2020年08月08日

ビュッケブルグ歳時記 232

今年の休暇

 この国の人たちの休暇に対する考え方は全く徹底していて、多くの人は夏の休暇のために1年間働いているような感じがあります。毎月、きちんと休暇用の費用を貯金して、ほとんどの人が夏が来ると太陽と海のある亜熱帯地、例えばフランスの海岸、スペインの地中海沿岸、イタリアやギリシャの海に浮かぶ島々、滞在費の安いトルコの海辺などで2−3週間、休暇を過ごすのです。

 この長年にわたる休暇の習慣が今年はコロナパンデミーのため狂ってしまったのですが、休暇希望者側と受け入れ側の運営経済を考える必要からか、コロナ規制が緩和されると同時に格安の航空機関も飛ぶようになり、多くの人が南の方向、とくに地中海に浮かぶマヨルカ島やトルコ海岸へ出かける人々が多いことがTVで報道されると、休暇にゆく人の良識を疑いたくなります。これらの地方がコロナフリーというわけではないからです。特にマヨルカ島はドイツと英国人の好む休暇地で、この二つの国の人がそれぞれに集まって、毎夜、馬鹿騒ぎをするバラマンと呼ばれる地区があり、今年もコロナ警戒が出されているにもかかわらずアルコールの消費が大きいパーテイ騒ぎが続き、あまりの騒ぎに当地の担当者からの警告と該当国の呼びかけで、この地域のバーや飲食店が閉店を強いられたと報道されました。このような障害があっても休暇に行く人たちが居ることに、休暇欲求が深く住みついていることがうかがえると思います。 

 このような休暇に対する考えが今年は変わってきているとの報道も多くあります。43%の市民は夏の休暇を中止とする。その中の25%が他の形の休暇を考え中ということで、その多くが外国に飛ぶことよりも、国内の良い所、風光明美な所を再訪問するなど、それぞれが特徴のある案を練っているようなので、例をお知らせしてみます。
 *ミュンヘンに住むカーロとハネスのコロナ前の計画はバルカン地方訪問だったのですが、急遽変更。「バルカンの代わりにバルコニエン滞在」と変えたということです。ここにはある冗談があるのです。ドイツ語では良く国の名前に ・・・ニエンとnien がつくことが多いのです。例えばブルガリエンとかアルバニエンとかクロアテイエンというふうに。そこから自宅のバルコン(バルコニー)にnien を付けてバルコニエンとして、あたかも外国の名のような呼び方をして結局は自宅滞在を意味するというわけなのです。そして近くに住む両人の両親を訪問し、数日を彼らと共に過ごすという家族訪問休暇を計画中。

 *レアと彼女の母親の旅はベルリンとバルト海を繋ぐ湖海岸で、水、水、自然界、それに続くのは又の湖というもので、彼女たちは泳いだり、カヌー漕ぎをしたりと体力養成の健康休暇となった。
 *クラウスは毎朝早起きをして、望遠鏡を持って近くの公園に急ぎます。何が目的かと言えば、最近になって街に戻ってきた鳥を観察し、彼らの歌声を聞くためです。近くの農作地では殺虫剤が多く巻かれるため、昆虫がいなくなったことが原因で野鳥が街に戻ってきて、姿とさえずり声が多くなったからです。

 このブログを書いている途中に、コロナの第2流行を防ぐためのテスト命令が出ました。
 1 8月8日の土曜から危険性のある地域からの帰国者は全員コロナテストを受けること。
 2 ドイツのほとんどの空港にテスト場がある。
 3 出国の地でもできるが48時間以内のものであること。
 4 この事例に反した者には罰金を科す。
 5 危険性のある地域とは130の国を指す。その中でも特に注意されるのはエジプト、
   トルコ、スペイン、ベルギーの諸国。
 

 この指令でコロナ第2波が防げることを切に願いつつ・・・

aokijuku at 15:27|この記事のみを表示コメント(0)

2020年08月04日

【From America】「パテイオ・ダイニング」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカのコネチカット州では、少しずつビジネスが再開されています。中でもレストランは今までテイクアウトのみだったのが、パテイオ・ダイニング(屋外飲食)が許されるようになり、次には屋内でも少人数でという制限の元、飲食が許されるようになりました。

屋外飲食アメリカ東海岸のコネチカット州は、日本で言えば北海道のような気候で梅雨がありません。青い空、木々の緑、湿度の少ない爽やかな風、そして夜は午後9時ごろまで明るい、となれば パテイオ・ダイニングにぴったりです。新型コロナの制限がなかったとしても、屋外での飲食を楽しむには最適な時期です。
今までずっと自宅で過ごしていた人たちが、やっと出かけられるようになり、嬉しくてたまらない様子が手に取るように分かります。

しかし、秋から冬になれば寒さが厳しく、雪も降りますから、どうしても屋内飲食にせざるを得ません。今の一時をむさぼるように楽しんでいますが、果たして冬になったらどうするのか? ということをビジネス・オーナーもお客様達も懸念しているようです。勇み足でビジネスを再開してしまったフロリダでは、屋内のバーをオープンしたものの、陽性の数が増えて再び閉鎖した例もあります。とにかく油断は禁物ですね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年07月28日

【From America】「懐かしいブランドが消えてゆく」


アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんもアメリカで起きたジョージ・フロイドさんの死をきっかけに、黒人の地位向上を掲げる動きが大きくなっています。人種差別が大きく浮き彫りになってきました。

アメリカでは、多くのブランドは「XXさんのパンケーキ」とか「○○さんのドレッシング」のように人の名前を付けてマーケッテイングすることが多いです。それが実在の人物の場合もあれば、架空のイメージだけの人の場合もあります。
Aunt J今回の黒人の地位向上の動きをきっかけに、黒人の名前が付いている商品が消えていくそうです。誰の家の食料庫にもあると思われるのが 「Aunt Jemima」ブランドです。アメリカ人はパンケーキの朝ごはんが大好きです。このブランドは黒人の女性の顔が描かれており、料理上手のJemimaおばさんのパンケーキミックス、パンケーキにかけるシロップなどです。我が家でもいつも使っています。新しいパッケージ、新しい名前になっても味は変わらないでしょうが、なんだか寂しいです。
同じようなブランドに「Uncle Ben」のライスがあります。お米を主食にしないアメリカではお米はサイドデイッシュで、マッシュポテトやパスタの代わりがこのUncle Benのお米です。

馴染みのあるブランドがどんどん消えていくようです。親しみのあったパッケージが消えていくのは何となく悲しい気持ちです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年07月25日

ビュッケブルグ歳時記 231

興味ある数々の示唆

 コロナは依然として蔓延っています。アメリカとブラジルを先頭に世界中に猛威を奮っているヴィルスですが、ドイツはあれこれとあったにもかかわらず、ちょうどコロナの期、2018年から連邦健康大臣の役についていたCDU(キリスト教民主同盟で、SPD( 社会民主党)との大連党で現在の与党)に属するJens Spahn (イエンス スパーン 以後 SP と略す)大臣の処置に大方の市民が満足しているとの声が大きいドイツの現在の様子をお伝えしたいと思います。

 コロナ以来、健康大臣(日本ではこの名目を聞いたことがないように思われるのですが)SP氏とは国民全部がメデイアを通じて知り合いになったと思われるとき、ある新聞記事に40歳とあり、ずいぶん若いのに良い活躍をしているのだなあと感じて、彼の経歴を見てみました。

 Abitur( 高校卒業及び大学入学資格試験)の後、大学には行かず、仕事と勉強を同時に行う, ドイツ特有のDuales Berufs Ausbildung システム で、銀行業を学び、傍ら、政治学を学んだとあります。そして1997年にCDU に入党、2014年に議長の席につき、2018年に健康大臣に任命されたというのが彼の大雑把な政治関係の履歴です。
 ここで注目するのは大学学習だけが学習方法ではなく、仕事と勉学を同時に行う二進法が同じ価値を認められているこの国の社会を認識するのも示唆ではないでしょうか。

 SP氏のおおよそのコロナ対策は次のようなものだということです。
 *2020年3月半ばに大きな模様し物の開催を禁止。*次いで幼稚園、学校、を閉鎖。*口と鼻からの感染予防のためにマスク着用を義務とする。*Handy Ortung適用。

 そして第2の示唆は「2017年12月22日に、配偶者夫のD. F. 氏と結婚届けをしている」との経歴を読んだときには、この国は民主主義の国だとの意識を強めたことです。ちなみに同性カップルが認められたのは2001年で、結婚が正規になったのは2017年の10月からです。 

 ここで思い出すのは2001年にベルリンの市長であり州長(ベルリンは市が州の役割をする)となった Wowereit 氏が当選発表の席で、「わたしはゲイです。そしてそれで良いのです!」と公表した最初の政治家であったのです。
 彼の outing の後、5年後には国民の79%がホモ大臣を認めるという世論になっているとのことで、 SP 大臣の同性との結婚もこの国ではどうということもなく受け取られているのです。

 こんなときに、少し古いのですが、2017年5月の日本の新聞が目に止まりました。「性的少数者の授業」という見出しで、男性の体で生まれ、女性として生きる学生を日本女子大が受け入れるかどうかの討論記事なのですが、「女子大入学拒否は違憲?」との見出しを見たときは驚きました。日本では人が自分として生きる
権利は持てないのか、と思ったからです。性がどうあっても、その人の教育を受ける権利は国民の持つ根本権利ではないのでしょうか。
 トランスジェンダーは認めても、教育の自由は認めないというのはどこかに間違いあるように思われます。性的少数者への教育自由は当たり前のことではないのでしょうか。1日も早くこれが認められる日本であるように願います。これが次の示唆です。

 最後の示唆としてあげたいのは、「パンデミーがわたしちに教えてくれたことは、一つの国は Sozialstaat( 社会主義的国家)でなければならない。例えば健康管理や看護に関しても、費用に関係無くその人に合った待遇を受ける権利を我が国の国民は持っている。これは世界中でも珍しいことである」とのSP 氏の言葉から、保守政党に属していても社会的な階級段差を避けている言葉として受け取ると、良い示唆のような気がするのです。

 数々の示唆を挙げましたが示唆の真意が正確に理解されることを願いつつ。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年07月21日

【From America】「リモート卒業式」

アメリカのウインドゲイト緑です。

新型コロナの影響で学校が休みになり、アメリカの学校の卒業式の時期にも集まることが出来ず、卒業式がリモートで行われることが多かったようです。

学校では工夫を凝らして、ウエブサイトで大勢の人が見られるようにしていました。普通は、アメリカ国内の親戚一同が集まって卒業式に参加し、家族が集まる良いきっかけですが、今回はそれが出来ないお陰で、かえって大勢の親戚や友人が卒業式を見ることが出来る、という「コロナのせいで、、、、」ではなく「コロナのお陰で、、、、」という現象も起きているようです。

リモート卒業式何でもポジテイブに考えたいですね。
住宅街をドライブすると、庭に写真のような「卒業しましたよ」というサインを掲げているお宅もあり、みんなそれぞれの方法でこの卒業の時期を祝っているようです。
嬉しいお知らせは、知り合いだけでなく、通りをドライブする皆に見て欲しい、という気持ちが伝わってくるサインだと思いました。

卒業 おめでとうございます!!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント