2017年06月20日

【From America】「バースデー・プレゼント」

バースデーギフトアメリカのウインドゲイト緑です。

誕生日を祝う習慣は世界中共通のことでしょう。日本でもプレゼントを上げる、バースデー・ケーキにキャンドルをともして願いを込めてキャンドルを吹いて消す、という祝い方は諸外国と同じでしょう。

先日、イギリス人の友人から聞いた話をご紹介したいと思います。
孫娘が生まれて1歳の誕生日を迎えることになりました。息子夫婦から頼まれたことは二つの事でした。「この子が18歳になった時に読むように手紙を書いてあげて欲しい」「メモリーギフトとして18歳になった時に開けるプレゼントを考えて欲しい」これらの二つは箱に入れて、18歳になるまで開けずに取っておく、というものでした。いわゆるタイムカプセルのように、今入れるけれど、その子が18歳になってから手元に届く手紙でありプレゼントである、ということです。どんなに記憶が良い人でも1歳の時のバースデーを覚えているという人は先ず居ないでしょう。オモチャを上げたり、可愛い洋服を上げても、大きくなったら写真で見るくらいで本人の記憶には残りません。それが18歳になった時に自分の1歳のバースデーに祖父母がどんな想いでいたのかを伝えるという素敵なプランです。

実はこれに似たような話をマレーシア人の友人から聞いたことがありました。
孫娘が生まれた時から、毎年真珠を一粒ずつプレゼントして、その子が18歳になった時に18個の真珠(足りない場合は数を足して)真珠のネックレスを作ってあげる、というプランでした。勿論、金銭的にはいつでも真珠のネックレスを買ってあげることが出来る裕福な家庭でしたが、その毎年その子のために一粒ずつプレゼントする、その子の成長を楽しみに毎年贈る、という物です。

アメリカでは大学の学費がとても高いので、孫が生まれたらその時から大学の学費貯金を始めるということがとても盛んに行われています。これも18歳になった時に、そのお金で学費を気にせず勉学に励んでください、という祖父母の想いが込められています。

日本では、20歳の成人式に孫娘に振袖をプレゼントする祖父母の気持ちがこれに似ているのかも知れないと思いました。最近は、振袖もレンタルで写真を撮って終わりになる形も多いそうですが、それでも祖父母の孫娘の成長を喜ぶことに対する気持ちに変わりはありませんね。

国によって形は違いますが、孫娘に対する愛情がひしひしと伝わる誕生日の祝い方だと思いました。

aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年06月16日

フィギアスケート

今一見シーズンオフにみえますが、明日の飛躍を夢見る人たちにとって7月7,8,9長野の野辺山に、全国から約50人集まり特訓がはじまります。

3月に予選が有り、指導者も海外からきて本格的な指導が始まります。

宿泊費用、指導料は国が持つてくれます。ノービスBが小3から小4,ノービスAが小5〜中1です。
このクラスの層の厚さはロシアにつぎます。ノービス制度の一号が荒川選手です。
学年制度は世界共通で7月に一年上にあがります。

いつ生まれたか7月をさかえに運命がかわります。


aokijuku at 22:37|この記事のみを表示コメント(0)

2017年06月13日

【From America】「ATMは携帯電話で」

ATM 犯罪02アメリカのウインドゲイト緑です。

銀行でのお金の入出金はATMのお蔭で、時間外や週末でも自由に出来るようになり、便利になりましたね。しかし、便利の影でATMの機械による犯罪も多くなってきています。カードを落とした、盗まれた、暗証番号を盗まれた、無人のATMで強盗にあったなどなど種類は多彩ですが、アメリカでは一年間で550%もATM関連の犯罪率が増加したそうですから、これはかなりの数字です。

そこで、その改善方法として携帯電話でATMの機械を動かす方法です。物理的なATMカードはなくなり、携帯電話のアプリにATM機能が付きます。ATMの機械に近づき、携帯電話をかざします。暗証番号も数字の桁数を増やしてなかなか盗まれないような工夫がなされています。

ATM 犯罪01若い人達は「携帯電話が無くては生きていかれない」というほど、携帯電話を使いこなしていますから、便利になった、と感じることでしょう。しかし、携帯電話が苦手なお年寄りには、この進化はちょっと高度で使いこなせないかもしれない、という懸念が残ります。
更には、ATMの機械で犯罪を犯してきた犯人達は、また別の方法でこの携帯電話ATMカード方法を欺く方法を手に入れるような気がします。

こちらが進化すればあちらも進化する、という正に「いたちごっこ」の繰り返しのような気がしますが、しばらくはこの携帯電話ATMに慣れることに苦労する消費者が増えそうな気がしました。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年06月10日

ビュッケブルグ歳時記 156

民主主義にまつわり・・・


 日本では余り知られていないように思われますが、5月になるとヨーロッパでは
毎年、Eurovision Song Contest(ESC) = 流行歌(ポップ、ポピュラー・ソング)祭りと銘打つコンテストが催されます。判り易く云うと”シンガーとソングライター・コンクール”です。今年は62回目として5月13日に、42カ国参加の最終会がウクライナ首都キエフで行われ、その模様は全ヨーロッパに向けて、多分世界に向けても、テレビで実況されました。この土曜日の夜のゴールデンアワーは、舞台一杯の、輝く光と色彩と創意に溢れた装置の中で歌う、これまた眼を見張るような様々なステージ衣装のシンガー連の独占放送が深夜まで続くのです。


 ESCは1954年に創られたローロッパ放送組合が基で、1993年のEU圏設立とともに、スイスを主国として、ヨーロッパを、よりモダンに、より多彩に、否ソ連的に、放送網を通じて世界へ紹介しようと意図した中の一つとしてヨーロッパ・ポップ・フィクションを創ろうとしたことが起原だそうです。ですから対象はポップ音楽であったわけですが、ポップ音楽愛好者達が、ユーチューブとか ツイッターなどを用いて年々会合を続けるうち、市民運動や戦争反対などの様々な世情の影響を受け、微妙に政治性を帯びてきて現在の姿となったようです。


 例えを挙げてみます。
 1971年には「今ある世界は」と題する対環境の歌がドイツ代表となりました。10年後にはこれもドイツの歌手が、「少しでも平和を」と核反対を訴えた歌を唱って優勝しています。2009年のモスクワ市開催の際には同性者達の大デモがあり、2013年マルモー大会ではレスピアンの歌手とコーラース女性との舞台上でのキス・シーンが、自国での禁止令に対する反抗としてアピールを行っています。そして、その後、既述の女装した男性コンチータ・ブルストがウイーン市の会で同性者解放を歌い上げています。
 イスラエルからも参加していることも書き添えておきます。


 なぜ 民主主義にまつわること・・・というテーマに、ソングコンテストの模様をご紹介したかというと、ドイツ人だけではなくヨーロッパ人の「政治好き」が目に入るからなのです。流行っている歌を楽しむだけではなく、何かの集団が創られたり、人が集まる機会があると、その機会を利用して自分たちの住んでいる社会をよりよい社会にしようと声を挙げることに気が付きます。これは多くの市民が、自分たちの社会をもっと良くしたいという考えを何時も持っているということだと思います。そして外界に向けてそのための意志表示を忘れないということは、政治好きと云ってよいと思います。これは政治が身近にあることから出来ることで、よい社会作りが政府だけの仕事であると思ってはいない証拠ではないでしょうか。自分たちも参加しようという気を持っているように思われます。こう思うことから、政治を民がする、との民主主義を人々の考えに浸透させることは是非、必要なことで、それには政治が何時も傍らにあるような生活環境をつくり、子どもの時代から政治感覚を養ってゆくことが必要だと思われます。
 政治を変えるには社会を変えなければなりません。社会を変えるには教育を変えなければなりません。そのために、民主主義についての勉強を改めて行い、それを子ども達に教育し、この制度が身じかになるような社会作りをすることが、発展した世界社会には必要だと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2017年06月06日

【From America】「MARSチョコレート」

M&M02アメリカのウインドゲイト緑です。

世界中で一番のチョコレート会社はどこでしょう? と聞かれたら、皆さんはどの会社を思い浮かべるでしょうか? チョコレートといえばスイスとかベルギーが有名だから、ゴデイバかな? リンツかな?
日本の皆さんはMARSチョコレートと聞いても知らない人が殆どでしょうが、M&Mチョコレートと聞けば知らない人はいないくらい有名でしょう。
実は、世界中で一番のチョコレート会社はこのM&Mを作っているMARSチョコレートなのだそうです。何と年間1000億円もの売り上げがあるそうです。

M&M01M&Mといえば、あのカラフルな色の小さな丸いチョコレート。「手で握っても溶けないが、口の中に入れれば溶ける」というキャッチフレーズで、子供にも大人にも大人気です。M&Mシリーズにはプレーン、中にピーナッツの入ったもの。ピーナッツバター味、といろいろありますが、これに今度はキャラメル味が加わるそうです。更には、M&Mシリーズだけでなく、ナッツやドライフルーツの入ったスナック菓子に進出して、市場を独占しそうです。

高価なプレゼントに使われるゴデイバなどの消費よりも、毎日気楽に手に入るM&Mシリーズを製造する会社が勝者になる、というのも興味深いです。




aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント