2016年08月23日

【From America】「機内でピーナッツは食べないで」

peanutsアメリカのウインドゲイト緑です。

夏休みには飛行機で様々な場所にバケーションでお出かけの人も多いと思います。最近は機内のサービスが悪くなり、ピーナッツの袋とソフト・ドリンクしか出ない、と嘆く人が多いのですが、そのピーナッツで興味深い経験をしました。

最近は食物アレルギーの人が多くなり、日本のレストランなどでも予約の際に「何かアレルギーはありますか?」と尋ねてくれるようになりました。食品パッケージにもアレルギーの可能性のある食物を表示して 出来るだけアレルギーによる事故がないように気遣っているのは有難いですね。

アメリカで私の乗った飛行機ではこんなアナウンスがありました。「ご搭乗ありがとうございます。本日は当機のお客様の中にピーナッツのアレルギーの方がいらっしゃいますので、機内サービスのピーナッツをお配りするのは中止致します。尚、ご自身でご用意なさったピーナッツ・バターのサンドイッチをお持ちの方は、恐れ入りますが、ピーナッツの成分が機内の空気中に舞うことも そのお客様には危険ですのでお召し上がりになりませんようにお願い申し上げます」とのことでした。アレルギーの重症度にもよりますが、自分が食べなくても その成分が空中を舞うだけでそれを吸ってしまいアレルギー反応が出る場合もありますから、こんなアナウンスがあったのだと思います。

アメリカ人はピーナッツ・バターとジャムを塗ったサンドイッチが大好きです。子供の時、学校に持っていくランチはこのP&Jサンドイッチとりんごにジュースなんていうメニューが定番です。当然のことながら、機内食が出ない国内線に乗る時には 自宅からこのサンドイッチを持って搭乗する人も多いはずです。
飛行機の中の閉ざされた空間に何百人という人が座って、同じ空気を吸っているわけですから、このような配慮も必要なのだと知りました。

皆さんも夏休みに飛行機でお出かけの際には、こんなアナウンスがあったらご協力を御願い致します。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年08月16日

【From America】「甘い飲み物は止めましょう」

アメリカのウインドゲイト緑です。

暑い時には冷たい飲み物が嬉しいですね。しかし、その冷たい炭酸飲料水にどれだけ沢山のお砂糖が含まれているか? というのは意外に知られていません。
そこで、アメリカではこんなTVのCMが始まりました。

皆さんはコーヒーを飲むときにお砂糖をどのくらい入れますか? せいぜいお砂糖のパッケージの袋を一つか二つではないでしょうか? ところが、何気なく飲んでいる炭酸飲料水のボトルにあのお砂糖のパッケージが16個!!入っていると知ったら どうしますか?
TVの画面は、お砂糖のパッケージを口の注ぐ様子が映し出され、「20オンス(約592ミリリットル)のソーダのビンにはこれだけのお砂糖(16個のパッケージ)が入っています。アナタはこんなにお砂糖を一度に食べないでしょう?」と訴えたのです。これはなかなかのインパクトがありますね。

お酒やタバコが身体に悪いことは知られていますが、私達もお砂糖に関してはちょっと判断が甘いことが多いと思います。お砂糖は身体に悪い。なぜ悪いのか? といえば、糖尿病、肥満、心臓病につながります。ということを知らしめるために「Southern Nevada Health District」つまりお役所が率先してTVのCMを始めたのです。これは、アメリカ人の炭酸飲料の消費に何とか歯止めを掛けたい! という熱意の表れだと思います。

つい冷たい炭酸飲料水に手が行くとき、頭の片隅に「16個のお砂糖のパッケージ」を思い出してみてください。その手がちょっとでも止まることがあれば、この報道は大成功なのでしょう。しかし、誘惑にはなかなか勝てないですよね。





aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年08月13日

ビュッケブルグ歳時記 137

ベルリン市長


 数週間前に、東京都は新しい知事を選定したと聞きます。そこで、ドイツ便りとしてこの国の首都、ベルリンの市長についてお知らせしてみます。


 ベルリンは首都である他に、ドイツに3例(ベルリン、ブレーメン、ハンブルグ)存在する都市国家の一つです。都市国家とは、一都市が州と見なされて州と同じ地方政治を行う制度です。ですからこの3都市の市長は、市長であると同時に「施政する市長」でもあるのです。


 1年半前に選出されたベルリン市長ミヒャエル・ミュラー氏は、全てが機知に富み華麗でもあった前任者とは、容姿からはじまり性格も施政案も全てが正反対で、冷静に客観性をもって物事に対することのできる人と云われています。言い換えるとその名の通りの人というわけです。ミュラーは日本の鈴木とか中村に当たるありふれた名字です。何処にでも見かける普通の市民のような人という意味です。
 生まれは1964年で、テンペルホーフ地区で小さな印刷業を営む家庭で育ったということです。父親は熱心なSPD(社会民主党)の支持者で、稼業の傍ら、地方管区議会の議員を務めていたため、一家の食卓には常に”Willy"(現在では伝説英雄になっている、社会党ヴィリー・ブランド首相の愛称)がお総菜と一緒にあり、彼はそこから政治や社会主義について学んだと云っています。
 そしてミュラー氏は印刷工としての修業を終えた後、父親の会社で業務につく傍ら、SPD党員として活発に働いてきたようです。
 このような経歴は、ドイツでインテリとしてのほとんどの人が持つアビチュアー
(高校卒業及び大学入学資格証)を持たず、したがって大学学歴も無いわけです。
それ故、文化や学問的部門には弱いのではという批判に対して,彼は次のような
論拠を述べています。
 「自分としては装飾的な学問用語よりも大切なことがあり、それを第一に考えるべきだと思う。例えば、『自分の付いている職の将来は確保されているか』『子ども達の教育の保障は』『家賃の異常値上げは無いか』『おばあちゃんが行けるホームが見付かるか』 このような心配事は世界政治にはほど遠いが、多くの人が持っている案じ事なのだ。これ等の懸念事項が彼等の生活なのだ。だから、この危疑に対する答えをあげたいと努力するのが自分の第一の指標だと思う。SPD党首の
ガブリエルが『我が党は小市民の弁護党であるべきだ』と云っている通り、自分も小市民に尽くしたい。 国際空港工事がはかどらない事、麻薬政治が旅行案内書に記されていることなど、いろいろと恥ずべき障害はあるが、それでも1年に5万人がベルリン移住のためにやって来る。それを上手くさばくのも仕事なのだ」
 

 もし来週、地方管区議会選挙がベルリンで行われるとしたら、との仮定の下では最多数の26%がSPDに票を入れるだろうとの結果が出ています。念のために。


 このような市長のプロフィールがわたしに残した一番の印象は次の2事項です。
 一つは、ドイツでは誰でも、財産が無くても、大学歴が無くても政治家になれるということ。もう一つは、庶民の食卓に政治の話がオカズのようにあって、子ども達も一緒にそれを食するという事実です。この国の政治が透明で、市民のものと感じさせる根拠がここにあるのではないでしょうか。 


aokijuku at 22:12|この記事のみを表示コメント(0)

2016年08月09日

【From America】「車の中に子供やペットを置き去りにしないこと」

車内の温度アメリカのウインドゲイト緑です。

ラスベガスの夏がとても暑いことは前にもお伝えしていますが 屋外に駐車した車の中の温度がどんなに早く上昇するかということは、意外に知らない人が多いようです。

ラスベガスでは毎年のように悲しいニュースが後を絶ちません。ちょっとだけだから大丈夫と思い、赤ちゃんを車に置き去りにして用事を足した。戻った時には、ぐったりしていて赤ちゃんは亡くなってしまった。というニュースです。

ラスベガスの気温は華氏110度(約摂氏43度)くらいの数字は夏ともなれば普通の温度です。
そんな状態の時に車を泊めて、エンジンを切り、エアコンのスイッチを切ってしまったとしましょう。車内の温度の変化はこんな具合です。5分後には125度(約摂氏52度)。10分後には138度(約摂氏59度)。そして30分を過ぎると145度以上(約摂氏63度)にもなってしまうそうです。そんな中でカーシートに乗せられた赤ちゃんが熱中症にならない筈がありません。ペットも同じことで、車内に置き去りにされた犬や猫も熱中症になり死んでしまうことになります。

暑さを甘くみてはいけないことをつくづく感じる車内温度のデータです。くれぐれも日本の皆さんも気をつけてくださいね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年08月02日

【From America】「フィラデルフィアではソーダ税」

ソーダ税01アメリカのウインドゲイト緑です。

暑い時に冷たいシュワシュワーっと泡が漂う炭酸飲料はのど越しがよくて、気分がすっきりしますね。日本では、暑い時には良く冷えた麦茶、が定番でしょうが、アメリカではどうしても冷えた甘い炭酸飲料になってしまうようです。

甘い炭酸飲料は思いも掛けないほどお砂糖が入っていて、身体に悪い! と呼びかけても なかなか習慣は変えられません。これはタバコを吸っている人が 身体に悪いと知っていてもなかなか禁煙できないのと似ています。それは一種の中毒症状なのかも知れません。正に生活習慣病。その喫煙習慣をなんとか断ち切るのには お財布に訴えましょう、というのがタバコ税でした。増税のおかげで禁煙できた人が増えたのかどうか? は定かではありませんが それなりにインパクトはあったと思います。そして、今度はなんとソーダ税が登場しました。

アメリカのフィラデルフィアでは「ソーダ税」と呼んでいますが、甘い炭酸飲料水のみならず、甘味を加えたアイステイーなどを含む全ての「甘い飲み物」に対して税金を課するという措置を発表しました。このお財布に訴えかける策によって甘い飲み物を飲む人が減るのでしょうか? それとも、止められないことを見越して税収を上げようという策なのでしょうか?

日本の皆さんだったらどうしますか? 値上がりしても「飲みたいものは飲みたい」と思うでしょうか? それとも「お財布と相談して、、、、」と二の足を踏むでしょうか? このソーダ税の効果のほどはいかに?




aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント