2019年11月12日

【From America】「ピーナッツ・アレルギーの薬登場」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ピーナッツアレルギー01今までにも何回かお伝えしましたが、ピーナッツ・アレルギーの人はアメリカでは1万人とも言われているほど深刻です。のどが詰まってしまうと呼吸が出来ずに命に関わる大問題ですから、おろそかには出来ない問題です。
今までは、飛行機の中ではピーナツを配らなくなったこと、アレルギーの人が搭乗する場合には乗客全員にピーナッツ類を飛行機の中で食べない、袋を開けないなどを呼びかけるなど、様々な工夫を凝らして対処して来ました。

今回、なんと初めてのピーナッツ・アレルギーの薬が登場したのです。アレルギーを持つ方々には何と言う朗報でしょう!
ピーナッツアレルギー02この薬は、PALFORZIAという名前で、アメリカでは年内には承認が下りて使えるようになるという具体的な時期も決まっている薬です。

この薬はピーンナッツの粉を少量を最初に体内に入れていき、徐々に量を増やしていきます。体にピーナッツは異物ではない、ということをだんだんに覚えさせていく、という方法です。
TVで紹介されていた女の子は1年間この薬を飲んだ後、今は毎日ピーナッツ入りのM&Mを2個食べるようにしているそうです。体に、ピーナッツは異物ではないということを忘れないようにしてもらうためです。

勿論、この薬を飲んだからといって、普通の人と同じようにピーナッツバターのサンドイッチが食べられるわけではありませんが、以前のようにドアのノブを触るだけでもアレルギー反応が出る、友達と食堂で食事がとれない、即命に関わる問題につながる危険性がなくなっただけでも、どれだけ生活の質が上がったことか、と喜んでいました。

日本のピーナッツ・アレルギーの皆さんにもこの薬が使えるようになって、命の危険から救われることを望みます。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年11月09日

ビュッケブルグ歳時記 214

「本質におよぶ問題」

 に続き、「よりにもよって教育国家とかチャンスに満ちた国として教育を誇りとする我が国が、今、教師不足という実質的挫折状態に陥っている」とのタイトルで、今メデイアを賑わせているニュースをお知らせしたいと思います。

 不足しているのは主に小学校教師で、教育省の往年の概算が間違ったための現象だということです。人口少数化時代の教師育成数をそのままにしたため、出生率の上昇や避難民の増加などによる大幅な小学生の増加に追いつけないほど、初段(小学校)教師不足になっているのです。要するに教育省の怠慢が原因というわけで、2025年までに26300人の教師が不足するとの調査結果が出ています。
 この教師不足は、現在ドイツ全国にある学校の45%が被っている災害なのです。
 ちなみにこの国の教師課程は、10ゼメスター(5年間)勉学の後、2年間の試補研修期間が必修で、医学、法律部に次ぐ長い教育期間が必要です。

 この不足補充には次のような方法がとられています。
 一番多いのが ”横入り教師”と呼ばれる、何らかの専門課程、例えばゲルマン語学、物理、政治学などの勉学は終えているが教師資格は持っていない人が、急場の教授法や教育学の講座を受け教師として教壇に立つという方策です。ベルリンでの、昨年新しく教師になった人達の70%がこの種の教師であるとのニュースには驚きました。その他、定年後のギムナジウム教師が希望して、格を落として小学校教師となるとか、ある東州(ここで、この国の教育は連邦制であることを思い出していただきます)では父兄が教壇に立たなければならないという窮状態に陥っているということも聞きます。

 この”横入り教師”についての賛否意見を書いてみます。
 この制度は学校教育に害を及ぼすか否かの質問に対して、Ya(害あり)ーーの意見を持つ46歳の教師本職のP.さんは「短期間での教育法などの急場講義が十分ではないため、”横入り先生”方からの質問が多く、助けたいとは思っても自身の問題でいっぱいの専門教師にはストレスになることが多い。また社会的下層階級の子どもの指導には向かない。この方策を続ける場合には、教育学と教授法の講座を長期にして必要事項を充分学ばせると同時に、教壇に立つ前に専門教師の授業を聴講する期間を長く持たせる必要がある」との意見です。
 Nein(害なし)ーー「”横入り教師”は 教師として一級下の救急教師ではなく、ある意味で 広範囲にチャンスをもたらす改革者となる可能性を持っている。学校とは勉強、知識蓄積の他に様々な事を学ぶ所でもあるはずだ。例えば障害児童との包含クラス生活や、外国人とか他文化との融合などを学ぶ所であることを思うと、”横入り教師”はこれらのことを指導するのに適しているのではないか。本職教師は悲観するのを、父兄は文句を言うのを、ジャーナリストは揶揄するのを止めるべきである」が、38歳のH.氏の意見です。
 
 この国は9月が新学期の始まりなのですが、わたしの通っている小学校も教師不足の影響を受けています。友だちのアナは午後からの生活指導をしている、教師資格を持たない準教育者なのですが、今年の夏休みの最後の週は、研修期間になって、休みが短くなった、とぼやいていたのです。これは、午前中に本職教師ができなかったことを、準指導者の彼女たちが午後、子供達に教えるという教師不足の被害対策であることに気がつきます。

 一国の、明日の建国は子ども達にかかっていると思うと、教師不足は、冒頭の「本質におよぶ問題」であることがわかります。教育の国ドイツの将来が危ぶまれることのないように願いながら・・・ 


aokijuku at 11:49|この記事のみを表示コメント(0)

2019年11月07日

ブログ 19-45

フィギュア情報

第45回西日本選手権、第36回西日本ジュニア選手権大会が滋賀県立アイスアリーナで11月2.3.4日と開かれました。
yjimage

30人参加して、孫の河辺愛菜が初日トップになりました。
4日のフリーも3回転半は失敗しましたがトップになり、優勝しました。

紀平梨花を育てた浜田美栄コーチが、今コーチとして人気があって全国からコーチ指導希望者が殺到しています。レベルもいちばん高いようです。

30人が参加して愛菜以外に半数が11月15日から17日新横浜で開催される全日本ジュニア大会に参加します。

20191104s00079000229000p_thumそこでトップ6人までが12月代々木での全日本シニア大会に出場できます。

写真は上:ニッカンスポーツ 下:中日スポーツ より



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年11月05日

【From America】「一足の靴が二足になる?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

靴ファッションに気を使う人は靴のおしゃれに敏感だといわれます。靴のコレクションで有名なのはイメルダ・マルコス夫人かもしれませんね。

靴は素材、色、形、ヒールの高さ、何足あってもこれで良い、ということはありません。もし、一足の靴が二足になったとしたら、こんな嬉しいことはありませんね。先日、TVで画期的なアイデアを発見しました。サンダル型のヒールの靴なのですが、なんとそのヒールを45度ひねるとヒールが取れて、フラットなサンダルに変身するのです。
正に、靴のトランスフォーマーです。実にCOOLな靴です。

旅行に行くときなど、昼間はビーチを歩くのにフラットなサンダルが必要。でも夜デイナーに行くときにはちょっとおしゃれをしてヒールを履きたい。となるとスーツケースには、たくさんの靴を入れなければなりません。それが一足で二足になるとなれば、なんと便利なことでしょう!

靴のメーカーも様々なアイデアを出して、私たち消費者を楽しませてくれると嬉しいですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年10月31日

ブログ19-44

発表の場

青木塾長に感謝
毎週木曜にブログを書かせてもらつていますが、実にありがたいことです。
青木さんにあらためて感謝します。

一体何を書こうかと考えるだけで、勉強になります。いつもそこからはじまります。
リハビリセンターにいつても問題意識をもつと95歳の大先輩と毎週会う時、どんな話題でいこうかそれなりにかんがえます。85歳の素敵な女性に会うときもおなじです。
ブログを書く、多少神経を使う全てはそこからはじまります。青木塾の欄をもうけてくださるのであらためて感謝するしだいです。

ラスベガスやドイツから見事なエッセイが来る度に感心します。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント