2023年01月31日

【From America】「空港のコートの預かりサービス」

アメリカのウインドゲイト緑です。

コロナ禍でも様々なことが元に戻りつつあり、世界中の人が「ニューノーマル」と呼ばれる「With コロナ」生活が始まっています。旅行もその一つで、今まで3年も旅行出来なかったから、という理由から 旅行に出る人が多いです。

アメリカは大きな国ですから場所によって気候が全く異なります。冬の雪深いNYやミネソタから飛行機に乗れば数時間で常夏のハワイやフロリダに飛んで行かれます。特に寒いところに住んでいる人は寒さを逃れるために冬に暖かい場所に旅行することが多いです。そんな時に邪魔になるのが分厚いコート類です。自宅を出て空港に行くまでは寒いので当然暖かいダウンコートなどを着て出かけます。しかし、一旦 暖房の効いた空港内でチェックインを済ませれば、後は飛行機に乗り、目的地に行くので分厚いコートは不要になります。そのコートを機内に持ち込み、スペースの限られた頭上の棚に収め、常夏のバケーション中にそのコートを持ち歩くのはナンセンス。とばかりに空港での粋なサービスがありました。それは空港でのコート預かりサービスです。

冬のコートミルウオーキーのMilwaukee Mitchell International Airportでは1日2ドル、又は戻るまで1旅行につき10ドルで分厚いコートを預かってくれるそうです。この空港では、行き先がフロリダ、アリゾナ、カリフォルニア、メキシコ、カリブ海のお客様が利用できるそうです。似たようなサービスはミルウオーキーに限らず、フランクフルトの空港にもあり、期間限定で10月から4月の寒い時期だけだそうですが、利用できるそうです。NYのJFK空港でもJetBlueに搭乗するお客様はこのコート預かりサービスを利用出来るそうです。

このサービスは、お客様が身軽になるだけではなくて、満席で頭上の棚のスペースがなくて搭乗寸前に無理やり手荷物をチェックインさせられることもぐんと少なくなりますね。荷物を入れるスペースがなくて苦労するお客やキャビンアテンダントの助けにもなる素敵なサービスだと思います。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月28日

ビュッケブルグ歳時記 289

Kampf-panzer (高精度を持つ戦車)の登場


 先回のBlog ではウクライナへのSchuetzen-panzer (防護戦車)の提供についてお知らせしましたが、新年になっての戦争状態から、表題の高度性能を持つ戦車の要求が大きくなり、1月25日にショルツ首相が沈黙を破り、ドイツ製造の精度世界一と言われている Kampf-panzer ”Leopard 2PA6“ の提供に同意するとの発表がありました。
 アメリカからの30台の ”Abrams 戦車との合同提供への複雑な経過は日本にも報道されていると思われますので、このBlog では ” Leopard “ について知ったことをお知らせしてみます。


* ウクライナが ” Leopard “ を要求する理由は?
 今まではウクライナはロシヤ製の古い戦車を使用していたが、国際交付が進んでいる 最近はドイツ産の “Leopard2” を欲しがっていた。
 1月の初めにドイツ外務大臣が東ウクライナを訪問した折に、ウクライナ外務大臣は「この戦車を提供してくれないと、ウクライナの兵隊の死亡数は多くなる一方である」との苦情を訴えていた。
 このようにウクライナは西からの兵器に頼っている。


* ”Leopard” の価値が上がる理由は?
 ドイツで1978年から Kraus- Maffei Wegmann 社は戦車製造を始めた。”Leopard 2A7“ の重さは60トン、体長は10mで、2014年から納入が始まり現在までに3500の戦車が生産されている。
 世界の14の国々がこの戦車を使用している。

 この戦車の主眼精度は:・120Millimeter-Glattrohrkanone(直訳は120ミリメーターの円滑大砲)で、停止していても、走りながらでも数千メートル離れている敵を射撃できる大砲を持っていることである。
 このほかに・時速70kmと動きの速いこと・走りながら大砲を打てること・モーターはDiesel で動くという経済的なこと・数キロを後方運転ができる、etc。


* ドイツ国とLeopardとの関係
 ドイツで生産されたこの戦車を他の国に売った場合、「買った国がこの戦車を他の国に提供する場合には、生産国ドイツの許可を必要とする」との条約がある。

 今回はポーランドがドイツの許容なしにウクライナに提供すると主張していたが、ショルツ首相の声明にはこの許可も含まれているので、障害なし。


* 首相の提供宣言はあったが、実際の提供可能性は?
 答えを先に言うと「?」である。この戦車の製造には1年がかかるので、今、必要な戦車は連邦国防軍にあるものを提供することになるわけだが、その詳細をここで明らかにすることは自国の軍備状況を明かすことになるのでできないが、2025年までに320の戦車を、との計画があるので、古いものを整備して提供することになるだろうとの記事が、ある政治雑誌の中で読めるということです。  


* 法律上での問題はないのかとの問いの答えとしては、ウクライナは自衛の戦争をしているので、ドイツが武器を提供しても交戦団体とはならない、ということです。 


 このような状況が今のウクライナ戦争の現状のようですが、一般市民の私はやはり戦争を仕掛ける国が人間的感情を失わないようにと切に願うばかりです。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月24日

【From America】「コネチカット州でレクリエーション用マリファナ解禁」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカでは州によって法律が違うので、様々なルールも違ってきます。最近話題になっていたのは、マリファナの使い道とそれを合法化するかどうかです。

ネバダ州はかなり早くから医療用マリファナは勿論のこと、レクリエーション用のマリファナも認められていました。海外や州外からの観光客でも州の中で購入、消費してしまうなら構わないけれど、他の州に持ち出してはいけない、ということで空港にはトレーニングした犬が荷物の臭いを嗅ぐなどして、持ち出しを規制していたこともありました。私が現在拠点にしているコネチカット州では遅れを取ったものの、医療用が認められ、ついに2023年1月にレクリエーション用も解禁となりました。

マリファナNV勿論、21歳以上、運転免許証を見せて、決められた量のマリファナを購入できます。保管方法も厳しく決められているのですが、お菓子にマリファナを含ませたものが子供の手に入ることを懸念しています。
マリファナと言えば、たばこのように紙に巻いて火をつけて吸う形が最も有名で一般的です。肺から入るマリファナは効き目も早いと聞きます。しかしそれ以外にお菓子作りにマリファナをいれてクッキーにするとか、熊の形をしたグミのような食べられる形もあります。これが問題です。家の中にお菓子があれば子供はつい食べたくなります。マリファナ入りと知らないで美味しいお菓子だと思ってパクパク沢山食べてしまうと、子供の体には多すぎて救急車で運ばれるなどの事故も考えられます。

また、レクリエーション用マリファナを使用して車の運転をした場合には事故の原因にもなりますし、飲酒運転と同様に罰せられるので、使用する場合には注意が必要、と呼び掛けています。
医療用のマリファナには痛みを和らげるなどの利点もあります。またきちんとした医師の処方も元に患者だけが入手出来るようになっています。しかし、レクリエーション用マリファナとなれば、規制が緩くなるので、様々な事故が起こらないようにと祈るばかりです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月17日

【From America】「嵐による停電」

アメリカのウインドゲイト緑です。

この冬は日本でもアメリカでも大雪が降ってたくさんの被害が出たことはTVのニュースで皆さんご存知です。
私達の生活は便利なことに慣れてしまっていますが、一旦 それが失われると本当にその有難さがわかります。

停電01アメリカ東海岸もクリスマスの直前に猛烈な寒波が来て、大雪が降ったところもあれば、雪が降らないものの風が強くて停電になってしまい、摂氏マイナス15度にもなって本当に困りました。
現代の生活は本当に電気に頼っているものが多くて、電気がないことにはどうにも生活が出来ないことになります。先ず、暖房が使えないので寒くてこまります。アメリカの暖房は殆どが重油のタンクを地下に置いていてそれを燃やして温水を家全体に回して室内を温めます。特にカントリーライフの場合には、水道が引かれていない井戸水生活が多いので、これまたポンプで水を汲みあげますから、電気がないとトイレの水洗につかう水がなくなります。勿論シャワーも使えません。冷蔵庫や冷凍庫の中の食料品が痛んできます。携帯電話は近くのタワーに電気がいかなくなると使えません。ケーブルTVなどを使ってインターネット接続をしているので、電気がないとネットにもつながりません。全く孤立した状態になってしまうわけです。

今回は寒波が来て、外気温は摂氏マイナス15度。アメリカ映画で良く見かける暖炉ですが、実は見た目には暖かそうに見えますが、暖炉にくべた木を燃やすには酸素が必要です。そして換気のために煙突があるので、実際には暖炉の側にいると暖かく感じますが、家の中の温かい空気はどんどん煙突から逃げて行ってしまう、ということになってしまうので、実用的ではない、という結果になります。

停電02私達は、いつ復旧するか分からないので一先ずホテルに避難して無事でした。お陰様で今回は24時間で復旧したのですが 2年くらい前の停電は復旧に8日間もかかりました。冷蔵庫や冷凍庫の食料をクーラーに入れてデッキに置いて外気とスーパーから買ってきた氷を中に詰め込んで何とか食料を破棄することなく済みましたが、これが長く続いたらどうなっていたか?と思います。アメリカの場合、雪が停電の直接の原因になることは少なくて、むしろ大雪のために木が倒れて電線を切ってしまうことが主な原因のように思われます。電線が地下ケーブルならそんなことにはならないのですが、予算の関係で今でも殆どの場所は電柱を使って電線を張り巡らせて電気を供給しています。

日本では今回の大雪で死者も出たとアメリカのTVのニュースでも報道がありました。本当に自然災害はどうにもならないことですが、毎日当たり前に使っている電気に感謝の念を抱く良いきっかけになりました。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月14日

ビュッケブルグ歳時記 288

新年、おめでとうございます!


 2年間、コロナで禁じられていたこの国の新年の迎え方、24時に一斉に打ち上げられる爆音の大きな花火が、今年はことのほか盛大に夜空を彩って、2023年を迎えました。

 世界中でいろいろな問題点がある今、ウクライナ戦争の解決が一番の難事だと思われますが、1週間前の土曜日7日に、フランス、アメリカに続いてドイツも戦車をウクライナに提供するとの発表がショルツ首相からなされたことは日本にも報道されていることと思います。
 今までにも手軽な武器や資金は救助していたのですが、”戦車”という重強な武器の救援は躊躇っていたドイツです。しかし2022年末に、仏、米の戦車援助が発表されて、ウクライナ戦争にある区切り期が来たという判定で、西の諸国との一致作戦でこの国も提供することになったのです。

 この計画が発表されて以来、新聞、TV などのメデイアにはこの決定に対する賛否の意見が毎日、多く掲げられています。その模様をお伝えする前に、次のことを前置きとして読んでいただきます。


 Panzer(「戦車」)という戦争武器のことは一応知ってはいたのですが、Schuetzenーpanzer(防護戦車。戦闘地域を保護する)と、Kampfーpanzer(飛んでくるミサイルなどを破壊したりする高度性能を持つ戦闘戦車)という2種類があるということは知りませんでした。
 そしてこのことが今回のウクライナ戦争終結には大きな役目を担っているということも初めて知ったことです。
 今回、アメリカとドイツが提供するのは防護戦車で、フランスは高機能を持った戦車ということです。
 ドイツは40台を提供するということです。ただ、提供後、この機械の操縦法をウクライナ兵たちは学ばなければならないということで、戦争に実際に使用されるのはその後ということです。


 重武器、”戦車”の提供についていろいろ報道されている意見の中から3つの例をあげてみます。
 
1。現在、与党のアンペル連立党の意見。
 多くの犠牲者を出しているにもかかわらず、今だに終決の気配が見えないウクライナ戦争に、重武器である戦車を提供することは、ドイツが戦争政治国と見られる可能性もあるので避けたいことではあるが、多くの犠牲者のことや、Putinの意向を考えると止むを得ない処置である。

2。ある一作家の意見は [Stop the war - Start negotiation!!] と、話し合いを奨励しているのです。
 この意見に対して、あるウクライナ女性が次のような彼女の意見を発表しています。
 「もしドイツで戦争が始まって、ドイツの大きな都市が次々に破壊されてゆく状況を考えてみてください!そうすれば、多くの犠牲を避けるための重武器が必要であることがお分かりいただけると思います!」

3。最後は、50歳後半の男性の意見です。
 「このウクライナ女性の話は僕達の青年時代の寓話です。国は戦争の準備に励んでいた時代で、高校のクラスの半分は”赤の国に生きるぐらいなら死んだ方がマシだ”
という意見でした。そのような中でブレヒトが理想であった僕は、兵役義務を退けました。そして時間が経って、犠牲者の血を見ることなく、東西は統一されました。
ここから自分はやはり”赤の国で生きることを死ぬことより選ぶと思います」


 戦車提供に対する国民の意見は、賛否半々のようです。

 Kampf-panzar(戦闘戦車)の問題が出ない前に、ウクライナ戦争が終わるることを切に願いながらのBlogです。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント