2016年09月27日

【From America】「郵便泥棒対策」

mailboxアメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんは個人情報を盗まれて困った、という経験はありますか? アメリカは現金ではなくカード決済が多いので、それだけカード番号を盗まれる確立は高くなり、私の周りでも大勢の人が自分に覚えのない買い物をされて困った、という経験をしています。

一体、どうやって個人情報を盗むのでしょうか? 
一番目の可能性は買い物をしたり、食事をしたりしてカードを使った際に店員が番号を盗む場合です。カードを渡してしまった場合、名前から番号まで全て盗まれてしまいます。
二番目には、自宅でゴミを捨てる際についうっかりカード番号が印刷されている領収証などをそのまま捨てる場合です。しかし最近は番号を全て書かずに最初のほうだけを表示してプライバシーを守る対策がとられていますから、その点は安心かもしれません。また、書類を破るなどして対策をとる事も出来るでしょう。
三番目。これが今アメリカで問題になっている「郵便物の泥棒」なのです。アメリカの郵便受けはTVや映画でご存知の通り、丸いドーム型の大きなもので 鍵がかかっているわけではありませんから、誰でもふたを開けて中身を持っていくことは可能です。盗んだ郵便物そのものをどうこうするわけではなく、そこに書かれている住所、名前、電話番号、そして上手くすればクレジットカードの明細などから個人情報を盗むのが目的です。

その郵便泥棒対策として 写真のような鍵のかかる郵便受けが出回るようになりました。郵便配達人は小さな入り口から郵便物を入れられますが、そこから手を入れても中身を取り出すことは出来ません。郵便物を取り出す時には、鍵を開けて大きなふたを開けて取り出すことが出来るように仕掛けがしてあります。見た目は今までの丸いドーム型と変わりませんが、こんな工夫がしてあるところがミソです。

様々な防犯対策が必要な昨今ですが、郵便物もしっかりと守らないといけない時代になったのですね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年09月24日

ビュッケブルグ歳時記 140

またの不安


 先週の始めから爆撃から逃げまどうアレッポ市民の姿がニュースの画面から無くなり、ほっとしたのですが、この武器の小休止は1週間しか続かず、また破壊された救済トラックの間を子ども達をかばいながら逃げる母親の姿が映し出されて、戦争を止めない、止められない人間に失望する毎日です。
 少し狭義的な考え方かもしれませんが、避難民問題が原因で揺れているドイツ国情、そしてこれ又揺動するEU圏問題に思いが行き不安が広がります。


 ドイツの事情をお伝えします。
 来年の選挙を控えて、メルケル首相の難民政策に大きなひびが入っています。
”我々には出来る”をモットーに始めた難民政策が、誰にも予想出来なかった、様々なその後の事情から強い影響を受けて、いろいろな難点が出てきていることは日本にも報道されていると思います。
 先週の始めに北ドイツの小さな町で、未成年者を含めた3人のテロ組織の手先が逮捕されました。IS国からドイツでのテロ準備者として送られてきたということですが、問題はこの人達が難民者として入国しているということです。シリア・トルコ間が組織している、”難民送り込み組団”を使って、正規の通路で難民として入ってきているということです。これは、ドイツ国の難民アイデンテイテイ確証が不充分であるとして非難されています。難民はきちんと身分を確定後、入国させるべきであるとの意見です。もっともな意見です。
 そして先週末には、ザクセン州(旧東ドイツ)にある住民4万人の町で、難民と
右翼団との衝突が暴力化し、国民の不安感を煽りました。この衝突は難民に対して夜間の外出とアルコールの禁止令が出されて終末となりました。
 旧東の州に難民受け入れ反対意見が多いということが先ず目につきます。こんな所に東西統合のゆがみが依然としてあるのかとも思わされます。そして、これの
波紋が選挙に大きく反映することが問題なのです。例えばNPD(右翼政党)とAfD(ドイツのための選択肢党)へと投票率が2年前の地方選挙よりも驚くほど高くなっているのです。ということは行く末、右翼の国となり、メルケル首相の政治続行が危ぶまれるということです。
 

 このような二つの例から、難民受け入れに対する賛成と反対意見から、国が二分されて来ているということが伺えます。そこへまた、難民問題の元素のシリア和平が脅かされると思うと不安が大きくなるばかりです。ようやく武器使用休止政策によって、原因である難民出現国平和への尽力が始まったと明るい希望が見えたのですから、それをまた黒い雲で隠さないで欲しいとの願いは、多くの人の願いだと思われます。
 自国の戦争から逃げ出す難民を文句なく受け入れたドイツも今は、相応する対策を作る余裕も出来、身元に確信のある難民のみの受け入れということで、その数にも自ずと制限が出来ることで反対者の数も少なくなると思います。そして経済国として難民融合政策も模範的にしていることで、ドイツやカナダの難民救助は世界で認められていると思います。
 この政治を続けるためには、難民を出す原因を解決することが第一の筈です。
ですから今はシリアの休戦に世界中が努力することを願って止みません。


aokijuku at 14:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年09月20日

【From America】「ラスベガスは結婚式のメッカ」

about LVアメリカのウインドゲイト緑です。

ラスベガスといえば、ギャンブルと並んで結婚式のメッカでもあります。アメリカ国内をはじめ、海外からも多くの人がラスベガスを訪れ、結婚式を挙げていきます。アメリカ国内のほかの場所に比べ、手続きが簡単なことで有名ですから、映画俳優、スポーツ選手、ミュージシャンなどは報道陣を煙に巻いてあっという間に結婚してしまうのにはうってつけの場所かも知れません。ちなみに、ラスベガスで結婚式を挙げた有名人の名前を挙げてみると エルビス・プレスリー、フランク・シナトラ、リチャード・ギアー、ブルース・ウイルス、ボン・ジョビ、ブリトニー・スピアーズ、マイケル・ジョーダン、デニス・ロッドマン、ポール・ニューマン、など大物の名前がずらりと並びます。日本の浜崎あゆみさんもラスベガスで結婚したそうです。

どのように簡単なのか? というと、先ず結婚式を挙げるのに必要なMarriage License(結婚許可証)を取るのに役所に行くのですが、何とラスベガスの管轄のClark County Marriage Bureau の営業時間が一年356日オープンしていて、朝の8時から深夜12時までやっていることです。普通の役所仕事では考えられない営業時間です。この書類手続きはほんの15分くらいで、アメリカ国民でなくてもパスポートを提示すれば外国人でもOKというのも簡単な理由です。
一旦この書類を取得すれば、ラスベガスの街の中にはたくさんのウエデイング・チャペルがあり、予約なしの飛び込みでもOK。ドライブ・スルーの結婚式まであるような便利さです。

日本ではハワイの結婚式がとても人気です。日本から距離的にも近いし、家族で結婚式に参加した後、観光も出来るし、一石二鳥の場所ですが、これからはラスベガスでの挙式も人気になるかも知れませんね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年09月13日

【From America】「簡単な大腸検査が誕生」

コロガードアメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは定期健康診断を受けていますか? 定番のメニューの中に便の潜血検査がありますね。それで陽性反応が出ても即大腸がんというわけではなく、痔からの出血の場合もあり、それを明らかにするには大腸カメラの検査に進むわけです。

さて、その大腸検査をするのには準備が必要で、下剤を飲んだり、大量の水分を飲んだり、なかなか準備が大変です。アメリカでも同じような課程を踏むわけですが、その準備が大変で 大量の下剤入りの薬が飲めなくて吐いてしまう人、下剤が効きすぎて脱水になり救急車で運ばれた人、など 私の周りでも大腸検査が出来ないという人の話を耳にします。

そんな人達に朗報です。今回アメリカのFDAが承認した新しい大腸がん検査「COLOGUARD」です。これはなんとも簡単な検査方法です。下剤などの準備は全く不要で、自宅でトイレにいって容器に用を済ませるだけ! なのです。
本当にそれで大腸がんが判るの? と思うでしょうが、なんと大腸がんを射止める確立は92%です。便の潜血反応検査は単に血液が便に含まれているか? ということを調べるだけですが、今度のコロガード検査は、DNA検査をするので その血液が癌からの出血かどうかを見分けてくれるという優れものです。

さて、その気になるお値段とは? 649ドルです。これは1ドル=110円として換算すると71,390円です。日本でもこの検査が可能になれば、もっともっと大勢の人が気楽に大腸検査を受けられることになりますね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2016年09月10日

ビュッケブルグ歳時記 139

新学期


 9月はドイツの新学期です。今回は、変わってきているこの国の学校教育の様相をお伝えしてみます。


 戦後も固持してきたドイツの学校制度は、下(本課程)・中(実業中等)・上(高等=ギムナジュウム)の形であることを思い出して下さると思いますが、今、この形での生徒配分が時代とともに大きく変わってきているのです。
 本課程6年で終わる学校資格では、ドイツが誇りとしてきた徒弟制度でも学ぶ職場が見付からないということで、本課程学校は非常に少なくなってきているのです。その結果、子ども達だけではなく、保護書もこぞって、どうせ取るなら最高の終了証を取るべきだという声が大きくなり、Abitur(この国では大学入学試験は無く、その代わりがAbitur=高校卒業及び大学入学資格証で、学校修了証としては最高のもの) を目指す子どもの数が圧倒的に多くなっているのです。40年前には卒業生の10%だったのが、今は50%、いずれ70%までに増加するだろうと予想されています。 このこと自体は教育向上と見なすことが出来ますが、その裏には数々の障害があるようです。例えば、子どもの成長度により入学時が決められるのですが、後のことを考えて入学時を1年遅らせるとか、より良い終了成績をとるために家庭教師を頼むとかの方法になり、これは成績が経済余裕に左右されるという、不平等に繋がると批判されています。Abiturは今、”大量生産物”になってしまったが、そこからわれわれが得るものはあるのか、と云う声が大きく聞えます。
 また、ワイマール時代から13年であったAbiturまでの学年が、10年ほど前からほとんどの州が12年制になったことも変化したことの一つです。
 もう一つ大きく変化したことをお伝えしなくてはなりません。Abiturの試験問題は、昔は、担任教師の提出した三試案から、ギムナジュウムのある地方の教育官庁が選抜したものが用いられていました。これは、各学校によって出題問題が違うということを意味します。それが数年前から、Zentralabiturと呼ばれる全国共通問題を用いるようになったのです。
 このことは、今までの学校、教師による特殊性のあった授業法から、ムルチ・チョイスに合う、良い点を取れる授業法になり、これは生徒の思考能力をついばみ、想像感覚の発展を阻む、として大きく批判されています。
 

 このような教育情景変化に対して次のような再考察案が出ています。
 「我が国の多様な学校システムは、子ども達一人一人が、その子の持つ適応性と興味に応じた教育を受ける事が出来るように考えられて作られたものである。
理想の学校とは、その子の持つ才能と適応性を伸ばすことである」「Abiturが”大量生産”されるとなると、その後に続くのは、それこそ”運命的ともいえる、人間同士の押し合い競争”だ。ここで考えなければならないのが、最高のものが最秀か、と問うてみることではないか。それぞれが、自分の目指す職業にAbiturが必要かどうかをよく考えてみよう」
 これ等の声が、現在の教育状況への言葉です。


 気が付いて、面白く思ったのはドイツの教育が日本の形に近づいていることです。 日本のように猫も杓子も大学に行くのがAbiturの大量生産、試験問題全国同一、後に続く職業選択の苦渋、不満足になる可能性など、同じように見えます。                                                                     
 ですから、ここに挙げた再考察案は両国で考える必要があるように思えます。学校教育の黄金点は、左右に分かれた両国システムの真ん中にあるのかもしれませんから。

aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント