤になっていて、流行の物凄さを感じます。しかも、「H3N2」というウイルスの威力がとても強くて、10代のホッケー選手や40代のマラソン選手など、一般人よりも体力があり健康に自信がありそうな人達でさえも、病院に担ぎ込まれて18時間後には死亡してしまう、という怖いニュースが流れます。

アメリカ全土でインフルエンザを発症している数は、毎日TVで数字が更新されています。5万人が7万人に、そして私の知っている最新情報では1100万人と言われます。この文章を読んでいただく頃には、もっと数字が膨れ上がっていることでしょう。

予防は先ずインフルエンザの予防注射をすること。たとえ10%しか効果がなくても、やはり注射はしたほうが良いそうです。こまめに手を洗うとかうがいをする。人ごみに行かない。など今まで知っている事ばかりで、特に新しい情報はありません。

ひとつ希望の星と思えることは、インフルエンザ予防注射の研究が進んでいることです。現在は毎年 流行しそうなタイプのインフルエンザ・ウイルスを予測して予防注射を用意していますが、将来は全ての可能なインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチン(Universal Vaccine)が登場して、5−10年間に一度の予防注射で済むというお話です。そのワクチンが登場するまでは、毎年の予防接種とこまめな日常の注意点に気をつけて自己防衛するしか手はないようです。

皆さん どうぞ気をつけてくださいね!


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月27日

ビュッケブルグ歳時記 171

日本での印象

 年の初めを日本で過ごしたのですが、今回受けた印象は「日本は、世界一富んだ国!」でした。食 については以前から豊かさに目を見張っていました。
衣 も大方の人が高級に装っていると思いましたし、住 も高層建物の林立だけではなく、個人のマンションの豪華さにも驚くばかりでした。

 このように発展した日本に感嘆し、国民が満足している理由も納得出来、それが政治に対する充足感とイコールなのかもしれないと思いました。
 ですが、いわゆる里帰りのわたしにはどこか肌触りが違う感じもあったのです。
 
 ある朝、教育問題を取り上げていたTV番組を見ました。地方の或る中学校で行われ始めた授業方法を紹介する内容でした。その内容を簡単に書き出してみます。授業開始に当たって、担当の教師は、今日の授業は僕はしない。生徒の君たちが自分たちで考えて、話し合って、結論に持って行く形の授業をする。課題はこれこれ、と伝えた後、生徒の考えを主体にした形式の授業が始まりました。アクテイブ・
ラーニングと名付けられていました。教師はその間、生徒一人一人の様子を観察し、点数を付けていました。
 その後、この授業形式についての専門家の話があったのですが、その中で興味をひかれたのは、「思考力が薄い」とつけられた生徒の成績について、母親が、この力を大きくすための方法を知りたいと要求した所、教育相談の専門家が「家庭での話し合いを多くすることも一手段である」と答えていたことでした。

 この授業型は、前にお伝えしたドイツで行われているプロジェクト授業と同じ型で、日本ではこの型を「終尾から始めている」のかな、と思ったのです。理由は「話すことの重要さ」が最後に、学校からではなく相談員から指摘されていたからです。家庭での話し合いが、生徒の思考力向上に適切だということは、話すことの重要性に繋がることです。相談役が云うことを何故学校は率先して教えないのかが疑問になるのです。家庭だけではなく学校でも話すことを授業とするべきではないでしょうか。このような点を知ると、上(文部省)と下(教室という現場)の連結不備を見せられたように思えるのです。
 また、この授業形式が未だ試行の段階にあるということも残念に思われました。

 ここから、現在、注目されているドイツの教育法を思い出しました。
 Kooperatives Lernen と呼ばれる方法で、「協力して学ぼう」とか「共同で学ぶ」という意味です。
 この形式はカナダ人のグリーンが最新的な教育法として考慮したもので、学校教育だけで終わる勉強ではなく、生涯を通じてためになる勉強法として築かれた方式ということです。学校での成績が良いということが良い仕事を見つけることに繋がることではないし、社会的能力を持った人とか、グループの一員として物事を処理する能力を持った人の方が、仕事の上での成功が予想されるとの考えが基本となっている教育法です。
 以後この方式について折りにふれお伝えしたいと思っています。

 ここから、この国では学校教育がその後に続く職場を考慮に入れて考えられていることがわかると思います。既述のように、学校は決して学びだけの舎だけではなく、職場を考慮に入れた人生の舎と考えられているのです。
 こんなことが肌触りの違いとして感じられたのかもしれません。


aokijuku at 14:50|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント